ここから本文です

投稿コメント一覧 (14コメント)

  • >>No. 840

    これを書いた日経記者は、駆け出しの若造でしょう。
    プロ野球進出でブランド力が上がるの、決算内容がどうだの、perがどうなのと目先のことしか見えていない。

    根底にあるのは、ネットでファッションが買える時代を目指している点です。
    「人々の行動様式が変わる、ファッション業界に地殻変動が起こる」
    市場はこのことを見抜いいると確信しています。

  • 冒頭の写真は、abemaTVについて大法螺を吹くサイバーエージェントの藤田社長。
    いわく、
    ネットTVは中小企業にはできない、財力的にも技術的にも運用能力的にも、やれるのは唯一当社だけだ。いま赤字を出しているのは競業の進出を防ぐためだ。
    世界に成功例はないが当社が成功させて見せる。
    50年続いた「テレビは座って視るものだ」と言う習慣を変えてやる。
    これは社運をかけた勝負だ。私は麻雀にも強いし勝負には強い。

    ZOZOの世界進出を発表したスタートトゥデイ前澤社長のコメントは謙虚でイヤミがなくて好感が持てる。
    いわく、
    世界の人々が、ガス・水道・電気を使うように、生活必需品として当社製品を使ってくれれば嬉しい。
    私は競争は好きではない、だからなるべく誰もやらないことをやるようにしている。
    「なかなかやるね」と言われるだけで嬉しい。

    前澤社長を応援したくなる。ガンバレと励ましたくなる。
    藤田社長を応援する気にはなれない。abemaの評判が悪く利用者が増えないのを見ていると、いい気味だと言いたい気分になる。
    社長が慢心増長したら企業は終わりだ。

    私どもはサイバーエージェントを売って、スタートトゥデイを買っている。

  • >>No. 810

    年のせいもあると思うが、藤田は不惑を迎えた辺りから慢心増長が目立っている
    社長が慢心増長したら会社は傾く

  • 就職四季報によると、調査対象1,171社のうち、平均勤続年数が最も短かったのはサイバーエージェントの3.6年だったと言う。

    いろいろ聞いてみたが、主因はミスマッチ制度にあるようだ。
    会社の価値観に合わない社員を退職させる制度で、毎年全従業員の5%を斬って捨てるというものだが、いささか違うのではないのかと思う。
    会社の価値観に合う人材かどうかは採用者側が採用時に判断すべきもので、採用してみたら価値観が違うからやめろというのは勝手すぎる。採用者側の責任を社員に押し付ける組織ぐるみのパワハラである。
    また、当初は価値観を共有していた社員でも、ネットTVに勝負をかけるという雲をつかむような会社の価値観にはついて行いけない社員が出るのは当然であろう。
    しかし会社を批判すれば退職させられるから、反発するのは命がけだ。
    かくて、この会社のミスマッチ制度は、社員の自由な発想と言動を弾圧して、社長絶対体制を守るための制度で、企業活力は生まれない。情実人事が横行するのも当然の帰結だろう。

  • 冒頭の写真は、abemaTVについて大法螺を吹くサイバーエージェントの藤田社長。
    いわく、
    ネットTVは中小企業にはできない、財力的にも技術的にも運用能力的にも、やれるのは唯一当社だけだ。いま赤字を出しているのは競業の進出を防ぐためだ。
    世界に成功例はないが当社が成功させて見せる。
    50年続いた「テレビは座って視るものだ」と言う習慣を変えてやる。
    これは社運をかけた勝負だ。私は麻雀にも強いし勝負には強い。

    それに引き換え、ZOZOの世界進出を発表したスタートトゥデイ前澤社長のコメントは謙虚でイヤミがなくいいですね。
    いわく、
    世界の人々が、ガス・水道・電気を使うように、生活必需品として当社製品を使ってくれれば嬉しい。
    私は競争は好きではない、だからなるべく誰もやらないことをやるようにしている。
    「なかなかやるね」と言われるだけで嬉しい。

    前澤社長を応援したくなりますね。ガンバレと励ましたくなります。
    藤田社長を応援する気にはなりません。abemaの評判が悪く利用者が増えないのを見ていると、いい気味だと言いたくなります。
    社長が慢心増長したら企業は終わりです。

    私どもはサイバーエージェントを売って、スタートトゥデイを買っています。

  • 6,270円で買い戻して、とりあえずショートポジションを解消しました。
    この後のことは、3Q決算を見て判断します。

  • みなさん、今でも藤田社長の言葉を信じますか?
    ■ネットTVは中小企業にはできない、財力的にも技術的にも運用能力的にも、やれるのは唯一当社だけだ。いま赤字を出しているのは競業の進出を防ぐためだ。
    ■世界に成功例はないが当社が成功させて見せる。
    ■50年続いた「テレビは座って視るものだ」と言う習慣を変えてやる。
    ■これは社運をかけた勝負だ。私は麻雀にも強いし勝負には強い。

  • >>No. 536

    > PER163
    > このレベルの会社ではありえない。
    > 株価半分以下の2000円程が妥当レベル
    > ではないかと思います。
    >
    > 自己責任

    もっと恐ろしいことになります。
    転換社債400億が株式転換されたら、株式発行数は126,426,600株から132,712,300株に増える
    :EPSは、39.75円から37.68円に減る
    :PERは、163.52倍から172.51倍に上がる(株価6,500円として)
    株主資本の5%を配当しても配当総額は37.3億円
    :1株当たり配当は32円から28円に減配

    (上記の試算は年利益50億円(会社発表)を前提にしています)

  • 偽公認会計士センセ、こんにちは
    さて、投資家はどう思うでしょうか?

    <abemaTVを始める前後のサイバーエージェント藤田社長のコメント>
    ネットTVは、資金的にも当社しかできない
    世界に成功例はないが、当社が成功させて見せる
    50年続いたテレビは座って視るものだと言う習慣を変えてやる
    いまは赤字を出して競業の進出を防いでいる
    これは社運をかけた勝負です。私は麻雀にも強いし勝負には強い

    <ZOZOの世界進出を発表したスタートトゥデイ前澤社長のコメント
    世界の人々が、ガス・水道・電気を使うように、生活必需品として当社製品を使ってくれれば嬉しい
    私は競争は好きではない、だからなるべく誰もやらないことをやるようにしている
    「なかなかやるね」と言われるだけで嬉しい


    前澤社長を応援したくなりますね。苦戦したらガンバレと励ましたくなります。
    藤田社長は応援する気がしませんね、失敗したらザマ見ろと言いたくなりますね。
    私ども例の会はサイバーAを売って、スタートトゥデイを買っています。
    真似をしてくださいと言ってるわけではありません。
    目標株価は1年以内に20,000円!!
    サイバーは半年以内に3,500円まで下げるでしょう。

  • 投資家はどう思うでしょうか?

    <abemaTVを始める前後のサイバーエージェント藤田社長のコメント>
    ネットTVは、資金的にも当社しかできない
    世界に成功例はないが、当社が成功させて見せる
    50年続いたテレビは座って視るものだと言う習慣を変えてやる
    いまは赤字を出して競業の進出を防いでいる
    これは社運をかけた勝負です。私は麻雀にも強いし勝負には強い


    <ZOZOの世界進出を発表したスタートトゥデイ前澤社長のコメント
    世界の人々が、ガス・水道・電気を使うように、生活必需品として当社製品を使ってくれれば嬉しい
    私は競争は好きではない、だからなるべく誰もやらないことをやるようにしている
    「なかなかやるね」と言われるだけで嬉しい


    前澤社長を応援したくなりますね。苦戦したらガンバレと励ましたくなります。
    藤田社長は応援する気がしませんね、失敗したらザマ見ろと言いたくなりますね。

  • 私には冒頭の藤田社長の映像が詐欺面に見えて仕方ない。
    特にabemaTVに関する説明に疑義を感じている。

    藤田晋の盟友、堀江貴文が業績好調を連呼して吊上げたライブドア株が暴落して、投資家が膨大な損害を被り、堀江は「偽計・風評流布」の罪に問われて実刑判決が下された。
    藤田がabema好調を連呼して吊り上げたこの株も、やがて暴落するのではないのか。
    藤田晋が、堀江貴文と同じことをやっているとは言わないが、詭弁や誇張が多く、傲岸不遜な人物である点では堀江に酷似していると言わざるをえない。

    【偽計・風評流布】
    投資家を誘惑したり錯誤させたり無知に付け込んだりして投資判断を誤らせる目的で(偽計)
    事実でないことまたは事実を誇張して説明したり表示する行為(風評流布)

    【傲岸不遜】
    おごりたかぶって人を見下すさま。思いあがって謙虚さのないさま。

  • ここまで買われたのは、転換社債の発行によるROE(株主資本利益率)の上昇期待だったと見ています。
    借入金がROEの上昇につながるというのはあくまで一般論で、借入金が成長事業に投下される場合に限って言えること。
    サイバーの場合は借入金のほとんどが黒字化の見込みがまったく立たないabema事業に投入されるわけで、ROE上昇にはつながりそうにない。
    株価は転換価格を上回っている。
    株式転換がすすめば株主資本が希薄化して、ツケは株主に回って来る。

  • 私には冒頭の藤田社長の映像が詐欺面に見えて仕方ない。
    特にabemaTVに関する説明に疑義を感じている。

    藤田晋の盟友、堀江貴文が業績好調を連呼して吊上げたライブドア株が暴落して、投資家が膨大な損害を被り、堀江は「偽計・風評流布」の罪に問われて実刑判決が下された。
    藤田がabema好調を連呼して吊り上げたこの株も、やがて暴落するのではないのか。
    藤田晋が、堀江貴文と同じことをやっているとは言わないが、詭弁や誇張が多く、傲岸不遜な人物である点では堀江に酷似していると言わざるをえない。

    【偽計・風評流布】
    投資家を誘惑したり錯誤させたり無知に付け込んだりして投資判断を誤らせる目的で(偽計)
    事実でないことまたは事実を誇張して説明したり表示する行為(風評流布)

    【傲岸不遜】
    おごりたかぶって人を見下すさま。思いあがって謙虚さのないさま。

  • 経営トップは誠実でなければなりません。
    過去において、嘘や法螺を吹き続けやがてXデーを迎えた社長のやり口はおよそ共通しています。
    ①世間が驚くような新事業や目標を唐突に打ち出して、他社では出来ないが当社ならやれると大法螺を吹く。
    ②事業は順調だ、計画通りだ、巡航速度だなどと散文調のあいまいな説明を繰り返す。
    ③自書を出版し、メディアに露出し、あるいはネットを利用して己を顕示する。
    近くは、藤田の盟友でライブドア社長の堀江貴文がそうでした。
    堀江は、ライブドアを時価総額日本一の企業にしてみせると大法螺を吹き、世間を驚かせました。
    その後「時価総額日本一は間もなく達成できる」「世界一も視野に入ってきた」と法螺に法螺を重ねたが、すでに経営は行き詰まっていました。
    追い詰められた堀江は、決算を粉飾して偽装隠蔽を企てました。この行為(偽計・風評流布)により堀江には実刑判決が確定しました。しかし莫大な損害を被った投資家が救済されることはありませんでした。
    藤田晋が、堀江貴文と同じことをやっているとは言いませんが、平然と偽装粉飾まがいの言動を繰り返し、傲岸不遜である点では、同質の人物であると言わざるをえなません。

    冒頭の写真は2013.1.31の決算説明会で「皆さんには信じてもらえないでしょうから社内目標ということにしますが、2018年度までにアメーバを中心として営業利益1,000億の会社にします」と、投資家を手玉に取るような法螺を吹き、最近では「ネットTVがやれるのは世界でも当社だけだ、資力的にも技術的にも他社にはできない」と、大言壮語の暴言を吐く藤田社長

    【偽計・風評流布】
    投資家を誘惑したり錯誤させたり無知に付け込む目的(偽計)で、事実でないことまたは事実を誇張して説明したり表示する行為(風評流布)

    【傲岸不遜】
    おごりたかぶって人を見下すさま。思いあがって謙虚さのないさま。

本文はここまでです このページの先頭へ