ここから本文です

投稿コメント一覧 (1022コメント)

  • エルサレムへの米国大使館移転の件・国連決議備忘録
    米国とイスラエルに味方した7国
     グアテマラ、ホンジュラス、トーゴ、ナウル、パラオ、マーシャル、ミクロネシア
    米国とイスラエルのために棄権した35国
     カナダ、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイ、パナマ
     バハマ、ドミニカ、ハイチ、ジャマイカ、アンティグアバブーダ、トリニダドトバゴ
     ポーランド、チェコ、クロアチア、ハンガリー、ルーマニア、ラトビア、ボスニアヘルツェゴビナ
     赤道ギニア、レソト、マラウィ、ルワンダ、南スーダン、ウガンダ、ベニン、カメルーン
     オーストラリア、フィリピン、ブータン、フィージー、ソロモン、ツバル、バヌアツ、キリバス
    米国とイスラエルのために欠席した21国
     エルサルバドル、セントルシア、セントクリストファネービス、
     トルクメニスタン、ウクライナ、サンマリノ、グルジア、モルドバ
     チモール、ミャンマー、モンゴル、サモア、トンガ
     中央アフリカ、コンゴ民主国、ギニアビサウ、ケニア、ザンビア、シェラレオネ、サントメプリンシペ
     スワジランド

  • 日銀が蛇口を閉めないから、円貨が海外へ出て資源高の要因となる。
    これは景気回復に非協力的な罪務省による、亡国の増税強行の害悪だ。
    ガソリンの値段が上がって日本人が大型車を買う気が失せるのも罪務省のせいである。

  • 中共と朝鮮のような畜生国を支援しようというような馬鹿な議員は落選させんといかんな。
    安倍も二階もその馬鹿の類である。何度でも選挙をやって、どんどん売国奴をふるい落とそう。
    日本国民の血税を害国に向ける馬鹿は、害人に取り込まれているのだ。救いようのない議員だと判断すべきである。

  • 北朝鮮の漂流船員は、民間人を装った工作員ということで全員射殺してもよいと思う。
    実際に人民軍の符号を与えられているようなので、離島拠点の破壊軍事行動として厳しい尋問が可能である。
    現在の日本は戦時法が徹底されていないので、これをありがたく解釈し、古来からの兵法に準じた処分が可能である。
    これはやる気の問題である。安倍に厳正な対処が出来ないのであれば、北朝鮮に高圧的に出る資格は無く、米国と軍事行動をとる気概もいいかげんなものということになる。現在の政府の甘さに呆れるばかりである。

  • 今日、日本株が大きく下げた理由は、北朝鮮漂流船員が日本沿岸で犯罪を行っていることが、マスゴミによりやっと報道され、広く知られたからだ。
    NHKをはじめとするマスゴミは、今日の暴落をトランプによる米国大使館エルサレム移転表明のせいにしているが、こうやって日本国民を騙し続けている。
    最高裁のNHK合憲判決は、最高裁の権威を貶めることになろう。国民は裁判所と裁判官に敬意を払わなくなる。
    ひとまず、日本国民はNHKと接触しないことだ。契約を解除し、その後はNHKとの通信を拒絶するのである。
    NHKによる住居への不法侵入は実力をもって阻止するだけだ。北朝鮮の漂流船員と同じ対応である。
    裁判所も敵なのである。日本国民は武装しなければならない。

  • わしは10月から、日本株指数ETFの信用売り持ちのままであるが、
    ここから買うのは完全な博打だと思うし、ここから売るのは危険が残る取引だと思う。
    ここから売る方が買うよりはるかに安全だと考えるから、少し売るという行動なら投資に値すると考える。

  • 昨夜に米国株が大上がりしても日本株が大して上がらない。
    買い手が少ない証拠であろう。

  • 祝上げも朝の一瞬で終わったようだ。
    株を投資家が買うのも終わりということだろう。

  • 来週は大阪市の、慰安婦像を設置する害国都市サンフランシスコとの姉妹協定破棄による祝い上げだ。
    日本の首長は大阪市長を見倣って、慰安婦像を設置するような反友好的な害人との姉妹協定を破棄すべきだ。

  • 政治の本質は敵を根絶やしにすることである。
    そして何でもありが許される。
    議会の議員こそその体現者であって、維新の足立はずぶとく議会で生き残ればよい。
    マスゴミが玉木と福山と石破の受託収賄疑惑を報道しないから足立が騒いだだけと理解する者は多い。

  • 何度も言うが、先物と為替をするな。
    わしのように株式現物の取引に徹することだ。
    信用口座を開けば売りから入ることも出来る。
    現物は老舗の優良銘柄を複数さわっている限り、先物や為替のように一瞬で裸にされることも無い。

  • 日経225は半値を超える戻しをして、再び11月9日のように買い手不在の状況になった。

  • 今日のような上昇は、わしのような売り持ちを大変惑わす。
    だからと言って、ここで買うようなことはしてはならぬ!
    何処の誰が、ここから11月9日の大天井まで買い上げるというのか!
    投資家なら、よく考えればそんな者はいないと簡単に気づく筈だ!

  • 昨日の引けが最後の逃げ場だったのだ。
    日本人であれば、従業員の賞与を減らしてまで株高を謀る日本企業に投資するのも気が引けるということだ。

  • 日本株式市場は、これから次から次へと売り物が出る相場になると思われる。
    売れば利益が出る株式を持っている者が多いからだ。
    今日に買い物をした者は運が悪かったのだ。

  • 相場の一休みだ。今はこれ以上買う者がいない状態だ。明日以降はまだ買い上がりがある可能性はある。
    わしの指数ETF信用売りの含み損は日経が1割に達した。トピックスはそこまでいかないが、上値で売ったつもりが大評価損だ。しかし、返済までは時間があるのでまだ清算はしない。

  • 日本株もさきほど大天井をついたな。
    先物の値は信用出来ぬ。

  • 米国株は今夜のさきほどが大天井であった可能性が高い。

  • 先物は嘘が多い。数年前に試しにやった実感だ。
    だから、わしは現物と信用売りしかしないことにした。
    何度も申し上げるが、先物と為替はしないこと。

  • 今日は証券業界からの安倍政権成立祝い上げだろう。
    わしの信用売りの日経ETFとトピックスETFは、3%~5%の踏み上げによる評価損状態だ。
    先々週の売りが早かったのだろう。

本文はここまでです このページの先頭へ