ここから本文です

投稿コメント一覧 (838コメント)

  • >>No. 7012

    >日の出前の、空の美しさ
    日の出の時間が遅くなり、いつもの朝のウォーキングに出るときはまだ暗い
    状態です。
    ここから秋を、さらには冬を感じます。

    歩いてるうちに東の空が明るくなってきます。
    その姿は毎日変わるのですが、大げさに言えば、宇宙の営みが感じられます。

    確かに一日の始まりを感じます。

  • >>No. 7010

    夏か?秋か?
    秋野菜の種まき時期なのです。
    白菜は先週播いて芽が出始めています。
    その後に続いて、大根や春菊や小松菜や、などなどを播くのですが、体感的に
    まだ夏の感覚なのです。

    これらの野菜は、その日の最低気温が20℃を割る頃からが播き時と言うのですが、
    それがどうも、今が播き時なのかどうかが分からないのです。

    今頃でいいんかなあなどと思いながら種を播きました。

    とか何とか言いながら、大括りでは季節に添っています。

  • >>No. 7008

    インターンシップ
    先週からですが、インターンシップというもので、大学院生が6名、発掘現場に
    来ています。
    我々の動きとは別で、遺跡発掘の一から学んでいるようです。

    今日は、その一環で、学生が我々補助員に発掘の指示をする。即ち我々は学生の指示で
    発掘作業をするということになりました。
    指示される補助員は、男女それぞれ2名ずつで、私もその一人になりました。

    やはりまだ慣れていないのですね。
    我々に指示したつもりでも、それを受けた我々が何をして良いのか分からない。
    また、指示された内容が明らかに間違っている(ベルトの脇にサブトレンチを掘るという
    指示です)。
    それでも反論はせずに指示された通りの作業をやるんですけどね。
    途中で彼らを指導する教官がその間違いを指摘したりします。

    とまあ、そんなこんなで一日が終えました。
    四苦八苦しながら我々に指示を出す若い彼(彼女)らが好ましく感じました。

  • >>No. 7007

    秋かな?と思うけど
    虫の鳴き声なんかにも感じます。
    田んぼの稲の穂が出そろって、その近くを通ると、独特の臭いがします。

    でもですね、ここのところの気温と湿度は並みではない。
    真夏というのではないけれど、かと言って秋は感じられない。

    ・・・とにかく蒸し暑いのであります。
    カラッとしていない。
    これは朝からです。
    早朝でも、ちょっと歩くと汗が噴き出ます。

    ただ、秋の気配はあちこちにあって、これが期待です。

  • >>No. 7004

    発掘再開・・・
    今週は月曜日は月例の公休日でしたので、火曜日から仕事が「再開」されました。
    「再開」というのも、とにかく雨が多くて、この火曜日は1週間ぶりの作業だったからです。

    ところが、暑い(熱い)。
    めちゃくちゃ暑い(熱い)。
    まあ、夏はこれが普通なんですけど、ただ、これまで雨が続いて中止が続いたところに
    久しぶりの再開がこの暑さですから、皆、戸惑っている感はあります。

    この再開に会わせるように、大学の学生さんたちが実習で来ています。
    男性4名、女性2名です。
    皆、大学院生で修士課程や博士課程とそれぞれです。

    この暑さの中で、慣れない発掘の実習ですから、なかなか大変そうです。

    若いって良いなあ、などと感じています。

  • >>No. 7003

    ずっと雨

    8月から今の発掘現場になっていますが、その8月に入ってから、雨模様の天気が
    続いています。

    先週末、8月18日までの稼働日は13日間なのですが、実際に働けたのは3日間だけ
    でした。
    わずか4年間の経験ですが、こんなことは初めてですね。

    仮に晴れても、降り続いた雨の影響で、現場がぬかっていて作業ができない。
    では室内で土器洗いかと言えば、あげた土器が無い。

    日照不足で野菜の価格が上がっているというニュースが流れています。

  • >>No. 7001

    白河に行って参りました。
    お盆に白河に帰るのは、もう、何十年という恒例の行動です。
    例年と変わらず、13日にお寺に迎えに行く前に、お墓に花をあげます。
    自分のお墓だけでなく、親戚や友人やその他いろいろ。

    それでも、以前と比べると随分減ったのですあります。
    かつては、車1台では1回で終わらなかったことがあります。
    とにかく、あちこちのお墓に花をあげて回りましたっけ。

    13日もいつもの通りです。
    お寺に行き、持参した提灯のろうそくに火をもらい、お墓に行って迎え火を焚く。
    自宅に戻って、もらった提灯のろうそくの火を仏壇のろうそくに移す。
    これでなんとなく仏様が戻ってきた感じです。

    昨日、埼玉に戻ってきました。

    あまり変化の感じられなかった白河。
    これも良し。

  • >>No. 6999

    今日も休み 明日も休み
    今度の発掘現場は遊水池の脇にあり、発掘する面は水面よりやや高いくらいです。
    現在重機が入って、その面近くまで表土を削っているわけですが、水が出やすいのが難点。

    一昨日の夜に降った雨で重機が動けないらしい。
    ということで、今日も明日も仕事は休みとなってしまいました。

    出鼻をくじかれた感じです。

    ま、スタートの時はありがちなことなのですが・・・。

  • >>No. 6998

    仕事再開
    今日から久しぶりの発掘作業です。
    長靴や、その他道具類を持って行きましたが、今、私は自宅に戻っています。

    何故か。
    発掘すべき現場は、まだ重機が作業をしていまして、つまり、目的とする地層まで
    表土を削っているわけです。
    私たちの作業はそのあとです。

    と言うわけで、機材類が入っている倉庫を片付けたり、事務所の周りの草を刈ったり
    したのですが、それも午前中で終了。
    発掘が進んで土器類がたまっていれば、土器洗いなどもできるのですがそれも無し。

    結果、午前中で仕事は終了し、明日もお休みとなりました。

    1ヶ月間の不摂生の後ですから、午前中で終了するのは良かったかもしれません。
    草刈りだけでばててしまいましたから。

  • >>No. 6997

    もう飽きた・・・
    6月末で熊谷のラグビー場の発掘が終わり、次は8月からです。
    1ヶ月以上の空白期間があるわけで、「夏休み」と思ってはいたのですが、
    長すぎる夏休みであります。

    本を読む毎日です。
    分野によっては1日1冊のスピードでして、それはそれで良いとして、
    本を読むのにも「飽き」がくる。

    朝からクーラを入れてソファーに寝っ転がって読んでいて、それで、三食はきちんと
    食べています。
    加えておやつも食べたりするので、ここのところ体重計に乗っていません。

    来週から再開する発掘作業が待ち遠しい。

  • >>No. 6995

    佐渡島
    12日から14日まで行って参りました。
    初日は、まず長岡に行き、「馬高縄文館」を見学。
    縄文時代の火焔土器がずらりと並んでいます。すごいです。
    昼食に「へぎそば」を食べ、直江津から佐渡島に渡りました。

    「何も無いよ」とは、参上出身の知人の言ですが、いえいえ、私の
    好みから言えば、見るところはたくさんありました。

    佐渡金山を見ました。等身大の人形で当時の様子を再現していて見応えは十分です。
    つい、世界遺産の石見銀山の展示と比較してしまいました。
    6,7年前ですから今の状態は分かりませんが、充実度は佐渡金山が圧倒的に上です。

    トキも見てきました。
    でき得れば、自然に飛ぶ姿を見たかったのですが、それはかないませんでした。
    トキセンターで大切に飼育されているトキを見学しました。
    島をあげてトキを守っているようでした。

    そのほか、海岸線の自然の景観や、能舞台、日本海に沈む夕日などなど、佐渡島特有の
    景観、文化を楽しみました。

    食事も美味しかった。
    埼玉は海無し県でして、取れたての魚が載った海鮮丼には感激でした。

    良い思い出になりました。
    島の旅というのも魅力がありますね。
    流刑の地というイメージもあります。
    次は、対馬とか隠岐の島とかに行きたいですね。

  • >>No. 6993

    梅雨明け?
    と思えるように、晴天、猛暑が続いています。
    福島も暑いようですけど、埼玉も相当なものです。

    蝉も鳴き出しました。

    あんまり暑いので、外に行くのは控えます。
    家に籠もってクーラーをつけて、本を読むだけの毎日です。

  • >>No. 6991

    >一面の花
    >見渡す限りジャガイモの花が咲いている

    ジャガイモはナス科の野菜です。
    育ってくると、薄紫の花を着けます。

    しかし、実を着けるということはあまりないのですね。
    実を着けないかわりに、光合成の力で地中にジャガイモを育てます。

    ・・・ところが、数年前、ジャガイモに花が咲き実を着けることがありました。
    複数の品種のジャガイモを植えた時だと記憶しています。

    実の形はトマトと同じです。
    ちっちゃいトマトが育ったジャガイモの茎になっているのです。

    初めての経験でした。
    結局、ジャガイモの収穫は最悪でした。
    目的とするジャガイモができないのですね。

    それから、ジャガイモは男爵一本に決めています。
    今年も結構な収穫でした。

  • >>No. 6989

    身体が鈍る。

    先週は仕事も無く、ぶらぶらとする1週間でした。
    出かけるところもありませんので、ただひたすらに本を読む毎日でした。

    ちょっとボリュームのあるものを選んで読んでいますが、読んでいるうちに
    眠っていたりします。

    新聞も隅から隅まで目を通していますので、何というか、活字に飽きる状態に
    なってしまいました。

    食事はキチンと3食とりますので、怖くて体重計に乗れません。

    なにかしないとなあ、と思うのであります。

  • >>No. 6988

    人間ドック
    発掘作業は先週で終了しました。
    発掘した現場は建設会社に引き渡され、どんどん土が埋め戻されています。
    2019年のラグビーワールドカップに向けて、急ピッチで観客席の増設が進められます。

    次の発掘は、4年前に初めてこの仕事に就いた所です。
    まだ未発掘の場所がありましたので、8月から作業が始まります。

    今のところ何もすることがないのでして、それで人間ドックに行くことにしました。
    年に1回の身体の棚卸しです。

    7月には佐渡島にも行く予定です。
    一足早い夏休みです。

  • >>No. 6987

    大転換
    というと大げさなのですが、日の出の時間は大転換をしています。

    夏至の前なので、日の出の時間はまだまだ早くなっていると思いきや、
    もうすでに転換していて、遅くなり始めているのですね。

    日没はまだ遅くなっているいるようです。

    本格的な夏が来る前に、もう秋が待っているような気がします。

  • >>No. 6986

    >木道で
    既視現象というのがありますよね。
    初めて訪れた場所であるのに、なんだか前にも来たことがあるような感覚です。

    子供の頃にそんな経験をしたことがあったような。
    いや、大人になっても、そんなことはありましたです。

    そんなことを感じるのは、本人の体調なんかもあるみたいですけど、不思議な感覚です。

    ・・・・最近は、そんなことも期待できないのであります。

  • >>No. 6984

    梅雨寒
    梅雨入りしたとは思われない天気が続いていましたが、今日はまさに梅雨でした。
    雨模様で、しかししっかりと降る雨では無い。
    傘を差すかどうか迷うような雨が降ったり止んだり。

    それに気温が低い!
    半袖では寒いのですね。
    それで、本来は真夏を乗り切るための腕カバーを、保温のために着けました。

    明日が空撮なので、現場をきれいに掃除をして、その後は室内で土器洗いや注記の作業です。
    単調な作業なので、いやがる人が多いのであります。

    私は、注記の作業でした。
    土器に遺構名や取り上げたグリッド名などを極細の筆で書き入れるのです。

    土器の破片の裏側の下側に書くというルールがあるのですが、上も下も判別できないことが
    往々にしてあって、そんなときは・・・自分の判断で書いています。
    結構、集中していますので、時間が経つのが早く感じます。

  • >>No. 6983

    >入梅間近?
    昨日、「梅雨に入ったとみられる」という気象庁の発表がありました。
    「みられる」というところに、ある種の「逃げ」が感じられます。

    その通りで、今日は雨も無く、太陽の光も差して暑かった・・・。

    気温は低いと言う予報を信じて1枚多く着てきたひともいます。
    私はいつもと変わらない出で立ちでしたが、それでも汗がすごい。

    梅雨時の気象予報は難しいようです。

  • >>No. 6982

    入梅間近?
    5月には30℃を超える日がありましたが、ここのところ気温は低めです。
    空気がひんやりしているようで、水の補給量が少ない。

    ま、我々としては有り難いのであります。

    明日、明後日と雨が降る予報になっています。
    期限が近づいていますので、少しの時間でも大切にしたい。
    午前中が雨でも、午後から上がるようだったら、仕事を中止にはしません。

    そんなわけで、今週か来週か、梅雨入りとなりそうです。
    それはそれで、味わい深い季節です。

本文はここまでです このページの先頭へ