ここから本文です

投稿コメント一覧 (854コメント)

  • >>No. 7034

    白菜漬け
    昨日、今シーズン初めて白菜を漬けました。
    一緒に山東菜も。

    今年は菜っ葉類が好調で、白菜も山東菜も期待以上に大きく育ちました。
    急に寒くなってきた中で、白菜2株、山東菜1株を洗い、陽に当て、夕方に漬け込みです。

    全部で6㎏を超える重さ。
    塩分濃度は3%。

    水曜日か木曜日か、早く食べたいのであります。

  • >>No. 7033

    いよいよ冬?
    発掘現場は周りに建物も無く、吹きっつぁらしのところにあることが多い。
    今日は北風が強く、体感温度も低くなる予報でした。
    救いは、発掘する場所が低いこと。

    頭の上を風が通り過ぎます。
    風がなければ、太陽の日差しがありますので暖かです。

    日没が早くなっていますので、午後4時頃になると地層の断面がよく見えない状況に
    なってしまいます。
    断面図も書けないし、確かにこの時期は働ける時間が短くなります。

    霜はまだありませんが、それもそう遠くないという感覚です。

  • >>No. 7032

    菊花・・・・
    その良さがよく分からないものの一つに、この菊の花があります。
    菊の花そのものは好きなのですが(食べて美味しい種類もあるし)、
    金賞とか銀賞とか評価されたものを見て、すごいなとは思いつつ
    その違いはよく分からないのでありまして、育ててみようという気持ちには
    つながらないのであります。

    菊人形にいたっては、ここまで装飾的に育てる苦労は理解しつつも、
    どう楽しんだら良いのか分からないというのが本当のところ。

    栽培するには、結構管理が大変だということは良く聞いています。

  • >>No. 7030

    満月
    いつもの通り朝の散歩に出ると、西の空に今沈もうとする満月がありました。
    東の空からは朝日が昇ろうとしています。

    何とも無表情で無機質な月です。
    天空にあるときはもっと生物に近い感じもするのですが・・・。
    朝の気温も随分低くなってきました。

    畑に行くと、まだ収穫前ですが、白菜や山東菜や大根や・・・9月に播いた
    アブラナ科の野菜が元気に育っています。

    落花生を収穫しました。
    長雨の影響がまだ残っていまして、土を掘り返すと水分を含んで塊になっています。
    その塊の中に落花生がはまり込んでいる感じ。
    塊を割って落花生を取り出すのですが、なかなかとりにくいのですね。
    それでも泥だらけの落花生を収穫し、泥を洗い流して塩ゆでにします。
    こりこりした食感で、これは美味しい。
    この季節の楽しみの一つです。

  • >>No. 7029

    羽鳥湖周辺
    この土日に行ってきました。
    中学からの友人と、今回初参加の高校時代からの友人です。

    新白河駅で待ち合わせ、猪苗代の湖南のほうに行きました。
    途中の道の駅で新蕎麦を楽しみました。

    泊まったのは天栄村の温泉宿でした。
    食事が大変充実していまして、刺身なんかはなくて、私のような年寄り好みの
    料理でした。

    羽鳥湖近辺は紅葉が見頃でした。

    ずっと雨にたたられて、翌日はどこにも寄らず、新白河に戻って解散です。
    でもまあ、そんなもんでも宜しいのであります。

  • >>No. 7027

    久しぶりの発掘現場
    今週一杯は中止、という方針が変化しまして、今日は仕事をするという連絡が
    昨日入りました。
    先週の木曜日から休みが続いていましたので、久しぶりの出勤です。

    しかし、現場は水の下。
    作業の内容の1番目は、排水のためにエンジン付きのポンプを4台設置することでした。
    電気のポンプよりは能力が高いと思いますので、これは切り札的な期待を持たせます。

    作業の2番目は、この雨であちこちに散らばった、コンパネ(ベニヤ板)や木材類を
    集めること。
    思わぬことが起きるもので、大丈夫と考えて置いていた木材類が水に流されているのです。

    3番目は、次の台風対策。
    ・・・・これは、先週のままですからそんなに時間はかかりません。

    残った時間は土器洗いの作業。

    久しぶりの作業で、皆、なんとなくウキウキした気分があるように感じました。

    しかし、月曜日がまた中止でしょうか。
    さらには、発掘作業がいつ再開できるか、全く不透明です。

    ・・明日、明後日と、友人との小旅行で羽鳥湖の近くに行きます。
    中学校、高校時代の友人です。
    新白河駅を集合場所にしました。

  • >>No. 7026

    台風の置き土産
    良くも悪しくも衆議院選挙は終わりました。
    投票日の当日は、朝7時から夜8時までの長丁場でした。
    7時前に投票に来ている方二人に投票箱が空であることを確認してもらい、
    投票所がスタートします。

    ま、期日前と同じでいろんな人がいました。

    終日雨が降る中で、投票率が落ちなかったのが救いです。
    その分、投票事務を預かるほうは忙しいのであります。

    午後8時を過ぎて投票所を閉鎖した直後に来た人がいました。
    個人的には、雨の中せっかく来たのだから・・・と思いがちですが、それはできない。
    「すでに投票所は閉鎖しています」という言葉で帰って頂きました。
    その方本人はなんとなく納得できない様子でしたが、それはやむを得ません。

    人により様々な状況はあるとは思いますが、やはり余裕をもった行動が必要だと思います。
    それは、選挙だけではなく、何事にも言えることではないかと思います。

    発掘現場は台風の雨で全面が水没してしましいました。作業は昨日から中止です。
    どんな状況か行ってみました。
    これはとんでもない。
    全面が水没して池になっています。

    水が引くまでには結構時間がかかりそうです。
    今週一杯は無理そうです。

  • >>No. 7024

    雨、雨
    雨にたたられている衆議院選挙です。
    期日前投票の受付の仕事を通算5日間やりましたが、今回は期日前に来る
    人が多いように感じます。

    投票日当日に投票に行けない事由を選ぶ欄があるのですが、「悪天候」を選ぶ
    人が多い。
    台風の影響で当日が雨になるという予報で、事前に投票を済ませようという考えのようです。

    そればかりではないでしょうが、とにかくこの5日間で4日が雨でした。

    おかげで、発掘作業の方は中止続き。
    今週発掘ができたのは1日だけです・・・トホホ。

    明日は法事で白河に日帰りで行きます。
    これも雨になりそうでしょうか。

  • >>No. 7023

    秋の旅行
    中学以来の友人と毎年小旅行をしています。
    歳が歳なんで、体調が悪くて中止にするときもあります。

    今年の春は、私の体調不良で中止でした。

    今月の末に1年ぶりに実施します。
    羽鳥湖のほうに行く予定です。
    今回は初参加の者もいて、今までとはまた違う旅行になりそうです。

    「無言のまま何時間でもいられる」・・・そんな連中です。

  • >>No. 7022

    選挙のお仕事
    衆議院選挙が公示されました。
    選挙になると、期日前投票や、投票日当日の仕事の依頼が来ます。
    退職してフリーな状態だった頃に初めてこのしごとをやりまして、それ以来
    国政選挙だけでなく地方選挙の都度、案内が来ます。

    遺跡発掘の仕事の合間に、時間をみて対応しています。

    どんな仕事かというと、投票に来た方を案内したり、入場券を確認したり、
    パソコンで受付をしたり、投票用紙を交付したり、というような内容です。

    入場券を持参せず、手ぶらで来ても投票ができることを、この仕事を通じて知りました。

    今回は衆議院選挙ですから、最高裁判所の裁判官の国民審査もあります。
    裁判官は7名で、すでに用紙に名前が印刷されてあります。
    (実は全然聞いたことのない名前ばかりです)
    やめさせた方が良いと思う裁判官には×印をつけるのですね。
    「よく知らないから」という理由で用紙の受け取りを拒否する方もたまにいます。

    うーん。確かにその通りで、裁判官をもっと知ってもらうような動きが必要かなと
    思ったりします。

  • >>No. 7021

    >外で
    野外で食べるのは、何故だか美味しいですよね。
    でも、世間から高齢者と呼ばれる年齢層に仲間入りすると、その機会が極端に少なくなって
    くるのでありまして、自分で企画する以外は、参加するイベントはありません。

    ただ、思うのはですね、外で食べたり飲んだりすると、いつものペースがつかめない。
    リズムが狂って、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりします。

    ・・・・愛媛県の松山にいたときは・・・・桜の季節は野外で焼き肉。秋は、河原で芋炊きでした。
    これが懐かしいのですね。

  • >>No. 7019

    孫来たる
    先週末と今週と、バラバラでしたが倅たちが帰ってきました。

    全員が揃うと13人となります。
    でも、いや、全員が揃わなくて良かった。

    もう疲れました。
    うちの奥さんが一番疲れたと思います。

    サトイモの収穫時期ですから、掘って持たせました。
    そのほか、大根や小松菜や水菜や、間引き菜を持たせました。

    今年は、菜っ葉類がうまくできています。

  • >>No. 7018

    馬肥ゆる・・・
    私は馬ではありません。
    血糖値を下げるために、ウェイトコントロールをしている・・つもりなのですが、
    体重が減らない。

    いや、むしろ増えている。

    そんなことに一喜一憂する気はないのですが、毎日計っているとやはり気になるのです。

    それでは明日からどうするか?
    妙案があれば、ご伝授いただきたい。

  • >>No. 7017

    衆議院議員選挙
    ことの是非は別として、総選挙となると期日前投票や投票日当日のお仕事の
    案内が来ます。
    要は投票の受付業務です。

    退職後に初めてやった仕事でした。

    その経験もあって、国政や地方を問わず、選挙となると仕事の案内が来ます。
    遺跡発掘の仕事と併行になりますが、今回も対応しようと考えています。

    ・・・・初めての孫が、来年小学校です。
    ランドセル分を稼ぎたいと思います。

  • >>No. 7016

    スマホデビュー
    持っていた携帯が、壊れてはいないのですが、レンズが割れてしまったり
    電池の製造が終わってしまったり、あちこちがこすれて地肌がむき出しになって
    しまったりと言う状態でしたので、スマホに買い換えることにしました。

    いろいろ聞いた情報を利用して、事前の予約をして、いざ当日に行ってみると、
    まあ、予約を無視されたような待ち時間や、手続きをスムーズにするためという提案で、
    決めておいた機種の情報が全く伝わっていなかったり、ぶち切れるような状況でして、
    かろうじて大声を出さずにすんだのは自分が大人になったのかな?と思っております。

    しかし、その後も2時間以上にわたって「身柄を拘束」されるはめになってしまって・・・。

    今手元にスマホがおいてはありますが、携帯電話ほどの活用もできていないのであります。

  • >>No. 7015

    お彼岸の帰省
    お盆に帰ったとき、母から「お彼岸にも来い」と言われてましたので、
    22日に白河に行きました。

    もちろん、事前に連絡はしておいたのですが、白河に着いてみると、
    「何しに来た?」という雰囲気なんですね。
    秋のお彼岸に帰るというのはあまりないことなのです。
    母本人が、来いと言ったことを忘れています。

    お墓の花上げは終わっていて、結局することがないのです。
    ま、それでも帰れば色々手伝うこともあって、それはそれで良かったかなと。

    お盆の時に比べて市内の車が多かったような印象です。

  • >>No. 7012

    >日の出前の、空の美しさ
    日の出の時間が遅くなり、いつもの朝のウォーキングに出るときはまだ暗い
    状態です。
    ここから秋を、さらには冬を感じます。

    歩いてるうちに東の空が明るくなってきます。
    その姿は毎日変わるのですが、大げさに言えば、宇宙の営みが感じられます。

    確かに一日の始まりを感じます。

  • >>No. 7010

    夏か?秋か?
    秋野菜の種まき時期なのです。
    白菜は先週播いて芽が出始めています。
    その後に続いて、大根や春菊や小松菜や、などなどを播くのですが、体感的に
    まだ夏の感覚なのです。

    これらの野菜は、その日の最低気温が20℃を割る頃からが播き時と言うのですが、
    それがどうも、今が播き時なのかどうかが分からないのです。

    今頃でいいんかなあなどと思いながら種を播きました。

    とか何とか言いながら、大括りでは季節に添っています。

  • >>No. 7008

    インターンシップ
    先週からですが、インターンシップというもので、大学院生が6名、発掘現場に
    来ています。
    我々の動きとは別で、遺跡発掘の一から学んでいるようです。

    今日は、その一環で、学生が我々補助員に発掘の指示をする。即ち我々は学生の指示で
    発掘作業をするということになりました。
    指示される補助員は、男女それぞれ2名ずつで、私もその一人になりました。

    やはりまだ慣れていないのですね。
    我々に指示したつもりでも、それを受けた我々が何をして良いのか分からない。
    また、指示された内容が明らかに間違っている(ベルトの脇にサブトレンチを掘るという
    指示です)。
    それでも反論はせずに指示された通りの作業をやるんですけどね。
    途中で彼らを指導する教官がその間違いを指摘したりします。

    とまあ、そんなこんなで一日が終えました。
    四苦八苦しながら我々に指示を出す若い彼(彼女)らが好ましく感じました。

  • >>No. 7007

    秋かな?と思うけど
    虫の鳴き声なんかにも感じます。
    田んぼの稲の穂が出そろって、その近くを通ると、独特の臭いがします。

    でもですね、ここのところの気温と湿度は並みではない。
    真夏というのではないけれど、かと言って秋は感じられない。

    ・・・とにかく蒸し暑いのであります。
    カラッとしていない。
    これは朝からです。
    早朝でも、ちょっと歩くと汗が噴き出ます。

    ただ、秋の気配はあちこちにあって、これが期待です。

本文はここまでです このページの先頭へ