ここから本文です

投稿コメント一覧 (266コメント)

  •  【モスクワ時事】北朝鮮や日本の外務省高官、米元高官らが参加し、核不拡散を話し合う国際会議が20日、モスクワで開かれた。北朝鮮の核問題をめぐり米朝関係者が接触するかが注目されたが、双方は「予定はない」と述べた。一方、日朝高官は会場内であいさつを交わした。
     北朝鮮外務省からは崔善姫北米局長が出席。米国からはクリントン政権下で北朝鮮政策調整官を務めたシャーマン前国務次官が参加した。
     崔局長は対米交渉の鍵を握る人物と目されている。北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり、米朝間の緊張が続く中、対話に向けた意見交換が行われるかが焦点だったが、崔局長は記者団に「米側と会う予定はない」と発言。シャーマン氏も「予定はない」と語った。崔局長は討論会で米国が北朝鮮の核保有を認めない限り、「交渉の余地はない」と主張した。
     日本からは北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の首席代表を務める外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が出席。金杉氏は会場内で崔局長とあいさつを交わしたことを明らかにした。

  • 仕手株というよりも、保険適応のインパクトの方が絶大です。こんな分野に保険が適応される先進医療がかつて存在していたでしょうか?ある意味では2012年~2013年のiPS相場よりも賑わう可能性があると考えています。

  • 【北朝鮮情勢】
    米韓訓練に反発「予想外の時刻に想像絶する打撃に直面」と威嚇

     北朝鮮の団体は19日までに、原子力空母ロナルド・レーガンなどが参加している米韓両軍の共同訓練について「危険千万な軍事的挑発」と非難し、「われわれの適切な自衛的行動が任意の時刻に断行されることを忘れてはならない」と警告する報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

     団体は「北侵核戦争演習反対全民族非常対策委員会」。訓練に40隻以上の艦船や戦闘機が参加することに触れ「われわれの第1次撃滅対象を面前に引き入れたことにより、予想外の時刻に想像を絶する打撃に直面することになる」と威嚇した。

     また、韓国に住む米兵の家族らの退避訓練が23日から実施されることについて「戦争前夜の緊張感を意図的につくろうと画策している」と反発した。(共同)

  • <JQ>重松製が一段高 「北朝鮮が超強力措置を準備」と伝わる

    2017/10/19 13:26
    日本経済新聞 電子版

    (13時10分、コード7980)一段高となっている。午後には一時、前日比274円(21.6%)高い1544円まで上昇した。19日午前の韓国メディアなどは「北朝鮮側が米韓の合同軍事演習について批判し、超強力措置を準備していると威嚇した」と報じた。北朝鮮情勢が悪化するとの思惑から、防毒マスクを製造販売する重松製など防衛関連銘柄に買いが入っている。

     18日にはミサイル発射などの挑発行動の可能性が薄くなったとして重松製の株価は反落していた。19日に北朝鮮情勢で再び緊張が入り、照明弾を製造販売している細谷火工(4274)や防じんマスクの興研(7963)など防衛関連銘柄も堅調に推移している。

  • 昨日の脱北者の報道で、日本に北朝鮮の脱北者がいるという話が出ていました。
    軍事衝突ばかりがリスクではありません。テロを避けることも必要なのです。

  • 北「大気圏内核実験かICBM発射」…CNN

    2017年10月18日 11時01分 読売新聞

     【ワシントン=海谷道隆】北朝鮮当局者が、大気圏内での核実験か大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を、16日から始まった米韓合同軍事訓練中か、来月のトランプ米大統領のアジア歴訪中に行う可能性があると語ったと、米CNNテレビが16日報じた。

     当局者は匿名で、所属なども不明。この当局者は、トランプ政権との外交交渉は排除しないとしながらも、交渉に入る前に「米国の侵略に対して、確実な防衛と攻撃の能力を有しているとの明確なメッセージを送りたい」と強調。米東海岸を含めた米本土を射程に入れた、核搭載可能なICBM技術の確立まで対話に応じない姿勢を示した。

     当局者は、ICBM技術の確立には、李容浩外相が可能性に言及していた「大気圏中での核実験」と「米領グアム以遠を射程に収めるICBMの発射実験」の「二つの追加ステップ」が必要になると言及した。

  • 「今朝三菱ケミカルが部品メーカーに出資し、炭素繊維と樹脂を合わせた複合材を量産車へ導入との報道

    「樹脂成形加工における最大の強み、当社のコアコンピタンスといえるのが、「押出・真空成形」です。「押出・真空成形」への取り組みでは、業界で最も古い企業の一つであり、長年にわたって培われ継承されてきた「押出・真空成形」のノウハウ・スキルが、製品の高機能化・高付加価値化を生み出しています。広く普及している「射出成形」とは違い、「押出・真空成形」は、いわばノウハウのカタマリであり、“職人芸”ともいえる技術が求められる分野。蓄積されてきた経験と技術に加え、新しい技術を取り込み、技術開発力を進化させることで、お客様の多様なニーズに的確に応えていきます。」

    「三菱ケミカルからの供与を受けた新素材、自社独自の新工法などの技術開発に貪欲に取り組み、高付加価値を目指した提案活動を行っていく考えです」

    時価総額30億 
    筆頭株主は三菱ケミカル。

  • No.353

    強く買いたい

    アゼアス、5-7月期(1Q)経…

    2017/10/17 15:11

    アゼアス、5-7月期(1Q)経常は黒字浮上で着地
     アゼアス <3161> [東証2] が9月13日大引け後(15:30)に決算を発表。18年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常損益は2500万円の黒字(前年同期は500万円の赤字)に浮上し、5-10月期(上期)計画の3000万円に対する進捗率は83.3%となった。
    これからはインフルエンザの季節。それも重要喚起あり!

  • DMPが量子コンピューターのプロセッサIP開発へ
    DMPが開発するDNNの推論や学習用の専用チップ、FPGAやメモリー、脳型チップなどの資源を自由に組合せて、深層学習用LSIだけでなく、量子コンピューターなど様々な特定用途向けのハードウェアを統一的に扱えるシステムの構築を目指す。

  • 9月に入れば保険適応の話が各メディアでさらに取り上げられる。

  • ジワリと上がってきた。

  • 遺伝子一括検査、がんに関連なら保険適用…「来年度中に」厚労省目標

     厚生労働省は、がんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めた。 2018年度中の実現を目指す。個々の遺伝情報を活用して最適な治療法を選択するがんゲノム医療の加速化を狙う。診断や薬選定より効率的に がんは遺伝子の変異によって増殖などの仕組みが違い、効果的な薬も異なる。肺、 膵臓 などのがんでは、特定の遺伝子を調べる検査が保険適用されている。 一括検査は、次世代シーケンサーと呼ばれる装置を使い、採取したがん細胞の遺伝子を網羅的に調べる。100種類以上の遺伝子を一度に調べ、その変異を検出することができ、がんの診断や治療薬の選定がより効率的に行える。

     現状では保険が利かず、一部医療機関で患者が費用を全額負担する自由診療として行われている。費用は40万~100万円程度。 厚労省は今年度中に、一部で保険が使える「先進医療」の制度を使って一括検査を導入。有効性などを確かめた上で、がんゲノム医療で中心的な役割を担う中核拠点病院に限定し、公的医療保険で受けられるようにする。厚労省は7か所程度の中核病院を今年度中に指定する方針だ。

     一括検査の広がりで医療費増加も懸念されるが、厚労省は不要な投薬などが減り、効率的ながん診療につながると期待している。

  • PERは遺伝子検査の保険適応が考慮されていない段階でのものであって、参考指標になりません。
    財務状況について別のところに注目されるのが良いかと思います。


  • 内閣改造 厚生労働相に加藤勝信氏 内定

    8月2日 23時36分

    3日に行われる内閣改造で、厚生労働大臣に、現在、一億総活躍担当大臣を務めている加藤勝信氏の起用が内定しました。

    加藤氏は、衆議院岡山5区選出の当選5回で、61歳。

    旧大蔵省出身で、安倍総理大臣の父親の安倍晋太郎元外務大臣の盟友だった、義理の父親の加藤六月元農林水産大臣の秘書などを経て、平成15年の衆議院選挙で初当選しました。

    党の厚生労働部会長や総裁特別補佐などを歴任したあと、5年前に第2次安倍内閣が発足して以降は官房副長官を務め、おととし10月に発足した第3次安倍改造内閣で一億総活躍担当大臣として初入閣しました。

    また、去年8月の内閣改造で働き方改革担当大臣も兼務し、長時間労働の是正や、同一労働同一賃金の実現を図るための具体的な法改正の方向性を示した、「働き方改革実行計画」の取りまとめなどに尽力しました。

    安倍総理大臣としては、みずからに近く、手堅い行政手腕や調整力を発揮してきた加藤氏を厚生労働大臣に起用することで、政権の重要課題である社会保障改革をさらに加速させる狙いがあるものと見られます。

  • この企業、自己資本比率 73.5%、有利子負債0なんです。
    PERがどうという意見もありますが、全くの赤字なら「ー」で表示されませんし、黒字化する見込みが保険適応前の段階であるから、数字が付きます。だから最低限の基礎体力はある、と判断する方が的を得ていると思います。

  • 増坦解除は明日。
    内閣改造と新材料で株価は大きく動く。

  • 明日8月1日が大きな分岐点となります。

  • 出来高少ない。すなわち誰も売っていない。

  • 前期比 +4.1 2.8倍 +40.8 +64.8 +62.7
    キーウェアソリューションズの今期見通し業績

  • 時価総額と国策を考えたらこんな所で売る気がしない

本文はここまでです このページの先頭へ