ここから本文です

投稿コメント一覧 (238コメント)

  • インフォテリがプラスに急浮上、エッジコンピューティグ用ミドルウエア「Gravio」の提供を開始

    インフォテリが後場終盤になってプラスに急浮上している。午後2時ごろ、エッジコンピューティグ用ミドルウエア「Gravio(グラヴィオ)」の提供を開始したと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。

     「Gravio」は、IoTソリューションにおける、分散したエリアでの効率的なデータ収集と活用をシンプルに実現するために開発した本格的なエッジコンピューティング用ミドルウエア。IoTを介したデバイス連携・制御やクラウドサービスなどとの連携を手軽に実現するのが特徴で、同社が提供するIoTソフトウエア基盤の第2弾となるという。

  • 材料は、最高。人手不足、流通、Iotなど旬のテーマを網羅している。

  • 材料は、最高。人手不足、流通、Iotなど旬のテーマを網羅している。


  • ソリトン、物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化

    6/19(月) 13:04配信

    Impress Watch
    ソリトン、物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化

     株式会社ソリトンシステムズ(以下、ソリトン)は19日、物流貨物の輸送時の情報をリアルタイムにトレースできるシステムを製品化したと発表した。センサーユニットの試作品およびクラウドシステムなども開発し、すでに大手物流会社と共同で性能評価も実施している。

     センサーユニットは、温度、湿度、気圧、衝撃加速度、傾斜角、照度、バッテリー電圧値のトレースが可能。BLE(Bluetooth Low Energy)通信により、スマートフォン)経由でクラウドシステムにセンサーデータの送信を行う。あらかじめ設定したしきい値を超えた場合に、アラートメールで通知する。

     バッテリーは2Way方式を採用し、リチウム乾電池とボタン電池に対応可能。リチウム乾電池の場合、マイナス40度の環境下で約2年間の連続動作に対応。航空機輸送に対応するため、ボタン電池での動作も可能となっている。

     センサーユニットには大容量の内蔵メモリを実装。クラウドシステムへの通信が途絶えた場合でも、約40日分のデータを内部に保持しておくことができ、通信が復旧した際にデータをまとめてアップロードできる。

     センサーデータの受け渡し、ユーザー管理画面用コマンド制御など、外部サービスとの連携するためのAPIも提供する予定。ソリトンでは、性能評価から得られたデータからフィードバックを行い、今後センサーユニットの小型軽量化、量産化を進める予定としている。

  • ふるい落として上がってきた。供給不足の物流業界にIOTを使った生産性向上のIRがでたのが大きい。

  • データベースシステムの欠点はセキュリティですし、ビットコインを売買する為に作られたブロックチェーン技術は強固なセキュリティを持つので、この二つを融合させる事ができれば、凄いシステムはできると思います。(ブロックチェーンの基盤上にデータベースを構築する技術を得るのが狙いであるとのこと)

  • ここはIot時代に向けて、欠かせない技術を持っているので、買う人はひっそりと下値を買っておけばよいと思います。

  • 金融庁と経済産業省は、クレジットカードなどでお金を払うキャッシュレス決済比率を10年間で40%に引き上げる。
     東京や京都といった訪日外国人が多く集まる都市にある宿泊施設や商店街、観光地で決済端末を完全配置するようにし、
     設置への支援の枠組みを新たに作る。
     米国並みの水準へ引き上げで、現状から2倍へ増やす。
     IT(情報技術)と金融を融合したフィンテックを活用し利便性高め、消費喚起にもつなげる。

  • GMOクラウド、内外テック、エムアップ、これらは5月だけでも急騰している。今後の株価は将来をどれだけ織り込んでいるかで決まる。

  • エムアップに追いつくのだ!

  • 死んだふりしてまた生きかえってきた。

  • 出来高かなりこなしたな~。

  • 第2フェーズでは、第1フェーズでの実験結果を踏まえて必要な改善を行い、より幅広い用途・領域、対象企業もBCCC会員以外にも広げた社会実験を展開する構想です。

    * Zenは、パブリックブロックチェーンを含む複数種類のブロックチェーンおよび、分散型台帳のネットワークに適合するトークンとして発行されることを企図していますが、第1フェーズでは、プライベートネットワーク上で稼働するブロックチェーンおよび分散型台帳に限定することで、流通範囲を制限いたします。
    すなわち、Zenの利用は、BCCC会員企業とその製品・サービスに付随してのみ可能であり、利用者は、BCCCの会員であるZen取扱取引所により、資金決済法において想定されている顧客保護を受けることになります。
    Zenの仕組みは、法的環境が整えば、原理的には日本円のみならず他国通貨であっても、仮想通貨の取引市場が存在すれば採用可能な仕組みとして設計されており、本社会実験は、デジタルトークン発行証明の方式、およびトークン発行アダプターの仕様を、国際的なデファクトスタンダードとする可能性を探ることも目的の一つとしております。

  • 社会実験のスケジュール
    第1フェーズ
    第1フェーズは2017年4月から9月の半年間と設定し、この期間はZenを取り扱うことのできる企業はBCCC会員企業のみ(2017年4月10日現在138社)に限定します。すなわち、第1フェーズにおいては、Zenの発行を受け、これを使うことができる企業は、BCCCの会員企業のみであり、BCCCの会員企業が提供する製品やサービス以外にZenを利用することはできません。また、クローズドな環境におけるZenの流通を促進するために、参加企業間の決済はできるだけZenを用います。例えば、「ブロックチェーン大学校」の授業料は、Zenのみで支払うことができることとします。

  • 「Zen」の特徴
    「Zen」には、以下の3つの大きな特徴を持っています。
    (1) 日本円との交換レートが安定的に推移するよう設計されていること
    (2) 複数種類のブロックチェーンおよび、分散型台帳上で稼働することができること
    (3) Zenの運営にスマートコントラクトを導入することにより、運営の信頼性をブロックチェーンにより確保することを企図していること

  • いや、売りたったの30600株、売りの勢いはかなり減退してる。

  • 豊見城中央病院など、再生医療の臨床研究

     豊見城中央病院(沖縄県豊見城市)と中頭病院(沖縄市)は25日、東京女子医大と早期食道がんの患者向けに、再生医療治療の臨床研究を始めると発表した。がん切除の手術後に食べ物が喉や食道につかえる食道狭窄(きょうさく)の合併症が起きた際、東京女子医大が開発した細胞シートを使って食道狭窄の再発を防ぐ。

     再生医療技術で食道の再狭窄を予防する研究は、世界でも先例になるという。

     両病院は今後1年で計6例の臨床研究を予定。どちらかで症例が出れば、すぐに最初の治療を行う。豊見城中央病院によると国内の早期食道がん患者数は年間約8000人。うち手術後に食道狭窄を起こす可能性があるのは3000人程度という。

     細胞シート工学は東京女子医大が開発した再生医療技術で、心臓や角膜、軟骨などの疾患への臨床応用が進む。豊見城中央病院は2年前に東京女子医大と友好連携協定を結び、細胞シートの技術移転に取り組んできた。

  • メディネットと東大がiPS細胞を用いた免疫細胞治療の共同開発で基本合意(2015年9月25日)

    メディネットは、東京大学とiPS細胞を用いた免疫細胞治療の共同開発基本合意書を締結したと発表した。合意書締結に基づいて、メディネットは、東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター幹細胞治療分野教授の中内啓光氏と、iPS細胞を用いた免疫細胞治療(CTL)の新規治療技術の開発を行う。

    中内啓光氏らの研究グループは、2013年に細胞傷害性T細胞(CTL細胞)からiPS細胞を誘導し、再度CTLに戻すことで、若返らせた状態にするとともに、CTLを大量に得る新技術開発に成功している。また、2015年には、この技術を利用して作製したヒトのCTLを、癌のモデルマウスに投与したところ、効果的に腫瘍を縮小させることが確認されているという。さらに、副作用を抑えるために特定の薬剤の投与で、投与細胞を効率的に消失させることも確認している。

    共同開発基本合意に基づいて、新規開発されたiPS細胞を用いたCTL治療の開発を目指し、両者は共同研究を進める。中内氏らの技術とメディネットの臨床応用に係る技術・ノウハウを融合させること、メディネットが持つ商業生産規模の細胞培養加工施設を利用することで、臨床応用までの道のりを加速させることを目指すという。

    ※細胞培養加工施設はこれから本格的に稼働。となると、臨床応用のスピードアップも期待できます。

  • 難病「ALS」の進行抑制物質を京大グループがiPS細胞使い発見 患者ら治療薬を「少しでも早く」と期待

    「念願の治療薬の開発に一歩近づいた」。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った研究で「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の治療薬につながる有力な候補物質を見つけたと京都大iPS細胞研究所などのチームが発表した24日、実用化までには10年程度の期間を要する見込みだが、関係者に期待の声が広がった。

     「暗くて長いトンネルの先に希望の明かりが見えた」「このニュースに接して本当にうれしく思う」。自身も患者である一般社団法人日本ALS協会(東京)の岡部宏生(ひろき)会長と増田英明副会長は、それぞれ産経新聞の取材に、協会を通じるなどして喜びの声を寄せた。

     同研究所によると、ALSは抜本的な治療法がない難病で、国内に約9千人の患者がいるとされる。運動神経細胞が死に至り、筋力が低下することで歩行や呼吸に困難な障害が生じる。それだけに、岡部会長は「iPS細胞関連の治療や薬の開発への期待は私たちにとって多大なもの。いつもその進捗(しんちょく)に注目していた」という。

    チーム責任者で同研究所の井上治久教授(神経内科学)は、平成24年にも同様にALSの治療薬のもとになり得る物質を見つけ出していたが、「今回は具体的な効果もわかり、5年がかりでの発見につながった」という。

    ※これからどんどんと再生医療による新しいポジティブ・ニュースが出てきますよ。

  • 出来高が半端ない!それだけ注目を集めているってこと。25日線をもうすぐ上に抜けそう。

本文はここまでです このページの先頭へ