ここから本文です

投稿コメント一覧 (316コメント)

  • No.160

    強く買いたい

    2018/07/30 バ…

    2018/08/03 10:35

    2018/07/30

    バース予約を軸にトラック待機を解消、入出荷を効率化

    近年、トラックドライバー待機時間や入出荷作業負荷の増大、荷待ちトラックによる渋滞など、物流の様々な問題が顕在化しており、荷待ち時間対策法令の強化や補助金制度の創設など、問題解決への機運が高まっています。

    物流ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」は、工場/物流センターに設けられたバース(積卸しを行うスペース)に関わるシステムとして「バース予約管理」「車両入退管理」「車両誘導」「バース実績管理」の4つを提供。
    トラック待機時間の解消や入出庫業務の効率化、入出庫集中時間帯の分散、トラック渋滞の緩和など、トラック積降の課題への対応をICTで支援します。
    バース予約を軸にトラック待機を解消、入出荷を効率化
    LogiPullの特長

    構内物流の車両の流れを"計画"から"実績"まで一元管理
    各システムは個別に導入でき費用に応じた組み合わせや段階的な導入が可能
    クラウド環境の活用で、導入がスムーズ
    ETCをはじめ、さまざまなデバイス(カメラ、バーゲート、満空センサー、電光掲示板など)を活用し、お客様の課題に沿った車両管理の自動化と精緻な情報収集を実現

  • 舞台装置や遊戯機器扱う三精テクノロジー


    同社はカジノ関連としても注目されており、カジノ候補地の大阪・夢洲の話題が上がってくれば、大阪所在の舞台設備、遊技機械大手である同社に資金が入ってくる可能性が高まりそう。

  • エレベーターやエスカレーター、オートロード(動く歩道)をはじめ、舞台機構や各種遊戯機械を提供していることに加え、地元大阪企業という点での期待感と思惑が先行する。さらに、モントリオール万博や、つくば博、愛・地球博における実績の豊富さも、今年11月の開催地決定に向けて誘致合戦がクローズアップされる過程で“思惑買い”を誘う可能性がありそうだ。

  • 資金使途
    日本、北米、シンガポール、香港、インドネシア及び中華人民共和国等のアジア諸国並びにロシア及びウクライナを含む欧州諸国における、仮想通貨取引所の開設又は買収。中国及び香港においては、Beatは香港においてビジネスを行うにあたり「新華」の商標を保有することから、取引所の名称は「新華取引所」とする。他の地域においては、取引所の名称は「Noah Global Exchange」とする。

    ブロックチェーン3.0エコシステムを構築し、異なるブロックチェーンエコシステムの相互運営や並びにヘルスケア、金融及びテレコミュニケーションの垂直的な運営の実現に注力する。

    仮想通貨メッセージエコシステムを構築し安全なコミュニケーションプラットフォームに基づいたメッセージングを提供することで、①メッセージングサービスのユーザーの間で仮想通貨の移転や保管を可能にし、②電話番号、Eメール又はその他のオフィシャルIDに依拠しない登録プロセスによってユーザーのプライバシーを保護する。

  • ノアコイン運営組織の力は、コインが上昇するに従って強くなります。その影響力の傘下に置こうとしたのが、このビート・ホールディングスです。それだけ、ノアコインが目指す方向性と整合性が取れると判断したのでしょう。
    つまり、ノアコインの普及や価値の高まりが、この企業のブランド力に直結することになります。結果的に業績にも良い影響を及ぼすことでしょう。中華系の資金はそのことを想定してこの株を買っています。

  • ノアコインの反撃が始まったばかりです。フィリピンでは国策で仮想通貨の普及を進めています。規制ばかりの日本とは間逆です。

  • 今回のHitBTC(日本人/取引停止)の件、この問題に詳しい日本の法律事務所と連携して、HitBTCは日本に子会社を立ち上げるそうですよ。まだまだ諦めたわけではなさそうです。何より2013年から仮想通貨を扱っているという歴史があります。

  • 2018/05/17 10:14

    PER21.3倍PBR 1.61倍


  • 安倍首相「解散・総選挙は頭の中にまったくない」

    9時54分配信 トレーダーズ・ウェブ

    安倍首相

    「解散・総選挙は頭の中にまったくない」

  • 公明党政調合同会議

    4月24日

    12:00
    内閣部会及びIR実施法検討PT合同会議

  • 公明党政調合同会議

    4月24日

    12:00
    内閣部会及びIR実施法検討PT合同会議

  • ロイター企業調査:安倍首相3選され続投が望ましい73%。
    石破19%,小泉17%、岸田9%を大きく圧倒。
    理由は安定が望ましい。
    支持率は低下してますが、この73%は、大きく
    安倍政権の自信、安定化が望まれていることは、
    これを、追い風として、やつていくと、思われます。

  • 政府・各党の取組:IR実施法案 与党審査の中、詳細に関する報道相次ぐ 27日に国会提出へ

    2018-04-20

    【国内ニュース】

    政府は、IR実施法案を、与党の法案審査手続き終了後、27日に閣議決定し、国会に提出する方針。衆議院内閣委員会がIR法案を審査する見通し。
    与党は、今国会における成立を目指す。

    4月17日、自民党は、内閣第一部会などの合同会議で、IR実施法案を了承。公明党は、17日に審査を開始、協議を進めている。

    IR実施法案の重要論点11項目に関する与党合意(4月3日)は、図表の通り。

    現在、IR実施法案は公開されていないが、各メディアが詳細、断片情報を継続的に報じている。

    各メディアが注目したポイント(与党合意の重要論点11項目を除く)は、

    ・独立行政機関「カジノ管理委員会」が持つ罰則規定
     カジノ免許を不正取得(虚偽の申請内容など)した場合、法人には最大5億円の罰金
     カジノ免許を不正取得(虚偽の申請内容など)した場合、法人役員など個人には5年以下の懲役や500万円以下の罰金
     顧客の不正入場(上限回数以上など)を許した従業員には3年以下の懲役や300万円以下の罰金
    ・カジノ規制などに関与する公務員のカジノ施設への入場禁止
     対象公務員と事業者の癒着防止を目的とする
     首相や全閣僚、中央省庁の職員は国内の全カジノで客としての入場を禁止
     自治体職員は、当該行政区内のカジノのみ入場禁止
     異動でカジノ規制関連業務から外れたケースなどの運用基準は今後策定

    なお、公明党は、2016年12月に成立した議員立法のIR推進法では、党内のさまざまな意見に配慮し、衆参両院の本会議採決で自主投票の措置をとした。その際、公明党の議員のうち、衆参とも三分の二以上が賛成した経緯がある。

    通常国会の会期は、1月22日から6月20日の150日間。

  • 出来高まだ超少ないよ。イナゴ集まったら、大変なことになるよ。

  • 政府・各党の取組:

    IR実施法案 17日、自民は了承。公明は審査開始 27日に国会提出へ

    2018-04-18

    【国内ニュース】

    4月17日、自民党は、内閣第一部会などの合同会議で、IR実施法案を了承した。

    公明党は、17日に審査を開始、次回以降に協議を継続する。

    政府は、与党の法案審査手続きの終了後、27日に閣議決定し、国会に提出する方針。

    衆議院内閣委員会がIR法案を審査する見通し。与党は、今国会における成立を目指す。

    IR実施法案の重要論点11項目に関する与党合意は、図表の通り。

    IR実施法案には、独立行政機関「カジノ管理委員会」が持つ罰則規定も盛り込まれた。

    ・カジノ免許を不正取得(虚偽の申請内容など)した場合、法人には最大5億円の罰金

    ・カジノ免許を不正取得(虚偽の申請内容など)した場合、法人役員など個人には5年以下の懲役や500万円以下の罰金

    ・顧客の不正入場(上限回数以上など)を許した従業員には3年以下の懲役や300万円以下の罰金

    なお、公明党は、2016年12月に成立した議員立法のIR推進法では、党内のさまざまな意見に配慮し、

    衆参両院の本会議採決で自主投票の措置をとした。

    その際、公明党の議員のうち、衆参とも三分の二以上が賛成した経緯がある。

    通常国会の会期は、1月22日から6月20日の150日間。

    (*)
    2016年12月26日に施行されたIR推進法は、「必要となる法制上の措置については、
    この法律の施行後一年以内を目途として講じなければならない」と定めた。

  • IRが夢洲に決まれば、大阪は外資系企業から2兆円はこえる投資資金が舞い込んでくる。
    市の財政面においてもカジノの税金が入ってくるし、私鉄各社も積極投資するから
    大阪はこれから凄いことになりそう。
    ギャンブル依存症対策っていっても、パチスロ屋の方が雄に酷いでしょうに・・・
    これでも理解出来ないのは野党しかいないでしょう((´∀`))ケラケラ
    まぁ予定通り27日に提出されれば通りますのでご安心を

  • 2018/04/11 21:37


    2018-04-11

    【国内ニュース】

    4月27日、28日、大阪市内にて、「第1回 関西IRショーケース」が開催される。

    目的は、日本、大阪府市におけるIR理解形成であり、IR業界関係者のみならず、

    一般生活者も対象とする。

    一般生活者を対象とするIRイベントは、日本では初めての試み。


    主催者は、2日間合計で約1万人の来場を見込む。

    イベントは、セレモニー、各種セミナー、展示会で構成される。

    オープニングセレモニーには、大阪府知事 松井一郎氏、 大阪市長 吉村洋文氏などが参列。

    セミナーでは、元大阪府知事/前大阪市長 橋下徹氏、大阪府市IR推進会議・座長 溝畑宏氏、

    海外IR事業者6社のトップなどが登壇する。

    主催者は、関西IRショーケース実行委員会(

    事務局:トレードショーオーガナイザーズ株式会社、実行委員長:堀正人)。

    後援・協力には、関西を中心とする観光、インバウンド、MICE、IRなどの団体が名を連ねる。

  • MGS2017 ピクセルカンパニーズ「日本IRブース」概要発表~カジノIRジャパン出展
    2017-10-29

    10月27日、ピクセルカンパニーズ株式会社(JASDAQ公開、コード:2743)は、同社が日本総代理事務局として「MGSエンターテイメントショー2017~クリエイティビティ&イノベーション」(MGS)に出展する「日本IRブース」の概要を発表。

    「日本IRブース」の出展面積は、約315平方メートル。日本のIRの現状と展望、IR誘致を目指す長崎県、北海道、和歌山県の誘致推進活動および観光魅力を、マカオ市場に紹介する。

    ブース内ステージでは、MGS主催者であるマカオ娯楽設備協会の会長であるジェイ・チュン(Jay Chun氏)、博報堂IR/MICE推進室担当部長である栗田朗氏、「カジIRジャパン」を運営するキャピタル&イノベーション株式会社の小池隆由氏、マカオカジノ監理当局DICJ関係者、マカオのIR関連事業者の責任者、ピクセルカンパニーズの代表取締役社長である吉田弘明氏などが登壇し、マカオ、日本の最新動向をプレゼンテーションする。

    マカオでは、例年5月にG2E Asia(2017年が11回目)、11月にMacao Gaming Show(同5回目)が開催される。

    G2E Asiaは、American Gaming Association(アメリカゲーミング協会)とReed Exhibitions(国際展示会大手リード・エグジビションズ)の共催であり、総合的な産業展。
    Macao Gaming Showは、Macau Gaming Equipment Manufacturers Association(マカオゲーミング機器製造事業者協会)が主催であり、カジノ機器・用品サプライヤーの展示会。
    主催者は、前者は米国事業者系、後者は地元マカオ事業者系と色分けされる。

    Macao Gaming Showは、2013年にスタートし、拡大基調を続けてきた。最近では、訪問者数、は1.5万人規模と、G2E Asiaと拮抗する規模感となった。

  • 2017-09-12

    9月11日、ピクセルカンパニーズ株式会社は、11月14~16日に、マカオにおいて開催される「MGSエンターテイメントショー2017」に、「日本IRブース」を出展すると発表。

    ブースのコンセプトは、「日本のIRの現状を現地マカオ市場へ紹介」、「IR誘致を目指す自治体による誘致推進活動紹介」、「日本国内でIR関連事業へ参入されている事業者の事業紹介・PR」。

    MGSエンターテイメントショーは、マカオのカジノに関連する企業等で構成されるマカオ娯楽設備協会(Macau Gaming Equipment Manufacturers Association、MGEMA)が主催する国際ゲーミング見本市。

    ピクセルカンパニーズは、子会社LT Game Japanを通じ、カジノ用ゲーミングマシン事業(開発、製作、販売)を展開。今後、日本のIR分野における事業化にも取り組む。

本文はここまでです このページの先頭へ