ここから本文です

投稿コメント一覧 (158コメント)

  • >>No. 2663

    10月22日(日)11時01分、K.O. 於追手門学院大学G
    花園大36-3(24-3)追手門大

    台風の影響による雨が前夜から続く中、人工芝も雨を十分に含む恵まれないコンディションでの試合。
    雨は、小降りになったり、降り続けたりで、止むことなし。
    4分、PKを蹴られて、0-3。
    9分、ゴール右にTG、7-3。
    17分、右隅T、12-3。
    25分、右中間TG、19-3。
    36分、右中間T、24-3。

    後半の最初は自陣での攻防が続く。
    17分、右隅T、29-3。
    37分、左中間TG、36-3。
    雨脚は強くなり、その中でノーサイド。

    試合終了後、大阪府に暴風雨警報が発令されたため、第2試合・第3試合は中止と決定。
    勝ったものの、選手には気の毒なコンディションでの試合。もう少し良い状態で試合をさせたかった。

  • >>No. 2661

    10月8日(日)の対大阪経済大戦は、帰省の関係で見に行っていません。
    負けるはずのない試合だと思っていたのですが???
    前半が5-15。後半追いついたものの、最後にTGを取られて、22-29で負けたようです。

    15日(日)の対大阪教育大戦は、大経大に負けるようでは、連敗かと思っていたら、31-5(12-5)で勝ったようです。
    この試合も雑用で見に行っていませんので、詳細不明(「大阪教育大学ラグビー部」で検索すると、この試合の展開が書かれていて、大体わかります)。

    これから、22日が対追手門大戦、29日が対龍谷大戦で、入れ替え戦をかけたサバイバル、負けられない試合が続きます。
    22日は見に行けるのですが、29日は中国出張で日本に不在。

    選手の意地と頑張りに期待するしかないようです。

  • aratanzさん、お久しぶりです。

    追手門大が大阪体育大に勝利したことは、追大の実力もさることながら、大体大は去年も、公式戦初期はBチーム主体で戦い、Aチームは終盤戦に登場した、こうした戦い方、戦略の問題が大きいように思われます。

    別の見方をすれば、先週大阪教育大を破った追大を甘く見ていた、軽んじてた結果だと思います。
    龍谷大は、昨日の試合で100点ゲームですから、これはAチームでしょう。
    入れ替え戦出場に暗雲が立ち始めた大体大は、戦略の微調整を迫られることになりそうに思われますが???

  • 10月1日 対大阪大学戦
    花大45-27(31-6)阪大
    前半は、阪大を2PKに押さえて、まずまずの展開。
    後半は、先にTGを取られて、追いかける展開で、最後にTGを取られて、2本対3本で終了。

    尚、前の試合で、追手門大が大体大に、27-24(15-7)で勝利。番狂わせの試合。
    追大はミスが少なく、連携のとれたよいチームでした。花大は、春の練習試合で敗戦。要注意のチームが1つ増えました。

  • Bリーグ公式戦 第2戦 14時40分k.0
    対大阪大学 大阪大学G(阪大病院前下車)

    大阪教育大に勝った追手門学院大が、12時50分から大阪体育大と戦う試合も必見。
    さて、その実力は?

  • >>No. 2655

    夏期合宿

    8月14日~24日 長野県菅平
    ホテル亀屋

    80分間、走りきる体力を身につけてほしい。
    後半の残り20分で、相手を圧倒できる体力がないと、入れ替え戦での勝利は難しい。

  • >>No. 2654

    3月6日、新入生も参加して、合同練習開始。

    今年こそ、入れ替え戦での勇姿を見たい。
    これまでの努力に、もう一つ、何かを付け加えてほしい。それが何なのかは、選手自身に考えてもらうしかないのですが。

  • >>No. 2653

    入れ替え戦・観戦記

    大阪体育大 対 関西大 10-10(10-0)
    前半は、大体大が27分モールで攻め込んでTG、7-0。
    37分ドロップゴールで、10-0。
    後半は、関大が優勢で16分モールでTG、10-7。
    25分にPKで、10-10。

    そのまま終了して、関大がAリーグに残留したが、残り8分?頃以降の2回程のペナティで、PKを狙わなかったのは、何故なのか??? 距離と角度の問題があったとは思うものの、勝ち越すことが絶対の条件である以上、冒険してもよかったような気がしました。
    明早戦の最後に、明治がペナルティを蹴らず、タッチに蹴出してトライにこだわって負けた試合を思い出しました。


    龍谷大 対 摂南大 27-12(17-10)
    摂大は10分・17分にトライ、0-10。
    20分に龍大インターセプトで、7-10。
    24分摂大TG、7-17。

    後半は、16分・18分に摂大トライで、7-27。
    32分に宝ヶ池球技場を離脱。
    その後、龍大がトライして、12-27になったようです。

    龍大のメンバーを見ると、2回生が10人、3回生が3人、4・1回生が各1人。来年度・再来年度の昇格を狙っての戦略のように思われました。

  • 11月27日(日)対大阪教育大学戦
     14時20分 大阪経済大学グラウンド

    地下鉄・井高野駅下車、徒歩5分

  • >>No. 2651

    11月20日 花園大19ー59(12-28)大阪体育大

    先に取られて取り返す展開で、16分に12-14。
    35・37分に連続して取られて、12-28。前半終了。

    後半は、2・10・21分に取られて、12-45。
    25分にTGで、19-45。
    40・44分に取られて、19-59。

    ここ何年かの課題であるフォワードの強化が、今回も出てきました。
    スクラムで押されることが多く、これが安定しないと、龍谷・大体に勝つのは難しいか。

  • >>No. 2648

    11月20日(日)13時40分K.O.
    対 大阪体育大学戦 大阪体育大学グラウンド

    入れ替え戦をかけた、最後の試合。
    勝たねばならぬ試合。

    後半勝負の、執念の勝負。

  • >>No. 2646

    11月13日 花園大41ー45龍谷大 逆転負け

    前半 12時K.O.
    02分、左中間TG、7-0
    07分、被T、7-5
    14分、キックパスで被TG、7-12
    18分、左中間TG、14-12
    36分、PK、17-12
    44分、ゴールポスト右にTG、24-12

    後半
    06分、被TG、24-19
    13分、被T、24-24
    18分、右中間TG、31-24
    21分、PK、34-24
    26分、被TG、34-31
    31分、左隅TG、41-31
    36分、被TG、41-38
    43分、自陣ゴールライン前でのスクラムで、押されて意図的に崩したとして被認定TG、     41-45

    もう一歩でした。残念!!!
    もう少しで、入れ替え戦が見えていたのに・・・・・

    今日は、ディフェンスが機能していました
    前半が思い通りにいったので、少し守りに入ったか?

  • >>No. 2640

    11月13日(日)12時 対龍谷大学戦 大阪体育大学G
       20日(日)13時40分 対大阪体育大学戦 大阪体育大学G

    大阪体育大学の正門までは、熊取駅からバスで行けます(日曜日は本数が少ないので、バスの時間を調べ、それに合わせてお出かけください)。そこからは、坂を道なりに登って5分くらい歩くとグラウンドがあったように記憶しています。(京都からは、少し遠い)

    グランドの位置は、大阪体育大学のHPで構内図(キャンパス案内)をご覧の上、確認してください。

  • >>No. 2638

    aratanzさん、東京出張で見に行けませんでした。

    かなり押されたような話でしたが、点は取られなかったのですから、ディフェンスはそれなりに機能したようです。

    大阪体育大が神戸大に4点差の薄氷を踏む辛勝。
    これも不思議で、38点も取られるチームではないはずなのですが???
    どうも、メンバーを変えながら試合をしているように考えないと、辻褄が合わないようです。

  • >>No. 2636

    大阪大は、それなりにまとまったよいチームです。
    現状では、0点に抑えるのはなかなか難しいように思われます。

    龍谷大は、宝ヶ池で見た甲南大戦とは別のチームのような、最近の戦いぶりです。
    そのギャップが??? 別のチームのようです。

  • >>No. 2634

    10月30日(日)13時40分K.O.
    対 大阪大学戦 大阪大学グラウンド(モノレール・阪大病院前駅 下車)

  • >>No. 2633

    対神戸大学戦 結果
    67-10(33-10)

    龍谷大は、大阪産業大に対して、100越の試合とか。
    なかなかの充実ぶり。
    気を引き締めて、ミスを少なくせねば!

  • 10月23日(日)12時 K.O.対神戸大学戦 京都大学宇治グラウンド(黄檗駅下車)

    aratanzさん、お久しぶりです。
    今年のBリーグは、上位3チームとその下の差が大きくなったような気がします。
    大阪教育大学が昨年程でなく、大阪産業大学も一昨年までの勢いなし。

    龍谷大学も大阪体育大学も、戦力を整えてきて、先週はそれぞれ圧勝の展開。
    11月13日(日)12時対龍谷大学戦、20日(日)13時40分対大阪体育大学戦の2連戦が山場。この一角を崩さないと、入れ替え戦出場の道が閉ざされます。

    龍谷大学の今年の実力は、今週末の大阪産業大学戦の結果が一つの目安になりそうです。
    大阪体育大学は、強力フォワードによるモール攻撃に特徴があり、京都大学戦の前半はそればかりでした。

  • >>No. 2630

    大阪産業大学戦 結果

    59-5(12-0)

    12時02分にK.O.
    試合開始10分・15分にTで、12-0。
    その後も攻めて相手ゴールラインまで迫るも、ミスが出て取り切れず。
    消化不良の試合展開。

    後半は12時57分にK.O.
    6分・14分・16分・19分・23分にTで、45-0。
    このまま完封かと思いきや、27分に右隅に被T、45-5。
    29分・33分にTで、59-5。

    今日は、前半2T、後半7Tで、コンバージョン・キックが各1本外れただけ。
    思いがけなく大差となった試合でした。

    昨年のキャプテンなど、卒業生も観戦に来て、旧交を温めていました。

  • >>No. 2629

    10月16日(日)12時 対大阪産業大学戦 於、大阪大学グラウンド

    去年は3点差の逆転辛勝ゲーム。
    大産の監督が替わった後の最初の試合。気を抜かず、どのような試合展開ができるのか。
    今シーズンのチーム力を見る絶好の試金石の試合。
    負ければ論外。勝っても、どのような試合内容になるかで、今後が占える必見の試合。

本文はここまでです このページの先頭へ