ここから本文です

投稿コメント一覧 (973コメント)

  • 出来高的にも、短期リバ相場は終了という感じかな。
    もともと出来高が少ない株だったのが幸いして、大暴騰になった感じ。
    元々が1,000円以下からの相場で、ほとんどのホルダーは1,400円
    前後だろうから、ほぼ全員がどこで売っても、ホールドでも笑いが止まらん状
    況だろうと思う。

  • 株価が下がったと言っても、ほとんどの人は、▲50円位で損切りするから、
    大きな含み損ホルダーは、ほんのごく少数だと思う。
    極薄商い株は、大ドカきたら、ドッストン下もありで、上は値幅抜き待ちで重い。
    次のラインは、上下200円幅といったところだろうけど、新規買い手控えで、
    手持ち回転売買スタンスかな。

  • もともとが、期待値テンコ盛りでの、1,000円位からのイケイケ相場だった
    ように記憶しているが・・・。
    個人的には、下げても、1,000円水準までだろうとは思うが、いかんせん
    極薄出来高株だから、ドカ下には気を付けての値幅抜き回転売買スタンスかな。
    業績予想については、(今となっては)オマケ程度に考えて、売上が現金化し
    た段階での評価なのだろうと思う。

  • 主力部隊:1400円台ホルダー、準主力:1500円前半台ホルダー
    といった感じの、今の相場かな。
    1600円台以上のホルダーは、流石に去っただろうし、相場の動き的には
    身軽になって、上下振幅が期待できるかもな。

  • 一番のネックは、暴落がなければ、出来高が、2〜3千株しかないことだなあ。
    ▲76円損切後、回転売買でトントンにはしたが・・・。
    流石に、いっきに▲500円下げは想定してなかった。
    今は、上昇はあまり期待せず、地道に50円抜き。下げは1,000円までを
    想定している。

  • ココは、もともと、1,000円くらいからの相場だから、期待感が萎んだ今は、
    その水準への回帰はありだろうと思う。
    株価低迷の理由も、極めて単純だと思う。超薄商い株に、細い買手しかいないから。
    ダヴィは、昔は、業界のスーパースター株だったが、今は超ドン引き感しかなく、
    大口の買いは期待できないと思う。この水準でも細商いなのだし・・・。
    復活のためには、ダヴィを連想させるすべてを切るか、逆に名称、一般株主(例え
    ば株式交換)を含めて取り込んで、スーパースターの完全復活を印象付けるかしか
    ないと思うね。

  • キホン細商い株だから、1,500円ちょい近辺で大出来高になってしまうと、
    現値より上のホルダーは厳しい感じだな(自分も多少上だが・・・)。
    当面は、買値+50円売り、買値-50円損切りのパターンだろうかしな。
    業績も良好な部類だと思うだけど、知名度と話題性が・・・なのだろうな。
    いっそのこと、ダヴィを一般株主ごと取り込んで、名前も新生ダヴィでもよい
    と思う。
    今は、市場史でマイナスイメージしかないように感じるダヴィだけど、復活す
    れば、イメージも確変するだろうしな。

  • もともと、1,000円前後からの相場だったから、含み益組も多いと思う。
    (残念ながら、自分はそうではないが・・・)。
    キホン細商いだし、多少でも戻せば、利益があるうちに確定の動きも出て来る感じかな。
    過去のダヴィは大失敗のイメージしかないから、業績改善が明確な結果(売上計上は当然
    として、現金増として)として、発表されないと、大口の買いは期待できないと思う。
    ホールドよりは、他の銘柄と往復しながら、50円幅位での回転売買スタンスかなあ・・・。

  • もともと1,000円前後から始まった相場だけど、かつての業界の帝王ダヴィの
    取り込み方によっては、この業績でも3,000円位は行く可能性はあったと思う。
    今のところ、ダヴィは一般株主だけが、ババ引いた感じになってるようで、
    大口や相場が長い人からすれば、ドン引き効果しかないのではないかと思う。
    そう考えると、ダヴィとは完全に決別するか、逆に完全復活(株式交換して、名前も
    ダヴィ擬きにかえる)をアピールするしかないように思うな。
    個人的には、前者の方がスッキリする。今の相場、買い判断に悩む株見向きされない。
    業績は期待値ほどではないが悪くない。株数も多くない。しかし、買いたい人が、
    激減傾向にある。そこがポイントだと思うね。

  • ココの業績自体はいいし、将来性も期待できるとは思うのだけどね。
    株数多くないし、普通の会社なら、3,000円くらいの株価はありだろうと思うが。
    ダヴィ連想ゲームとなってしまうと、トラウマからドン引きする人もいるのだろうな。
    ダヴィは一般株主含めて完全に取り込んで、奇跡の復活を印象付けるか、完全に切り
    離すかのいずれか、明快なほうがいいと思う。
    ともかく、大口が買いたくなるような流れにしてほしいものだな。

  • ダヴィンチのトラウマが市場的にデカ過ぎるからなのか、買いがほとんど
    入らなくなってしまったなあ。
    今の、市場反転爆上局面、普通なら、2,500円近辺ってとこだろうけどなあ。

  • ダヴィンチって飛ぶ鳥落とす勢いだったけど、いまどうなってるんだろうな。
    あれが今も同じだったら、ココも2倍位は楽勝だったのだろうけど・・・。
    なんだかな・・・・って感じだな。

  • まあ、今年は数倍益位稼いでいる人は、普通に多いから、ココ持っててそのまま
    でもいいし、損益相殺でもいいかなって人が多いんじゃないかな。
    サイバーSの20倍超えとかイケてれば神だけど、さすがにそこまでの人はいない
    感じかな。

  • 業績好調のように感じるな。
    不動産株は、2020年に向けてこれからの大本命だし、期待大だな。

  • 今年は普通の株でも、10倍〜20倍もあるから、普通の株の目利きで稼ぐ
    方が手堅く無難ではあるな。
    親株にしろ、子株にしろ短期20倍とは、ムリだろうし、特に子株は、行使して
    もいい枚数を転がしている人がメインだろうと思う。
    今年の全体相場は、大型クロマグロの入れ食い様態。株損とか死語に近いな。
    なにも、池でクジラを狙わんでもと思うが、チャレンジャーはごく少数いるし、
    自分も多少持っている。

  • まあ、先日の業績発表については、可もなく不可もなくという見方が大半かな。
    既に、6月末にあらかた想定はついたから、株価は暴騰基調で推移してたし、
    サプライズなしだったから、出来高・株価ともに萎みつつあるのが現状かな。
    ココの一番の強みは、黒字の低位株だということに尽きるな。
    業績はまあまあ普通以下としても、低位は暴騰の可能性があり、旨味もデカいしな。

  • 親株については、出来高も激細り傾向であまり上値は期待できない状況だな。
    子株については、2円幅位の振幅は期待できそう。
    子株1円抜きでも他所のS高位には相当するからな。
    親はともかく、ライツのキホンは欲張らないことだな。
    今年は、他所でも普通に5〜6倍益は稼いでる人が多い、天祐の年だ。
    ライツは期間限定だし、利確益の一部の転がし限定かな。

  • PTSとか見てると、明日は昨日の高値更新さえどうかという感じになって
    きたな。
    出だしはよかったんだけど・・・なんだかなあ・・・ってとこだな。

  • う〜ん・・・。PTS思ったほどじゃないなあ・・・。
    出だしは好調だったけど・・・、上値を買う人があまりいなくなった。
    でも、明日は今日よりは高値で引けるだろうから、長期ならそれでいいと思うな。

  • 現実問題として、1,200円位からの第二相場だったから、現状でも含み益満タン
    の人がほとんどだろうと思う。
    まあ、利確益分をホールドで放置の人が多いんじゃないかな。自分もそう。
    株価的には、元々500円位からのスタートだったから、今の3倍以上の株価を
    どう見るかだな。前回も決算相場は、一日天下の木阿弥に近かったしな。
    電池関係が何も触れられていないのが少し残念だった。

本文はここまでです このページの先頭へ