ここから本文です

投稿コメント一覧 (3466コメント)

  • こんばんは。

    今夜のNHK特集(日本の少子高齢化に伴う労働力減少についてのお話)はなかなか面白かったです。

    有名な話ですが、2025年には、介護士が38万人不足するそうです。

    個人的には、今後は要介護者は選別され、一部(もしかして過半数?)は捨てられる運命にあると考えております。

    物理的にも財政的にも要介護者全員を今まで通りに手厚く介護するのは不可能ですので、どうしようもない。

    番組の中で、私の勤務先でもよく遭遇する困難と同じ困難(デイケアのドライバー不足など)を抱えている介護事業者が映されていました。

    「あ~、どこも同じなのね」とw

    ただ、あの番組を見ても、危機感を持たない・持てない人もたくさんいるのだろうなとも思った次第。

    労働力不足に陥るであろう今後の日本では、お金を持っていることよりも、いかに健康な身体と頭脳を持っているかの方がずっと重要になることでしょう。

    ちなみに、個人的な肌感覚ですが、息子・娘がいたとしても、全くアテにはならないことが多いです。

    息子も娘も、自分たちの仕事や生活に追われているので・・・

  • >>No. 8698

    ケガがなくて何より。

    私は、渋滞の中、クルマの運転をしつつ髭を剃ってたオッサンを見たことがあります。

    あと、漫画本を読みながら運転してる若い男も(こっちは結構飛ばしてましたっけ)。

    世界は狂っています。

  • >>No. 8674

    地獄への道は善意によって敷き詰められている

    過去25年間の日本の金融・財政政策の軌跡とその結末を見れば既に証明されたようなものです

    今のままなら、アメリカも日本と同じ道を辿りそうです

    FRBは政策金利を即座に5パーセントに引き上げるべきw

  • >>No. 32837

    こんにちは。

    相変わらず、アメリカ国債の10年ものと30年ものの利回り差はゼロに等しいと言っても過言ではないですよね。

    これこそ、私がGOLDと金鉱株に強気な理由です。

    ま、今後のイールドカーブがどうなるかは分かりませんけど・・・

  • >>No. 8591

    リスクオフで下げ、リスクオンでも下げる。

    上げる時はジワジワと、そして下げる時は上げた以上にスット~ン!

    これが最近の金ロス株の動向ですね。

    上場来の超長期でチャートを見た場合、株価が上昇途中にあるようには見えるのが唯一の心の拠り所と言いたいところですが、株価が上昇しつつあるように見えるのも単なる主観に過ぎないw

  • >>No. 32830

    こんばんは。

    たいへん参考になりました。

    個人的には、イラン・イスラエル間の緊張がさらに高まって、戦が始まるとしても、そこで原油価格はピークを打つと見てます。

    逆に、緊張緩和ならば、当然ながら原油価格は暴落へという流れ。

    どっちにしても、今後の原油価格は下落方向に向かう可能性の方が上昇方向へ向かうよりも高いような気はします。


    閑話休題。

    トランプ大統領への評価について、です。

    もしかしたら、後世の人々は、今の我々がビスマルクに対して与えているのと同じような評価を彼に与えるのかもしれないなと最近、考える次第です(見た目もなんとなく似てますねw)。

  • >>No. 8541

    こんばんは。

    この5日間ほど国内で修学旅行してました(エロは無しw)。

    その間、ネットは見てなかったので、金ロスの株価が急落していたとは知りませんでした。

    知らぬが仏ってやつですね。

    3年間、海外放浪して帰国したら・・・株価が20倍に!

    な~んて妄想ばかりが頭に浮かぶ今日この頃・・・(´・ω・`)

  • >>No. 8445

    おはようございます。

    なるほど。

    事故の際の状況はよく理解出来ました。

    にしても、tadさん、タフですね。

    ものされる文章の緻密さとのギャップを感じますw

    頭の方は(少なくとも)画像診断上は異常なしということで良かったですが、立ち眩みのような頭痛は気になりますね。

    髄液漏かもしれませんが、決め打ちは良くないので、面倒かもしれませんが、御自身で一応、体温・血圧・心拍数を毎日定時に測定・記録しておいてみては?

    あと、増悪/軽快要因も記録しておく(頭位/体位/食事/運動/入浴との関係などなど)。

    自分自身で診断・治療のための努力をする患者には医者は好感を持つと思います。

    で、小指の方は・・・

    とりあえず、医者に相談して「日常生活になるべく邪魔にならない装具でお願いします」でいいのでは?

    御大事に。

  • >>No. 8442

    こんばんは。

    tadさんがケガされたのは全く知りませんでした。

    たぶん、私が修学旅行に行ってる間のお話でしょうね。

    大丈夫ですか?

    どういうケガか分かりませんが、タバコはケガの治りを遅らせますよ。


    ところで、ユーロについてですが、全く関係ない話題だと思いますが、以下、ベテラン旅行者(現地で生活するように旅をしている超長期旅行者)から聞いた話です。

    彼は中欧4か国(ポーランド・チェコ・スロバキア・ハンガリー)の物価比較をしてました。

    要約すると、スロバキアは他の3か国よりも物価が高いらしいです。

    彼の説では「スロバキアはユーロを採用しており、他の3か国は自国通貨を保持しているから」とのことでした。

    この説が本当かどうかは分かりません。

    ただ、もし日本がドルを通貨として採用したら、どうなるのかなとふと思った次第。

    ちなみに、ウクライナは2014年以降は通貨暴落で物価が超激安になっているらしいです(タイより安いとか)。

    ぜひ行きたいw

  • 東洋経済の記事~「北海道新幹線、特需消え正念場へ」

    こんなの建設前から予想されたこと。

    東北地方と北海道の合計面積は日本全体の約40パーセントだが、人口は日本全体の12パーセントほど。

    今後は延々と赤字を垂れ流し、税金が投入され続け、結局は数十年後には仙台以北の新幹線は敗戦・・・、もとい廃線。

    しかも、新幹線の死の最期の瞬間にたまたま立ち会った政治家が、何故か国民から非難され糾弾されるであろうという勘違いも予想される。

    患者の家族が、死の瞬間にたまたま立ち会った医者に向かって「この藪医者が!」と食ってかかるのと同じ構図かな。

    ま、自分はたしかに藪なんで文句はないけどw

  • >>No. 8349

    だからこそ、物理的に相手に制裁を加える能力を絶対に確保しておかないといけないのです

    ~カリアゲ黒電話より

  • >>No. 8308

    こんばんは。

    歴代の自民党は、自身がアメリカ政府に示している恭順の姿勢と同じ性質の恭順を官僚にも、ひいては国民にも求めているように常々感じます。

    当のアメリカ政府の方は恭順を強制しているようにはあまり見えませんので、自民党側の卑屈な忖度というやつですかね。

    ドラえもんに出てくるキャラで言えば、スネ夫というわけです。

    スネ夫は私が一番嫌いなキャラなので、せめて、のび太に、出来れば、ドラえもんになって欲しいところw

    ま、大昔にジャイアンに逆らってボコボコにされた鮮烈な記憶が、当初の「羹に懲りてなんとやら」というやつから「バカの一つ覚えw」へと昇華されてしまった側面もあるのでしょう。

    私の知る限り、ドイツ人がアメリカ政府もドルも信用せず、変に崇拝もしていないのとは対照的です。

  • >>No. 8294

    他人の生命や尊厳を容赦なく奪う人間ほど、何故か自分の生命や権力にはひどく執着するもんです(そういうのに限って根性もないし)。

    北朝鮮の軍司令部に繋がった電話の受話器をカリアゲ君の耳に押し付けたまま、奴の足の小指にレンガの尖った部分を50センチくらいの高さからドスンと落っことして「もっと痛い目に遭うのと、日米間への攻撃を永久に止めるのと、どっちか選べ」で、OK牧場w

    もちろん、こっちの言うことを素直に聞いたからと言って、奴の死刑は避けられぬ運命ですがwww

  • たぶん、誰しもが心の中で考えているであろうこと。

    カリアゲ黒電話とその妹が韓国領内にノコノコやって来た時に何故、さくっと捕まえなかったのか?

    奴らの身柄さえ押さえてしまえば、北朝鮮軍は米韓日に手を出すことはなかろう。

    というか、韓国政府が奴らを捕まえてたら、北朝鮮の軍人も含めた全国民が涙を流して喜んだはず。

    文とかいうオッサン、逆に北朝鮮国民から恨まれるようなことしやがって、マジでアホw

    国際法も条約も、自国が絶対的に有利になるのであれば、さっさと破るべきであって、律義に守る国は間抜けなだけ。

    正々堂々なんて何の美徳でもない。

  • >>No. 8260

    こんばんは。

    炎の9連休、おめでとうございます! (^O^)

    人が休んでる時に働く主義の私は激しく仕事中でございますw

    ところで、御存知でしょうが、1980年代から1990年代にかけてのフリーター(元若者→今は立派な中年・初老)の現在の悲惨な状況については今の若い衆たちはよく理解しているようでして、私が若かりし頃の若者たちほど彼らは豪快なお金の使い方は全くしてません。

    良く言えば、堅実。

    悪く言えば、小さくまとまっている。

    ま、時代なんでしょう。

    ケチをつけても仕方がないです。

    というわけで、個人的には「賢くなった彼らは(過去のおバカな若者と異なり)大人の甘言に乗せられることはなく、多少の賃金上昇があったとしても、そんなには消費には回さないだろう」と考える次第です(他の先進国でも同様でしょう)。

    仮に実質賃金が年率10パーセント近く上昇していくようなことが5~6年も続けば、さすがに世間の人々のマインドも激変し、消費意欲も高まるのでしょうが、ま、到底無理ですね。

  • 今日のフジサンケイビジネスアイの記事(元ネタはBLOOMBERG)

    ~中国で2018年に起債予定のドル建て債の55パーセントがジャンク級~

  • >>No. 32794

    こんばんは。

    向こう40年間程度は、よほどの移民政策の変化がない限りは、日本国内の(極めて利便性の高いごく一部の都心部を除いて)住宅の物件価格も賃料も持続的に低下していくと見込んでます。

    実際、私が借りて住んでいる賃貸物件はこの14年、家賃が上がってません。

    今後の日本では、場所さえ選ばなければ、住むこと自体のコストはほぼゼロになるという素晴らしい国になっていくことでしょう。

    ただし、賃料がゼロになる代わりに、加速度的にオンボロになっていく電気・水道・ガスなどのインフラ更新コストがずっしりのしかかって、居住に関わるトータルコストは変わらないかもしれませんけど。

  • >>No. 32792

    おはようございます。

    アメリカは地域差が激しいですね。

    日本ではちょっと考えられないですが、ある意味、これがアメリカの強みなのでしょうね。

  • >>No. 8115

    なるほど。

    私はトイレに行きたくなった時に、パチンコ屋以外の選択肢がない時以外は、立ちションはしません。

    つまり、パチンコ屋には絶対に入らないということですw


    ところで、今週号の週刊エコノミストの表題は「ドル沈没」。

    短期的には逆指標の可能性が高いっすかね・・・

  • >>No. 8106

    tadさん、パチンコされるんですか?

    私の想像の中のtadさんとのギャップがw

本文はここまでです このページの先頭へ