ここから本文です

投稿コメント一覧 (3176コメント)

  • >>No. 755

    ま、安部ちゃんのレベルが今の日本人のレベルということでしょう。

    個人的には、モンスターな患者とその家族たちを見ているので、安部ちゃんの言動には驚きはありません。

  • アメリカの4~6月の家計・非営利団体の純資産は前年同期比1.8パーセント増加した。

    他方、同時期の家計の債務は前年同期比3.7パーセント増加した。

    債務の方が速く増えました。

    アメリカは経常収支も財政収支も真っ赤。

    他方、日本の経常収支は1981年以降、赤字なし。

    物価水準を購買力平価を日米で比較しても円高・ドル安が自然に見える。

    今のドル高・円安は、どうせ一時的なものでしょ?

  • >>No. 622

    全くその通りですw

    さすがアニキ。

    でも、ここまでズバッと言える政治家って橋下さんくらいでしょう。

  • >>No. 620

    列強気取りw

    ああ、過ぎ去りし栄光の時代・・・orz

    あ、でも、第二次大戦が始まった頃、日本の一人当たりGNPは当時のメキシコと変わらないか少し低かったみたいな統計をどこかで読んだ記憶があります。

    あんまり、栄光の過去って感じでもなかったw

  • >>No. 618

    北朝鮮が核実験を太平洋のどこでやるのかが疑問ですが・・・

    そういえば、1995年に、フランスが南太平洋で核実験をやって、世界中から顰蹙を買いましたっけ。

    日本では、ルイヴィトンの不買運動が一時的にやられてましたが、すぐに終息。

    当時、日本人のお調子者な面をマザマザと見せ付けられましたw

  • >>No. 615

    お馬鹿な首相を選択してしまった日本の有権者の責任ですね。

    仕方がないです。

    これで戦争が始まって、日本人が200万人くらい即死すれば、さすがの日本人有権者も「アホに政治家をやらせておくとヤバい」と学ぶでしょう。

    戦後は、世襲の政治家は法律で禁止されると思いますが、そうならないならば救いようがないです。

  • >>No. 571

    おひさしぶりです。

    永遠に続く戦争状態もなければ、永遠に続く平和もないでしょう。

    私は一概に戦争が悪いとは考えていません。

    多くの人間は、自身の体験からしか学べない生き物です(体験からすら学べない人もいますが)。

    今回の騒動は、ある種の学習機会とも言えます。

    でも、70年もすればまた忘れちゃうかな・・・

  • アムロちゃん、引退とな。

    ファンではないが、なんだか寂しいな~

  • 安部ちゃんの国連での演説をニュースでちょろっと見ましたが、内容も話しぶりも良かった。

    珍しいw

  • >>No. 200

    T字体ですか・・・

    ま、ふんどしですなw

    お元気で。

    検査入院が終わられたら、また楽しくやりとりしましょう~^^

  • >>No. 198

    えっ?

    私もヤブながらも一応は医者のハシクレなので、何か御相談があれば可能な範囲で乗りますよ。

    お大事に。

  • >>No. 186

    おはようございます。

    FOSLは危険な香りがプンプンしますね。

    しかし、なぜか引き寄せられる私w

    ところで、アメリカ人の過剰消費体質が変化しない限り、長期ドル安の流れは変わらないですよね。

    いつの日か、アメリカの経常収支が黒字になる日は来るのでしょうか?

    そういえば、モンゴル帝国も領域内で流通する紙幣を発行していました。

    マルコポーロがモンゴル帝国領内に足を踏み入れた途端、手持ちの金貨を買い物に使えなくなって困ったという話を読んだ記憶があります。

    当時のモンゴル帝国も今のアメリカ同様「永遠に続く」と思われたことでしょう。

    その紙幣の価値は(ドルと同様に?)長期下落の道をたどり、今現在、当時のモンゴル帝国紙幣を買い物に使える場所は世界のどこにもありませんw

  • >>No. 500

    世界中で住宅やインフラが圧倒的に不足してるのに、誰がその建設を邪魔してるのか不思議でならんわ。

    インフラと住宅が両方とも足りてるのは、世界中で日本くらいやろ?

    過去20年間に中国で起こったことを世界中で起こせば、世界の経済成長率は向こう10年間は年率10パーセントは固いでw

    銀行への規制なんぞ完全撤廃でOK

    銀行も企業もやりたい放題、好き放題やればええ。

    ただし、何があっても政府と中央銀行からの救済は一切なし。

    これでええねん。

    規制でがんじがらめにして、人々の心から野蛮を無くすと、経済成長が止まるんやで。

    ただし、過激な経済成長で、地球環境はド派手に壊れて世界人口は半減やなw

  • >>No. 184

    10巻、一気読みはすごいです。

    書き込みを読むと、ヤシの実さんが博学だということはよく分かります。

    それではおやすみなさい。

    PS 例のFOSLはリバウンド中ですが、ややダレてきたかも・・・

  • 今日も本屋で立ち読み・・・「海賊の世界史」

    ゲルマン民族の一派であるバンダル族(※最近は、スラブ系民族ではないかという話もあり)は、元々、今のハンガリー平原に住んでいたそうだが、東方からやって来たフン族の圧迫などにより、ドイツ・フランス・スペインと放浪し、最後にジブラルタル海峡を渡ったとさ。

    その数、なんと8万人。

    遥かハンガリー平原から一族郎党の女子供も引き連れてのはるばる約2000キロの旅。

    さぞかし、大変だったはず。

    しかし、さらに旅は続き、アフリカ大陸北岸をモロッコ→アルジェリア→チュニジアと東へ(おそらく現地人やローマ帝国軍との戦闘を行いながら)。

    最後はカルタゴ(今のチュニジア)に辿り着いた。

    そこは当時、ローマ帝国支配化の(北アフリカ最大の)植民地。

    しかし、バンダル族はあっさりとローマ帝国軍を打ち破り、バンダル王国を建国。

    さらに、バンダル族はカルタゴを拠点に、シチリア島・サルディニア島・イタリア半島さらにはギリシア方面などへと海賊行為を大々的に開始。

    特に、ローマ市内での彼らの略奪は有名で、奪った財宝を積みすぎたバンダル族の海賊船のうち、何隻かは重すぎて沈没してしまったとさ。

    結果、彼らの悪行はVandalism(=公共の場での破壊行為)として歴史に残った。

    フン族・東ゴート族などにやられっぱなしで長年の放浪を余儀なくされたバンダル族が、最後にはローマ帝国を襲うとは・・・

  • ecwcsさん、いらっしゃ~い!

  • >>No. 177

    当地では、台風の影響はほぼなしでした。

    寝ている間に通過して行ったようです。

    天気はカラっとしてはいますが、少し暑いです。

    ところで、アメリカでも日本でも金融機関による収奪的貸し付けが流行してますね。

    1940年以前は、列強は立場の弱いアジア・アフリカなどから収奪していましたが、それも出来なくなった昨今、自国民から収奪せざるをえないということでしょうね。

  • >>No. 172

    おはようございます。

    立ち読みで済ますのがいいと思います。

    ちなみに、私は、本は全て立ち読みで済ませてます。

    買った本って読まないんですよね、なぜか。

    重要な情報・内容は、立ち読みで頭に残りますし。

    あと、本は座って読むよりも、立って読む方が頭に残りやすいような気がします。

    ところで、世界中が金利に飢えてるのはそうでしょうね。

    思うんですが、戦争などによる金利の暴力的な上昇が周期的に発生しないと人類は色々な面で怠惰になります。

    ただし、戦争をするなら、火薬や核兵器などを使って人類以外の生物種に流れ弾を当てたりなどの御迷惑をかけないよう、刀や槍や矢だけのチャンチャンバラバラでお願いしたいですが。

    余談ですが、ナポレオン以前の時代、戦場では、死んだ兵士の歯を抜く人がたくさん集まってきたそうです(歯以外にもいろいろと持ち去って行ったのは確実ですがw)。

    当時は、差し歯や入れ歯の技術が未発達で、他人の歯を移植していたそうで、若い人間の死体から良質な歯を抜いて売るといいお金になったそうです。

    生産性の低い社会では、このような(今のような豊かな社会で生きる我々からすると)モラルハザード(に見える現象)が平気で発生します。

    北朝鮮でも同様なことが現在進行形で発生していることでしょうし、近い将来、生産性が低下した日本でも起こるかもしれません。

    こういうことを書くと必ず「死者の尊厳が・・・」などと言う人がいるのですが、個人的には人間は死んだら生ゴミだと考えてます。

    利用可能ならば、畑の肥料でも何でもいいので、どんどん利用するべきだと思ってます。

  • 9月11日から始まったリスクオンも終わりそうな雰囲気です。

    あくまで個人の印象ですので、あしからず・・・

本文はここまでです このページの先頭へ