ここから本文です

投稿コメント一覧 (10981コメント)

  • 音声AIでどう稼ぐ 後発グーグル、必死の模索
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO30893590U8A520C1000000/


    データが明かしたウーバー自動運転の「未熟度」
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO30998300V20C18A5000000/


    積水化、欧車と“走る広告塔”検証 ガラス全面に文字・図表示
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474998
    ガラス全面に文字や図を映し出せる「自発光中間膜」で広告を表示する実験を始める。


    AI活用し試行錯誤を自動化、ヒトを超える設計へ
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00300/00001/


    低温低圧でアンモニア合成 産総研が触媒開発
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00475043
    新触媒は、触媒成分のルテニウムをナノ粒子(ナノは10億分の1)にして担体に分散し、10メガパスカル以下の圧力範囲で高い活性を維持する。また、再生可能エネルギー由来の水素は、日射量などにより供給量が変化するため、水素濃度や流速の変動に応じて運転条件を変化させ、アンモニアを安定合成できるプロセスを日揮が開発した。


    複合現実に賭けるマイクロソフトの執念、HoloLensの課題
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00527/


    「今や世界は巨大なコンピュータ」--マイクロソフトのナデラCEO、クラウドやAIを語る
    ttps://japan.zdnet.com/article/35119727/


    日本で無人タクシー 独コンチネンタル、年内に試験車両導入
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00475052


    新薬候補を効果的に創出する分子シミュレーション技術を開発
    ttp://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/25/news009.html

  • コネクテッドカーに必要なITセキュリティ--de:code 2018
    ttps://japan.zdnet.com/article/35119692/


    AIとIoT、意外と近いGDPRとの関係
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00285/050900004/


    GMOインターネット、自社開発の7nmプロセス半導体を搭載したマイニングマシンを販売
    ttps://japan.cnet.com/article/35119676/

  • トヨタ車体、CNF強化PPで軽量板材を開発
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/event/18/00011/00023/
    トヨタ車体は既にCNF強化樹脂の物性を確認済みで、生産についても量産が見えてきた段階にあると言う


    ボーイング出資企業、22年に電気航空機納入
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474764
    新興企業ズーナム・エアロは、同社初のハイブリッド電気航空機をチャーター便運航会社の米ジェットスイートに2022年に納入する計画だ。
    航空機の翼にはバッテリーパックが搭載される。ズーナムは電気自動車(EV)や電気航空機に投資が殺到していることを踏まえ、この技術が急速に進展すると予想している。


    金属3Dプリンターによる造形後の変形を予測
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/01335/
    サイバネットシステムは、金属3Dプリンターの造形プロセスで起こる不具合を予測するシミュレーションツールとして、設計者向けの「ANSYS Additive Print」と研究者向けの「同Additive Suite」の提供を開始した


    ドローンの本命は物流 ブルーイノベーション社長・熊田貴之氏
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474782


    スーパーサイクルに挑む―半導体部材・装置各社(6)芝浦メカトロニクス
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474775
    半導体需要が長期的に拡大し続ける「スーパーサイクル」の兆候は受注環境に表れている。


    FCVの年間販売3万台へ、トヨタ自動車が本社工場と下山工場で生産設備拡充
    ttp://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/25/news047.html


    エイチワン、超ハイテン部品量産 三重に新型プレス機導入
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474918
    新型プレス機を活用し、1180メガパスカル級の超ハイテン材を使用する部品生産を拡大するほか、1400メガパスカル超級のハイテン材の量産化も対応していく方針。

  • 大阪チタニウム、製造現場でAI活用 今夏 全社横断チーム立ち上げ
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474624
    例えばスポンジチタン製造工程の場合、中間生成物の四塩化チタンをマグネシウムで還元し、スポンジチタンを得る。還元工程では温度や圧力をきめ細かく制御する必要があるが、「現状は作業者の経験に頼っている部分も多い」。AIの活用により、制御を一層高度化できるとみている。


    戦略から実践へ--北米最大規模「IoTワールド2018」開催
    ttps://japan.zdnet.com/article/35119657/

  • 人とくるまのテクノロジー展が開幕 HV・PHV技術競う
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474732


    ヘッドランプにデジタルマイクロミラーデバイス、路面に図形や文字を描画
    ttp://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/24/news032.html
    市光工業は「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)において、ピクセル単位で配光を制御するヘッドランプ「HD ライティング」を世界初公開した。


    鋳造部品の砂型を3Dプリンターで作るダイハツの技術…人とくるまのテクノロジー2018
    ttps://response.jp/article/2018/05/23/310027.html


    トヨタが未来の水素プラットフォームを提案…人とくるまのテクノロジー2018
    ttps://response.jp/article/2018/05/23/310016.html


    超ハイテン“超”軽量&薄型シートとは、何が「超」なのか [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]
    ttps://motor-fan.jp/tech/10004265


    「移動」を変えるMaaS トヨタ、パナなど一斉に参戦
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO30216930Y8A500C1000000/


    ドローンソリューション&技術展2018、全出展者プレビュー
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474592
    エアロセンス、新機体を初公開
    松屋アールアンドディ、ドローン用エアバッグ
    マイラップスジャパン、レースタイムを計測
    シンクウドローンFS、高精度測量システム
    クレアクト・インターナショナル、海外製ジャイロセンサー
    JUIDA、認定スクールなど紹介

  • 衛星画像を無償提供、さくらインターネットが経産省の委託事業で
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/01326/

    さくらインターネット、宇宙データ基盤構築 民間などに提供
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474425
    経済産業省の「政府衛星データのオープン化およびデータ利用環境整備事業」を受け、日本初のプラットフォームを開発する。


    TBM:新たに生分解性代替プラスチック「LIMEX」を検討開始
    ttps://motor-fan.jp/tech/10004224
    LIMEXは炭酸カルシウムを50%以上含む、無機フィラー分散系の複合材料であり、日本発の新素材。


    JCRファーマ 遺伝子疾患薬を国際開発 6月からブラジルで
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%ef%bd%8a%ef%bd%83%ef%bd%92%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%80%80%e9%81%ba%e4%bc%9d%e5%ad%90%e7%96%be%e6%82%a3%e8%96%ac%e3%82%92%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%80%80%ef%bc%96%e6%9c%88/


    2016年度の人工臓器市場に関する調査結果を発表、前年度比1.3%増
    ttp://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/22/news036.html


  • 熊本大・東邦金属など、マグネ合金ワイヤ開発 直径0.03mmで高強度
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474457
    同研究センターが急冷法で開発した新たなマグネシウム合金をベースに、福田金属箔粉工業が押出加工で棒材に成形。東邦金属が合金特性に適したダイスの形状や材質、加工時の温度設定などを探求、独自の線引き加工(伸線)技術でワイヤの極細化を可能にした。


    電力貯蔵システム二次電池、30年に世界市場6倍 1兆2585億円
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474437


    ジェイテクト、リチウムイオンキャパシター 年産50万セル計画
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474410


    ステラケミファ 半導体用薬液を増強 年10万トン体制へ
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b1%e3%83%9f%e3%83%95%e3%82%a1%e3%80%80%e5%8d%8a%e5%b0%8e%e4%bd%93%e7%94%a8%e8%96%ac%e6%b6%b2%e3%82%92%e5%a2%97%e5%bc%b7%e3%80%80%e5%b9%b4%ef%bc%91%ef%bc%90%e4%b8%87/


    GLM、スポーツタイプEVコンセプト 京セラと共同開発
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474413

  • スポンジチタン2社 成長製品に積極投資
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%81%e3%82%bf%e3%83%b3%ef%bc%92%e7%a4%be%e3%80%80%e6%88%90%e9%95%b7%e8%a3%bd%e5%93%81%e3%81%ab%e7%a9%8d%e6%a5%b5%e6%8a%95%e8%b3%87/
    東邦チタニウム、大阪チタニウム


    マイルストーン2020/「5G」開発競う携帯3社
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474232


    「5Gの実験場」 スーパーボウルに通信関係者も熱狂
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO30154560X00C18A5000000/


    「RPAによる業務改革」成功の秘訣(3)--真のデジタル企業に変革する極意
    ttps://japan.zdnet.com/article/35119494/


    HMT 世界初うつ病診断薬 治験開始
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%ef%bd%88%ef%bd%8d%ef%bd%94%e3%80%80%e4%b8%96%e7%95%8c%e5%88%9d%e3%81%86%e3%81%a4%e7%97%85%e8%a8%ba%e6%96%ad%e8%96%ac%e3%80%80%e6%b2%bb%e9%a8%93%e9%96%8b%e5%a7%8b/

  • 量子コンピュータの進歩が既存の暗号化技術を無力化する--IBM Researchが警告
    ttps://japan.zdnet.com/article/35119453/


    ドリームエンジン 世界最小最軽量のマグネシウム空気電池 9月量産
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%80%80%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%9c%80%e5%b0%8f%e6%9c%80%e8%bb%bd%e9%87%8f%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a6/
    世界最小最軽量のマグネシウム空気1次電池を開発


    新人でも稼げる、AI先進4社で出始めた成果
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/051600049/051600002/


    経営課題はAIで解決 ブレインパッド、中小向けサービス開始
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474230


    超小型EV充電 ダイヘンが非接触式システム
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474297
    2019年3月末までに、地方自治体やサービス事業者向けに計8台納入する。
    今回のシステムはタジマEV(東京都板橋区)製の超小型EV「ジャイアン」専用。
    非接触給電は同社の無人搬送車(AGV)と同じ磁界共鳴方式を採用した。

  • 大阪チタニウム、尼崎にチタン合金粉末工場 金属3Dプリンター用
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474024
    量産するチタン合金粉末は金属3Dプリンターのほかに、金属粉末射出成形(MIM)用材料としての利用も見込む。20年度に同粉末で売上高10億円前後を目指す。


    工場IoTの主導権争い、新共同体エッジクロスにファナック陣営の壁
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00489/


    物材機構、多孔質エンプラ開発 150度Cで600時間超耐久
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00474035


    日本発の次世代放送技術で医療に革新
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO30464250U8A510C1000000/


    三菱UFJ、IoT社会へ高速決済 キャッシュレス化後押し
    ttps://www.nikkei.com/article/DGKKZO30742320Q8A520C1MM8000/
    ブロックチェーン技術を使い、処理量を従来のカード決済システムの10倍超に高めた。


    アマゾン、スマートスピーカのシェア急減--グーグル、アリババ、アップルらが追う
    ttps://japan.cnet.com/article/35119392/

  • 羽ばたいて飛ぶハエのような超小型ロボット「RoboFly」--レーザー給電を採用
    ttps://japan.cnet.com/article/35119266/


    超電導で宙に浮かせて搬送、Festo
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/event/18/00014/051600019/


    表面処理薬メーカー 自動車電動化に新技術提案
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e8%a1%a8%e9%9d%a2%e5%87%a6%e7%90%86%e8%96%ac%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%80%80%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e9%9b%bb%e5%8b%95%e5%8c%96%e3%81%ab%e6%96%b0%e6%8a%80%e8%a1%93%e6%8f%90%e6%a1%88/


    オール無機のペロブスカイト太陽電池、300時間の光照射で劣化なし
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/ne/18/00001/00014/
    オール無機のPSC向けに、従来メチルアンモニウム(MA)などを用いていたペロブスカイト構造のAサイトにセシウム(Cs)を採用した


    モノづくり市場白書(14)車載コネクテッドシステム 欧米市場で普及が先行
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473920
    特に成長が見込まれるのが常時接続型だ。

  • リチウムイオン電池の弱点である電解質の可燃性克服にマテリアルズ・インフォマティクスが有効であることを確認!
    ttps://motor-fan.jp/tech/10004180
    マテリアルズ・インフォマティクス(以下MI)を活用した材料開発支援サービスを行うMI-6株式会社は、 キシダ化学株式会社と共同で、 東京大学津田研究室、 三井物産株式会社の協力を得て、 リチウムイオン電池の性能向上のための電解液組成予測にMIを活用し、 電池の性能発現に有効な難燃性電解液組成の発見したと発表した。


    AI・ロボット転機予報(1)ロボット時代の幕開け
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473841
    企業・団体・大学・行政機関等の信頼できるメンバーが集まり、特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構(ロビジー)が2017年10月に設立された。


    「48VマイルドHEV、2030年に世界で24%へ」、ヴァレオが予測
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00480/
    欧州の自動車メーカーは48VマイルドHEVのコスト競争力を強みに、トヨタ自動車の高電圧HEVに対抗しようとしている。さらに、自動運転技術を搭載すると、クルマの電力使用量が増えるため、既存の12V電源よりも48V電源の方が有利という事情もある。その結果、自動車市場に占める48VマイルドHEVの台数比率は「2030年に世界で約24%、欧州で約38%、中国で約36%に達する見通し」


    「IT農業」市場、25年に2.7倍 富士経済予測
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473916
    農業用ロボットは、人手不足の解決策として期待されている。飛行型ロボット(ドローン)は、普及に向けた環境整備が進んでいる。車両型の自動運転農機の本格発売が2018年以降に始まりそうなことなどから、今後の伸長が予想される。

  • 「VRやMRでカイゼン」、トヨタが活用事例を紹介
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00476/


    人とくるまのテクノロジー展、23―25日に開催 過去最多597社出展
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473748
    主催者企画では「社会を、生活を変えてゆく、自動運転技術」をテーマに講演会や企画展示を実施する。


    富士通が次世代スパコンの一部を披露、エクサ級マシンになるか
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00481/
    技術に“驚き”は見つからず
     新開発したマイクロプロセッサーは、英Arm(アーム)の「v8-Aアーキテクチャー」に基づくとする。ただ、プロセッサー1個当たりの演算能力や消費電力について、富士通は明らかにしなかった。特徴は、「3次元積層メモリーをパッケージ内に実装したこと」(富士通の説明員)だとする。もっとも、「HBM(High Bandwidth Memory)」や「HMC(Hybrid Memory Cube)」などの積層型DRAMをパッケージ内のインターポーザーなどに実装するのは4~5年前からのトレンドで、特段新しくはない。


  • 圧倒的なウーバー「空飛ぶ車」構想、日本勢に決断迫る
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO30569950W8A510C1000000/


    カーブミラーにセンサーと5G、ダイナミックマップに道路の情報を集める
    ttp://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/17/news043.html


    シェフラー、未来の都市向けEV発表…インホイールモーターとサスペンションを統合
    ttps://response.jp/article/2018/05/17/309758.html


    AI関連システム市場 22年に10倍 IDC予測
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473711


    アドバンスト・ソフトマテリアルズ、高分子材料「SRM」供給
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473640
    分子間の化学的な結合点が動く分子構造を持つ高分子材料「スライドリング マテリアル」(SRM)の用途展開を本格化する。これまでの塗料に加え、スポーツ用品向けとともに、大きな需要が見込める自動車部品向けにも展開する。
    SRMは複数の環状分子の輪の中をひも状高分子が貫通する構造の超分子「ポリロタキサン」で構成されている。


    GaN結晶を高品質作製 名大、歩留まり100%・低コスト化技術
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473699
    劣化原因となる結晶欠陥を特定し低減させ、歩留まり率を30%から100%に向上させた。

  • まともな自動車メーカーなら、自動運転車開発競争の行き過ぎをいさめるべき
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00065/00044/?ST=print
    米AMDからTeslaに引き抜かれ、Autopilotの開発にも関与し、2017年12月には画期的な自動運転用半導体チップを新たに開発すると自信満々に語っていた副社長のJim Keller氏が、2018年4月30日にあっさりとTeslaを退社して米インテル(Intel)のデータセントリックコンピューティング向けプロセッサー開発部門のSVP(senior vice president)として移ってしまった。詳細は不明だが、Autopilotで死傷者事故を相次いで起こし、厳しい世間の目にさらされているTesla社内で彼にどのような心境の急変があったのだろうか。自動運転技術の安全性確保に限界を感じたのだろうか。


    ブロックチェーン技術への関心は依然低く--GartnerのCIO調査
    ttps://japan.zdnet.com/article/35119077/


    VR/ARやドローン…テクノロジーが生む新スポーツ
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/column/15/052000044/042000054/

  • 破断後に自己修復する高分子ゲル 横浜国大が開発
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473512
    身体に装着するウエアラブルデバイスなどの耐久性向上につながる。イオン伝導性も高く、ウエアラブル(装着可能)なキャパシターやアクチュエーターの材料に提案していく。


    埼玉県産総センターと藤倉ゴム、小型機器向け「マグネ蓄電池」試作
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473437


    富士通、“量子計算”で先陣 クラウドサービス投入
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473449
    デジタルアニーラは特別な冷却装置を用いることなく、従来のデジタル回路で実現可能。量子コンピューティングを巡る開発競争に先駆けて、新規需要の開拓に乗り出す。

    富士通、組み合わせ最適化問題に対処する「デジタルアニーラ」サービスを開始
    ttps://japan.zdnet.com/article/35119188/
    新サービス自体は量子コンピュータではないものの、量子現象に着想を得たアーキテクチャと富士通研究所のデジタル回路技術、提携するカナダの1QB Information Technologiesのソフトウェア技術を組み合わせることで、組み合わせ最適化に対応できる商用サービスが可能になったと説明する。


    トヨタ、アルベルトに4億円出資 AI高度化
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473561

  • 阪大、「高分子太陽電池」の材料をAIで性能予測
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/051411103/
    高分子とフラーレン誘導体を溶剤に溶かして混合膜を形成する「高分子フラーレン太陽電池」は、主に高分子材料の開発により光電変換効率10%超を達成している。


    iPS細胞の状態識別、AIで自動化 島津と阪大院
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473161


    「置くだけ」で温湿度・磁気データ取得 サン電子がセンサーシステム
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473201


    微生物がコンクリートを勝手に修復 いよいよ市場に
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO29436240W8A410C1000000/

  • エコカーの命運握る 全固体電池に脚光
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%91%bd%e9%81%8b%e6%8f%a1%e3%82%8b%e3%80%80%e5%85%a8%e5%9b%ba%e4%bd%93%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e3%81%ab%e8%84%9a%e5%85%89/


    車エンジン熱効率47%達成 トヨタ・慶大など、目標値に“王手”
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473289
    自動車業界では、電気自動車(EV)などの新エネルギー車が注目されるが、2040年時点でもガソリンエンジンなどの内燃機関を持つ自動車は世界の自動車台数の7割以上を占めるとされる。


    NICT先端研究/情通機構(41)バンドギャップ大の酸化ガリウム実用化
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473218


    ガートナー「AIがビジネスの成否を分ける」--なぜITがAIを学ぶのか
    ttps://japan.zdnet.com/article/35119038/
    Gartnerのハイプサイクルで機械学習、深層学習、コグニティブコンピューティングなどは現在「ハイプ期」にある。実際、Dekate氏によると「”AI”はGartner.comで最もよく検索されているキーワード」だという。エンドユーザーは機械学習や深層学習に対して過度な期待を持っており、現実の結果と異なる。


    最大の課題は音声アシスタント、グーグルCEOの焦り
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00141/051400015/
    スンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)CEO(最高経営責任者)は、「我々がAI(人工知能)によって解決しようと努力している最大の課題が『Googleアシスタント』だ」と率直に打ち明ける。


    ニューヨーク大学、6Gの共同研究開始、DARPA研究機関で
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/01200/

    これから5Gなのにもう6G…

  • 深層断面/5Gが製造現場変える!? 汎用ソフトで工場動く
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473004
    4Gでは、ロボットなどを制御するにはデータ転送の遅延が大きい。通信ケーブルは設置の手間がかかる。そのため、クラウドコンピューティングと、機械側で情報処理する「エッジコンピューティング」ですみ分けが進むと見られてきた。
    クラウドは欧米企業の独壇場だ。このため、ファナックや三菱電機、オムロンなど日本のファクトリーオートメーション(FA)企業は、エッジ向けのシステム開発に注力する。5Gの普及により、今後、エッジが優位な場面は縮小しかねない。


    ヤヱガキ醗酵技研、イカ原料のナノ構造材 非アレルギー性、加工容易
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473065
    三陸産のイカを原料にしたナノ構造材料「β―キチンナノファイバー」を製品化、サンプル出荷を始めた


    AIや機械学習を活用する8つの革新的なプロジェクト
    ttps://japan.zdnet.com/article/35116904/

  • 花王 CNF 樹脂に高分散
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e8%8a%b1%e7%8e%8b%e3%80%80%ef%bd%83%ef%bd%8e%ef%bd%86%e3%80%80%e6%a8%b9%e8%84%82%e3%81%ab%e9%ab%98%e5%88%86%e6%95%a3/


    宇部興産 炭化ケイ素繊維で新プロセス
    ttps://www.chemicaldaily.co.jp/%e5%ae%87%e9%83%a8%e8%88%88%e7%94%a3%e3%80%80%e7%82%ad%e5%8c%96%e3%82%b1%e3%82%a4%e7%b4%a0%e7%b9%8a%e7%b6%ad%e3%81%a7%e6%96%b0%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%bb%e3%82%b9/


    アウディ、次期EVに異例の誘導モーター 中国リスク回避
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00451/
    永久磁石を使わない新開発の誘導モーターを採用する。EVやハイブリッド車(HEV)では、小さく高トルクにしやすい永久磁石式モーターを使うのが一般的で、誘導モーターの採用は珍しい。中国に偏る磁石材料の調達リスクを避けた。走行中にモーターを停止するときの損失低減も図る。


    軽量マグネシウム合金候補 原子力機構、シミュレーションで解明
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473032
    ジルコニウム(Zr)を混ぜたMg合金は、純粋なMg材料に比べ2倍の粘り強さを持ち、材料実験の結果と同様の傾向を示した


    アップル、酸素を放出するクリーンなアルミニウム生産開発を支援
    ttps://japan.cnet.com/article/35119036/

本文はここまでです このページの先頭へ