ここから本文です

投稿コメント一覧 (60コメント)

  • 船橋市議会


    「日本軍による慰安婦強制連行なかった、


    政府には正しい歴史認識を発信するよう強く要望する」


    5年前の謝罪意見書撤回



    平成21年12月に慰安婦への謝罪や補償を政府に求める意見書を
    提出していた船橋市議会は12月定例会最終日の19日、自民党・
    無所属の会など複数の会派の議員らが提出した「河野談話の検証の
    結果、日本軍による強制連行の事実はなかった。

    政府には正しい歴史認識を発信するよう強く要望する」とした意見
    書を賛成多数で可決し、5年前の意見書を事実上撤回した。

    市議会には慰安婦問題で日本の名誉を守ろうとする立場の個人や団
    体で結成された連絡組織「慰安婦の真実国民運動」(加瀬英明代表)
    や県内外の個人から、5年前の意見書の撤回を求める陳情が6件提
    出されていたが、このうち5件も賛成多数で採択された。

    船橋市議会と同様、政府に「誠実な対応」を求める意見書を提出し
    ていた兵庫県宝塚市議会も10月、朝日新聞の報道の誤りや河野談
    話の検証結果発表を受けて意見書の根拠を失ったと判断。

    正しい理解の促進を政府に求める決議を賛成多数で可決しており、
    今後同様の「見直し」は各地の地方議会に波及する可能性がある。

  • 中国出身の鳴霞氏


    「実は中国共産党と人民解放軍の慰安婦は


    80何万人もいます。


    共産党は自分達がやってきたことを隠す為に


    日本を批判している」


    鳴霞(めいか、1957年 - )は、日本に帰化したジャーナリスト。
    中国瀋陽市生まれ。満洲人。
    元中国共産党員、元・近畿福祉大学中国語課講師。

  • 悲報!


    香川県議会が「日本の名誉回復を求める意見書」を可決! 


    売国政党、共産、社民は反対!







    日本に不要なもの 朝日新聞、日本共産党、社民党の関係者全部!

    朝日新聞と日本共産党が撒き散らした嘘への罰は

    まだ執行されていない!


    ”朝日新聞が慰安婦の強制連行に関する記事を取り消したことなどを受け、香川
    県議会は11月定例議会最終日の19日、報道が国内外に与えた影響を検証した
    上で、日本の名誉回復に向けた取り組みを政府に求める意見書を賛成多数で可決
    した。 ”(四国新聞‎ 2014/12/20)


    あらためて「朝日新聞の犯罪」がこういう形で告発されることは大

    賛成です。最近明らかになったことでは、現在、朝日新聞の社長で

    ある「渡辺雅隆」に関しては、「植村隆の捏造記事」との関係もさ

    さやかれています。



    渡辺は、植村の記事が出た当時は「大阪本社の社会部長」であり、

    植村の捏造記事二も関与していたことを、池田信夫が「アゴラ」に

    おいて「強制連行」をでっち上げたのは植村隆ではない 」http://agora-web.jp/archives/1624055.html  

    という記事で紹介されています。池田氏の主張が正しければ、まさに

    「朝日新聞の捏造記事の黒幕こそが現社長の渡辺雅隆」であり、この

    人事は、「朝日の反省」ではなく「朝日の犯罪隠し」ということにな

    ります.



    朝日新聞の関係者の人たちに言いたい。 「日本国民をなめないでい

    ただきたい。日本国民を侮辱し続ける朝日新聞の記者と関係者への怒

    りは、朝日新聞が世界に対して、日本国民と日本の名誉回復を図らな

    い限り消えることはないのだ」と。

  • 「朴大統領も払うんだろうな」 



    韓国の若者怒らせた「独身税」




    日本より少子化が深刻な韓国で、担当部署の保健福祉省幹部が、
    「数年後をめどに“ペナルティー”として、未婚の男女を対象に
    『独身税』を徴収することも考えられる」と発言。批判が噴出
    してネット上で炎上し、当局は事態の沈静化に追われている。

    有効な対策が見いだせない苦境を強調したかった発言とみられ
    るが、「冗談だった」とメディアに弁明したことで、「そんな
    冗談が許されるのか」などとさらに反発を呼び、火に油を注い
    でいる。

    好きで独身でいるわけではなく、経済的に苦しいから結婚も出
    産もできないというのが実情であり、「独身が罪なのか」とす
    る若者の怒りは深刻だ。

    「大統領も払うんだろうな」


     問題の発言が韓国の一部メディアで報じられたのは12日で、
    「独身税」という言葉は瞬く間に韓国の各ポータルサイトで検
    索率が最も高いキーワードになった。

    ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などでは
    「おカネが無くて結婚できないのに、カネを取るのか」「少子
    化対策に名を借りて、不足している税収を補うための口実では
    ないのか」「導入するなら当然、(独身の)朴槿恵(パク・ク
    ネ)大統領も払うんだろうな」といった反発の書き込みが相次
    いだ。

    <補足>
    朴大統領は独身税を払うことにはなりません。なぜならば今や
    公然の秘密となっていますが、内縁の夫がいるからです。

  •  自爆した韓国 ハルキも動員、

     韓国人の「聖戦」に疲れる米国人
     日経ビジネスオンライン 鈴置 高史
     2015年4月27日(月)


    安倍晋三首相の米議会演説を
    阻止しようとして韓国は失敗した。
    そこで次善の策として、
    演説の中に「韓国への謝罪」を
    入れさせようとしたのだが……。

    (中略)

    普通の人が加盟する在米韓国人団体から、
    外務省、国会議長、はては朴槿恵(パク・クネ)
    大統領までオール韓国の体制を組んで
    「アベの演説」に横やりを入れてきました。

    あたかもジハード――民族の尊厳をかけた
    「聖戦」のようでした。

     当初は演説の阻止が目的でしたが、
    それが困難と分かると演説の中で韓国に
    謝罪させようとしました。

    もちろんメディアも「アベは謝れ!」と
    声を合わせています。
    最近も韓国各紙が“大合唱”したばかりです。

    (中略)

    韓国人はなぜ米議会での、
    つまり第3国での演説にまで
    介入するのでしょうか。

    鈴置:
    議会演説が固まった頃の、中央日報の
    「韓国、『安倍首相の米議会演説』悪材料?
     …対米外交失敗に映らないか負担」
    (3月20日、日本語版)が、

    彼らの思いを率直に書いています。以下です。
    ・韓国外交部が安倍首相の米議会演説という
     悪材料にぶつかった。日本がこれを「免罪符」
     として活用する可能性があるからだ。

     朴槿恵大統領は慰安婦問題で
     「日本が謝らない限り首脳会談はしない」
     と強硬な謝罪要求を掲げてきました。
     しかし日本はなかなか折れてこない。
     そこで外交部は米国をして日本に圧力をかけ、
     謝罪させようとしていました。

     そんな状況下で米国が議会での演説を許せれば、
     アベは米国から免罪符を貰ったといい気になって
     今後、韓国に謝らなくなる――
     と韓国人は懸念したのです。

     そもそも「歴史カード」は韓国の大切な武器です。
     韓国は「慰安婦」や「植民地支配」を振りかざす
     ことで、日本に対し外交的にも精神的にも
     「上位」の立場を保とうとしてきました。

     このカードは内政でも貴重です。
     これらを使って反日気分を盛り上げ、
     自身への批判をかわすのが歴代政権の
     困った時の手口です。

  •  「歴史カード」を磨いておく必要があるのです。

    なるほど。
    日本の首相が米国に行った時にも
    謝罪させておかないと統治の武器が
    鈍ってしまう、ということですね。

    鈴置:
     その通りです。
     日本人には「免罪符を米国が発行する」
     という発想も分かりにくいでしょうけれど。
     韓国らしいというか、事大主義そのものです。

    (中略)

    謝罪は無限だ

    韓国人は「米議会闘争」の次は
    何を日本に仕掛けるのでしょうか。

    鈴置:
     米議会での安倍首相の演説が、
     韓国人にとって満足のいくものなら
     いったんは矛を収めるかもしれません。
     でも、韓国人が満足することはまずあり得ません。

     そこで「戦後70年談話」に焦点を当てて
     闘争を展開することになるでしょう。
     4月22日に柳興洙(ユ・フンス)駐日大使が
     都内で講演した際にも、戦後70年談話には
     「(侵略、植民地支配、反省の)3つの言葉を
      使うよう望む」と述べています。


    本当に「3つの言葉」で収まるのですか、韓国は。

    鈴置:
     韓国にとって、
     日本に謝らせることそのものが
     外交得点であり、国内対策でもあるのです。
     日本が何と謝ろうと、困った時には
     「やっぱり不十分だった」と
     再び謝罪を求めてくるでしょう。

     先ほど、東亜日報の高美錫論説委員の
     コラムを引用しました。
     見出しが「無限謝罪論」であることを思い出して下さい。


    なるほど、「謝罪は無限に続くべき」なのですね。

    鈴置:
     そこです。「無限」という言葉に
     韓国人の本音がよく現れています。
     村上春樹氏は無限に謝罪しよう、とは
     主張していません。
     「相手が納得するまで」と言っているのですが、
     韓国人は納得するつもりは全くないので
     「謝罪は無限に続く」ということになるのです。


    そもそも、
    日韓併合に関与したり、恩恵に預かったとして
    断罪されている親日派が、事典が作れるほど
    4776人と、大量に存在しているというのに
    「日帝に武力で強引に植民地にされた」
    という主張こそ、矛盾している事に気付けっての!

    日本のマスゴミも、発言の一部を抽出して
    記事を書くのは止めたら???

  •  「歴史カード」を磨いておく必要があるのです。

    なるほど。
    日本の首相が米国に行った時にも
    謝罪させておかないと統治の武器が
    鈍ってしまう、ということですね。

    鈴置:
     その通りです。
     日本人には「免罪符を米国が発行する」
     という発想も分かりにくいでしょうけれど。
     韓国らしいというか、事大主義そのものです。

    (中略)

    謝罪は無限だ

    韓国人は「米議会闘争」の次は
    何を日本に仕掛けるのでしょうか。

    鈴置:
     米議会での安倍首相の演説が、
     韓国人にとって満足のいくものなら
     いったんは矛を収めるかもしれません。
     でも、韓国人が満足することはまずあり得ません。

     そこで「戦後70年談話」に焦点を当てて
     闘争を展開することになるでしょう。
     4月22日に柳興洙(ユ・フンス)駐日大使が
     都内で講演した際にも、戦後70年談話には
     「(侵略、植民地支配、反省の)3つの言葉を
      使うよう望む」と述べています。


    本当に「3つの言葉」で収まるのですか、韓国は。

    鈴置:
     韓国にとって、
     日本に謝らせることそのものが
     外交得点であり、国内対策でもあるのです。
     日本が何と謝ろうと、困った時には
     「やっぱり不十分だった」と
     再び謝罪を求めてくるでしょう。

     先ほど、東亜日報の高美錫論説委員の
     コラムを引用しました。
     見出しが「無限謝罪論」であることを思い出して下さい。


    なるほど、「謝罪は無限に続くべき」なのですね。

    鈴置:
     そこです。「無限」という言葉に
     韓国人の本音がよく現れています。
     村上春樹氏は無限に謝罪しよう、とは
     主張していません。
     「相手が納得するまで」と言っているのですが、
     韓国人は納得するつもりは全くないので
     「謝罪は無限に続く」ということになるのです。


    アメリカ以上に、
    日本はもう疲れ切って・・・呆れる状況!
    謝って、カネを出して、助けてやったところで
    「許すつもりの無い」無限謝罪を要求するのだから。

    そもそも、
    日韓併合に関与したり、恩恵に預かったとして
    断罪されている親日派が、事典が作れるほど
    4776人と、大量に存在しているというのに
    「日帝に武力で強引に植民地にされた」
    という主張こそ、矛盾している事に気付けっての!

    日本のマスゴミも、発言の一部を抽出して
    記事を書くのは止めたら???

  •  自爆した韓国 ハルキも動員、

     韓国人の「聖戦」に疲れる米国人
     日経ビジネスオンライン 鈴置 高史
     2015年4月27日(月)


    安倍晋三首相の米議会演説を
    阻止しようとして韓国は失敗した。
    そこで次善の策として、
    演説の中に「韓国への謝罪」を
    入れさせようとしたのだが……。

    (中略)

    普通の人が加盟する在米韓国人団体から、
    外務省、国会議長、はては朴槿恵(パク・クネ)
    大統領までオール韓国の体制を組んで
    「アベの演説」に横やりを入れてきました。

    あたかもジハード――民族の尊厳をかけた
    「聖戦」のようでした。

     当初は演説の阻止が目的でしたが、
    それが困難と分かると演説の中で韓国に
    謝罪させようとしました。

    もちろんメディアも「アベは謝れ!」と
    声を合わせています。
    最近も韓国各紙が“大合唱”したばかりです。

    (中略)

    韓国人はなぜ米議会での、
    つまり第3国での演説にまで
    介入するのでしょうか。

    鈴置:
    議会演説が固まった頃の、中央日報の
    「韓国、『安倍首相の米議会演説』悪材料?
     …対米外交失敗に映らないか負担」
    (3月20日、日本語版)が、

    彼らの思いを率直に書いています。以下です。
    ・韓国外交部が安倍首相の米議会演説という
     悪材料にぶつかった。日本がこれを「免罪符」
     として活用する可能性があるからだ。

     朴槿恵大統領は慰安婦問題で
     「日本が謝らない限り首脳会談はしない」
     と強硬な謝罪要求を掲げてきました。
     しかし日本はなかなか折れてこない。
     そこで外交部は米国をして日本に圧力をかけ、
     謝罪させようとしていました。

     そんな状況下で米国が議会での演説を許せれば、
     アベは米国から免罪符を貰ったといい気になって
     今後、韓国に謝らなくなる――
     と韓国人は懸念したのです。

     そもそも「歴史カード」は韓国の大切な武器です。
     韓国は「慰安婦」や「植民地支配」を振りかざす
     ことで、日本に対し外交的にも精神的にも
     「上位」の立場を保とうとしてきました。

     このカードは内政でも貴重です。
     これらを使って反日気分を盛り上げ、
     自身への批判をかわすのが歴代政権の
     困った時の手口です。

     このため韓国は、機会あるごとに日本に謝らせ

  • 14日、第47回衆院選が投開票され、自民、公明の与党が圧勝、

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄
    せている。

    >日本で苦しんでいる韓国人を帰して

    在日韓国人を指しての言葉ならお門違いと言うべきでしょう。
    差別で苦しんでいるなどは嘘で皆さん楽しくやっているので
    しょう。だから誰も帰りたくないので「韓国人は出て行け!」
    などの言葉に対してヘイトスピーチなどと騒ぎたて、日本に居
    座ろうとしたのは明らかです。

    別に私は全ての在日の人が出て行けば良いとは言ったことはない。
    ただ少なくとも日本を批判ばかりしてる在日の人は、祖国に帰ら
    れたらいかがでしょうーと主張したことはあります。

    在日の一部の富裕層は日本の格差社会を象徴するようになってい
    ます。巨万の富を持つ在日富裕層がこれ以上の力を持てば、違った
    意味で在日を追放するような声が出て来るかも知れません。

    既に在日のサラ金の御曹司やパチンコ経営者の親族の会社などはシ
    ンガポールや香港などの外国に移し日本に税金を払おうとしません。
    散々日本社会であくどい金儲けをしておきながら、日本国家には税
    金を払わない。

    そんな在日富裕層は日本から出て行って欲しい。これがヘイトスピ
    ーチなどと言うならばそんなものは全く気にする必要もありません。

     在日富裕層は日本の社会から出て行け!

    私は来年このスローガンを掲げたデモを主催して果敢に戦うつもり
    です。

    <余聞>
    在日朝鮮人の全資産没収!
    国税庁がタックスヘイブンに財産を持つ「日本人」のリストを大量
    入手!
    大半がパチンコや消費者金融、風俗関係者か!
    世界中で悪質な脱税を取り締まる流れに!
    孫正義や柳井正、秋元康、西村博之ら著名人も対象の可能性あり!

  • 一人でもできるんです!!




        あなたの小さな勇気が政治を変える!!




           あなたの小さな勇気が日本を変える!!




    アイヌ利権の闇を暴きましょう!!

    禿鷹ども、ハイエナどもが群がりしゃぶりついているアイヌ利権を木端微塵に粉砕しましょう!!

    直ちに北海道のすべての自治体に住民監査請求を行ってください。

    住民の方なら、お一人でも住民監査請求を行うことができます。

    行政はこれをどんなことがあっても拒否できません!!

    あなたが納めた税金が、闇に流れています。

    朝鮮系にも流れています。

    あなたのほんの小さな勇気が、明日の日本を救います!!

    糞ツボの中でうごめいている禿鷹、ハイエナどもを糞ツボごと叩き割ってしまいましょう!!


    「日本には日本人はいない。

    日本は優秀なアイヌ民族のものだ。全てのオカマ野郎日本人は中国に追放されるべき!」

    この言上をのたもうたこの人、どうみてもヨーロッパ人にしか見えないアイヌ人ですね!↓

  • 先月、会計監査院がその日本人差別(在日特権)について、
    財務省に指摘した!(NHKも報道)

    在日韓国朝鮮人は、会社経営の商工人が法人税を殆ど払わず、
    さらに給与所得者であっても、海外親族への送金を税務署に
    示すことにより、扶養者控除の還付を受け、所得税や住民税
    をゼロにしている。

    海外の扶養親族への送金の還付を受けて所得
    税や住民税をゼロにする特権は、在日韓国朝
    鮮人だけではなく、全ての永住外国人が有し
    ている!
    親族の所在確認は、海外にいるために不可能!

    平成22年4月5日付産経新聞、膨大な扶養家族で扶養控除を受け、在日
    韓国朝鮮人を含む永住外国人(支那人が多い)は、給与所得者でも税金
    を払わずに済む「在日特権」を有している!

  • 「慰安婦は自発的な売春婦」という韓国での署名活動のリーダーの身を案じます。しかし、同時に、こうした真実の活動が行われるようになったことに心から敬意を表したいと思います。大変な恐怖のなかで、最大のタブーに挑戦しているわけですから、当然、韓国政府当局も政府機関を使ってこの運動のリーダーの抹殺をはかる可能性があります。

    しかも、「国家の不祥事は外に言うべきではない」という世論が形成されますから、こうした「慰安婦は自発的な売春婦」と言おうものなら、まさに袋叩きにあってしまいます。

    2013年には、95歳の韓国人男性が日本統治時代を「肯定」する発言をしたところ、居合わせた男の怒りを買い、殴られて死亡するという事件が起こりました。http://www.j-cast.com/2013/09/13183859.html?p=all

    同様に、李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学経済学教授は、「従軍慰安婦連行が強制的でないのは歴史的事実 お金のため」と発言しましたが、従軍慰安婦を自称する元売春婦の前で「土下座謝罪」させられたほどです。
    《動画》http://www.youtube.com/watch?v=KjQNeO_rxxM




    http://news.nicovideo.jp/watch/nw922352?news_ref=w_crank

    この告発をされる方々は、大変だとは思いますが、無事に頑張ってほしいと願わずにはいられません。

    なお、この問題をどうみるかということを、韓国人の心理面に通暁しておられる識者に伺いました。

    ・自分たちの劣等感を隠し、虚勢を張ったり実力以上のことをして見せたりする自国の国民性を、憎むと言うよりも心を痛めている方のようです。

    ・例えば、韓国は世界有数の整形手術件数の多さで知られている国なのですが、女性たちが(最近では男性も)自分の顔の造作を作り変えて美しく見せようとしている気持ちは、「本当は人前に出したくない自分の本当の顔」があるからです。本当はそのような辛く悲しい気持ちがあることを隠し、人よりも美しく見せることで悲しさを忘れようとしているのです。

    ・このような韓国の国民の根底にある「真実の苦しみ」にこの方は気づいているようです。

    ・また、多くの韓国人たちも知ってはいるのですが、認めることは死ぬことよりも辛いようです。

  • 「慰安婦は自発的な売春婦」という韓国での署名活動のリーダーの身を案じます。しかし、同時に、こうした真実の活動が行われるようになったことに心から敬意を表したいと思います。大変な恐怖のなかで、最大のタブーに挑戦しているわけですから、当然、韓国政府当局も政府機関を使ってこの運動のリーダーの抹殺をはかる可能性があります。

    しかも、「国家の不祥事は外に言うべきではない」という世論が形成されますから、こうした「慰安婦は自発的な売春婦」と言おうものなら、まさに袋叩きにあってしまいます。

    2013年には、95歳の韓国人男性が日本統治時代を「肯定」する発言をしたところ、居合わせた男の怒りを買い、殴られて死亡するという事件が起こりました。http://www.j-cast.com/2013/09/13183859.html?p=all

    同様に、李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学経済学教授は、「従軍慰安婦連行が強制的でないのは歴史的事実 お金のため」と発言しましたが、従軍慰安婦を自称する元売春婦の前で「土下座謝罪」させられたほどです。
    《動画》http://www.youtube.com/watch?v=KjQNeO_rxxM



    http://news.nicovideo.jp/watch/nw922352?news_ref=w_crank

    この告発をされる方々は、大変だとは思いますが、無事に頑張ってほしいと願わずにはいられません。

    なお、この問題をどうみるかということを、韓国人の心理面に通暁しておられる識者に伺いました。

    ・自分たちの劣等感を隠し、虚勢を張ったり実力以上のことをして見せたりする自国の国民性を、憎むと言うよりも心を痛めている方のようです。

    ・例えば、韓国は世界有数の整形手術件数の多さで知られている国なのですが、女性たちが(最近では男性も)自分の顔の造作を作り変えて美しく見せようとしている気持ちは、「本当は人前に出したくない自分の本当の顔」があるからです。本当はそのような辛く悲しい気持ちがあることを隠し、人よりも美しく見せることで悲しさを忘れようとしているのです。

    ・このような韓国の国民の根底にある「真実の苦しみ」にこの方は気づいているようです。

    ・また、多くの韓国人たちも知ってはいるのですが、認めることは死ぬことよりも辛いようです。

  • それは、間違いです!!




            在日特権ではありません!!




                         治外法権です!!




    ■日本国も「公認」の特例税制

    朝鮮総聯と旧大蔵省の間で密約が1976年に交わされた。
    要するに、おれたちは税金払いたくないから認めてくれ、って要請が認められたわけ。

    1976年10月に国税庁と朝鮮総聯系・在日朝鮮人商工連合会との間で税金の取り扱いに関する「5項目の合意」(五箇条の御誓文)が交わされていて、現在も有効。
    民団系にも「5項目の合意」は準用されているよ。国税庁は合意の存在を否定してるけれど、

    朝鮮商工連のボス梁守政が
    「絶対に既得権は守る」と公然と言ってる。

    1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
    2.定期、定額の商工団体の会費は損金(必要経費)として認める。
    3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
    4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。
    5.裁判中の諸案件は協議して解決する。


    993年3月30日、週刊誌『アエラ』は、このたび逮捕された東京朝銀関係者や他の人たちの実名をあげて、でたらめきわまる経営内容を報道した。すると総連はこの記事が「デマとデッチあげ」であり、「反総連・反共和国」だといいがかりをつけ、大勢で『アエラ』編集部や朝日新聞社役員室に押しかけ「抗議」という名の「威力業務妨害」と「言論妨害」をおこなった。にもかかわらず警察は総連を取り締まらず、『アエラ』を孤立させた。

    国税局は機動隊をともなって、バーナーでシャッターを焼き切り、強制捜査を実施した。これを契機に総連は、全国の総連系在日朝鮮人多住地域の税務署に「抗議行動」をかけた。各地の税務署で業務妨害が発生した。このとき日本政府は、国家公務員たる税務署員にたいする公務執行妨害でこれを取り締まろうとしなかった。

    その後、国税庁と朝鮮商工会との税金に関する「合意」なるものが交わされた。
    この具次龍氏の事件以来、総連は気に入らないことが起きると行政官庁やマスメディアなどに「抗議」という名の「暴力」を公然とふるうようになった。私は1967年の「抗議行動」を、第2次世界大戦後、日本が総連の暴力に屈した恥ずべき日と記録している。

    週刊ポスト 2002年12月20日
    ・国税庁と在日朝鮮組織の密約疑惑 知られざる節税工作
    北朝鮮への送金問題が根深いのは、日本政府が全く規制しようとしなかったばかりか、それを黙認し、支援してきた面まであることだろう。当時、在日の商工人が税務処理をめぐって税務署と衝突することが多くなり、社会党の政治家の仲介で商工会が交渉の窓口になると決めた。

    総連傘下の組織に対する寄付は非課税だし、税務調査が入っても、決算書など経理書類を商工会を通じて出せばノーチェックです。だが、本来は日本政府に納められるべき税金が、在日組織を通して北朝鮮に流れる仕組みを黙認してきた国税当局の責任は重いといわざるを得ない。


    朝鮮商工会は1976年社会党の協力で国税庁との間に「税金に関する合意」を成立させた。
    いわゆる『五箇条の御誓文』だ。

    以降、商工連の印鑑と領収書さえあれば、彼らの使ったカネは何でも
    必要経費とされた。彼らの納税額は劇的に減った。

    脱税したカネは一部が総連に顧問料として支払われ、それでも余れば朝銀に預金する。

    総連系の朝銀と民団系の商銀(関西興銀を含む)は破綻が相次いだ。
    脱税者たちの預金を保護するために投入された公的資金(税金)は合計で3兆円。

    3,000,000,000,000円というのは赤ん坊から年寄りまで含め国民一人当たり約3万円。
    在日朝鮮・韓国人は現在約60万人。
    1億2千億人が3万円づつ支払って、たった60万人の脱税預金を保護した。

    特に朝銀の預金は総連などへの不正融資や売国奴政治家への献金などに使われ悪質だ。
    バブル全盛期には北朝鮮の国家予算を大幅に上回るカネやモノが船に積まれて北へ渡った。


    酒井剛の「MPD・平和と民主運動」、が入っている具次龍所有ビル。具次龍は1994年愛人といるところを何者かに射殺された。
    平河町1-3 龍神ビル 今は二男の具本憲(豊田本憲)所有。具本憲は同ビルの8・9階で貸金業を営み、在日朝鮮青年商工会の中央会長。同商工会は2002(H14)年、民主党のパーティー券30万円を購入。 ↓

  • これが真実の本音なのです!!




    民主党が2007年度参議院議員総選挙で大勝した際のYahoo掲示板での書き込み




    今までは、我が同胞たちは比較的攻撃的な声闘というやりかたを使ってきましたが
    今後はそれだけでは難しい状況になりつつあります。
    これからの日本社会を背負う 日本人の若者世代をどう理解させていくかが大きなポイントです。

    お人好しな日本人の気質をうまく利用していく必要があるのです。
    今までの「私たち在日はこれほど差別されてきた被害者なのです」という事実を伝えるだけでは 日本人の若い世代は一歩引いて疑います。 これからは 「私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう」というメッセージが必要でしょうね。
    日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですがそれも数年の辛抱です。

    生活保護支給に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち取っています。
    同じ条件の日本人がいたら我々のほうが有利なやりかたです。
    これは申請の時にどうやればいいかがマニュアルになっていますから
    まだ知らない人がいる地域は各支部から配布をお願いします。

    年金支給や参政権は自民党政権では無理でしたが民主党政権なら実現できます。
    日本の政治を我々が動かすことができる時代がこれから来ます。
    目の前の気になることは少し目をつむって将来の我々の大きな勝利のために進みましょう。

    とにかくこれから2年は忙しくなります。次の衆議院選挙は2009年の9月。
    ここでも民主党に過半数を獲得してもらう必要があります。
    そのためには良識ある日本人をもっとたくさん増やす必要があります。

    この記念すべき2009年のために戦後我々の同胞たちは日本のマスコミ各社に
    同胞を送り込み日本人の良心の改革を進めてきました。
    その結果が今回の選挙でようやく出てきましたね。

    数年前から日本帰化も強化していますから、同胞有権者も増えていますし
    白先生や金先生のように日本国籍を獲得して立候補することもできるようになりました。
    両方から攻めていきましょう。

    我々のアボジたちができなかった「革命」が我々の世代で実現しようとしています。
    民主党にはそのための重要な道具として動いてもらいましょう

  • 本音がついポロリ!!




    民主党が2007年度参議院議員総選挙で大勝した際のYahoo掲示板での書き込み




    イルボンサラム 投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)13時36分05秒  

    嫌韓流以降、日本人の若者の間に嫌韓感情というのは本当に広がっています。
    私なりに考えてきましたが、やはり民族性が大きいでしょうね。
    コリアンは自分の考えはどんどん言うし、日本人のように建前は言いません。
    本音で話し合うしすぐ団結して行動する民族です。

    他の国に行くときは、どうにかして韓国の良さを伝えようとあれこれと試しますね。
    ときには主張が強すぎたり拙速すぎるところもありますが、そこが我々がどんな状況も耐え抜いてこれた大きな要素でしょう。

    日本人は集団行動や周りとの協調性を大切にします。他の人が不快に思うことはしません。
    そして自分を一歩さげて相手を立てることが正しいことだと思うんですね。

    そして日本のオンモンに「郷には入ったら郷に従え」というのがあります。
    よそものがそこに入ったら、その場所のルールに従わなければならないという考え方です。
    ここが大きく違うところで、これから我々が使える部分です。

    日本の若者を攻略するのは意外に難しくないです。
    嫌韓感情を持つ日本人の若者でもこちらから「今までの在日同胞のやりかたは良くなかった。 日本人の気持ちを考えないで権利ばかり主張してきてしまった。我々もこれからは郷には入ったら 郷に従うという日本の習慣も取り入れようと思う」ということを伝えるだけで 彼らの表情が一気に変わりますよ。


    しかし日本人はおもしろいですよね。
    謝ることが美しいと思っているんですから。
    講座の生徒が言ってましたが日本には濡れ衣を着るという 思想の文化があるそうです。 他人の罪を自分が代わって処罰されるところに喜びを感じるようです。
    だからすぐ何かあるとスミマセンと言うのかな。

    この前講座が終わってトッポギとマッコルリを出してあげたら みんなスミマセンと言ってましたよ。 なんで謝るんでしょうね?アリガトウではないの?

    民族的マゾヒストなんでしょうかチョッ・パリは(^^)
    そんなのだから戦争に負けるんですよね。
    アベ首相が言ってる美しい国というのは、日本人全員が
    全韓国人に謝る国のことですよきっとね(^^)


    ★これが在日朝鮮人の本性。決して騙されないように!!

    (注) チョッ・パリとは豚の足という意味。日本人は背が低く胴長で短足という意味での日本人に対する蔑称

  • 禁断の扉をあけましたね!!






           取り返しのつかない事態に発展するかも・・・・・






     保導連盟事件(ほどうれんめいじけん)とは、1950年の夏、朝鮮戦争で敗走していた韓国軍が、共産主義からの転向者やその家族の統制組織「国民保導連盟」の加盟者や収監中の政治犯など、少なくとも20万人あまりを大量虐殺した事件である。


     朝鮮戦争前後民間人虐殺真相糾明と名誉回復のための汎国民委員会の研究では60万人から120万人が虐殺されたとしている。韓国政府の真実•和解のための過去史整理委員会は朝鮮戦争の初期に韓国政府によって子供を含む少なくとも10万人以上の人々を殺害し、排水溝や炭鉱や海に遺棄したことを確認した。


     共産主義者に虐殺の罪を着せていた。韓国ではこの事件はタブー視されており、このような失政から目をそらすために反日教育をしたとも言われている.李承晩の韓民党は全羅地方の資本家・湖南財閥が中心になって結集、組織した政党であるが併合時は日本人であり親日家と言うのもおかしいと思われます。


     終戦時日本に生活基盤を持たれ朝鮮に帰国されなかった方は245人と言われてます。戦後在日の方は60万人います。なぜ増えたのかは朝鮮戦争以降密入国された方が多いのではないでしょうか。


    245人の方から60万人の子供孫を増やそうとしたら何人子供を生めばいいのか鼠ではない限り無理でしょう。在日参選権が提出されるようですがこれは日本人として断固反対です。
     http://www.wowkorea.jp/QnA/View/QView.asp?Qid=2286

    処刑される直前の人たち。韓国保導連盟事件。

  • 少なくとも自らの意思に反して





    無理に連れて来られたという人は、





    皆無であった!!





    辻本武氏という、在日問題や近代の日韓(朝)関係を検証されている方がいる。
    極めて実証的で、非常に参考になる。
    ただ、辻本氏は私と違って、政治的立場は右ではない。
    が、その辻本氏をしても、「強制連行」は否定されるのである。

    以下は、彼のHPからの引用である。



    在日朝鮮人がかつての植民地時代に日本によって強制連行された人々、およびその子孫であるという主張は、在日朝鮮人問題の本のなかに必ずといっていい程出てくる。また何か朝鮮問題に関する集会のなかでも枕言葉のようによく出てくるものである。

    92年の従軍慰安婦問題の集会を見に行った時も、講師の在日朝鮮人女性が「私の父母は強制連行されてきました」と語っていた。

    私は在日朝鮮人一世の20人以上から直接に話を聞いてきた。当然なぜ日本に来たのかということも聞かせてもらってきたのだが、すべて強制連行ではなかった。直接ではなく又聞きの場合も多くあったが、これらもすべて強制連行ではなかった。

    強制連行の歴史を訴える在日二世の活動家の親御さんにもお会いして話を聞かせてもらったが、やはり強制連行ではなかった。

    彼らは、男性の場合はこんな田舎では働き口がなくて生活できない、どうせ出て行くのなら日本に行って一旗あげよう、というような動機であり、女性の場合も同様であるか日本で生活基盤を築いた同胞男性のもとに結婚生活をいとなみに来た人であった。

    私の聞く限りその動機は、貧しい農山村から東京や大阪といった都会に流れてきたかつての日本人たちと大きくは違わない。日本の植民地支配が苛酷で生活が苦しくてやむなく日本に渡って来たのは「強制」あるいは「半強制連行」だと主張する人もいたが、これは全くの屁理屈でしかない。

    少なくとも日本の官憲によって自らの意思に反して無理に連れて来られたという人は、私の知る一世では又聞きも含めて皆無であった。

    以上が辻本氏の結論である。

    私も、在日や被差別部落民の多い地域で育ったが、「強制連行された」という在日など一人もいなかった。
    辻本氏の結論に激しく同意する。


    この人が辻本氏 ↓
    言っときますけど、この人有名な左翼の人ですよ!

  • 遠い真実・・・



            あまりにも身近にあふれる嘘!!



    ☆☆
    在日韓国人の正体は大きく分けて2種類です。

    大東亜戦争前に「日本に密入国していた朝鮮人」。そして、「1948~以後(韓国で韓国人らによる大虐殺が多発)、日本に密入国した韓国人」の2種類です。

    「日本軍に強制連行された」などというのは真っ赤なうそです。
    在日韓国人のウソなんですが、彼らは「事実」と向き合おうとはせずに、日本と日本人に責任転嫁を続けています。

    本当に残念なのは、私たちの祖父や祖母、父や母の世代は、「日本人らしい優しさ」を持っていたことです。本来ならば、「戦後の荒廃した日本」には「戦争難民」など受け入れる余裕はなかったはずです。

    それなのに日本人は「天性のお人よし」さから、何十万人もの密入国韓国人を受け入れてしまった。「難民」や「移民」は、助けられた時の「恩」などすぐに忘れてしまうのです。忘れるどころか、まったくのデタラメでしかない「強制連行」を言いふらし、強制されていない「通名」をみずからの意志で使い続けています。

    「恩をあだで返す」。日本にいる在日韓国人という集団の悪質さを改めて感じませんか? 
    もちろん、そういう方向に長年誘導してきた民団(SMエンターテイメントと仲良し)や総連(KARAと関連あり?)のあり方に根本の原因があることも私は理解しています。
    http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=fuuko-protector&articleId=11810076985&blockNum=6&frm_src=nextPage



    日本は在日を強制連行していません。!!!

  • 「国籍のある国家がその国民を保護する」のが原則

     「日本の生活保護」の対象者は日本国民だけである。

       在日韓国人には「韓国の生活保護」を受ける権利がある!




    私は日本が国際化することには反対はしませんが、「日本のグローバル化」や「共生社会への取り組み」と称してエセ・グローバル運動を反日左翼や在日韓国人が陰でやっていることも知っています。要するに彼らの本当の狙いは「日本の国体と日本らしさの破壊」でしかありません。

    御皇室を中心にして凛としてある日本が憎くてしかないのでしょうね。私は、日本を外国人が訪問したり暮らしたりすることはかまいませんが、その場合も自立した経済力を持ち、「日本の文化を尊重する」という条件を受け入れてもらう必要はあるでしょうね。 


     記事はNHKからです。


     生活に困窮した外国人への生活保護費の支給が自治体の裁量で行われていることについて、法的にも外国人が保護の対象になるかどうかが争われた裁判で、最高裁判所の弁論が開かれました。 これにより「法的に保護の対象となる」とした2審の判断が見直される見通しになりました。

     生活に困窮した外国人への生活保護費の支給は、永住外国人や難民認定された人などを対象に、人道上の観点から法的根拠のない自治体の「行政措置」として行われています。 これについて、日本の永住権を持つ大分市の中国国籍の女性が裁判を起こし、外国人が法的にも保護の対象に当たるかどうかが争われていました。 この裁判で、2審の福岡高等裁判所が「法的な保護の対象だ」と判断したため、最高裁判所で審理が行われていました。

     27日に最高裁で弁論が開かれ、大分市側は「生活困窮者の保護は国籍のある国が責任を持つのが前提で、生活保護法の対象が日本国籍の人に限られていることは明らかだ」と主張しました。 

    一方、女性側は「不法滞在ではなく働いて税金も納めてきた。少なくとも永住外国人については、法的な保護の対象とすべきだ」などと主張しました。 最高裁の判決は来月18日に言い渡されますが、弁論は判断を変更する際に 開かれるため、2審の判決が見直される見通しになりました。(NHK)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140627/t10015562731000.html


     「生活保護法」は本来、昭和25年(1950年)から「国民を保護する」ことを目的に法が存在しており、国民とは日本国民のことであることは明白ですね。ですから、現在8万人もの外国人をこの法の対象にしていることの方が違憲でもあります。 

    本来、「国籍のある国家が国民の責任を負う」のが世界共通の常識です。私はこういう問題には「かわいそう」という私情をはさむべきではないと思っています。日本で生活できない外国人は、「物価の安い国」に戻ればよいだけです。

     
     外国人生活保護受給者の大半を占める在日韓国人は、現に「韓国の国民」ですから、韓国での福祉を受ける権利も持っています。ですから在日韓国人が選択すべきは「韓国の生活保護」であり、日本の生活保護システムに寄生すべきではないし、仮に生活が困窮しているのなら、日本を去って韓国に戻ればよいだけです。そこには個人のわがままを認める必要などありません。最高裁判所が、法に基づく正しい選択をされることを期待しています。


    大韓民国憲法には以下のような条文があります。

    第2条    国家は法律が定めるところによって在外国民を保護する義務を負う。

    第34条   身体障碍者及び疾病、老齢その他の事由で生活能力のない国民は法律が定めるところにより国家の保護を受ける。

    在日韓国人は、韓国国民ですから、韓国政府に福祉を請求する権利があります。
    韓国国民としての誇りが1%でもあるのならば、日本の福祉制度への寄生は止めるべきです。
    頼るなら韓国、助け合うのなら民団や在日企業でやってください。
    韓国国民なら「韓国人として」生きてください。


    「民主党政権」時代の3年間で「在日韓国人の生活保護受給者数」は2倍以上になりました。
    日本政府と地方自治体が負担して支出している在日韓国人の年間生活保護費は
    6万人×150万円=900億円。この額と同額の医療費が使われていますから
    外国人である在日韓国人のために使われる私たちの税金は年間1800億円にもなります。

    しかも、日本国民への一切の「感謝」もなく、在日韓国人による不正受給があとを絶ちません。
    「生活保護費→在日韓国人の年金化&お小遣い化」のためだけの政治が民主党政権の仕事でした!

    在日韓国人は「韓国国籍者」です。
    韓国国籍者の福祉は韓国政府の責任です。


    違いますか?

本文はここまでです このページの先頭へ