ここから本文です

投稿コメント一覧 (3コメント)

  • >>No. 2821

     関西リーグを見る限り、4強に絡むのは慶應ではなく天理でしょう。お受験大学ラグビーの域を出ない限り、伝統だけに固執するチームは、帝京、天理、大東、東海には勝つどころか、水を開けられるだけです。
     これは、何も大学スポーツだけではなく、一般社会でも言えることです。

  •  今年帝京を破る可能性があるのは、今日戦った東海か大東文化でしょう。早稲田、慶応義塾、明治はまず防御がだめ、不合格。帝京としてはこれら三校のお粗末な防御に手こずっているようだと、東海、大東文化には負けるのではないか。
     正直言って、今や実力はリーグ戦が対抗戦より優位だ。今日帝京対明治、東海対大東文化の試合をみて、そのレベルの違いを再認識した。プロ野球で、パリーグがセリーグより総合力が勝って久しいのと同じ構図である。
     帝京の実力向上、維持のためには、帝京はリーグ戦に移ったほうが良いのではないか。
     少なくとも早稲田、慶応、明治はどんぐりの背比べで、いわゆる母校愛にのみ燃える受験ラグビーを見ていると、日本の枠にはまった教育制度から逸脱できないでいる、斜陽寸前のかつて繁栄したいくつかの誰でもが知っている日本の企業を髣髴させる。

  • Why does it get young students who will graduate foreign schools ?

本文はここまでです このページの先頭へ