ここから本文です

投稿コメント一覧 (19コメント)

  • >>No. 166

    明日、答え合わせの投稿してくださいね。
    勘の良さと、相場の適正がわかるので、
    たのしみにまってまーす。

  • 今、掲示板みていたら、Top Data Science 子会社化に否定的なコメントがあって、人気があってピンク色になっていた。
    純利益: 23,548千円
    費用 :573,000千円

    PER 23.3倍
    ディープラーニングとビックデータ解析のベンチャー企業でありながら黒字で爆裂増益中。
    日本のディープラーニングの会社とPERくらべてみ。

    普通に考えて超お得だと思うけど。

    この値段で上場してたら、スルガ銀行で借金してでも、是非とも買いたい。

  • 今回のモルフォの決算。
    複雑なことを言ってる人が多いですが、シンプルに言うと。
    前年の3Q対比で、

    売上高:+ 9.9%
    営業益:+15.4%
    経常益:+19.8%
    最終益:+10.0%

    業績予想の修正:なし

    以上。

  • 昨年末より、スマホの写真撮影機能に新機能が追加されましたね。
    Huawei   Mate10 pro を初めとして、ディープラーニングで、被写体認識とシーン
    認識をして適切な設定、エフェクトする技術です。
    その後に発表のスマホにも次々と同様のソフトが搭載されています。

    Huawei P20 pro , P20
    ASUS    ZenFone5 ,5Z
    Xiaomi mi mix2s , mi8
    LG     V30S ThinQ
    SHARP AQUOS R2
    Sony Xperia XZ3
    SAMSUNG Galaxy Note9

    この仕組みを実現する為には

    ①普通のデータセットではなく、写真を美しくとる為にシーン用のデータセットが必要。
    ②画像処理+ディープラーニングの技術が必要。
    ③ARMデザインのCPUで軽量に動くディープラーニングの認識アルゴリズムが必要。
    ④上記3つをコーディネイトしてシステムとして実装できる技術と実績が必要。

    だと思います。

    画像認識とディープラーニングをしている会社はNETで調べても数社ありますが、
    ③の軽量な認識器の実現はかなり難易度が高いと思われます。
    TensorFlow LiteではARMでも実行可能ですが、2017年11月14日にデベロッパープレビュー
    版が発表で、Huawei Mate10 pro発表の後で、このプラットホームで一連のシステムを
    実装レベルで実現するには時間がかかります。

    上記を色々考えると、個人的には、現在発売されているスマホの被写体認識とシーン認識
    によるスマホのアルゴリズムは軽量な認識器を持つモルフォのものではないかと考えています。

    3Qの結果発表もうすぐですね。

    さて、結果どうでしょうね。

  • お問い合わせあったので、お答えします。
    いつも、掲示板に心にもないことを書いていません。
    自分の思っていることを書き込んでいます。
    ただ、思った通りになるかどうかは分かりませんね。
    思った通りになる人にはなりたいですが、株って難しいですね。
    3Qはいい決算だし、もっと4Qはいい決算だと心のそこから思っています。
    もっとゆうと、来年度はもっといい決算だと思っています。
    なんでって。 それは今は言えません。
    結果はどうあれ、9/12の15:00過ぎの3Q実績発表前に
    長文で考えを書き込みます。

    これでいいですか?

  • こないだまで、ギャーギャー騒いでいた言葉最近きかないね。

    下方がどうとか、家宝ではなく果報だとか。

    筋を通して、死ぬまで言ってればいいのに。

    ちなみに、ちっとも おもんないけど。

    では。

  • ちょっと上がりが物足りない。 

    まー、先週はしょうがないけど、
    9月13日からの3連続ストップ高は、
    3000円以上からのスタート希望。

    2000円台から4連続でもいいけど。

    では。

  • モルフォのことデスって安く買いたい人。
    ちょっと手遅れですね。
    新興の地合いもいいし、自動運転も再認識されたし。
    ことわざ通りです。
    もうはまだなり、まだはもうなり。
    そろそろ、かんねんすれば。

  • 優秀な技術者去ったて。
    誰に聞いたの?。
    根拠は。

  • 日経やフィスコの業績予想からすると9
    月の決算は凄いことになりそう。
    そろそろ状況みて仕込むころでは。
    人より先に。

    では。

  • 今、スマホの写真技術にブレークスルーが。
    シーン認識して適切なエフェクトをかけるやつ。
    最近急激に各社のスマホに採用されてますね。
    これモルフォ以外にできます?。
    エッジサイドの軽いディープラーニングでは
    世界トップの会社ですよ。
    ショーも貰ったしね。
    爆裂売上伸ばす可能性あるんじゃない。

    では。

  • 決算受けてみんなボロクソ言ってるけど。
    通期予想通りの収益だせば、四半期売上8億円
    営業利益3.5億円の会社になる。
    10月には1万円でしようね。
    十分ありえるよ。
    だから研究開発費死ぬほどかけているんだから。
    よく考えてみ。

    では。

  • blaさん。
    一人芝居だと思ってないので書くけど。
    マジレスしないこと。
    ほっときましょう。

    では。

  • いいプレスリリースでましたね。
    皆さんなんか見えないですか? 聞こえないですか?。
    何故だかボクには見えるものと聞こえるものがあるのです。
    狼煙が見えて、ラッパが聞こえるのです。
    なんの???。
    当然、[反撃開始]です。

    では。

  • 3か月か、半年か、我慢だけとモルフォのちょっといい兆候。
    スマホはじめ画像処理する会社は世界に数多くあります。有名なのはArcSoft,Almalence など。
    きっといつもモルフォと受注競争しているのでしょう。
    そして、たぶんモルフォはスマホ大手ではOPPO,Vivo,Xiamiからは受注できていません。
    他の画像会社とモルフォとの違いは、モルフォは画像処理+ディープラーニングが可能なところ。
    特にディープラーニングでエッジサイドでの軽い認識器では評価が高いところです。

    最近発売&発表されるスマホの写真撮影機能でシーン認識してそのシーンに適切な設定、エフェクトする技術が取り入れられています。(AIスマホ)

    Huawei   Mate10 pro (発売済) P20(3/27発表予定)
    LG     V30 2018モデル (MWCで発表)
    ASUS   zenfone5 (MWCで発表 Snapdragon636 のミドルレンジ)
    Motorola  moto X5 (詳細内容不明ながら Moto's Smart Ai と記載あり)

    上記の会社はすべてモルフォの上得意の会社です。

    ”シーン認識→適切な処理” は画像処理のみをしている会社では対応できません。
    この流れ、モルフォ以外から画像処理ソフトを購入している会社から新規受注できるチャンスではないかと思います。特にzenfone5はミドルレンジでそのレベルまでのトレンドになるのではと。

    ”シーン認識→適切な処理” がモルフォ以外の会社の可能性もありますが、[ファーウェイ 新スマホ「P20」のカメラ機能 「Appleより勝る」と強調]とのWEB記事のなかで、「日本のパートナーとの協力して実現できた」とあります。
    ”ファーウェイの画像処理のパートナーといえばモルフォでしょ。”と個人的には感じています。

    文字ではうまく伝えられないので、ネットで色々検索してみてくださいね。
    では。

  • essさん。
    1ヵ月前株主総会がありましたが、その際に四季報の予想値が会社発表の収益よりも低いとの質問ありました。
    社長のお答えは、四季報の予想は関係ない。業績予想は十分達成可能で、出している数字はアグレッシブなものではないと自信満々でした。
    総会時点で会社は1ℚの結果は分かっていたはず。
    通期で帳尻合わせる算段があるのでしょう。
    売上が特段悪い訳でもなく、将来に向けた技術開発に投資したのが今回の決算です。
    ただ、株価がどう動くか誘導する投稿は控えた方がいいかもですね。
    私自身株主であり、スマホの画像処理やディープラーニングは死ぬほど研究していますがモルフォにとっていい兆候が見えています。
    眠くなってきたので、また説明しますね。
    では。

  • 有名な相場格言

    人の行く裏に道あり花の山。

    有名な格言ですね。
    あまり知られていませんが、続きがあるのです。

    いずれの道も散らぬまに行け。

    では。

  • 先ほど、DMPのFPGAのアルゴリズムはモルフォのものと書き込んだら、掲示の背景が水色になりました。
    そう思わない だってさ。
    DMP発表のIRどおりのこと書き込んだだけなのに。
    ホームページいってIRみてみ。

    では。

  • DMP盛り上がってますね。
    ディープラーニングのFPGAへの期待からでしょうね。
    でも、たぶんキーのアルゴリズムを持つのはモルフォ。
    アルゴリズムをFPGAに載せたのがDMP。
    アルゴリズムをFPGAに載せるのは業界ではそんなに高いハードルではないですよ。
    コアテクノロジーを何処の会社が持っているか理解していないと火傷しますよ。
    老婆心ながら。

    では。

本文はここまでです このページの先頭へ