ここから本文です

投稿コメント一覧 (304コメント)

  •  6回のベゲーロへの近藤の初球、
     完全なストライク。
     若月の構えたコースから外れただけで、テレビの解説者も、どうみても、ストライクのように言っていたのに、結果はボール。
     こんな理不尽な采配をプロ野球ファンとしては、見たくない。
     プロ野球も、プロレスと同じで、雰囲気でいいのかと思うと残念です。
     高校野球は、ストライクゾーンがプロに比べてひろい分、こんなお粗末な判定はありえません。
     プロ野球のだいごみは真剣勝負とおもっていたが、そんな思いが完全に崩れました。
     そんな目で則本の完投を見ていますが、全然すごいとは思いませんし、わざわざ、球場に行ってみようとも思わなくなりました。
     オリックスが負けた以上に、本当に残念な采配でした。

     フェアーな野球の基本は、アンパイヤ―であり、審判。オーナー、野球を面白くするためにも、審判に、厳しい指導をお願いします。

  •  今日の試合では、山岡にもう1,2回は投げてほしかった。もうひと頑張りが欲しかった。開幕というプレッシャーが大きいので仕方ないようにも思うが・・・。
     でも、山岡ならきっと、次回の登板に生かしてくれと思います。

     ただ、心配なのはリリーフ陣。弱点が見えたように思う。オープン戦でも散々見られたパターンで、首脳陣は、これをどう改善するか、まだ、気づかないのでしょうか。
     僅差の負け試合や1点差の勝ち試合では、今のセットアッパーの黒木、近藤では心もとない。誰もがそう思っている。
     やはり、セットアッパーは経験も含め、金田、クローザー増井がベストのよう。金田の連投がしんどいというなら、そこに、山本投入しか方法はないように思います。
     黒木、近藤は、6回、7回あたりがベターのよう。使い勝手のいい小林は、力もあり、そのフォローで。
     長いペナントレース、チームの先発陣や野手陣の信頼を得られるリリーフ陣になるように、また、黒木、近藤の選手寿命を短くさせないようにするためにも、黒木、近藤の負担はできるだけ軽くできるよう、起用は慎重にして欲しい。
     今からでも間に合うなら、ロッテのように、ヘルメンに代わって、力のあるセットアッパーの外人投手が1枚欲しいところです。

  • きょうの山岡は、よかった。ホームラン打たれたのは、オープン戦だったのでちょうどよかった。シーズンでは生かしてくれます。
     吉田正、岡田もいい。ただ、心配なのはリリーフ陣。
     阪神戦は、同じ大阪対決でもあり、勝に行くでしょう。試せるのは、広島戦だけ。リリジー布陣、しっかりと見極めてほしい。監督、ヘッドコーチ、頼みますよ。

  •  今日のオリックス-DNA戦。
     1-2で7回まではオープン戦、いいながれであった。ここから、はいろいろ試さないと。
     しかし、ここからの高山の迷投手コーチぶりを久々に見てしまった。
     ええーという近藤の再登板。昨日の完璧な抑えをみて、今日の負け試合でも再度、近藤を起用。
     ベンチにいる、比嘉初め、多くの飾り?の投手は、今日はなぜベンチに入っているの・・・。どうして今日のような試合に使わないの?・・・
     今日のような負け試合の設定でベンチ組の適性を見ないと、いったいいつみるの?今でしょ。!!
     4年前の高山コーチ、なんでも、比嘉、佐藤達、岸田、平野。この4人使い過ぎで、完全にこの4投手の選手生命は終わった。平野も、ここ3年、いいころの精彩はなかった。
     今年、高山投手コーチになったとき、昨年からいいながれになってきた投手陣がつぶれるのではと心配したが、・・・。最新鋭の将来性のある投手陣ができるのではという夢を、高山は完全に壊して、常勝の投手陣は完全に実現不能にする気配を今日の采配で感じた。
     高山コーチは、キャンプ中に「いい投手をどんどん使う」と言っていたが、そこには、その投手の将来性、選手の故障歴、性格に疲労度等、総合的ン考え判断するようにはみえない。
     監督。4年前の二の舞にならないよう高山としっかりと話し合い、高山コーチの良さは認めつつ、言いたいことは、監督として、指導してください。オリックスの投手陣を守るために。
     先発がいいだけに、今年のオリックス、リリーフがポイント。
     故障者続出にならないよう、黒木、近藤をうまく使ってほしい。
     打たれた近藤に高山が話していたが、いまさら何をとおもう。選手たちに、投手コーチの意図が見える投手起用を!。
     野球は、野手、投手、総力戦で戦うのでしょ。
     監督、ヘッド、よろしくお願いします。

  •  11日のラジオ番組で、金子が自らの口から、「抑えをしたい」と言ってくれたのには、びっくりしました。
     オリックスが、来年、取りこぼしを減らして勝つためには、抑えに安定感のある投手を配置することは大事です。
     増井の加入は嬉しいが、あの試合巧者の日ハムの抑えでよく撃ち込まれていた。増井は、平野よりはマシであったが、往年の100%の投球ではない。
     増井のすごいところは、先発でも10勝以上できるところです。増井には、先発を。(本人が納得してくれるのであればセットアッパーも可)。それだけの、ハイレベルの投手の加入は、正直、本当に嬉しいし、彼の加入により、優勝に更に近づく戦力補強であることには間違いない。
     抑えは、今の野球では最も重要なポジションだけに、金子がそこを希望してくれるのは、ほんとうにありがたいし、優勝への近道です。
     金子は、かつて、故障したことがあるだけに、ファンでも、他から抑えの起用を言い出せなかった。
     平野がいるときに、金子の口から言いだせなかった金子の平野への心配りと、本気で福良監督を胴上げしたいと思う金子の心意気にはびっくりです。
     その発言に、金子の気持ちが垣間見えて、本当に嬉しかった。金子の一層のファンになりました。
     来年は、選手、監督・コーチ一丸となって、適材適所で、オリックスが日本一になることを期待しています。応援しています。

  •  増井をとれたから、今後獲得したい外人投手はリリーフから、先発に変更との記事。
     確かに、増井の加入は、平野に十分変わりうる。しかし、昨年のオリックスは、山岡が8勝しかできなかったのは、リリーフで逆転されたからとのコメント。これは。明らかに、しっかりしたリリーフ陣の補強が欠かせないことを物語っている。
     オリックスのこの12月までの補強の状況を考えると、リリーフ陣が本当に心もとない。

     増井、黒木、近藤、金田、大山、K-鈴木くらいしか名前が挙がってこない。ディクソンを先発に回してもようやく7人と筒一杯。同じメンバーが1年通して活躍は、リリーフ陣だけに、難しい。更にCS、シリーズで好投するとなると明らかにしんどい。
     おまけに、私から見て、今年、ヘルメンにも、細かいところでだいぶ助けられたように思う。そのヘルメンがクビ。
     編成は、何をかんがえているのか分かりません。

     平野がオリックスに残れば、増井、黒木、近藤を休ませられると、ダブルストッパー?構想のコメントが監督から出ていたが、これも、いい外人のリリーフがいての話ではないか。
     先発は、山岡、金子、小林、吉田1、西、田嶋の他、東明、松葉がいる。5回くらいなら、山本もいる。ここに、先発の外人というのは、リリーフ陣の心もとなさを考えると、明らかにヘンです。
     勝つには、投手陣の整備があってはじめてできることはもちろんだが、オリックスの場合、過去3年間、リリーフ陣の整備ができなくて、このように低迷し続けていることをどれだけ、分かっているのか疑問です。
     ヤクルトに新外国人投手を取られたのは本当に残念です。しかし、まだ遅くない。先発ではなく、リリーフの新外国人投手をこれから是非さがして欲しい。
     編成のみなさん。オリックスが優勝するためにも、検討の上、よろしくお願いします。期待しています。

  •  東明、山﨑颯のプロテクト解除はあり得ない。外しては絶対にダメ。
     調子は、最近のことも重視して判断するとかんがえられます。
     増井は投手なので、人的には、投手のプロテクトが大事だと思います。
     日ハムは、金銭的にシビア。日ハムの視線での判断が大きく左右するとおもう。金子、中島はない。栗山監督は、小谷野もこれまでの経緯から、とらいないでしょう。
     私は、プロテクトは、投手では、確かに金子は取らないので、外しても大丈夫。しかし、塚原は絶対にプロテクトを。海田もプロテクトしたい。岸田、佐藤達、比嘉は、若手の台頭から考えると必要ない。
     投手は、西、吉田1、東明、松葉、山岡、近藤、黒木、金田、小林、大山、山本、山﨑颯、塚原、海田、山﨑福
     野手は、岡田、吉田正、安達、伊藤、若月、大城、武田、駿太、宗、岡崎、西野、根本、杉本
     あと、気になるには、榊原くらいか。
     岡崎、根本は、台湾ウインターリーグの結果から、調整を。
     日ハムは、大田を覚醒させました。昔打てた選手は必ず打つ。好投した選手は必ず高騰するというポリシーで選手を獲得、成長させました。若手で、いいセンスの選手は要注意ですしっかりと、吟味が必要のように思います。

  • 今年のドラフトを受け、来年の選手起用を考えた場合、投手優先は、評価できるように思います。
     ただ、総合してみた場合、岡田、吉田正というホームランバッターは別として、打撃陣を見た場合、よく似たタイプの若手野手が多く、一皮むければパワフルな1番か中軸にという選手が、なかなか見当たらない。現状では、大城くらいか。その意味では、内野手で、期待を持たせる藤岡のようなピースになれるパワフルそうな内野手の若手がいないように思う。数年で、活躍の終わる選手でなく、10年は晴れる選手を期待します。
     藤井コーチの加入は大きいが、急に覚醒するというのは、やはりしんどいようにおもう。いい素質の選手の獲得を期待します。
     今年のドラフトでは、外人に頼らなくてもいい強打者の候補者や一定の成長曲線途上の選手を、大卒、高卒当たりでとって欲しかった。その意味では、2巡目から4巡目あたりでそのような野手がほしかった。
     来年、CS出場できたとして、ドラフトでは、2、3位あたり、4位あたりも含め、攻守で秀でた野手の成長株の獲得を期待します。
     藤井コーチなど打撃コーチのもと、きっと大きく期待の寄せられる選手が出てくると思います。
     本当に期待しています。

  •  今年の日本シリーズを見て、今永、浜口の力には驚きました。
     今永は、駒沢大学秋の神宮大会。3年のとき優勝投手になっています。
     決勝は、駒沢大3年の今永と、明治大4年の山﨑福の戦い。点差は1-0か?忘れたが、今永のごう腕は、明治打戦に付け入るスキを与えずに駒沢大が勝利したのを今でも覚えている。今永は4年のときは故障で、ほとんど投げずに横浜の単独指名。オリックスは吉田正獲得で今永を獲得できなかったのははしかたないこと。その時の投球は、今年の日本シリーズと同じ、今永の圧巻の投球でした。いい投手は、いい時の投げっぷりがここ一番でいいというのもあるのかとおもいました。
     さて、オリックスで日本シリーズで使える、通用しそうな先発は?
     それは、間違いなく、今の金子ではありません。金子では通用しそうにない。そこで、来年以降への大いに期待も含めて、可能性の高い方から考えると、オリックスでは1位は山岡。2位は、・・・期待も込めて、田嶋か。
     そこに、入ってきそうなのは、ディクソンとこれも期待を込めて、山本あたり。
     大一番で、横浜の2人にかかっていけるのは、調子が最もいい時の、しかも期待も込めて、現状ではこの4人くらいか。
     こうして名前が出るくらいの力や可能性を秘めているオリックスは期待が持てるということか・・・。
     現状の金子の他、西、小林、吉田一、東明、松葉、それに、山﨑福、それに、山﨑颯ら新人たち。大きく脱皮してまた成長して、強い心で強い球を投げれるよう、精進してください。オリックスファンとして大いに期待し、応援しています。ガンバレ!

  • 4日、駿太が背面キャッチで、今日の練習を締めたとのこと。
     DNAの1番桑原は確か同年のドラフト4位。
     駿太も、そろそろ結果を見たいところ。しかし、打の結果が出てないし、今後も出そうにない状態だけに、来年もまただめか・・・と思ってしまう状態。
     イチロークラスのレギュラーならいいが、・・・。活躍するまでキャラを封印を。
     近い世代で、チームに貢献している源田や茂木など、多くなっているだけに、来年い向け、悲壮感をもって、練習に取り組んで欲しい。
     駿太選手、来年の活躍を本当に期待しています。

  •  今永、浜口をソフトバンクは打てそうにない。
     このまま、ソフトバンクは明日も負ける可能性が非常に高くなりました。
     そうなったとき、ソフトバンクのコーチ陣の入れ替えもあり得ます。
     監督の交代、佐藤投手コーチの退団の可能性も出てきます。
     佐藤コーチが楽天を退団したときは、オリックスが偶然の2位で、高山コーチを交代させりことがができなかった。ことしも、高山コーチが早々と決まっているが、今年は、チームのブレーンとして、佐藤は絶対に欲しい。もし、佐藤コーチが退団したときは、オリックスの編成なり、ビップ待遇なりで、是非佐藤を獲得して、オリックスのスタッフの一員に入れておいて欲しい。
     オーナー、よろしくお願いします。

  • ドラフトから3日。オリックスとしては、可成り評価の高いドラフトとなりました。嬉しい。
     しかし、何か、ずーっとすっきりしません。それは何か?
     新打線を考えても、全然パットしません。走れる内野手4人確保しても・・・・。福田はいいが、西野のスペアだけでは、しんどい。
     安定した和製大砲+安打機になれる選手の確保を、ここ、2,3年先への期待感を見据えてとって欲しかった。
     それは、2巡目で岩見が取れたのにあえて取らなかったことです。田嶋を1巡目で確保できただけに、ここは、岩見で行ってほしかった。
     確かに、鈴木康は、いい投手です。しかし、今年のドラフトでは、鈴木康が残っていたのは驚きですが、それ以上にインパクトのある岩見が残っていた方が驚きです。
     オリックスは、岩見が残っていることを予想していなかったのではないかとも思う。
     慶応では、実質3年からとのことだが、それは、2年上に谷田、横尾という、高校野球の人気者が外野手でいたため、岩見は、ただ、周りの期待もふくめ、チャンスがなかっただけだと思う。
     オリックスには岡田、吉田正はいますが、吉田は体調が心配で通年の活躍は今後も心配。通年の活躍は岡田だけ。しかも、今年は、藤井コーチ復帰で、右打ちの岩見はオリックスで、打てる選手への成長はじゅぶん可能でした。足も6.3Sと決して遅くない。体を絞れば、3塁でも、外野でもほどほどにこなせる。
     その岩見がましてやパリーグの楽天にとられたのは、今後、CS争いの対抗馬ということで本当に痛いところです。
     オリックスは中日のように打てるいい外人をとれないし、今のロメロは起伏が大きく、精神面、体調とも、その維持が難しい。マレーロも来年打てる保証に、確実性がない。
     オーナーが走れる野球と言われたのはよく分かる。捕手、2、3塁、センターは走れる野手が最低でも確保して欲しい。
     その意味で、走れる内外やの守れるパワフルな藤岡が欲しかったのは分かるが、その選手が取れなかった以上は、来年のことでなく、今後数年ごの安定したCS進出を狙う打線作りに向けて、安定したパワフルさも併せて求めて欲しかった。
     本当に残念でなりません。
     他球団にはない、すばらしい独自路線が取れたのに、本当に残念です。
     ファンとしては、ここというときにホームランの打てる打線を見たい、その天運を逃したのは、本当に悔やまれます。
     今年のように、NO1に近い、投手と打者(清宮、安田でないが、決して負けない)が両取りができるドラフトはそうないだけに、本当に残念です。
     とにかく、今後は、外人に頼る必要のない打線にしてください。オーナー、編成、本当よろしくお願いたします。

  •  ドラフト2位で、藤岡との声もあるが、やはり2位も有望な投手(リリーフ可)がほしい。近藤、先日台湾で活躍した谷川。摂津のようになる可能性を指摘していた。使い勝手のいい投手を、ぜひ2位でほしい。有望内野手は今年は多く、3位か4位で絶対にいい。
     藤岡は肩はいいが、打撃に限度がありそう。いい打撃センスの内野手がほしい。
     編成、期待しています。

  •  昨年のドラフト、即戦力、1 山岡 2黒木5小林、それに澤田。有望高校生は、3岡崎 4山本 6山﨑、9根本 それに育成の榊原等と、パーフェクトでした。特に、安定した即戦力が3人と山本は非常に、良かった。
     今年は、即戦力投手最低2人は欲しい。
     昨年のようなドラフトなら最高。昨年の流れももちろん大事で、中位での山本や山﨑のような高校生もいいと思う。
     下位中心で社会人もいいが、日ハムのように、下位での実績のある、投げ方のいい有望大学生投手や、大学で実績のあるホームランバッターなどのの確保も交えたドラフトもいいと思う。たとえば、1昨年のハム、5人の大学生、今年、全員勝活躍している。大学生も中、下位で交えると幅が広がるように思います。
     いずれにしても、いいドラフトをお願します。

  •  西武が田嶋1位指名とのこと。
     オリックスと競合らしい。
     確率は50%。
     もし外れた場合は、東か?
     私としては、ここは岩見に行ってほしいところ。
     中畑をはいじめ、打者で活躍したプロも、プロで必ず打つ、と言っていた岩見は、数年に一度のホームランバターです。
     東は、阪神と競合。岩見はヤクルトと競合しそうだが、オリックスは外人しだいのところが大きく、ここは、岩見にしてほしい。
     ファンとして、右のホームランバッターは見たい。体を絞れば、足も、6.4s、守備にも切れが出るはず。持って生まれた天性は評価して欲しいと思う。
     期待しています。


  •  岩見が東京6大学秋のリーグ戦で7本目、計21本の本塁打で、23本の高橋由伸を筆頭に、岡田彰布を抜いて、単独3位となった。
     警戒されている中での本塁打。打席数の少ない中での21本塁打も魅力。
     こんな打者は確実に5年か10年に一人の抜群の素質のある選手。バットコントロールの良さから、打率もその気になれば上げられる。
     オリックスの今年のドラフト、1位に田嶋か東の可能性が大きいとの報道があるが、ここは、是非とも、オリックスの1位指名を岩見にして欲しい。
     岩見は、投手経験があることから、遠投110m、50m6.4s。肩がいいことから3塁にコンバートも可と見る。
     内野手不足は、今年は社会人でいい遊撃手、2塁手もいるので、ドラフト3位だけでなく、4位以下でトヨタの北村あたりも取れそう。スカウトには、ドラフト2位、3位、5、6位でいい投手の確保をしてもらわないといけないが、昨年の実績を期待します。
     岩見はオリックスの強化につながるいいピースとしてはまると思うので、是非とも今秋のドラフト1位に指名して欲しい。編成の方々、よろしくお願いします。

  •  今日のロッテ戦、最終戦にもかかわらず、また完敗。新戦力のすばらしい芽を育て、伸ばす工夫の姿すら見えなかった。本当に残念です。
     最下位のロッテは9月10月で貯金5、オリックスは借金8。
     オリックスの今の力は、パリーグで最下位です。
     これで、来年CS進出を!と言うが、これまでの戦い、そして、今日の戦いを見ていると、とても、無理に思える。
     今日は、高橋コーチと中村コーチの解雇を発表したが、トカゲのしっぽ切のよう。毎年のことだが・・・。
     他にバッテリーコーチ、投手コーチに責任を負うべき人もいるように思う。ヘッドコーチか監督も、責任を負うべきではないか。
     今年の9、10月は、過去3年間で、特にひどい状態。これが、過去3年間のスタッフの指導の実態のように思うが・・・。
     こんな状態で再出発するのではなく、チーム強化に向けて、チームを俯瞰できる人の評価を受け、しっかりと対応をしていただきたい。
     プロの集団。しっかりしたスタッフの下で、オリックスを強いチームにしてください。
     オリックスの好きなファンや、有能な選手の期待に応えるチーム改革のできる体制づくりに向けて、オーナー、厳しい指導をよろしくお願いします。

  •  2割2分の外人パラディスにストライクゾーンでの勝負(フォーク)はない。
     リスクの多いお粗末なリード(若月の暴投を止める自信の無さも)はない。
     もっと、新人投手に勝たせる細やかなリードができない。
     捕手のもっときめ細かさは、捕手を中心とする采配の無さの欠如。
     伊藤、若月にもっと、徹底した基礎技術と基礎思考を叩き込んでほしい。そんな、指導のできるコーチ、監督を招聘して。伊東を招聘して!。

  • 来年のコーチに藤井と高山招聘とのこと。
     藤井は期待するが、高山は最悪です。
     むちゃくちゃな連投を平気で強いて、リリーフ陣をむちゃくちゃにして壊した高山コーチ。
     ただ、チームが勝ために、ソフトバンクで投手陣を壊しクビ、オリックスで投手陣を壊しクビ、その後、西武がコーチにと考えていたが、招聘中止(これが正解で、今年の2位がある!)、その後、中日が2軍コーチに招へいしてきたいきさつがある。
     監督サイドで、平気で同じ投手を使い続ける気質のため、監督にしたら、使いやすいし、いいなりで実行してくれるコーチ。
     小林は星野などは、投手のことを親身になって考えるだけに、疲労も考えて起用を監督に具申していたが、高山は、投手陣の選手生命は関係なし。来年は、金田を初め、黒木、近藤、小林、など、新進気鋭で、これから、長く活躍して欲しい貴重な戦力を、1年の勝ちを目指して、完全に壊すコーチです。
     そんなコーチをチームに呼ぶ監督も監督。そんなコーチしか招聘できない人間関係の希薄な監督は、本当にお粗末です。
     それを認めようとしている編成もまたお粗末で、いい加減です。
     高山コーチの招聘を取り消して、再度、西村ヘッド等のルートで他の投手コーチを探すか、編成サイドで、球団中心で新投手コーチを探してほしい。
     それができないなら、こんな人事配置しか新手としてできない監督なら、監督を本当に変えてほしい。
     オーナー、チームを勝てるチームにするため、本気で対応してください。お願いします。

  •  昨日の試合、1年を象徴するような試合。 
     罵声の飛び交う中での福良監督のあいさつ、ファンの誰もが思っているファン代表の罵声のように思えました。

     ソフトバンクは優勝しても秋山は退団した。ソフトバンクは勝つための全ての手を打ってきたチーム。だから強くなりまた優勝し続ける。
     今年のオリックスのような状態であれば、九州にファンを抱えるソフトバンクなら、確実に監督交代です。

     ファンあってのプロ野球。オリックスはなぜ勝つ気がな無いのか。関西のファンをバカにしているのか?
     オリックスの監督が、なぜ変わらないの分かりません。

本文はここまでです このページの先頭へ