ここから本文です

投稿コメント一覧 (1347コメント)

  • ある程度の年齢になれば、年始に訪れたいひとのも他界され、来るかな?と待ち受ける人も入院されたり、自宅療養の身となられて、急激に減少する。土佐筋が日頃ディで経験しておられることの「年末年始販」なのじゃろうが、今年はそれが急激に進み、疎遠な身内の来訪もないから「静かな正月」となった。

    フラウも近くの実家に帰りたがらないので、元旦は完全に二人だけで、年末に急いで仕込んだ「おせちもどき」の尺二重箱を横にして、一口食べては箸を置き、暫くしてまた一口で、一日を過ごした。酒が飲めないので、ワインのスウィンググラスだけが置いてある。

    正月のTVはつまらない番組ばかりなので、仕方なくPCのスライドショウで陶磁器図録を流して、観るでもなく観ないでもなく、5000点ばかりの作品が10秒間隔で流れて行くのを前にして座って居たが、此れも又「良いもの」じゃね、作品そのものよりも、造った陶工の気持ちや生活、生きざま、当時の時代の在り様等が、次から次へと脳裏に浮かんできて、一日退屈することがなかった。これが「隠居生活」と言うものなのかな?

    フラウもすることがないので、じっと座っている僕の横で懐中電灯を手にして僕の耳朶を掴んで「わぁ 大きいのが取れた」と僕の耳掃除をしている。フラウはこれが大好きで、お陰で僕の耳はウサギのように大きくなっている。今年の元旦はこのような塩梅じゃった。

    今日は、重箱も空に成ってきたので「夕方から仕込みにでかけるか」とそうだんができている。神様の設定による「僕の正月」は、斯くのごとし…。「もそっと何とか」と思わぬでもないが、神様のご配慮とあれば従おう…。と言うのが年頭の所感…。其れまではポルノでも流がしておこう、歳相応に……。
                  神ちゃま見習い

  • みなさん、新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
    飛騨の山奥でたった二人の小さな年の暮、もたれあってTVを観ていたのですが、なんとしたことか二人揃って寝てしまい「初寝坊」となりました。いけね…。

    新年を迎えての抱負というのは、歳を取るにしたがって、そんなものわざわざ語らなくてもとなって来ますね。黙っていても時間は勝手に来てくれるし、「にこ」と微笑んで去ってくれる。これを「幸せ」ととるか「不幸せ」ととるかによって人生は大きく変化するようで、今年も一つ「神任せ」にさせていただこうと、これは改めて、感じた次第。フラウが煮てくれた年越しの蕎麦も旨かったし…。もぅ一寝入りして、今度は僕が雑煮を造ろう…飛騨風の「焼いた切り餅を入れた赤味噌仕立て」でフラウのご機嫌を伺うとするか、我がふるさとの「丸餅を入れた白味噌雑煮」は明日戴くことにしようと、これが「初決め」だったね。

    譲り合って一年を送れますように…。では、もぅ一眠り…
                 神ちゃま見習い

  • >>No. 67899

    >基本電子書籍にノビを作る必要が無い。勿論A3ノビ等も必要が無い。

    プリントと違って電子製版で編集するとトンボを切る必要がないことは解っているが、例えば「和楽」のようにA4スキャナで取り込めないような大判で裁ち切り印刷をした物をそのままPDF にした雑誌は有るし、単行本でも「歴史史料」や大判のムックサイズの画集等をPDFで電子図書にした物はある。この場合は「印刷の方法論」ではなくて、「ページの大きさと文字の大きさの比率」に差がありすぎるので読みづらい、と解してもらって結構だ。あまりに用語の本来の意味にこだわりすぎるとヤリトリするのがいやになる。それでなくても、「あえて説明と実際の目的を取り違え」不当に利益を貪るのはPC業界が率先してやっていることではないのかね? 

    40inchで見開き表示というのは、今の僕の環境では望めない環境だから、この件はこれで打ち切ろう。

    年末でやり残していることも色々あるが、これらはそのまま「来年の課題」にするとして、今日はノンビリよ過ごし、夕方からお揃いで僅かばかりの「年越しの決まりもの」を仕込みに出掛けようと思っている。売り切れておれば「ありもの」で済ませるつもり、節約せつやく……。
                  神ちゃま見習い

  • いよいよ年の暮れも押し迫ってきた。
    昨日は「食後のおやつ」にデカい「寒ブリ」の煮物をいただきホクホク顔で雪の北陸道から41号国道を「滑るスベる」と騒ぎながら高山に帰ってきました。もちろん運転手はフラウで僕は車掌、ではなくて助手席。ゆっくり走ったので帰着は深夜3時頃になったが久しぶりの楽しい旅じゃった。これで今年の遠出はおしまい。

    >まっこと、法律違反を武勇伝が如く公に自慢する輩が出没する世の中になろうとは…困ったもんじゃね。

    これは民主制度の、と言うか「自薦による立候補制度」の欠陥の一つじゃね、そもそもが人の上にたてるような人格の仁は、競争してでもその地位を得ようとはしない、人々に押されて始めて「では…」と腰を上げるものじゃ。土佐筋やHouRikin さんや、それから、コホン、僕などが「野に居る」のを見ても判ることじゃ、15年以上に亘って身近に仕えてきた経験から良く判る。同時に「誰でも発信できる」SNSが発達してきたことも原因の一つじゃろうね、これまで呆れられながらも放置されてきた「事柄」が表に出てきているためじゃ。

    上がそうだから下も「じゃ俺も」となって、役所では横柄役人が出たり賄賂役人が出たり、民間でも横領社員が出たりする。困った事じゃが無くならないね、「じゃ俺も」とは僕は言ってはいないが、AI知能に任せても同じことになると思っては居る。まぁ放って置こうではないですか、年の暮れで忙しい……。

    話は変わるが、Kindle book 等の電子図書じゃが、方式が色々あってコストが掛かるためか、ことに雑誌では最も安上がりのPDFになっていることが多い。A4ノビでこれをやられると19inchスクェアでは読めないので僕は「大玉のトラックボール」に機能割り当てをして、ボールでセンター決めをし、ローラーでフリーズーム、ページ送りはネクストボタンで、その上で「長押し」で画面を掴んで振り回しながら読んでいるが、面倒くさいので「何か良い方法は無いか」と探しています。どなたか「良い発想」があればご教示をお願いします。

    流石にフラウは「雪中運転」が堪えたと見えてノビている。正月準備は、明日にでもGMSで残り物の煮しめ等をかき集めて簡単に済まそうかと考えている。先輩の神様、今年も色々ありがとう、来年も相変わりませず……。
                神ちゃま見習い

  • いま世話になってるこの宿、半ば身内のような待遇であちこち首をだしているが、フラウのドンと構えた容姿が板場担当の若旦那に気にいられたようで、部屋出しの食事を終えて寛いでいると「食後の蟹」とか「食後のぶり」の差し入れがよくある。「材料が余ったので…」等の添え言があるが、多分「その巨体では足らぬだろう」と思われているのじゃないかとおかしくなりながら有りがたく戴いているが、これが「賄い風」でなかなか旨い。昨夜は蟹の肩肉を包丁で叩いてご飯に炊き込んだ「蟹飯」、食後だが、その日のメインに無いものを作ってくれるのでいくらでもはいる、この分では、風船にエァポンプで空気を注入しているようなものなので、僕の骨折リハが終わったときに如何なる姿になっているかと心配している。

    さてと、今日の夕食後に帰るとして、昼間をドゥすべか…今悩んでいる
           神ちゃま見習い

  • せっかく宇奈月まで来たのじゃから、大火の糸魚川でも見てくるか、と、計画を始めたが、近いようで案外と遠い。で、この際北陸新幹線にでも乗ってみるかと思ったが、乗り換え案内で検索して驚いた、新幹線ルートならたった35分の乗車時間で3860円もする。二人往復では15440円。

    あまりに高すぎるので、旧北陸本線で検索すれば、これが民鉄に変わっていて、富山地方鉄道↔あいの風とやま鉄道↔日本海ひすいラインと乗り継いで、合計乗車時間が89分で 2000円、これでも二人往復で8000も掛かるので結局は止めにした。北陸新幹線が開通したせいで、路線マップが良く解らなくなり料金もバカ高くなってしまったようじゃ、こんな仕打ちに遇って「地元の仁はよくだまっとれるね」と気の毒になった。

    たにんのことを ぼやいても仕方がないので、いつもの通り温泉に浸かって、蟹でも啜って、屁でもこいて帰ろうと思う…。こちらは積もった雪が凍りついて角が立っている。転ばぬように、滑らぬように気を付けねば…ナニ明日の事じゃがね……。
              神ちゃま見習い

  • 賑やかな様子が伝わってくる、楽しそうで羨ましい。
    我が家と言うと、朝目覚めれば写真に撮るほどでもない雪までは同じじゃが、それから先は大きく違う。昨夜フラウが「送り迎えの方法がないので明日の忘年会は行かない」と言うので、それでは「今年最後の温泉に行くか」と言うことになり、今朝は7時頃に起き出して雪のなかへ飛び出した。

    そして今は、何時ものごとく宇奈月温泉にいる。朝飯は途中のmorningですませ、雪の数河(すごう)峠を抜け、富山から北陸道に乗り「有磯海」のSAでうろんをすすり、雪霰に打たれながら宇奈月に到着した。途中、いつもならキレイに見える立山の偉容も全く見えず、冬になったなと痛感しました。

    明日には高山にもどって年末年始の用意にかかろうかとは思えど、多分訪れる人も少なかろうと、寝正月にするか等と、山際の侘び住まいで二人で茶でも点てることになろうか等と、結論はもぅ見えている。年末ジャンボ10億円が当たれば街に飛び出すんじゃけどね…

    では、これから夕食まで湯に浸かろう…。
                神ちゃま見習い

  • この頃は「環境に敏感」な歳頃になってきたのかも知れない、気がつけば色々といらい倒している。

    例えば、HouRikin さんに「凡ての眼病には紫外線が絡んでいる」等とケツ蹴飛ばされてからモニター周りが気になり出した。
    で、試行錯誤を重ねたあげく、最近は「書物閲覧」用の環境は次のようになっている。
    まずはモニターじゃが、I-Odata 社の19inch 5:6(スクェア)タイプ、LEDバックライト採用、ブルーライト低減機能付きの LCD-AD191SEWを自在アームに取り付け、視距離60-80cm を確保。その上で、ブルーライト低減機能をonにし、輝度を下げ、コントラストもマイナス設定にしている。

    更に、眼の保護用にLZXC 社のイエロー偏光サングラス(UN、紫外線100%遮断)を掛けているが、このグラスアルミとマグネシウムの合金製の枠で非常に軽く、スプリングクッションで幅と鼻当たりを調整してくれるのでほとんど装着感動がない。

    これでポルノを見ると「肌色ピンク毛もくっきり」で、僕は非常に満足しているのじゃが、目も疲れないので、HouRikin さんこれで宜しいかな? 尚念のために申しておくが、別にポルノばかりを見ているのではなく、あくまで「判りやすく表現する」ために例として挙げただけじゃが…。これで一度ご診断頂ければと思っています。動画鑑賞には「Wタイプ」も良いが、ペーパー物には5:6タイプは最適じゃね。
               神ちゃま見習い

  • いろいろと面倒なことをお聞きして申し訳ない、結果的に申し上げると、日本語↔英語の切り替えについてはなんとかめどがつきました。USキーボってのはOSによっていろいろと違うんですね、たいへんだ。原因はキーボードに「機種指定」をしなかったことのようです。シフトJisしか使ったことがないので「マルチ対応キーボードの知識がなかったからです。

    アンカー製のこのキーボはアルミ製で軽いが頑丈、叩き具合も僕好みなので、反応が少し遅いときもあるけどKindolFire用に使ってみようかと思っています。ありがとうございました。

    寒くなってきましたね、今日はおでんでフラウを迎えたいと思ってます。さて、用意にかかりますか…
                神ちゃま見習い

  • >>No. 67872

    ゆめさんこんばんは
    この魚の高いときに、詰め放題で500円等と信じられぬ安さですね。しかも、少な目に入れて「大きな鯖が13匹」などと、良いお買いものをされたものです。
    我が家など、お刺身久しぶりに食べようとGMSˋにでかけたら4種盛りちょこっとで980円、あまりの高さに閉店間際まで店内を彷徨いて半値になったところで、やっと、買えた位ぃですよ。財布、軽くなってしまった…。
                 神ちゃま見習い

  • 流石にやることが早いですね。

    こちらは、アマゾンから「スキャナのローラー」と「Bluetoothキーボード」の配送があったのは良いのですが、スキャナの方は交換してもなかなか本調子がでない、キーボードの方はJISではなくUS配置だったので使いにくい(メーカーのAnkerによる明示なし)等でいささか手間取っています。難儀じゃね。これは「歳のせい」なのかな?

    ところでHouRikin さん、US配置のキーボードでアルファベットと日本語の切り替えはどうすれば良いのですかね、日本語から英語への切り替えはESCを叩いたらできたが、もとの日本語に戻せないので困っています。教えてやっておくんなさい…。
             神ちゃま見習い

  • 購入先を記入するのを忘れてご免なさい。フラウはVドラッグで購入したようで、どこの店でも300円でした。ただよく売れているようで、100本置いても昼過ぎには「売り切れ状態」になるようです。
                神ちゃま見習い

  • こんにちは、元気ですか?


    >ガスの温風ヒーターに変えたのですが、その暖房が行き届く範囲のガラス戸と言うガラス戸に灯油使用時より露付きが酷くて困っています。
    そこで、プチプチを貼るとどの様な状況になるのかが詳しく知りたいと思っています。
    ・見習い様のお宅では元々ガラス戸に露が付くような事は無いのか?
    ・もし露が付くような環境であったなら、プチプチ施工後の露付の状況は?
    それと、ガラス窓の内面が模様で凸凹しているような所へは
    水張りは不可かとも思えますが、その様な状況下で貼る有用な方法を御存じならば、

    我が家辺りは部屋の内外温度差が非常に大きく時には20℃以上にもなるので内障子を閉めていても冬には露がベッタリで毎朝露取りで硝子を擦り回す有り様でした。しかしプチプチを貼ってからは、プチプチシートそのものに通気性が無いので湿度の高い空気が触れないためか結露がなくなっています。シートの内面も乾いています。気にしては居なかったのですが知らぬ内に「ラッキー」な状況になっていたのですね。

    磨りガラスや型押しガラスの場合には、百均で幅15mm位の薄手透明の両面接着テープを買ってきて、天、両サイド、縦方向中央のサッシ際に張り付けてからプチプチを貼ればプチプチそのものは非常に軽いものなので十分に持ってくれます。
    コツは、空気が入らないように隙間を空けないこと、プチプチをカットする前に定規でシート際をしっかりと押さえてカッターを使うことくらいですか…。職人が貼ったようにキレイに貼れますよ。まだ2週間くらいだけれど我が家では安定しています、はたきで叩いたくらいではびくともしません。気を付けなくてはいけないのは「ナンコの爪」位かな…。

    こちらは雪も止み薄日も差してのんびりとした中食でした。夕方には仕込みに行くつもり、午前中は黒の厚紙を使ってモニターの遮光カバーを造りました。こちらも快適でクッキリと見えるようになりました。金が無い分神様は工夫能力を与えて下さる、ありがたいことじゃ…。
              神ちゃま見習い

  • Canon の両面シートスキャナの調子が悪くなった。原稿送り用のローラーが、これまで騙しだまし使ってきたが、7万枚で騙せなくなった、「自己学習」で賢くなったのかな?
    PC周辺機器は、電子部分は長持ちするが、機械部分は「消耗」するのでこれが寿命を左右する。スキャナはこの典型で、これまでに両面シート型4台ベッド型6台がオシャカになっている。取りあえずはローラーだけを注文したがプラスチックとゴムを組み合わせた「百均商品」のようなものが3650円もする、また小遣いが減った。今月はカラーレーザー用のインクセットも買っているので、恩給暮らしの身にはチト大変、難儀なことじゃ。

    節約のために今夜のおやつは「焼きいも」にすることにした、今からチンで蒸かすことにする、上手く焼けるかな?
              神ちゃま見習い

  • >>No. 67860

    こんばんは、冷たい雨の一日、夜半からは雪になるようですが、大雪にならなければ良いのにな、等と願っています。糸魚川の被災者は、雨のなか大変じゃろうね、と考えて今日は宇奈月温泉に行くことは止めにしました。今は自宅です。

    >風の冷たい一日でした,今日も一日5656さん,2日も休みでボ~ットして居ると頭チンチクリンに成りそう

    天気の悪い日に出掛けなくても良いというのは、考えてみると「ついている」んですね。僕もそう考えて一日PCの前で「休養」してました、食べ物は冷蔵庫にギッシリだから困らない。ありがたいことじゃ…。

    今放送中のニュースでは、糸魚川の大火の原因は「鍋の空焚き」だと言うこと、チョッとした不注意が大勢に迷惑をかける、僕も気を付けなくちゃ…と考えて今夜はうどんにしたが、何だか物足りない、冷凍のスパゲッティでもチンすることにしよう。腹が減っては居眠りもできない。
                神ちゃま見習い

  • ワチャワチャと騒いでいたが、気がつけば今年も後10日じゃね。骨折をしたりして「色々あった」年だったが、まぁ「大過なく」かな?
    しかし「たいか」と言えば、今現在新潟県の糸魚川市が燃え盛っているようじゃ。これも「大火」…。しかし決して「言挙げ」ではないことを申し上げておく、このカキコ以前から燃えていた。

    糸魚川市は、このところ毎週世話になっている黒部宇奈月温泉の「真横」にある。それでこの連休は「ドゥすべか」と迷っているところ、火事見物の人出も多いと思うので道も混むじゃろうからね…。

    等と、今年は「直前変更」が多かった。年末までの10日間も「突発事案」には気を付けなければ、と言うところかな…。
                  神ちゃま見習い

  • >>No. 67855

    >PDFにするときOCRにかけてないんですか?
    現在、保管されているPDFからでもAcrobatでOCRにかけて
    文字情報に変換は出来ますが、大量にあるのでしょう?大変ですよね。

    OCRは「手書きデータシート」からの取り込みの際に使ってますが、しょっちゅう停止、判断を求められるので大変じゃ。
    史料をスキャンするときにも、最近は精度も上がっているようだが、マシンの負担が大きく、そもそも天注あり脚注ありルビあり特殊文字ドッサリの史料では作業効率が著しく落ちるので「埋め込み」機能そのものをはずしている。たまたま拾ってくれることもあるが「対象の記載無し」の断定ができない精度なので実用にならないこともある。スキャンは400で取り込み260程度で読んでいるが、オリジナルも全部残してあるので「拾い出し」は可能じゃが大変じゃね。

    国会図書館の史料は全部データが埋め込んであるが、アクセス制限が掛かっていて一度にDL出来るのは10ページとなっている。コレではお話にならない。医学、工学、特許資料、文学等の分野では利用が進んでいるようじゃが歴史分野では利用が遅れている。未だに記憶力と「眼を皿に」が中心じゃからいきおい目も悪くなるんじゃね…。あ~チカチカするぅ…。

    今日もクロネコさんが段ボール箱を置いていった、何が来たのかな? 未だ入っている本が気になるだけの元気が残っていることに感謝しながら、取りあえずは「お茶」にしようと存ずる。またね…。あ、菓子は「黒部の雪」饅頭じゃ……
            神ちゃま見習い

  • 僕の史料は凡て見開きではなく「単ページ」で保管されています。見開きですと5:6の19inchでは読み辛いですが、単ページ表示であればフル画面にすれば文庫なら文字の大きさは「3号活字以上の大きさになる」ので60cm 以上離れても楽に読むことができます。事実僕はB5サイズまでの、例えば「岩波の新日本古典文学大系」本まではこの方法で読んでいます、60cmの位置からね…

    困るのはA4やA4ノビサイズ以上で「段組無し」の史料、この場合には30cm程度まで近づかないと判読できません。それで困っている。手持ちのモニタには24、27、32inch 等もあるので、必要なときにはフリーアームに取り付け「縦位置表示」にして使ってますがいちいち交換するのが面倒くさいので難儀しているわけです。史料と言うのは旧字体や4級文字が多いので十分な大きさで確認しながらでないと判読もできない、と言うのは誠に難儀なこと。テキストデータにして全文検索ができるようになっている史料もあるが、ガッコの研究室で公開されているのは100点位しか有りません、これがなんとかできれば「貢献大」なんですけどね。

    さて、今日もぼやきながら挑戦することにします。皆やってることだ…。
                   神ちゃま見習い

  • >>No. 67848

    >最近、タブレットを使っておられるようですが21inchのモニターを1.5m離れてつかった場合に比べると50cmの距離で使ったタブレットはブルーライとの光量は100倍と言われています。
    特に外出先の外光が明るい環境では、画面を明るく瞳孔を開いた条件で使う事が多く最悪の状態で使っている事になります。

    それがじゃね、状況を考えるとそうも行かないので困っておる。
    動画史料では、約1.2m離れて32inch モニタを使うのじゃが、文字史料では19inchSQ モニタで60cmにしないと文字が読めない。尚且つ細かいルビや注記を見るときには3~40cm位までモニタを引き寄せる、自在アームを使っているのもその為じゃ、これは僕だけではなく「文献利用学」をやっているほとんどの人が陥っている環境じゃね。「眼鏡虫」が多いのもそのせいじゃ。

    これを何とかしようと、キーボードの数字マトリックスを「方向キー」にロックしたり、物によってはタブレットで拡大-縮小を繰り返したり、でか玉多機能トラックボールを使ったりして対応しようとして居るのじゃが、いずれも一長一短で「コレ」と言う方法がない…困ったものじゃね……。視線を読み取ってその部分を自動的に拡大してくれる装置が「お安く」提供されるのを待ち望んでいるが、Ai技術者は取り組んでくれないのが現状じゃ。「ユーザーをパカにすな」と怒っているが、大量利用されない技術じゃから諦めておろ。

    とこるで今日も街に出て喫茶店にたむろしている、土佐筋も「街歩きリハ」じゃろう、天気が崩れなければ良いんじゃが……、雲量100%で雲低も低いから雨になるかも…じゃね、早めに退散して、屁でもこいて、座ってみるか…。
                 神ちゃま見習い

  • こんばにゃわ。
    Z200の「史料閲覧」用のモニター、現在17inchスクェアをフリーアームにへんばりつけて使用しているんですが、小さい文字が読みにくいこと、LEDなので眩しいことなどで眼に優しくないので一回り大きい19inchに代えました。IOデータのブルーライト低減機能のついたエコモニです。

    「これでポルノの毛一本まではっきりする」と喜んでるのですが、どうもLEDモニターと言うのは長時間閲覧には向いていないようじゃね、視力が落ちてきたようで、後30年の使用に耐えるかどうか心配になってきた。PC眼鏡も併用しているが発光体を見つめるのは、やっぱ、眼に堪える、良い方法はないかと思案中だが…有るんだろうか?

    タッチパネルのヤツも考えてみたが馬鹿高い(PC1台分くらいもする)のでやんぺ、財布が軽いので何かと支障が出ても「対応困難」なので難儀をしている…神様お助けをと年末ジャンボを30枚買ったが当たるじゃろうかね⁉ 当面の心配は「これ」になっている。今からチョッと拝むことにしよう、やはり大黒さまになるのかな?
                  神ちゃま見習い

本文はここまでです このページの先頭へ