ここから本文です

投稿コメント一覧 (1201コメント)

  • >>No. 641

               こんにちわぁ~
     
     今日は朝から降雨の比較的暖かな日和ですが、薄暗い風景の中でキジバトがミズキの
     枝に停まって辺りを睥睨している姿が見られました。

     ミニ温室で真夏に咲く黄花のハイビスカスが咲いていたので、外に出して積雪をバック
     にしてみました。
     その外にもクリスマスロ-ズの一品種が咲いていました。
     昨日まで厳寒の日々が三日も続きましたが、温室の中は初夏並の気温なのだろう。
     電気料だけ嵩むけど、けなげなにも真冬に咲いてくれる花達を守るためには止むを得ないね。

  • >>No. 639

              今晩わ、昨日と今日は近年にない氷点下15℃で寒かった。

     十数年前、君子蘭の黄花と羽陽の紅を人工交配して新品種を作出しました。
     タネ蒔いてから花が咲くまで4~5年経かりましたが、普通種より約1ケ月早く咲きます。
     勝手に品種名を付して「微笑」と名づけて悦にいっています。
     去年の早春に咲いた「微笑」を貼付します。

  • >>No. 636

                  今日は朝から晴れいる。

     ここ数日は降雪が少ないので、除雪機を稼動させなくとも済み、有り難い。

     シンビジュ-ムは比較的楽な蘭の一種で、夏の管理をしっかりやっておけば、
     少しの間晩秋の気温に当てた後、温室で暖を取ると早いものは12月下旬頃から
     咲くようになります。
     昔々、今から30数年前、勤めていた所にシンビジュ-ムを売りに来た業者が居て、
     数人が業者の口車に乗って1株づつ買い求めた。
     小生もその内の一人でしたが、そのシンビも未だ、枯れずに残っています。
     勿論、名前などは忘れましたが、増えたのを株分けしてはいろんな人にあげました。
     そのシンビは蕾が開きかけているので、今月中には咲くと思います。

  • >>No. 666

     納屋の犬走に置いているプランタ-植えの小松菜とタイニュ-シュシュに雪が乗っかっていた。
     その雪を手で取り除くが、小松菜はグリ-ンを保っていたのにタイニュ-シュシュは潰されて
     げんなりしていた。
     同じタイニュ-シュシュでも納屋の中に入れて置いたプランタ-植えは元気に生育している。
     グリ-ンの野菜が不足した時、採集することにしているが、味はどうなんだろう。
     
     タイニュ-シュシュの現在。

  • >>No. 634

     今日から小寒に入ったが、天気予報に反して暖かい陽が射し、小春日和の穏かな明るさが戻って来た。

     玄関が寂しいので温室で咲いていたシンビジュ-ムの黄花サテンド-ルを玄関の隅に置いた。
     大部前に咲いたのですが、寒さで弱るかなぁ~との思いから温室から外に出さなかった。
     まぁ、枯れてもいいかなと思って、華やかなに咲いている花を表に出してみたのです。

     その外、ミニカトレアも咲き始めていますし、挿し木しているパッションも根づいたようでした。

  • >>No. 956

     花の無い正月を飾るため、シクラメンを買って来て、玄関の飾り棚に置く。

     ミニ温室ではゼラニュ-ムが咲いているが、寒い所に置くと萎れてしまうため、飾れない。

     シンビジュ-ムの黄花も咲いているので、玄関の土間に置いた爲、少しは華やいだ。

  • >>No. 632

     今日の天気は午前中、粉雪が舞い、凍えるような寒さでしたが、午後から曇り空になり、

     寒さも幾分和らぎ、裸のハナミズキに数羽の雀が群れている空模様になった。

  • >>No. 630

                年明けて穏かな天気になっています。

     昨日は曇り空でしたが、穏かな新年を迎えて神社ならぬ菩提寺にお参りに行きました。

     今日は午前中、曇り空でしたが、今は陽が射して明るくなっている。

     予報では猛吹雪になるとのことでしたが、外れて良かったです。

     南天が雪を被って寒そうですが、毎年の恒例ですから、冬景色としては良いですね。

  • >>No. 665

              今年も今日を含めて3日になってしまった。

     今年は早くから雪降りになって、納屋の犬走に置いているプランタ-植えのミニ野菜にのっそりと
     白雪姫が乗っかっているので、摘む事が出来ないが、別のプランタ-植えのチマサンチュは納屋の
     中に入れていたので、手頃な大きさに生育して美味そうになっている。

     タイニ-シュシュもプランタ-に植えて外に出していたが、雪降る前に納屋の中に取り込んでいた
     ので、手頃な大きさに生育しているので採集できるだろう。

     プランタ-植えのチマサンチュを

  • >>No. 306

     今日の午前中は青空が広がって暫らくぶりの陽光が射して明るい年末になったが、午後から雲って
     チラチラと白い妖精が舞い降りて来ました。

     10月中旬にラ・ランス採ったのうち、知人に送らなかったのを自家で保存していたが、食べる人が
     居ないのでブョブョと腐れかかっている。
     貰った和梨だけ食べるので、全部送れば良かったなぁ~と・・・・・

  • >>No. 627

              こんにちわぁ~

     昨日は吹雪きで寒さが厳しい一日でした。

     積雪は吹雪きで白い妖精も吹き飛んでしまい、積るほど無く、現在は20cm~25cmぐらいかな。

     昨日、書斎から向かいの畑を見たら、吹雪く嵐で木々や雪を被った野菜が見えていた。
     野菜の品種は分らないが、硬そうな葉の様子から見ると子持キャベツかな?と思った。

  • >>No. 288

     水を注す様で悪いけど観葉植物は、葉が綺麗でも寂しく感じられるので、我が家には有りません。

     やはり、花物でないと雪国では華やかな暖かさが無いと気持ちまで滅してしまいます。

     それで温室を作って、真冬でも花物を愛でられるようにしているのです。

     シンビジュ-ムのサテンド-ルが満開になったので、玄関の床に置いて来客を和ませています。

  • >>No. 622

     温泉熱利用は羨ましいです。

     現在の道路に雪はありませんが、明後日から大雪の予報が出ているので、雪掃きに除雪機を
     稼動させることになるだろう。
     屋根には電熱線を入れているので、雪下ろしの作業が省けるので良いけど・・・・

     今日は一日雨降りの天気でしたが、北国の冬は寒いです。

     雪に当たって黒柿の渋が抜けたので、試しに食べてみたら熟柿だけど甘くて美味でした。
     渋抜きの平核無も熟柿になってしまい、歯の無い人向きになっています。

  • >>No. 282

     今日は一日雨降りの天気でしたが、北国の冬は寒いです。

     2坪の温室は納屋の中に設置しているため、外気温にはあまり左右されません。
     電気温風で暖をとっているが、陽が射すと納屋の中は真冬でも15~6℃になりますので、
     その時は電気温風器を止めて、自然温度にしており、今のところは殆どは朝晩だけの
     電気温風器稼動ですが、電気代が嵩みます。

    >花がツボミのままポロっと落ちてしまうとか聞いたりしますが、難しくはないですか?

     ツボミが落ちることもありますが、普通に管理しておれば落ちることはありません。
     水遣り過ぎると根腐れてしまい、落ちるようです。
     でも、シャコ葉もカニ葉も水遣りさえ気をつければ至って簡単な花物です。
     それに簡単に挿し木で殖やせますし、花が終ったら今年伸びた部分を切り取ります。

     2坪の温室に入れている植物の一部を。

  • >>No. 278

     カニ葉シャボテンではなくシャコ葉シャボテンです。
     カニ葉シャボテンは露地に出して置くと初夏頃に咲いてきます。

     温室は2坪とミニ温室(部屋に置く0.5坪)がありますが、両方とも電気で暖をとっている。
     2坪には君子蘭13株、東洋蘭系、外、色んな暖地産植物を置いています。
     ミニ温室の方には洋蘭系を主に入れています。

     チュ-リップの芽は当地方ですと3月下旬頃に出てきます。
     雪の積らない暖地なら、日陰、日向は関係なく芽吹く時季になると出てくるでしょう

     ミニ温室で咲いているオンシジュ-ムです。

  • >>No. 619

     積雪は今月の12~13日に降ったのですが、その後は細雪程度にしか降っていません。

     陽射しが出ても全体的に寒いから、なかなか融けてくれないです。

     現在の我が家の庭の様子です。

  • >>No. 276

     我が家の温室に入れて置いたイスタ-カクタスが満開になっています。

     チュ-リップの芽は春にならないと出て来ません。

     秋に球根を冷蔵庫に入れて置き、晩秋に植え込むと正月頃に花が咲きます。

     普通に秋植えすると早春に芽出て、暖地では3月頃に花を見られるでしょう。

  • >>No. 253

     お隣の椿はヤブツバキのようですね。

     我が家のヤブツバキは3本ありますが、3月下旬頃から咲き始めます。

     北海道産のエゾ椿もありますが、4月下旬にならないと咲きません。

     今は白い妖精の季節だから庭植えの花物は妖精さんの尻の下で、暖かく眠っています。

     ミニシクラメンは赤と白を買って玄関の飾り棚に置いているし、八重咲きゼラニ-ムを温室で
     咲かせ、超ミニパインと共にお隣に置いて少しの賑わいを演出。
     

  • >>No. 617

     今日は曇り空から時折、陽の射す天気ですが、寒さは相変わらずで、外に出ると耳が痛い。

     温室の暖房は灯油スト-ブを使っていたが、ガスで広葉樹の葉が落ちたので、電気温風器に変えたら
     電気料が凄いことになっている。
     納屋の中に設置した温室だから、納屋の中の温度が5℃になった時に電気をいれます。
     少し太陽が出ると温度は15~6℃まで上昇するので、主に朝晩だけ電気を入れる。
     今日は曇り空で時々、陽が射すので納屋の温度は12~3℃でした。

     温室には色んな暖地産植物を入れて足の踏み場もない程です。

  • >>No. 305

     熱帯果樹のグァバは枝もたわわに生っており、温室に入れているが寒さにより緑色のままで
     熟す気配が感じられない。
     晩秋に陽の当る外に置いていたのが災いしているのだろうか。
     ジャボチカハも温室に入れているが、木は大きくなったも実を結ばない。
     現在のグァバです。

本文はここまでです このページの先頭へ