ここから本文です

投稿コメント一覧 (2879コメント)

  • ナイスゲームでした。
    今日のヒーローは個人的には上林だな。
    くさい球はカットしボールを良く見ていた。
    いつもよりポイント近かったように思う。
    投手によって変えれるようになったのは素晴らしい。

    それにしても相手の酒居が良すぎた。
    ストレートも切れがあるしフォークも速い。
    何よりすべての球のコントロールが抜群。
    針の穴を通すとはこのこと。
    また田村のリードとキャッチングも上手かった。

    松本はまあ普通の調子だったかな。
    球持ちがよいのでストレートの伸びがあった。
    ただ、コントロールがもう一つかもう2つ。
    それでピンチの連続。
    それでも甲斐が上手くリードした。

    お互いに0を並べたが得てして好投しているほうがワンチャンスかツーチャンスでやられる。
    今日はまさにそんな試合だった。

    石川をやっと良い場面で使えたね。

  • >>No. 41591

    相手に1打席中に2球も完全に読まれる球を投げたらだめでしょ。
    相手にとっては同じ球種で打ち直しができる。

    あと甲斐は良い当たりのファール打たれたり、前の打席で本塁打打たれたら
    その球種はあまり使わないが
    その球をなぜ打ったのかを確認しておく必要がある。
    反応で打ったのか狙って打ったのか。
    反応で打ったのならまた打たれる可能性があるが
    (球種を絞って)狙って打ったのなら
    次はその球で抑える確率は高い。

    細川はそのあたりを良く見ていた。

  • >>No. 41589

    >いろいろ分析することは大切ですが、チャンスでゲッツーしか打てないチームがチャンスでHRを打てるチームには絶対勝てないというだけのことでしょう。


    いや、なぜ打たれたのかを考える必要がある。
    本塁打を打った栗山はストレート1本に的を絞っていた。

    下にも書いたけど
    カウント悪くなったらストレートが多い。
    →2ボールから3球目はストレート1本に絞って振ったけど空振り
    →甲斐は空振りした球で勝負することが多い。
    →4球目もストレートで来る確率が高い。
    →先ほどの空振りを修正して打ち直しの本塁打。

    まさにデータ通り。

  • 初回に頼むから源田に送りバントしてくれと願ったが、ダメだった。
    そういう3連戦だった。

  • >>No. 41586

    3回も浅村から三振を奪ったのは
    2-2からのインコースストレート
    これもワンパターン。
    (2-2からファールなら次は変化球だっただろう)

    そのあとの山川からチェンジアップで空振りとったので
    決め球はチェンジアップ。
    結局ファールで逃げられ最後はストレートが抜けて四球。(ストレート選択したのは良かったが)

    栗山に逃げて四球のあとは
    中村お代わり君に初球インコースストレートで大きい当たりの外野フライ。
    この場面はちょっと配球を覚えていないのだが、初球からインコースはめったにないので
    すこし差し込まれたのかもしれない。

    結果的にはパターンと違うことをやっているほうが抑えている。

  • >>No. 41585

    2回。
    岡田。②のワンパターン使わずに2-2から変化球で打ち取る。
    別にインコースにストレートを投げる必要はないんだよ。

    金子。
    アウトコースのすトレートが高めに行った。
    当たりは打ち取った当たりだったが明石がとれずにヒット。

    秋山チェンジアップで2球空振りをとっており
    勝負球は当然チェンジアップ。
    ファールで逃げられ最後はフォークが外れ四球。
    ④と変化球勝負に相当。弱気だ。

  • >>No. 41583

    次の中村、アウトコースストレートでピッチャーゴロ。
    そう、それでよいんだよ。アウトローのストレートをもっと使おう。
    結果は高めに行ったけど抑えた。

    次のメヒア
    甲斐の得意のパターン②で抑える。
    外国人にはこれで通用する。
    でもワンパターン。

  • 初回の秋山 ストレート3球で追い込んで決め球はフォーク→上手く拾われる。
    ②⑤に相当。

    次の源田、2-2から勝負球をストレートで打ち取る

    次の浅村。2-2からインコースストレート。わずかに外れ、3-2.
    最後が変化球勝負でボール。
    これまさに②のパターン。

    次の山川。3ボールからストレート。③に相当。
    低めなので見逃してくれるが結局最後は変化球がボール。

    次の栗山。
    ボール2からアウトコースのストレートで空振りをとると
    もう1球続けてストレート。これを狙われて満塁弾。
    ③と④に相当する。

  • >>No. 41576

    西武はキャッチャーのリードを読んでくるので
    それを逆手にとらないといけない。

    それにはまず、味方でありながら甲斐のリードを分析し
    どう攻略するかを自ら研究しないといけない。

    えられる答えは自ずと決まってくるので
    それで逆手をとれば良い。

    それをどこまでやっているのかわからないが
    少なくともこれだけパターン化しているのだから
    IT企業としてどこか変えるべき。

    実際上のパターンにならないときは抑えている。

  • 甲斐のリードの特徴について。

    対右バッターに対して。
    ①初球からインコースで入ることは稀。
    ②2ストライク追い込んだら1球インコースのストレートを投げて
    真ん中からアウトコース寄りの変化球勝負が多い。
    相手もそれをわかっているからインコースのストレートを狙われたり
    インコースのストレートの後の変化球を振ってくれない。
    →結果追い込んでおきながら四球が多い。
    ③2ボールなどカウントが悪くなるとストレートでカウントとることが結構ある。
    ④途中ある球種で空振りをとるとそれを決め球に持って行くことが多い。
    ⑤イニングの浅いうちはストレートが多い。
    ⑥初球からカーブなどの余裕のあるリードは一息ついたときにしかなくて
    ピンチになるとストレートとフォーク等決め球が多い。
    ⑦内によって外に構えたりがなく素直。
    ⑧前の打席で打たれた球種を初球から要求でいきない。
    あるいは大丈夫だから思い切って来い見たいなゼスチャーがない。
    だから最初に打たれると、別の球種を待たれてずっと打たれる。
    ⑨打者の足元をあまり見てない。
    ⑩ファールで粘られたときにインコース投げすぎ。
    ファールしやすい。

  • 終戦ですな。
    まあいろいろとツキがなかった。
    これは野球の神様が今年は優勝するなと言うことだろう。
    いままで工藤監督はついていたが、今年はツキがない。
    しかし柳田に続き今宮も心配。
    昨年の
    2.今宮
    3.柳田
    4.内川
    5.デスパイネ
    がいなくて
    中継ぎ抑えの
    岩崎、サファテがいなくて
    先発の和田がいなくて、
    途中東浜、千賀も抜けたし
    良く頑張った。

    西武戦は6点勝負で、3点以上のビッグイニング作ったほうが勝っている。
    9イニングのうちに何回得点したかよりも1回で何点取ったかが勝利に直結。
    そのなかで自らビッグイニングを放棄する工藤野球。

    サファテが故障して来年日本人扱いにならないのでどうするのか?
    特例で救済されないのか?
    今から登録だけしてもあと127日必要だからどっちみち来年は外国人扱いになるのか?
    苦しい。

  • 西武もデータをとているなあ。スチールをしかけてくる。
    でもアウトばかりじゃ逆に走れなくなるんじゃない?

  • そうそう今のメヒアみたいにインコースストレート挟まずに
    変化球で良いんだよ。

    インコースストレート挟むから読まれる。

  • 石川連投か。
    まだあきらめてないな。
    でも昨日の登板は無駄だった。
    敗戦処理じゃないんだから。

  • まだ5回か。
    長いな。
    西武はもっとそう思っている筈。
    相手も油断しているので十分逆転できるイニングと点差だ。

  • 皆さん、よ~~~~~~く、検証して欲しい。
    金子に対して1ボール2ストライクからインコースストレート。
    これ、ワンパターンなんだから甘く入ったら打たれる。
    そう思わないという人はそういう目で見て欲しい!!!!!!!

  • 今のも見逃せばボールでは?
    狙ってない球に手が出たね。
    初球からストレートでまともに勝負するはずないやろ。
    積極的な気持ちと好球必打は確かに必要だが、
    もっとストライクゾーンを狭めなければ。

  • 長谷川を意識してグラシアルでも武隈続投。
    長谷川に代打出すなよ。

  • ミランダ頑張れ。
    郭俊倫みたいいに最初に点をとられてもそのあと抑えたら次がある。
    うちは投手を浪費するわけにはいかない。
    西武は色々と試してきているし、リクエストしなかったりと
    今日は辻監督に勝利への執念がない。

本文はここまでです このページの先頭へ