ここから本文です

投稿コメント一覧 (539コメント)

  • >>No. 1982

    暫くはネタが無くて大人しかった中国、韓国も稲田防衛大臣の靖国参拝には嚙みついた。
    あんなバカ女は横浜黄金町に叩き売って辛酸をなめさせなきゃならん。
    行きたきゃ覆面して深夜に行けばよい。
    生じたマイナスを修復するには金もかかる。
    安倍に一応相談したという。この;美しい国ニッポン馬鹿:も始末しなきゃならん。

  • >>No. 1981

    ASKA、面白いバカだね。
    尿検査に茶をいれてごまかすなら警察呼ばなきゃよいのに。
    からかわれたのだから暫く冷たい独房に水なし、食いものなしで閉じ込めてやらなきゃ。
    思いあがってる。

  • >>No. 1980

    おはようございます。
    カジノを作ろう…と言えば反対の炎が上がりますから、焦点をぼやかして総合型リゾート施設を経済効果が見込めるので作ろうか・・・ちょこっと、カジノも作ろうやといった法案。
    ロシア、勘弁ならん。
    戦争で勝ち取った領土だから、日本が騒ごうとも返す必要はない。
    返せ返せと欲しがるから餌にして金を踏んだくろうというさもしい根性。
    偉大な、作家、作曲家など生んだ国だから常識はあるだろうが、何を狂ったか。
    ソ連が崩壊した時、西側諸国が叩きのめすべきだった。
    ソ連、中国、北朝鮮が無くなれば軍事費などかからない世界が待っていた。
    あのカワウソみたいなプーチンの顔見るたびムカつく。

  • >>No. 1978

    カジノ法案審議中に谷川弥一の般若心経、この馬鹿には付き合い切れん。
    こいつは利権アサリで有名な男。
    右翼に帰宅途中、鉄パイプで襲われたこともある。
    この馬鹿は抹殺するしかない。
    https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/casino-hannya?utm_term=.huEXM0K9O#.ajV2DGNQv

  • >>No. 1977

    今朝のニュースで。乙武がメディア復活の報道があった。
    今まで尽くしてくれてた奥さん公認で他の女と複数、遊んでいたと広言する。
    あんな芋虫みたいな男、よくぞ奥さん、尽くしてくれてた。
    浮気して遊んでた女たちも気持ち悪くなかったのか、不思議だ。
    生活を補助してたお母さんはあんな体で生んだ責任があるだろうが、ほかにも介助スタッフがいる。
    何処から財源がでるのか。
    あんな奴に教育なんて論じる資格はない。

  • >>No. 1975

    起床してから、ずーと津波警戒のニュース。
    何か、近年、津波が頻繁に起こってるような気がする。

  • >>No. 1975

    起床してから、ずーと津波警戒のニュース。
    何か、近年、津波が頻繁に起こってるような気がする。

  • >>No. 1974

    今夜はBSで「あなたへ」という映画を見た。
    その中で田中裕子が歌う「星めぐりの歌」を聞いて感動した。
    吹き替えだろうが彼女の歌声にピッタリだ。
    宮沢賢治の作詞作曲。見事な歌。

  • >>No. 1973

    韓国、相変わらず、燃えてるね。
    朴さんが大統領になったとき、父親の朴さんと学生時代から親交があった、韓国人が長崎にいて、これからは俺にも日が当たると喜んでいろんな権利を握れると
    喜んでいたのに、当てが外れた。
    彼女、いつも寂しそうな顔してるけど大丈夫かな。
    悲しい結末にならなきゃよいが。

  • >>No. 1972

    銀杏の葉が黄色に輝き、町中が明るくなった。
    能天気妹から電話があった、何か、機会を見つけて話したがる。
    「ぎんなん,採りに行きたいけどイチョウの雄雌、どげんして見分くっと?」
    「葉っぱが あんたと一緒たい」
    「そうか、分かった、真ん中が割れとっとね」
    頭がなんとなく良い女。

  • >>No. 1971

    日本ハムと広島、タイになってよかった。
    廣島市民の熱気に圧倒される。
    昔、宇品の町で社員寮生活してた。
    ある夜、港の傍の飲み屋に行った。赤ちょうちんの好みの店。
    入ると20坪ほどの店内をカウンターが囲んでいる。
    何時の時代だったか、広島チームの熱戦が放映されていた。
    席に着くと「ねぇー、あんた、どうね、」と試合内容の同調を求められた。
    全員が広島の応援。あまり、野球は見ないし、巨人のメンバーを数人知ってるだけ。
    広島人は地元のチームしか目に入らない、応援して当たり前なんだ。
    座の雰囲気を壊さないように話を合わせて焼き鳥をかじった。

  • >>No. 1970

    よく降るー、
    自堕落な生活が続くけど、昼間の地震情報には驚いた。
    20年ほど前は東伯郡法万で農水省の排水管工事をやって、倉吉を始め近隣は
    歩き回っていた。
    地震の揺れに比べて被害が少ないのが良い。
    三朝温泉、懐かしい。

  • >>No. 1969

    昨日、通ってる整骨院で:おくんち てぬぐい:を貰って来た。
    地周りで;花;を出した事業所に集金すると同時に;てぬぐい;をお礼に配る。
    若いスタッフが多いのであまり、興味を示さない。
    全部、集めると6本くらいになる。
    とりあえず、1本貰って来た。

  • >>No. 1968

    ♫♫駄目よー、ダメダメいけないとー、泣いてすがったー、年上の女♫
    近頃、このフレーズが良く出てくる。
    新宿の夜の街で知り合った年上の女、なぜか、上智大学の前の長く伸びた芝生の中に入り込んだ。
    流れの中で彼女を草むらに横たわらせていつもの作業に取り掛かった。
    秋の終わりだったか。彼女は毛糸のパンツを履いていた。
    ♫♫駄目よダメダメ、いけない・・・と
    一応抵抗する彼女、やさしく止めた私。

  • >>No. 1967

    昨夜は東京から営業兼、講演に佐世保に来たアッコちゃんとデイトした。
    亡くなったご主人は学者なんだけど煙草とアルコールがやめられない。
    彼女は先行きを心配して子供もいることだし、ガン保険に内緒で入った。
    中学時代から計画性があったから、数年前、ご主人が無くなっても慌てなかった。

    親戚の店に顔出さなきゃといってイタリアンに連れていかれた。まずい。
    食べ辛いから、余計不味い。
    酒は飲めなくなったけど、焼き鳥屋でオダ上げてるのが一番性に合う。

  • >>No. 1966

    傍聴席で帽子を被ってる女を見かけるが、引っ叩きたくなる。
    美智子皇后は勘弁できるが室内で被っちゃいけない。
    西欧では当たり前というけれど そんな女に限ってザリガニの腹みたいな顔してる。

    ・・・・かね、そうかね――というのも気に食わない。
    ・・・ですなーというのも気に食わん、それほど偉くないないだろ。
    レジで奥さんが並んでいるのに亭主まで後ろに付いてるのも気に食わん。
    列が長くなる、列に並んでる順番を読み違える。
    パンツがお尻に食い込んでいるの、秘密を知った。
    細いベルトが縫い込んであった。

  • >>No. 1965

    ワイドショーでは豊洲の事が満載。
    地下空間を作るのはヒットな計画。盛土するのに代わってコンクリートボックス
    で抑える。
    報告してなかったのは悪いけど、改善策で当たり前だから報告しなかったのかもしれない。
    地下水が湧いているのも当たり前、封印してないところに水は湧く。
    くだらない論議してないで計画を進めて欲しい。

  • >>No. 1964

    能天気の姉は博多で裕福な年金生活を送っているが、77歳の老境。
    台所でボンヤリしてることが有ると亭主が妹に漏らしたらしい。
    放送局に勤めていたから年金は大きい。
    老々介護の生活をしてるのだから、食事サービスを受ければよいのにと能天気妹が
    珍しくまともな事を言った。
    市場に買い出しに行ったりするのはボケを遅らせて良いのだけど家事が負担になるようでは心が病む元になる。
    私みたいに好きなように生きてるのが一番良い・・・と負け惜しみ。

  • >>No. 1960

    明日から9日まで;くんち;が始まる。
    足の運動を兼ねてあちこち歩く。
    年を取ると出し物の赤・朱などが心にすごく染み込む。

  • >>No. 1959

    近所の廃業したカラオケスナックが経営者が代変わりして再度開店した。
    フランク永井、裕次郎、時代の歌は好きでよく歌うが、この頃は3か月くらい迷い込むのは中断してる。
    医者に止められる前までは焼酎のお湯割りで良い気分になってた。
    気にいらないのは店の奴等が物ほしそうな顔してビールを飲むこと。
    付き合いで飲みたいのは気分でわかるけど、売り上げを上げようとガバガバ飲むのは許せない、根性が汚い。
    長時間、いろんな客の接待で飲み続ければ体を壊すだろうに。

本文はここまでです このページの先頭へ