ここから本文です

投稿コメント一覧 (41097コメント)

  • 1/16
    1129+150
    2018/12EPS 118.3円→PER 9.5倍

    【特色】耐火金庫、歯科機器中堅。家具はコクヨOEM主体。金属加工等の広沢グループ傘下。無借金
    【上向く】コードレスの歯科往診ユニットが徐々に浸透。会社計画線の営業減益に。19年12月期は金庫の低空飛行が続く一方、久々に外来ユニット新製品が貢献。ロッカーOEMの修繕負担も軽減。営業益上向く。
    【金庫】操作履歴・指紋認証など引き続き高付加価値化を追求。防水保管庫も新投入、ただ高価格が難。耐火性能20年で買い替え促す。広沢グループ内の業務連携薄い。

  • 2019/01/16 20:42

    >>No. 261

    2019/1/16
    2231+297
    2019/11EPS 320.9円→PER 7.0倍

    マドを開けて急騰。同社は産業機械の販売やレンタルを行う機械専門商社で、国内や米国向けで高水準の需要を捉えている。15日取引終了後に発表した19年11月期の連結業績予想は、売上高が670億円(前期比3.9%増)と増収を確保し、最終利益は27億円(同40.4%増)と急拡大を見込んでいる。18年11月期実績も大幅増収増益で発射台は高かったが、業績拡大が続く見通しとなったことで買い安心感が広がった。PERは7倍前後と割安感も際立つ。株主還元にも前向きで毎期配当を増やしており、19年11月期は前期実績比2円増配の47円を計画している。

  • 2019/01/16 20:38

    >>No. 761

    1/16
    727+100
    終値ベースで700突破だゼヨ

    アイケイ<2722>が急騰し、ストップ高の727円に買われている。15日の取引終了後に発表した第2四半期累計(18年6~11月)連結決算が、売上高93億5600万円(前年同期比0.9%増)、営業利益2億1800万円(同57.9%減)、純利益1億4700万円(同60.3%減)と大幅減益となったが、アク抜け感から買いが入っているようだ。

     メーカーベンダー事業で、WEB・テレビショッピングルート(BtoC)及び海外・インバウンドルートが計画を下回って推移した。また、広告宣伝費に対する売り上げ効率がダウンしたことから販管費率がアップしたことも響いた。

     なお、19年5月期通期業績予想は、売上高199億4700万円(前期比8.8%増)、営業利益8億3100万円(同7.5%減)、純利益5億7100万円(同11.0%減)の従来見通しを据え置いている。

  • >>No. 331

    2019/1/16
    5040+700
    終値ベースで5000突破だゼヨ

  • 1/16
    946+133高値962
    2019/3EPS 137.3円→PER 6.9倍

    フジマック<5965>が後場カイ気配スタート。この日正午ごろ、19年3月末時点の株主から株主優待制度を導入すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

     毎年3月31日時点で1単元(100株)以上を保有する株主に対して、クオカード1000円分を贈呈するという。さらに、継続保有期間が1年以上の株主には、追加でクオカード1000円分(合計2000円分)を贈呈するとしている。

  • 1/16
    1059+150
    2019/5EPS 77.2円→PER 6.9倍
    ストップ高。決算期変更に伴い6カ月決算となる19年5月期の営業利益予想を前年第2四半期累計比608.2%増の2.51億円と発表している。建築資材の搬入前加工などプレカット事業で受注や出荷棟数の増加、材料コストの低減を見込む。また、建築請負事業で完工棟数増加による利益向上、不動産賃貸事業では賃貸用保育所施設の保有数を増加させる計画。同時に発表した18年11月期の営業利益は前期比4.5%増の6.25億円で着地した。

  • 1/8
    470+80
    2019/6EPS 54.6円→PER 8.7倍

    東京23区の不動産に投資したい人が スマホで1円から投資できる機会を提供(※) フィンテックサービスのクラウドポート社と業務提携


    1/9
    550+80
    デュアルタップ <3469> [東証2]が連日のストップ高。同社は東京23区の駅近マンション「XEBEC(ジーベック)」の開発・販売を手掛ける。8日午前、フィンテックサービスを提供するクラウドポート社と業務提携し、1円から不動産投資できる機会を提供すると発表。これを好材料視する買いが続いている。

     クラウドポートは8日から新しい資産形成のフィンテックサービス「Funds(ファンズ)」の提供を始めた。「Funds」は個人がスマートフォンひとつで1円から手軽にファンドへの投資を行い、分配金を得ることできるサービス。この「Funds」上でデュアルタップは「XEBEC」を中心とした東京23区の不動産に関係したファンドの組成を行う。発表を受けて顧客数や顧客層の拡大を期待する買いが殺到した。

    1/16
    1050+150
    終値ベースで1000突破だゼヨ

  • 1/16
    646+100
    ストップ高。前日に発表した第3四半期決算が材料視されている。累計営業利益は9.8億円で前年同期比15.9%減となったが、9-11月期は5.1億円で同1.2%増と増益に転換している。既存店売上高が復調傾向となっているもよう。業績の伸び悩みを映して、株価は2017年8月以降大きく調整してきていただけに、業績回復の兆しを受けて、見直しの動きが急速に進んでいるもよう。

  • >>No. 44

    1/16
    258+41高値295
    終値ベースで250突破だゼヨ

  • 1/16
    302+50高値316
    終値ベースで300突破だゼヨ

    急騰。同社はIoT分野に注力し、カーシェア車載機器やATM紙幣鑑別センサーなど情報端末向け技術開発で実績が高い。15日取引終了後、工場設備リアルタイム監視システム「D-COLLECT」の販売を開始することを発表。同商品は歩留まりの改善など生産効率化に向けたデータ分析を可能にするもので、需要開拓が期待できる。また、16日から18日にかけて東京ビッグサイトで開催されるロボテックス展への出展も行っている。株価はこれを材料視する形で大きく動意する格好となった。

  • 12/7
    1211+71高値1235
    終値ベースで1200突破だゼヨ

    エコモットは一段高、LPWA観光振興・災害支援サービスを展開へ
     エコモット<3987>が後場一段高となっている。同社はきょう、北海道庁が運営するブログやSNSなどの観光・防災情報をはじめとするコンテンツから外国人観光客に有益な情報を抜粋し、多言語化(14言語)して伝えるLPWA観光振興・災害支援サービス「MOTENAZ CLOUD(モテナスクラウド)」を展開すると発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。
     同社ではこれを機に、北海道内の地方自治体や企業とのタイアップを増やし、「MOTENAZ CLOUD」の更なるコンテンツ拡充に努めるとしている。

    11/8付・セルラーLPWA対応のIoT位置情報デバイスを活用した クラウドサービス「MOTENAZ CLOUD」を開発
         〜北海道の様々な自治体・企業との観光分野における実証事業開始〜

    建設現場の生産性向上を目指すことを目的としています


    時価総額 55億の小型成長株


    12/21
    1138+121高値1274

    エコモット急反発、「CES2019」のデンソーのブースで共同展示
     この日、1月8日から11日に米ラスベガスで開催される「CES2019」のデンソー<6902>のブースで、「ドライブレコーダー映像のリアルタイムストリーミング技術」を共同展示すると発表しており、これが好感されている。
     同技術はクラウドとモビリティの間でリアルタイムに映像を交換できる技術で、エコモットがデンソーのCaaS/MaaS基盤開発に技術協力を実施している。

    12/28
    1390+22高値1420
    5陽連

    来年も期待しています

    2019/1/16
    1587+300
    ストップ高買い気配。KDDI<9433>と対等かつ長期的なパートナーシップの構築を目的に資本・業務提携契約の締結を決めたと発表している。「KDDI IoT クラウド Standard」の機能拡張や販売体制などについて、両社の協議により具体化・推進する。また、KDDIに対して第三者割当で新株50万株を発行するほか、主要株主が56万株を相対取引で譲渡する。KDDIの所有割合21.07%となり、第2位株主となる。エコモットの調達額は約6.3億円。

  • 1/16
    270+52高値284
    4年振りだね
    1000円台に乗せるかいなかは・・・次第

  • 12/3
    1515+228高値1572
    終値ベースで1500突破だゼヨ

    後場急伸。高度な光学的表現を可能にするポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3(エビス3)」が、任天堂<7974>が販売するNintendo Switch向けゲームソフト「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ」と「ポケットモンスター Let's Go! イーブイ」に採用されたと発表している。今回の採用を受け、エビス3が他のゲームソフトでも利用される可能性があるとの期待が広がり、買いが入っている


    2019/1/16
    1458+300
    2019/11EPS 39.7円→PER 36.8倍
    ストップ高。同社が15日取引終了後に発表した19年11月期の連結業績予想で、売上高49億2400万円(前期比1.6%減)、営業利益1億2100万円(前期7億7100万円の赤字)、最終利益1億1400万円(同7億1500万円の赤字)と営業損益段階から黒字転換を見込んでいることが好感されている。ミドルウェアやソリューション売り上げの減少を見込んでいることから、売上高は減収見通しだが、人材事業は好調が見込まれることに加えて、開発推進・支援セグメントの採算改善などが寄与する見通し。

    時価総額 42億

  • 2019/01/16 19:09

    >>No. 912

    2019/1/16
    383+80
    ストップ高買い気配。スクリーン印刷法による微細パターン形成技術をベースに、0603(0.6×0.3ミリ)ランド形成が可能となる高精細スクリーン版とインクを開発したと発表している。また、スクリーン印刷法による0603チップ部品に対応可能な片面プリント配線板の供給に実現の目処が立ったとしている。積層セラミックコンデンサは、1005(1.0×0.5ミリ)サイズから0603サイズに急速に移行しつつあるという。

    年末さりげなく銘柄提供・買っていた人おめでとう
    もちろん買っています

  • 1/11
    937+150
    ストップ高比例配分。新たに開発した技術によりナイロンリサイクル事業の拡大を目的とした新拠点開設及び事業化推進を決定したと発表。愛知県一宮市の繊維関連工場に製造拠点を設け、使用済みナイロン樹脂のリサイクル事業を行う。設備投資費用は1.70億円、事業開始は4月1日予定。年間約3000トンの処理能力を有し、年間10億円程度の売上高を想定している。将来的には中核事業として国内外での規模拡大を目指す。

    1/16
    1387+300
    終値ベースで1300突破だゼヨ

  • 2019/01/16 19:00

    >>No. 116

    2019/1/16
    2372+167高値2570
    終値ベースで2300突破だゼヨ

  • 材料出てから買おうとすると買えない典型ですね(^^♪

  • 9月4日 17:41
    人工知能による IR 情報の自動翻訳の精度向上に向けて、 日本取引所グループとロゼッタが実証実験を開始

    9/6
    1893+10高値1903
    3日続伸

    9/12
    2043+66高値2069
    終値ベースで2000突破だゼヨ

    再度おさらい
    9/4付
    日本取引所グループ<8697>と共同で、人工知能(AI)によるIR情報の自動翻訳の精度向上を目的とした実証実験を開始することで合意したと発表している。過去に公表された適時開示資料等を大量に自動翻訳にかけ、誤訳のパターンを洗い出し、実用化の可能性を検証する。高精度の自動翻訳ができれば、海外投資家による利用や海外向けの情報発信が活発になる可能性がある。


    10/15付・上期経常が2.5倍増益で着地・6-8月期は黒字浮上

    12/11
    2461+159高値2490
    引け新値だゼヨ
    (開示事項の経過)子会社設立に関するお知らせ

    12/12
    2473+12高値2595
    引け新値だゼヨ


    2019/1/15
    2205+400
    ストップ高比例配分。19年2月期第3四半期累計の営業利益は1.79億円(前年同期実績0.09億円)となった。自動翻訳のMT事業や翻訳サービスのHT事業が好調、クラウドソーシング事業ののれん償却も利益を押し上げた。通期予想は開示していないが、過去最高利益(営業利益2.26億円)以上を最低ラインとする方針は変わらず。また、翻訳事業やクラウドソーシング事業を手掛ける連結子会社の合併を発表している。

  • 2019/01/15 15:05

    引けピン 乙

本文はここまでです このページの先頭へ