ここから本文です

投稿コメント一覧 (1976コメント)

  • >>No. 49588

    『少しずつ 集票マシンが 逃げてゆく』

    知事選もこの那覇市長選も、かなりの創価学会票が反自民に流れている。
    公明党(創価学会)の票がなければ、自民党の推す候補は選挙に勝てないということ。
    国政選挙においても、公明党との選挙協力が機能しなければ自民党は議席を確保することは簡単ではない。

    今、創価学会内部では安倍が進める憲法改正への拒否反応が表に出てきている。沖縄での選挙結果はその最たる証明。投票率が前回と比較して大きく減ったのは創価学会信者の多くがが棄権したのかも。

    学会員が人間性回復した沖縄の選挙 参院選までマグマは滾り続ける
    田中龍作2018年10月21日 21:04

     オール沖縄候補と自公候補の一騎打ちとなった沖縄県知事選挙と同じ構図の那覇市長選挙は、きょう投開票が行われ、オール沖縄が推す城間みきこ候補が当選を確実にした。
     午後8時、投票箱のフタが閉まると同時に、慎重なNHKが当選確実を速報した。「ゼロ打ち」である。自公候補に大差をつけるものと見られる。(※正確には自、公、維新、希望推薦)
     沖縄県知事選挙は創価学会が雪崩を打って玉城デニー氏を応援したが、那覇市長選挙はそれが深化したような選挙だった。
     「こんな気持ちのいい選挙はなかった。初めて自分の頭で考えて投票した。これまでは(学会から)言われるままに投票してたからね」・・・学会員歴40年を超える男性(那覇市在住)が県知事選挙を振り返って語った。清々しく嬉しそうな表情は、過酷な縛りから解き放たれたことを示していた。
     男性は白髪頭だ。学会は彼がこの年になるまで自由に投票させなかったのである。選挙期間中、彼は表に出るようなことはしなかった。「出れば潰される」と警戒していた。

    http://blogos.com/article/333185/

    関西の小さな選挙区だがここでも自民党が負けた。
    兵庫県川西市長選 新人越田氏が当選確実
    10/21(日) 20:14配信 神戸新聞NEXT

     任期満了に伴う兵庫県川西市長選は21日投開票され、無所属新人で元同県議の越田謙治郎氏(41)が、無所属新人で元川西市議の森本猛史氏(38)=自民推薦=を破り、初当選を確実にした。県と県内41市町で最年少の首長となる。投票率は51・70%。前回は無投票で、4人が争った2010年の前々回より3・79ポイント下がった。

  • 『爺さんは 支持され 私は 支持されず』

    はい、単なるボヤキです。いつものことです。慣れてます。 当然、納得はしてませんがね。
    ただ、何故に? いつもそれが知りたいと思うのですが誰も答えてはくれませんな。(苦笑)

    『流石だね 告発社員は 国民賞』   そう思う・・9個(まだ増える?) そう思わない・・0個

    『左遷され 無視され人生 狂わぬよう』そう思う・・3個(ありがとう)  そう思わない・・6個(まだ増える?)

  • >>No. 49579

    『信号機 赤でも渡ろう みんなして』

    部長「おい!みんな渡るぞ!これは会社命令だ!」
    子供「おじちゃん、赤信号は渡ったらダメなだよ」
    部長「黙れ!ガキが。しばくぞ! おら!早く渡らんかい!渡らん奴はクビにするぞ!」
    子供「お父さん、あのおじちゃんたち、赤信号で渡っちゃたよ」
    父親「お前も大人になれば分かるようになるよ」

    この風潮がわが日本国に蔓延しているとは思いたくはないが、実際にはyosironさんの投稿(一部認識間違いがあるが)にシンパシーを感じる人がいることは事実。また不正は見えないところで非常に多くの事業者で行われていて、その不正を告発したもの(正義)が結局はその会社を去らねばならなくなる事例は多い。

    正直者が馬鹿を見る。とかくこの世は住みにくい。

    しかし、それを「是」としてはならない。

  • >>No. 49578

    『正直者 馬鹿見る世の中 ではダメだ』

    >倉庫会社の社長のしたことは医者が患者の秘密をもらす。と同じような犯罪行為ともいえる。倉庫会社の社長が余計なことをしてはいかんな。世間から批判を浴びて社業が左前になる。当たり前のことだ。企業の内部告発も同じ様なもので従業員との信頼関係というものが崩れると双方が傷つく。告発無罪が世の中をギクシャクしたものになる。

    私への返信らしいから何度も読み返した。ほほう、そこまで言うからには爺さんの投稿にケチをつけているのかな?と思って見たらそうではなかった。誠に「不思議ちゃん」ですな。
    まあ、誰の投稿にケチをつけるかなんてのは主観なのでそれはそれである意味どうでもいいが、肝心なことを思い込みで間違ってしまっていては、その雄弁な投稿も「はあ?あんた何を知ってるの?」てなもんだ。

    >倉庫会社の社長が余計なことをしてはいかんな。世間から批判を浴びて社業が左前になる。当たり前のことだ。<

    倉庫会社の社長は「世間から批判を浴びた」のではなく、この倉庫会社の倉庫を利用していた他の業者から「うちの不正も暴かれる」「この社長の倉庫にはヘタなものは置いておけない」「うちも雪印と同じように潰される」と取引先から敬遠されてどんどん倉庫がカラになっていった・・というもの(今になっても、この西宮冷蔵を積極的に使おうという企業は殆ど無い)で、世間は(当時の世論は)正義の告発者としてこの社長を称えたことをご存知ない。
    こう書くと「世間とは取引先のことだぜ」と開き直るのが目に見える。

    世の中がコンプライアンス(法令順守)に取り組み始めて何年になるだろうか。前職では内部監査(内部統制監査)の部署に籍を置いて会社の全部門のチェックを行っていた(大手監査法人のスタッフも半期ごとにそれに加わった)が、最初はほんの数人体制の部署だったが、親会社(誰もが知っている日本のTOP企業)の意向で社長直轄の部門になりスタッフも増えた。厳しくチェックすればするほど社内では嫌われたが、それもこれも過去に起きた不祥事を二度と起こさないための会社の組織防衛のために必要だったからだ。もちろん公益通報者保護制度の重要性は社内に徹底された。

    それでも「告発無罪が世の中をギクシャクしたものにする」という感覚が蔓延しているのが悲しいし、何より不正が蔓延していることが悲しい。どこが「美しい国」か。

  • >>No. 49572

    『左遷され 無視され人生 狂わぬよう』

    私は半年前の4月20日、雪印の食肉偽装を内部告発した人物のその後を追ったNHKのドキュメンタリー番組を紹介し、内部告発者がその後理不尽な境遇に追いやられてしまった現実に対し、正義を貫くとこんなにも生きづらい世の中だということを憂う投稿をした。残念ながら7個もの「そう思わない」が付いた。私の投稿には無条件に「そう思わない」を押す者もいるみたいだが、そんな理不尽な世の中であってはならないという投稿に相当数のケチがついたことは少なからずショックだったのを想い出した。

    爺さんの今回の投稿にあるように、この社員の勇気ある告発は、KYBの規格違反の製品によって将来大きな被害が出るかもしれない危険を未然に防いだ(防いでいる)ということで社会的には褒められるべき行動だ。
    しかし、私の投稿に相当数のケチがついたように、この社員のせいでうちの会社(KYB)は大幅減益になりボーナスも給料も下がる、何て事をしてくれたんだ!と思う者が会社の中には少なからず存在する。

    世間的には、良い仕事をしてくれた!と社長以下全社員から評価され出世街道を登って行かなければならない優秀な人材のはずが、「こいつのせいで株価が下がり経営が苦しくなった」と出世コースどころか左遷の憂き目にあう、あるいは、最終的に会社に居られなくなる、なんてことになる可能性も決して低くはないのだ。

    内部告発者を保護する「公益通報者保護法」なるものがあるが、実際の会社(社会と言ったほうが適当かも知れない)で、この法律が厳格に守られているかと言えばそうではない。内部通報者は肩身の狭い思いの中で会社を去っているケースが殆どだと思う。まだまだ多くの日本の会社は「ムラ社会」だ。そして外資系は「利益優先」だ。どちらも自社に都合の悪い(会社の業績を落とすような)情報を「密告する者」に寛容な組織ではない。

    でも、爺さんが言うように、真面目な、ものづくりニッポンで世界を席巻した日本企業(社会)だ。
    告発者の今後が明るいことを願う。

    NHK総合1 4月21日(土) 午前10時55分   
    かんさい熱視線「“正義”と家族~内部告発から16年~」
    16年前、輸入牛肉を国産と偽っていた食品会社を告発した倉庫会社社長。取り引き先を失い、経営危機に。娘は心を病み、事故で障害を負った。それでも男は「正義」を叫ぶ。

  • 『この人ら (A級)戦犯合祀 どう思ってる?』

    安倍晋三は内閣総理大臣としてマサカキを奉納したらしい。
    私は戦争を主導した、そして戦争を早く終わらせずに何万もの兵士や民間人を見殺しにしたA級戦犯が合祀されている靖国神社には行きたくもない。大伯父も亡くなった大伯母の夫も先の大戦で亡くなっているが、誰ひとりとして靖国に足を運んだ者はいない。そんなところに魂が眠っているなんて私の家族・親戚の者は誰ひとりとして思ってはいない。大伯母はニューギニアで戦死した夫の遺骨を持ってきた者に対し「どこの馬の骨か分からんものは受け取れん!」といって遺骨の受け取りを拒否したと聞いた。激戦地で、どのようにして亡くなったかも分からなかったそうだ。戦争を主導した、また、女子供にまで竹槍を持たせて一億玉砕を命令した指導者を私の大伯母は許さなかったそうだ。私もまた同じように、そんな主導者を合祀している靖国に参る気持など微塵もない。

    超党派71人が靖国参拝
    10/18(木) 10:05配信 時事通信
     
    超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は18日午前、東京・九段北の靖国神社を集団参拝した。

     磯崎仁彦経済産業副大臣や山田宏防衛政務官ら政府関係者を含め、自民党や日本維新の会などから計71人が参加した。

     参拝後に記者会見した尾辻氏は「内外ともに騒がしいときだ。そんなときだからこそ、きょうは静かにみんなでご一緒にお参りをさせていただいた」と語った。

     塚田一郎国土交通副大臣は18日午後、超党派議員の会とは別に靖国神社を参拝した。

  • >>No. 49560

    『この手法 マネさえ出来ず ケチつける』

    私の投稿スタイルは何も昨日今日に始まったことではないねー。何を今更・・てな感じだねー。
    紹介した(貼り付けたリンク先の)ブログや記事は、その多くの部分で私の主張や感想と同じなんだよねー。
    つたない文章力で1000文字内でそれを書くのは無理だし、その文才もないのだから仕方がないねー。
    言いたいことを伝えるために、またチラッと触れた記事に興味を持って、時間のある時に色々なサイトを覗いて情報を仕入れていたねー。そしてそれを一人でも多くの人に知ってもらいたいと思って紹介してきたねー。
    私の投稿に主観性があるかないかは、その人の取りようだからとやかく反論するつもりもないねー。

    >来年は徐39の投句や投稿を見ることが無いと思うと「やれやれ」の心境だねー。

    そうかい? 私は爺さんや数少ない常連さんの投稿が見られなくなると思うと寂しいねー。

    >残酷な語彙は、たまたま思いついたもので他意はないと言訳しているが、心根が本当の日本人に無い発想だねー。

    そうかい? それじゃこの掲示板が終わらない今のうちに言っておくよ。

    爺さんの葬式に行った際には(あり得ないが)「この死んだ爺さんはナンボ鞭をくらわしても食らわし足りないと思うくらい愚かな人物だった」と。遺族や列席者はどう思うかねー。
    「この爺さんはナンボ貶しても貶し足りないと思うくらい愚かな人物だった」と言えば、凄く口の悪い知り合いだな・・「出て行ってくれ!死者に鞭打つような事は言わないでくれ!」となるだろうが、
    「鞭をくらわしても食らわし足りない」と言えばその場で瞬時に袋叩き(文字通りの暴力)にあうだろなー。私なら間違いなくそうする。

    とても気を悪くさせてご免なさいね。爺さんが「ギロチン」に引っかかっているように、私もこの表現にもの凄く引っかかっているんだよ。

    それはさておき、今からでも遅くないから私のことを「虫かご」に放り込んでくれたらいいのに。。
    その日から「やれやれ」と思うけどねー。同類ばかりで貶す相手がいなくなると張り合いがないのかな?

    まあ、あと残り2ヶ月あまり、気楽に楽しみましょうや。(^^)

  • 『この大臣 ちゃんと勉強 してんのか?』

    辺野古対抗措置 岩屋防衛相一問一答「普天間全面返還のため」
    2018.10.17

     岩屋毅防衛相の記者団との主なやり取りは次の通り。

     --辺野古埋め立て承認を撤回した沖縄県への対抗措置として、行政不服審査法に基づき国土交通相に撤回の効力停止を申し立てた。認められれば、すぐに移設作業を再開するか

     「予断を持って答えることは控える。目的は普天間飛行場の危険性除去と全面返還だ。一日も早く実現できるよう努力したい」

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    >稲田朋美元防衛相は2017年6月15日の参院外交委員会で、米軍普天間飛行場の返還条件について、辺野古新基地が建設された場合でも他の条件が満たされなければ、返還、5年以内の運用停止は実現しないと明言した。…稲田氏は、仮定の話だとして「米側との条件が整わなければ返還されないことになるが、そのようなことがないようにしたい」と米側との協議を進める考えを示した。<(6月16日付琉球新報)

    その「条件」は、「2013年、日米が合意した統合計画に記されている8項目」(6日付琉球新報)です。

     ①海兵隊飛行場関連施設等のキャンプ・シュワブへの移設
     ②海兵隊の航空部隊・司令部機能及び関連施設のキャンプ・シュワブへの移設
     ③普天間飛行場の能力の代替に関連する、航空自衛隊新田原基地及び築城基地の緊急時の使用のための施設整備は、必要に応じ実施
     ④普天間飛行場代替施設では確保されない長い滑走路を用いた活動のための緊急時における民間施設の使用の改善
     ⑤地元住民の生活の質を損じかねない交通渋滞及び関連する諸問題の発生の回避
     ⑥隣接する水域の必要な調整の実施
     ⑦施設の完全な運用上の能力の取得
     ⑧KC-130飛行隊による岩国飛行場の本拠地化

     政府・自民党は「辺野古が唯一の解決策」などと繰り返し、辺野古に新基地ができれば普天間は返還されるかのように言ってきましたが、それは大ウソだったわけです。

    詳しくは
    https://lite-ra.com/2017/07/post-3304.html

    https://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/e/a74151186cc83a9ec7589a3e382cc97c

  • 『この件も 入院でシカト するのかね』

    あの安倍の側近、甘利明も結局は何も語らなかったからね。長期間にわたり入院トンズラしていたが、もうホトボリが冷めたとばかりに安倍は自民党選挙対策委員長という要職に任命したよ。
    菅官房長官が「自らの政治活動について説明責任を果たすものと思っている」と毎度毎度オウムのように同じコメントをしているが、説明責任が果たされたことってありましたっけ? 
    さて、官房長官から「説明責任を」と言われた片山さつきはどうする? 入院でっか?(笑)

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    片山さつき地方創生担当大臣に100万円国税口利き疑惑
    10/17(水) 16:00配信 文春オンライン

     10月に発足した安倍改造内閣で、唯一の女性閣僚となった片山さつき地方創生担当大臣(59)に古巣の財務省に対する口利き疑惑が浮上した。

    「2015年当時、私の会社に税務調査が入り、青色申告の承認が取り消されそうになっていました。何とかならないかと片山先生に相談したのは紛れもない事実です。そして片山事務所の秘書を通じ、私設秘書だった南村博二という男を紹介されました」

    「週刊文春」取材班の再三の取材申し込みに、製造業を営むX氏が初めて重い口を開いた。

    「南村氏に『とにかく青色申告取り消しだけは困るんです』と話すと、『大丈夫ですから、安心してください』などと言われ、税務調査の対応をお任せすることにしたのです。そして15年7月、指定された口座に100万円を振り込みました。これで片山先生が働きかけてくれると信じていました」

    「週刊文春」取材班は、X氏宛ての「書類送付状」を独自に入手。この書類では“口利き”の対価として、100万円の支払いを求めている。日付は、〈15/07/01〉。差出人欄には〈議員名 参議院議員 片山さつき〉〈秘書名 秘書・税理士 南村博二〉とあり、議員会館の住所が記載されている。

    以下
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00009365-bunshun-pol

  • >>No. 49547

    『こりゃ失礼 日付が変わって おりました』

    ディスプレイの右下隅の時刻を、結構気にしながら投稿しているつもりでしたが、最後の「安倍晋三・・・」の部分が余計な時間を食ってしまっていたようです。 
    でも決して、余計な部分ではありませんぞ。(^^)

  • 『経験の ない事象にも 気を配れ』 

    津波対策検討会議「知らなかった」 東電元副社長が証言
    10/17(水) 12:13配信 産経新聞

     東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3被告の第31回公判が17日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれ、16日に続いて元副社長の武藤栄被告(68)の被告人質問が行われた。武藤被告は津波対策を検討する会議が社内にあったことを「知らなかった」と述べた。会議は事故の約半年前から開催されており、津波対策について副社長と現場社員との温度差が露見した。

     会議は、津波高の試算を東電子会社に依頼した土木調査グループだった社員が、平成22年8月から開催したと公判で証言。一方、武藤被告はこの日、会議の存在を「知らなかった」と述べた。

     武藤被告が津波対策を保留とした後も、社員は「対策は不可避と考えていた」と証言している。

     政府の専門機関は14年、「地震津波が福島沖を含む日本海溝沿いで発生しうる」との地震予測「長期評価」を公表。東電子会社が20年3月、長期評価を基に最大15・7メートルの津波が同原発を襲うとの試算を示した。武藤被告は試算の報告を受けた後もすぐに対策に乗り出さず、土木学会に妥当性の検討を委ねた。検察官役の指定弁護士側は「対策を先送りし、漫然と原発の運転を継続した」と主張している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000548-san-soci

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    巨大津波は予見できなかった、想像できなかった。今度は、津波対策を検討する会議の存在を知らなかったときたもんだ。対策会議で非常用発電機が地下にあること(水没して使えなくなる)が問題視されていたらすぐに対策は打てたのにね。どの程度まで会議が進んだのかは記事では分からないが、原発の安全管理の責任者(武藤副社長)の預かり知らぬところで、部下の社員が危機意識を持って勝手に対策会議をやっていたのだろうか?

    まあ、安倍晋三(当時の総理)も国会で共産党議員から福島第一原発の津波の危険性を指摘されても「我が国の原発は安全だ」としてこの指摘を無視している。原発アレルギーを引き起こしたフクイチは「人災」だ。

  • 『KYB どこかと思えば カヤバ工業』

    近頃は社名変更が多すぎて、どこの企業だ?って戸惑うことが多いね。
    まっ、時事川柳なので、本日のTOPニュースを取り上げない訳にはいかんでしょう。
    KYB、今日の株価はSTOP安(-700円)。日本の企業は真面目に事業をしてるという神話は相次ぐ大企業の不祥事で揺らぎつつあるというか、揺れが強くて倒れなければいいけどね。

    <KYB改ざん>免震ダンパー、7割超で基準未満か
    10/17(水) 19:04配信 毎日新聞

    記者会見で謝罪する(右から)KYBの中島康輔会長兼社長、カヤバシステムマシナリーの広門茂喜社長、KYBの斎藤圭介専務=国土交通省で2018年10月16日午後5時7分、手塚耕一郎撮影
     油圧機器メーカーKYBと子会社による免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、両社が出荷した免震オイルダンパーのうち、7割以上が国土交通省や顧客が指定した基準を満たしていない疑いがあることが、KYBへの取材で明らかになった。中には、性能検査で基準値と40%以上もずれがある不適合品もあった。

     KYBによると、不正は2000年から続いていた疑いがあり、免震ダンパーは計1万369本が出荷された。このうち、不適合品やその疑いのある7550本が903物件に納品されていた。制振ダンパーは2万779本が出荷され、問題のある3378本が83物件に使われていた。986物件のうち、検査データが残っていない576物件について、同社が調査している。

    以下
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000074-mai-soci

  • >>No. 49543

    『健全を 自分の尺度で 振りかざす』

    >わが国ではあの世へ行った人物には鞭を打たないということと、翁長贔屓のアホメディアのせいで沖縄県民葬というやりすぎの事例もあるがコイツはナンボ鞭をくらわしても食らわし足りないと思う<

    日本語を素直に読めば、「死者に鞭打つとは貶すということ」の一言で終わらせるような表現ではないな。
    それこそ、「志那人が昔やったように遺体を墓地から堀だして実際に鞭でシバく行為のことを言っている」

    のではないか・・・などど、あたかも自分の表現が「誤解を受けた」と言わんばかりですな。

    それこそ、言うてる(書いてる)こと(人)とそれを読んで感じていること(人)の次元が違うなあということ。

    ::::::::::::::::

    爺さんがいうところの、昔の教師が鞭を持っていた・・なんて例(比喩)はまるで頓珍漢だね。

    まあ、「死者に鞭打つとは貶すということ」の一言で終わらせられるくらいに、「ギロチンに掛ける」も単に貶しているだけだよ。書いてるだろ?「き」で始まる上手い表現がなかったって。。
    別に消費税を10%に上げることに対して貶しているのではなく、諸々の安倍政権を貶しているんだよ。
    お互いさまだね。

  • >>No. 49537

    『結局は 脅しと恫喝 極右ハゲ』

    俺も訴えられるのかぁ?(笑)
    沖縄の基地の件、私も投稿する以上はそれなりに少しだけでも情報を仕入れている。まあ、情報の選別や信憑性の有無やどれをどう感じるかは人それぞれなのかも知れないが。。

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    ウーマン村本にデマを指摘された百田尚樹が逆ギレして被害者面! 自分のデマごまかし名誉毀損と恫喝する卑劣
    2018.10.16
    『虎ノ門ニュース』でデマを垂れ流した百田

     この間、ネットを賑わせていたウーマンラッシュアワー・村本大輔と作家・百田尚樹のTwitterでのバトル。村本が「極右ハゲ」とツイートしたことでネトウヨから袋叩きになり、とうとうInstagramへの「亡命」を宣言、Twitter撤退を示唆する事態となった。
     しかし、これはどう考えてもおかしいだろう。この間のやりとりを見ると、根本の部分では村本の言い分が圧倒的に正しく、むしろ、嘘八百をいっているのは百田の方だからだ。
     ネトウヨのまとめサイトや一部ネットニュースなどでは、論戦の構造が歪められているので、きちんと経緯を説明しておこう。発端は5日、村本が、ニュースサイト「Japan In-depth」の記事について、賛同のコメントを付してリツイートしたこと。記事は、石破茂の「日米両政府が本土の反対運動を懸念し、当時、米国の統治下にあった沖縄に海兵隊の基地を移転させた」という趣旨の発言について、百田がネット番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)で「そんな事実はどこにもない」と否定したことを検証する内容だ。
     結論から言えば、これは石破の解説が正しく、百田の「そんな事実はどこにもない」のほうがデマである。

    以下
    https://lite-ra.com/2018/10/post-4315.html

  • >>No. 49525

    『結構な ご高説だが 屁でもない』

    >日本人では発想もしない日本の首相を「ギロチン」だと、想像にしても心根は物凄く残酷だよなー。<
    >言葉を選んで投句したら如何。

    以下の投稿
    沖縄の元痴児翁長、わが国ではあの世へ行った人物には鞭を打たないということと、翁長贔屓のアホメディアのせいで沖縄県民葬というやりすぎの事例もあるがコイツはナンボ鞭をくらわしても食らわし足りないと思うほども愚かな人物だった。その翁長の汚すぎる置き土産それが玉城デニーという愚かな痴児だ。沖縄これからマトモになるのだろうか。

    故人に対して「ナンボ鞭をくらわしても食らわし足りないと思うほども愚かな人物」という表現に対して、12個もの「そう思う」が付いているよ。何ともオゾマシイ想像するだけで心根は物凄く残酷な表現だよなー。でも、爺さんもきっと「そう思う」を押したクチだよね?(笑)
    『ギロチンにかけても足りぬ・・』という表現と五十歩百歩だと思うけどねー。
    まあ、「き」で始まる良い句が思いつかなかっただけなんだけどねー。

    ところで、「沖縄に新たな米軍基地は要らない」という、とてもシンプルな沖縄県民の大きな意思(後継者の玉城氏が8万票もの大差で勝ったのがその証拠)を体現していただけなのに「ナンボ鞭をくらわしても食らわし足りないと思うほども愚かな人物」とまで罵る心理が理解できませんな。
    アメリカ様に我が国の予算で新しい基地を造ってあげましょう!反対する人は日本人ではありません!基地は沖縄でなければいけません!・・・この根底には、「そうすれば普天間基地は還ってくる」という都合のよい思い込みがあるのでしょうか? しかし、辺野古に新基地を造ることと普天間全面返還はセットではないことを全く分かっていない「沖縄県外在住の、自民党政府のやることは何でも正しい、と信じる単細胞のアホ」の勝手な思い込みですな。

    ここに私のつたない文章を書くよりもひとつだけ紹介するので、とりあえず読んでみて下さいな。

    「辺野古新基地」出来ても普天間基地は返ってこない
    https://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/e/a74151186cc83a9ec7589a3e382cc97c

  • 『結局は 肩書きだけで 終わる人』

    スーパーマルチ大臣ですな。

    大臣兼務」が増え続ける安倍内閣の迷走 「8ポスト兼務」はあまりに多すぎ
    プレジデントオンライン編集部 PRESIDENT Online

    「俺は今、何の大臣かと秘書官に聞き」

    「俺は今、どこの党かと秘書に聞き」という川柳がある。政党の離合集散が続いたころ、所属政党がころころ変わってしまう政治家がたくさんいるさまを皮肉ったものだ。ならば今は「俺は今、何の大臣かと秘書官に聞き」という状況なのかもしれない。

    第4次安倍改造内閣は、派閥順送りで閣僚待望組の政治家を内閣に押し込んだような顔触れになったが、一方で安倍晋三首相は、思い付きのように「担当」を増やした。そのため、1人の閣僚が、たくさんの担当を兼務する状態になっている。新閣僚たちの間では混乱が広がっている。

    翁長雄志・前沖縄県知事の県民葬が行われた10月9日、宮腰光寛・沖縄北方担当相は、玉城デニー新知事と県庁で会談した。9月30日の知事選で当選した玉城氏が安倍内閣の閣僚と対面したのは、これが初めて。玉城氏は、名護市辺野古への新基地建設反対の考えをあらためて伝え、沖縄振興にむけた21項目の要望書を宮腰氏に渡した。

    その時、宮腰氏は「今回、沖縄担当大臣として沖縄振興全般を担当することになった。知事から要望をいただいたが、これほどたくさん項目があるとは思っておりませんでした。持ち帰って、まずは事務方でしっかり検討させたい」と戸惑い混じりの表情で語った。10月2日の閣僚就任から1週間あまり。宮腰氏が準備不足のまま玉城氏との会談に臨んだことをうかがわせるシーンだった。特に「事務方で検討させる」という言葉は、政治主導を標榜する安倍政権の発言としては落第だ。

    本人の名誉のために書くが、宮腰氏は琉球泡盛の海外輸出に力をつくすなど、沖縄振興に熱心に取り組んで来た政治家だ。その宮腰氏でさえ、得意の沖縄政策で頼りなさそうにみえることには理由がある。あまりに担当が多いのだ。

    宮腰氏の担当セクションを列記してみよう。沖縄・北方担当。「1億総活躍」担当。行政改革担当。国家公務員制度担当。領土担当。消費者および食品安全担当。少子化対策担当。海洋政策担当。計8つの担当大臣を兼ねている。

    以下
    https://president.jp/articles/-/26425

  • 『結果見りゃ 上がり目はなし 安倍政権』

    安倍応援団の産経新聞の調査でこれだもんね。これからは落ちる一方だと思うね。

    産経・FNN合同世論調査 内閣改造「評価せず」58%、厳しい結果
    10/15(月) 22:28配信 産経新聞

     産経新聞社とFNNの合同世論調査で、10月の内閣改造と自民党役員人事を「評価しない」との回答が58.6%に達し、内閣支持率も2.0ポイントの微減となった。平成24年末の第2次安倍晋三政権の発足以降、内閣改造は5回目だが、支持率が減少に転じたのは初めて。「改造効果なし」は報道各社の調査結果に共通しており、首相にとっては厳しい結果になった。

    以下
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000609-san-pol

    安倍晋三政権での内閣改造「効果」

  • >>No. 49520

    『ギロチンに かけても足りぬ 安倍晋三』

    引き上げ税収の半分、国民に還元…首相発言
    10/15(月)配信 読売新聞

    ◆消費税率引き上げに関する安倍首相の発言(要旨)
     消費税率は法律で定められた通り、2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げる予定だ。全世代型社会保障制度へと転換し、財政健全化も進めていく。(税制健全化の時期は示せてはいない!)
     経済に影響を及ぼさないよう対応する。(減税が一番の景気対策!)
     第1に、引き上げによる税収のうち半分を国民に還元する。19年10月1日から認可・無認可あわせて幼児教育を無償化する。(子育て家庭のみの話であって、富裕層にも等しく恩恵。「国民に」と言うには無理がある!)
     第2に、軽減税率を導入し、飲食料品は8%のまま据え置く。(これが噴飯ものの複雑さで、期間も2年だけ!)
     第3に、引き上げ前後の消費を平準化するための支援策を講じる。中小小売業にポイント還元による支援を行う。(コンビニの大半がフランチャイズオーナーという小規模事業主だが、これは対象外となる?)
     第4に自動車や住宅といった大型耐久消費財について19年10月1日以降の購入にメリットが出るよう税制・予算措置を講じる。(住宅購入や新車購入などそもそも低所得者には無理、買えてもせいぜい中古。ゆえに購入できる富裕層に恩恵)
     19年度、20年度予算で消費税対応で臨時・特別の措置を講じる。消費税率引き上げによる影響を確実に平準化できる規模の予算を編成する。(前回、先延ばしした時には「2019年10月までにアベノミクスの3本の矢で景気を回復し、消費増税しても経済に悪影響の出ない状況を作り出す」と公言していたが、それが出来ていない、出来ないことを白状した)

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    消費税は2014年4月に「税と社会保障の一体改革」の名のもとに8%へ引き上げられましたが、安倍政権はその一方で法人税を引き下げたため、消費増税で増えた税収のほとんどは法人税の引き下げ分で消えてしまい社会保障には使われませんでした。(法人税減税で上場企業の利益増大→株価上昇→アベノミクスの成果・景気回復と吹聴。ここにきて株価暴落→アメリカのせい)

    安倍のウソに6年もの間付き合わされて、更に3年ですわ。。日本人は従順ですわ。。。

  • >>No. 49435

    『牢屋行き 盟友救うか? 安倍晋三』

    加計学園問題があらたな展開を迎えそうです。盟友の窮地に安倍はどう動くのだろうか? 告発の行方を注視しなければなりません。告発そのものが門前払いされるようでは日本には司法の独立はないことになりますね。

    本日、加計孝太郎が安倍と会ったの会わないので記者会見を開いたようですが、調べたが会った記録がないらしい。
    ちなみに本日の記者会見の場に下の記事を書いたジャーナリストの田中龍作氏は入場を断られています。
    田中龍作@tanakaryusaku
    加計孝太郎理事長が7日、今治獣医学部キャンパスで記者会見を開く、というので申し込んだが、ダメだった。それにしても「お断わりします」とは。加計学園の対応は稚拙で社会常識を欠く。

    【加計疑獄】図書でも補助金水増し請求 市民団体が詐欺で刑事告発へ
    田中龍作2018年10月07日

     加計学園・今治獣医学部が、実際の価格より3倍も多く図書購入費用を請求し、今治市は言われるままに払っていた・・・市民団体の調査で分かった。

     今治獣医学部管理棟3階、4階の図書館には8,715冊の蔵書がある。240ある書架はスカスカだ。加計学園は、昨年図書費として総額 9,928万円を請求した。今治市は今年3月末、施設経費などと共に支払った。

     加計学園が計上した9,928万円を8,715冊で割ると、一冊=1万1,392円となる。ところが「今治加計獣医学部問題を考える会」が、このうち約500冊をサンプリング調査したところ1冊当たりの平均価格は3,920円だった。8,715冊をすべて写真に撮り、書名と出版社名でネット検索し価格を割り出した。

     加計学園は約3倍の金額を請求していることになる。考える会はすべての書架から万遍なく抜き取って調べており、残り8,215冊を調べても平均価格はほぼ同じと見られる。

     そして、すべての書籍の価格を調べ終えしだい、詐欺の疑いで加計孝太郎理事長を検察に刑事告発する。校舎の建設費をめぐっても考える会は加計学園が水増し請求をしているとして検察に刑事告発している。
     考える会は加計孝太郎理事長が今治獣医学部を訪れる7日、12時30分から正門前で記者会見する。

    「安倍ヨイショ本」(上段の赤い背表紙)が あるあたりは さすがだ。=今治獣医学部図書館 写真提供:今治加計獣医学部問題を考える会=

  • 『劣悪な 労働環境 変わらない』

    労働者側はいない、竹中平蔵氏はいる、そんな<未来投資会議>で雇用制度改革の議論が始まったそうです。
    佐々木亮 | 弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表
    10/6(土) 15:49

    こんなニュースが流れていました。安倍総理の記者会見です。
    ・首相「社会保障を3年で改革」臨時国会に改憲案
     記者会見では見出しのように、社会保障や改憲案を出すなどに言及されましたが、労働関連についても言及がありました。
    「週内にも政府の未来投資会議で、雇用制度改革の具体策の検討を始める。」
     この一節です。

     未来投資会議で雇用制度改革の具体策??
     一般に雇用制度に関しては厚労省の守備範囲ですが、未来投資会議とは・・?
    未来投資会議とは?
     未来投資会議とは、2016年9月に設置され、「未来投資に向けた官民対話を発展的に統合した成長戦略の司令塔」と位置付けられているものです。
     議長に安倍首相。
     議長代理に麻生財務相(副総理)。
     副議長に茂木経済再生担当相、菅官房長官、世耕経産相の3名。
     そして、構成員として、内閣総理大臣が指名する国務大臣、具体的には、石田総務相、根本厚労相、そして、教育勅語活用で話題の柴山文科相、EM菌の平井科学技術担当相、生活保護叩きの片山さつき地方創生・女性活躍担当相が指名されています。

    以下
    https://news.yahoo.co.jp/byline/sasakiryo/20181006-00099569/

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    労働者とは、「時間」と「労力」を「不当な廉価で搾取される」階層のことです。
    竹中平蔵が完全に破壊する「古き良き時代」は、復活することはないでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ