ここから本文です

投稿コメント一覧 (57コメント)


  • 上沼恵美子に暴言 久保田かずのぶと武智に女性蔑視と非難殺到

    中身がカスカスの、久保田かずのぶと武智の、独り善がりの暴言は、明らかに上沼恵美子を公然と愚弄したものであり、恥知らずの行為としか、言いようがない。審査委員を公然と侮辱したのだ、こんな奴はお笑いの世界から追放したらいいのだ。まったく恥を知れ、と言いたい。

  • 当を得たコメントが掲載された。最後は、フェアープレイ精神を守らないで、フェアープレイの得点で、決勝トーナメントに進んだ。
    ************************************************************************
    西野監督本人や選手も含めた賛成派の人たちは、決勝トーナメントに進むことがチームの目的で、そのために必要なことをした、と主張します。しかし日本は試合の途中で敗戦を受け入れたのですから、決勝トーナメントに進めたのは、同時進行だった別会場の試合でコロンビアがセネガルに勝ったおかげです。確率だ、読みだ、と言ったところで、「サッカーくじ」を当てたようなもの。決勝トーナメント進出のために最善を尽くしたとは言えません。

  • 池坊のクソババア、理事解任の理由として「礼を失した」とは、ムカつく!自分を何様だと思っているのか?
    考えるまでもなく、奇異な話である。貴ノ岩が日馬富士横綱に殴られたことによって、師匠である貴乃花親方が、理事を解任されたことになる。被害者である貴ノ岩は、何の責任もないのに、結果的に貴乃花親方の心を傷つけたことになる。貴ノ岩の精神状態が、これから一層、心配になってくる。相撲協会は貴ノ岩を救うと公言しながら、貴ノ岩を精神的に、さらに追い込むことになった。

  • なぜ貴乃花親方が処分されるのか、まったく理解に苦しむ。問題の本質は日馬富士の暴行事件であり、被害者の愛弟子の貴乃花親方を、つまらない理由で処分の対象にするのは、この問題の本質を隠蔽することになる。貴乃花親方の責任と処分に急先鋒となって先頭に立っているのが、あのクソババアの池坊保子議長である。かって時津風部屋の力士が暴行されて死亡した事件があったが、その暴行死事件の再発防止に向けて、危機管理委員会はどれほどの実効ある措置を取ったのか?今回の横綱の暴力事件に対して、まったく無策であったことに、危機管理委員会の委員には重大な責任があり、貴乃花親方を裁ける立場にはないことを認識せよ。

  • 白鵬の万歳を公然と擁護し、暴力問題を棚上げして執拗に貴乃花親方の責任を求めた、池坊のクソババアが議長とは、呆れるね!クソババアよ、恥を知れ。

  • 白鵬の万歳三唱を喝采し、貴乃花親方の責任追求や解任を声高に叫び、日馬富士の暴力という問題の本質がまったく理解していない、池坊ババアは実に不愉快極まりない。このくそババアにどのコメンテーターも面と向かって反論できないとは、情けない話である。

  • アベノミックスは完全に破綻している、人間が体重以上の重い荷を背負って走れないのと同様に、100兆円超すを膨大な負債を抱えて、日本経済は経済成長できるはずがないのだ。古今、膨大な負債を抱えて、高度経済成長できた国はない。すでに予算の1/4もの利払いによって、まともな予算が組めないのが現状である。それにもかかわらず、プライマリーバランスの達成さえも等閑にされ、国の借金の絶対額は増える一方で、財政健全化の姿勢がまったく見られない。短期的に成果が出せる目先の目標ばかり唱えて、最重要課題となる長期の目標を見失っている。今回の選挙で安倍政権には終止符を打つべきである。

  • 希望の党に総力を結集しよう。
    大義のない解散であり、安倍政権は墓穴を掘ったことになる。
    そもそも安倍政権のもとでは経済成長は不可能である。
    巨額財政赤字の解消は絶望的な状況にある。
    財政支出のバラマキは止まらないし、国民への負担は増えるばかりである。
    長期的な課題は全く無視されてきた。

  • 借金大国へまっしぐら!
    短期的に成果が出るような目先の目標に汲々としたキャッチフレーズ内閣だ。
    言葉だけが空回りして、中身は空洞である。
    安倍内閣の終焉は誰の目にも明らかだろう。
    小池百合子の旋風で自民党の屋台骨が崩れる。

  • 暴言、暴行、パワハラ、ヒステリー症、権力乱用、そして雲隠れ(入院)、早く刑務所にぶち込んで、国会議員をクビにしたほうがいい。

  • 政府の官僚や政治家に裏金は動いているのは間違いなしである。何しろ億単位で土地が安く手に入るのだ。森友学園に私たちの税金が垂れ流されている。このようにして、政府の赤字財政は1100兆円を超えてしまった。日本の経済のカタストロフィは時間の問題である。巨額財政赤字が足枷となり、そもそも経済成長なんか、できるはずがない国になってしまった。そのうち、国家予算の半分が負債の利払いに充てられるようになるだろう。プライマリバランスを云々しても、何の意味もない。

  • 韓国は窃盗国家だ。韓国窃盗団が対馬のお寺から盗んだ仏像を、韓国の裁判所は「この仏像は数百年前に韓国から盗まれた可能性がある」、よって「日本に返す必要はない」との判決を出した。そのような韓国で反日教育を受けた韓国人が、日本の国立の大学や高専が「機構」になったことによって、日本の教壇に立って、日本人を教育している。なぜ 、友好親善の名のもとに、韓国人や中国人を学校の教員に採用するのか?文科省は採用された外国人、とりわけ韓国人や中国人が、どんな教育をして、どんなふるまいをしているか(素行)を、調査してみるべきである。

  • 韓国は窃盗国家だ。
    韓国窃盗団が対馬のお寺から盗んだ仏像を、韓国の裁判所は「この仏像は数百年前に韓国から盗まれた可能性がある」、よって「日本に返す必要はない」との判決を出した。そのような韓国で反日教育を受けた韓国人が、日本の国立の大学や高専が「機構」になったことによって、日本の教壇に立って、日本人を教育している。韓国が異常な国なら、友好親善の名のもとに、韓国人や中国人を学校の教員に採用している日本政府も、これまた異常である。

  • 韓国は窃盗国家だ。
    韓国窃盗団が対馬のお寺から盗んだ仏像を、韓国の裁判所は「この仏像は数百年前に韓国から盗まれた可能性がある」、よって「日本に返す必要はない」との判決を出した。そのような韓国で教育を受けた韓国人が、日本の国立の大学や高専が「機構」になったことによって、日本の教壇に立って、日本人を教育している。韓国が異常な国なら、友好親善の名のもとに、韓国人や中国人を学校の教員に採用している日本政府も、これまた異常である。

  • 欅坂46がナチス軍服
    誰が見たって、ナチスの軍服であり、意図的にデザインしたのではないか?
    それとも、まったくの無知か?
    無知でデザインしたなら、アホだ!

  • 北京時事】中国広東省で大量の薬物を売買した罪に問われ、死刑判決が確定した日本人の男に対し、20日に刑が執行されたことが分かった。日中関係筋が明らかにした。中国は覚せい剤などの薬物犯罪に外国人を含め厳罰で臨んでいる。日本人の死刑執行は昨年6月以来、7人目。
    ***************************************************************************
    中国なんか旅行する日本人がアホである。あまりにも中国の刑法を甘く見ている。中国は法治国家ではなく、
    いまだに人治国家であるから、裁判なんか、あって無きに等しい。それにしても、なぜ名前を公表しないのか?


  • 主催者は東京都である。
    都が最も多額の負担をするのだから、その意見や主張を通すため采配を振るうのは当然である。
    復興五輪のシンボルが具現化されるべき。
    アスリートにとっては、最も相応しい環境の「海の森」を提案しているが、メダルを取った経験もない、そして一文もカネを出さないアスリートが口を出す問題ではない。恥を知れ!

  • 「地下空洞」は担当部署の職務の怠慢であることが、今朝のNHKニュースで報道された。組織ぐるみでの職務怠慢であった。まっとうな仕事をしないで、給与をもらっている職員がいるのである。これには、まったく、あきれてしまった。ところで、青果棟地下を空洞化することで浮かしたお金は何に使ったのか?カネの流れの徹底的な追求が必要である。業者からのリベートバックはなかったのか?

  • >>No. 4201

    富山市の住民は、政務活動費の不正請求に対して 富山市議等を告発すべきである。あなたたちの税金が、これら一部の議員によって、収奪されているのだ。住民が額に汗して稼いだお金が、まっとうな仕事をしない悪徳市議によって、遊興費に散在されている。由々しき事態である。いっそうのこと、政務活動費を廃止したらいいのだ。嘘に嘘を重ねて言い逃れする市議を辞職で無罪放免させては、将来に禍根を残す。


  • 佐田岬半島付け根付近に設置され、伊予灘に面した伊方原発は、あまりにも瀬戸内海の景観とは調和しない、醜悪で不気味な存在である。ここから、いつ瀬戸内海が「死の海」へのトリッガーが起動されるかもしれない危険性があるのだ。伊方原発再開が多くの反対を押し切って、とうとう始まった。熊本地震→中央構造線断層帯の変動誘発→その断層帯の近くにある伊方原発。宇部沖合の海底採炭によって、周防灘にも大きな断層帯があることが確認されている。したがって、伊方原発の再開は「狂気の沙汰」なのだ。伊方原発が過酷事故(メルトダウン)を起こせば、瀬戸内海は「死の海」となる。伊方原発が過酷事故(メルトダウン)を起こすかどうかは確率の問題であり、それは明日かもしれないし、数年後あるいは数十年後かもしれない。確実に言えることは、時間の経過とともに、その確率は次第に大きくなっている。なぜなら、マグニチュード7を超える巨大地震は70~100年の周期で発生しているからである。いつ、想定外の巨大地震が起きるかもしれないのだ。スマトラ沖地震はマグニチュード9を超えるものであり、22万人が津波に飲み込まれて亡くなった。そのときは地球の地軸がぶれた。政府の世耕経産相を始めとする視野狭窄症のアホが、未だに原発安全の神話にとりつかれている。

本文はここまでです このページの先頭へ