ここから本文です

投稿コメント一覧 (1432コメント)

  •  『 ロシア風フレッシュチーズパイ 』
     ロシアのフレッシュチーズパイ『バトゥルーシカ』を作りました。
     パイと言っても玉子、牛乳、バターの入った中力粉の小さなパンという感じです。
     フレッシュチーズは、ヨーグルトと倍量の牛乳を65℃位に加熱してまとまってきたものを脱水しました。

     レシピ 
     生地 
    水60cc、砂糖大さじ2、ドライイースト小さじ1、中力粉480cc、白身1個分、牛乳60cc、バター小さじ2(ホームベーカリーで生地として仕上げました。)
     フィリング 
    バター大さじ1、フレッシュチーズ450cc、玉子1個、中力粉大さじ1、レーズン適宜
     手順
    1 生地を1cm位の厚さにし、10cmくらいの円形にし、ふちを残して真ん中を缶の底を押し付けて凹ませました。
    2 フィリングを入れ暖かいところにおいてやや膨らませした。
    3 黄身と柔らかくしたバターを混ぜたものを生地のふちに塗りました。
    4 フォークで生地のふちに貫通しないように差し穴を入れ、10分ほど温かいところへ置きました。
    5 生地の周りに霧を吹き、220℃のオーブンで10分ほど焼きました。
    6 焼きあがりにキルシュワッサー(サクランボ酒)を塗りました。
    (レシピの英語判読に正確さを欠くところがあると思います。他のレシピも参考にしました。)
     😋!!

    (参考レシピ)
     http://russianrecipebook.com/vatrushka/ 

    Vatrushka
    >Vatrushka (pronounced vat-ROOSH-kah) is a small, personal-sized open pie filled with fresh cheese. <

  • [ 挽きたてアーモンド・フィナンシェ ]
     フィナンシェはアーモンドプードル(粉)を使う焼き菓子です。
    が、あまりお手軽ではないので最近は入れずに作っていました。
     この度、食塩無添加焙煎アーモンドをフードプロセッサーで挽いて、できるだけ粉状にして使ってみました。
     皮つきなので全粒粉の香ばし味わいです?!
     ちなみにフィナンシェの材料割合は、卵白5、砂糖5、薄力粉2、アーモンド粉2、バター4です。
     バターも焦がしバターにするので香ばしく、そして、卵白を泡立てることもなくお手軽で😋!!フィナンシェ!!😋
     参考レシピ https://cookpad.com/recipe/1461123
    Freshly ground almond Financier

  • [ 洋風鳥団子レモン・チーズ・スープ ]
     鶏むね肉の入った団子を、粉チーズの入ったレモンスープに入れました。
     レモンはスープと旨みと絡み合いとても美味しくしてくれます。タマネギとニンニクを炒め、水、醤油、片栗粉、粉チーズを加え、とろみが付いたらレモン果汁を加えました。
     洋風鳥団子は、耳を除いた食パン、鶏むね肉、生クリーム、玉子と卵黄、ナツメグ、塩胡椒をフードプロセッサーにかけ、2本のスプーンで紡錘状にし、ニンジンと茹でました。
     器にスープと鳥団子を入れ、ニンジン、スライスしたレモン、オクラを配置しました。😋!!
     参考レシピ 
    ささみのレモンチーズ風味 https://www.asahi.co.jp/oshaberi/recipe/p20180124.html
    チキン・ダンプリング・スープ レシピ動画 https://www.youtube.com/watch?v=hxZmOFnHfoE&t=0s&index=47&list=LLLH_Yf28Ch6ZOSXUu3SpBqQ
    Chicken dumpling with Lemon cheese soup

  • 『夢も希望もなんにもない』さんを無視リストに入れました。

  • [ ベーコン焼餅 ]
     切り餅にベーコンを巻いてから、フライパンでジュージュー餅が柔らかくなるまで焼きました。
     ベーコンの旨みと油を餅が吸って😋しい!!です。
     最後にアクセントでケパーを載せました。😋!!
    Fried Bacon-rolled Rice cake

  • [ すき焼きウドン ]
     昼食に焼きビーフンを作ろと思ったら、季節柄プランターにニラが生えてなかったので、急遽すき焼きウドンに変更しました。
     牛切り落とし肉をタジン鍋でサッと炒め、だし汁に醤油、味醂、砂糖を加えた割したを注ぎ、茹でたウドン、湯通しした冷凍野菜、ニンジン、ネギ、シイタケを並べて加熱しました。
     溶き卵を絡め、簡単😋!!
    Beef, Vegetable and Udon-noodle with Sweet umami soy sauce on Tajin

  • [ チーズフォンデュ ]
     最近流行りのチーズタッカルビの影響を受け、整然とチーズフォンデュを作りたくなりました。 
     チーズはあり合わせで、ピザ用のモッツァレラチーズにミックスチーズを加えました。 
     分離止めに少々のコーンスターチを加えて下火のオーブンで溶かし、チーズの半量強の白ワインを溶かし合わせ、キルシュ(サクランボ酒)を加えて上品に仕上げ、コショウを振り味を引き締めました。😋!! 
     タジン鍋に茹でた野菜、ウィンナーソーセージと共にのせ、下からウォーマーの火で温めながら食しました。(餅を入れ忘れた!)😋!
    Cheese fondue

  • Curry wurst [ カレーブルスト ]
     何年か前に、ドイツ人が投稿した写真を見ていたら、その中の『Curry wurst』の看板のある屋台が目に入り、「何?ドイツでカレー?何ぞや?」ということで始まったカレーブルストの旅も、ドイツソーセージを使った本場の物を食べる以外は、だいぶ落ち着いて来たようです。
     私の場合、一言でいうと、ドイツ大使館による『ベルリン風カレーブルスト』を作ってみましたが、カレーと名がつくと黄色いカレールーが頭から離れないので、ドイツのソーセージメニューと言えども、感覚が日本式カレーを欲するということです。
     すなわち、トマトカレーのルーをオレンジジュースで溶くのがすんなり来るということです。
     そんな最中、昨秋の入間基地航空祭で、何と『カレーブルスト』の屋台を見つけたのではありませんか!!
     それは、茹でて小さく切ったウインナソーセージとフライドポテトにフレッシュな感じのケチャップが添えられ、カレー粉がパパッと振られ、パック詰めされていているものなのでした。
     いやぁ、この気楽な感じこそカレーブルストなのだと思い当たるに至ったのです。
     ということで、微塵切りのニンニクをオリーブオイルで炒め、オレンジジュースと缶詰のトマトを煮詰め、スープの素、少々の砂糖とオールスパイスを加えてソースを作り、盛り合わせてみました。😋!
     ちなみに、ベルリン風カリーヴルスト(カレーソーセージ)のレシピ http://young-germany.jp/2017/07/currywurst/

  •  [ 焼ビーフン ]
     熱湯で戻したビーフンを肉と野菜で炒めました。
     味のポイントはニンニク、干しエビとゴマ油です。
     今回はこま切れ肉が牛切り落としだったので、醤油の他にオイスターソースを加え、胡椒をより効かせました。
     また、時期外れで高騰中のニラの代わりに、サービスワゴンの香菜(パクチー、コリアンダーリーフ)を使いました。
     (40年前の杉並区西荻窪の『珍味亭』、30年前の練馬区上石神井の『岩虎』を思い出しつつ作りました。) 😋!!
    Stir fried Chinese rice noddle

  • [ カツ丼 ]
     毎日、お昼はのり弁だった*あったか弁当屋さんが出始めた頃*も、たまに蕎麦屋に行ってカツ丼を食べてました。力がついて心も元気になります。カツ丼万歳!!
     でもカツ丼は難しいです。今回は加熱時間が30秒くらい長かったし、ツユが少なかった。 でも少し上達しました。 最後に、四角く切った紅ショウガと木口切りにしたサヤインゲンをちらしました。😋!!
    Pork cutlet with bowl(on Rice)

  • [ ねぎオムレツ 甘酢醤油掛け ]
     ねぎの小口切りをたくさん入れたオムレツを作りました。
     中の卵のふわトロ感より、ネギの辛みが甘くなることを優先して加熱しました。
     甘酢醤油がとてもよく合い、時々食べたくなります。😋!!
     Green onion omelet with Sweet vinegar soy sauce

  •  [ ソースカツ丼 ]
     荒めのパン粉をしっかりと付けて揚げたトンカツをソースカツ丼にしました。
     とんかつソースもウスターソースもなかったので、粉末の焼きそばソースを水で溶き、砂糖、醤油、バルサミコ酢を混ぜてそれらしくしました。
     😋!
     Pork cutlet with Sticky Worcester sauce bowl(on Rice)

  • [ カキの串揚げ ]
     細かいパン粉をまとわせた薄衣のカキの串揚げを作りました。
     ウスターソースにサッと浸けてガブリ!!
     熱いうちに!写真を撮ってる間じゃない!!ともかく😋!
     Fried oyster on skewer

  • [ ワインたっぷりオイスタースープ ニョッキ入り ]
     知り合いがノルマンジーで覚えて来たワインたっぷりなカキ入りコンソメースープに、ニョッキを入れました。
     今回は水にその半量の白ワインを入れ沸騰させ、コンソメスープの素、一つまみの塩を溶かし、カキを湯がいて取り出しました。
     そのスープを一晩寝かせてから、沸かし、カキを軽く温める程度にサッと入れ、レモンと共に器に入れました。
     ニョッキは茹でたポテトと強力粉を練り、棒状にしてラップで包んで10分ほど置き、1つ5g程度に切り、親指とフォークで、薄く繊細に形作りました。湯がいてスープに入れました。
     めっちゃ!!😋!!
    Wine rich Oyster soup with Gnocchi

  • [ ブルグル入りハンバーグ ]
     挽き割り小麦を加熱し乾燥したブルグルの入ったレバノン風ミートローフ;ブルグルをハンバーグ風にしました。
     今回はブルグルをパスタ同様に10分間茹で、
     挽肉と合わせ、ハンバーグ状にまとめ、
     ラップで挟んだで薄く延ばした挽肉で包み、
     オーブンで焼きました(アルミホイルを被せ200℃で20分、アルミホイルを外して140℃で15分)。
     調味料は塩胡椒、オールスパイス(今回はクローブ、シナモン、ナツメグ)、クミンだけであっさりと肉の旨みを味わうという感じです。😋!!
     参考レシピ https://cookpad.com/recipe/345518
    KIBBEE (Lebanese style Meatloaf) style Baked Pork hamburg steak

  • [ ココナッツミルクリッチカレーパスタ ]
     ココナッツミルクをたっぷり入れたチキン、ポテト、サヤインゲンのカレーを作りました。 
     ココナッツミルク以外は水はその缶をすすいだ少しの水だけです。
     最初に挽く前のクミンの種を焦がさないように炒め、最後にカレーリーフを入れ本格的な風味にしました。
     そして、翌日のお昼はこれ!!😋!!
    Coconuts milk rich curry Pasta

  • [ 豚南蛮 ]
     宮崎名物『鶏南蛮』を豚肉でしてみました。
     タレに浸け置きした豚肉に片栗粉をまぶし、揚げ、*マリネしました。(*南蛮酢に浸けました。)
     より宮崎風に、タルタルソースも付け合わせました。😋!!
    参考レシピ https://cookpad.com/recipe/4371760
    Marinated Deep-fried Soy-sauce-tasted-chicken

  • [ 鶏肉のライムチーズ風味パスタ ]
     『ささみのレモンチーズ風味』を手近な材料でつくり、パスタと合わせました。
     鶏もも肉に溶き卵を絡ませ片栗粉をまぶし揚げました。
     ソースはビン入りのライム果汁を沸かしパルメザンチーズを加え、鶏肉と合わせました。
     『ささみのレモンチーズ風味』参考レシピ 
    https://www.asahi.co.jp/oshaberi/recipe/p20180124.html
    Fried-chicken pasta with Lime,cheese sauce

  • TBSテレビヘリコプターも加害示威行為に登場!! 1月26日のことですが・・

  • 邪馬台国の場所が特定されないような行き方をしたのではないでしょうか。以前いろいろ地図を広げてやってみたときに感じたことは、中華の道は南方へ一直線、世界制覇の野望という気がしました。実際は東で、大都市は難波で、紀伊半島をぐるっと回って海民の町伊勢からえっちらおっちら大和地方へという気がしました。

本文はここまでです このページの先頭へ