ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • ノーベル賞関連株。確かに上がるでしょう。但し、期間限定付きで。
    どこかのバイオ会社の顧問が受賞有力候補に選ばれたそうですね。
    その顧問がノーベル賞を取れるか取れないか、それは今の段階では
    賭けのようなものです。仮に取れたとしても、その会社の株の上昇が
    いつまで続くでしょうか?そもそも、その人の会社経営への影響・
    関与度合いが不透明です。知恵袋であったとしも単に名誉職として
    名前を連ねる多くの顧問の一人ではないでしょうか。
    その会社のブームは一時的なもので、言ってればご祝儀相場のような
    ものです。お祭りの終わりは惨憺たるものになるものです。
    ルネが居ようと居まいとEG株をヤリ玉にするのは場違いも甚だしい。

  • そうしてバイオ株やノーベル賞本命の小野薬品を買っても、いずれ大暴落に見舞われ大損する者はどこに行っても同じ。特にノーベル賞関連は競馬みたいな
    もの。上手く逃げてくださいよ。

本文はここまでです このページの先頭へ