ここから本文です

投稿コメント一覧 (355コメント)

  • 新株予約権行使開始
    10/19 1,800,000株(100% 株価491)

    行使実績
    10/31 255,000株(14.17% 株価427)
    11/07 260,000株(14.44% 株価426)
    11/22 180,000株(10% 株価398)

    残り
    1,105,000株(61.39%)

    1カ月で40%行使とはいえ
    最初の2週間で30%行使できたけど
    出来高が減ってここ2週間で10%行使
    このまま出来高が増えなければ残り3カ月ペース
    今年中の行使完了は難しそうだな

  • ビットコイン
    3/31 753,291
    6/30 704,278
    9/30 752,744
    現在 430,000

    リップル
    3/31 53.981
    6/30 51.314
    9/30 69.252
    現在 39.300

    マネックス保有仮想通貨(棚卸資産)
    6/30 3,349(百万)
    9/30 3,537

    単純計算で仮想通貨が40%下落すると
    35億の40%で14億くらい赤字を出す可能性があるのが恐ろしいね

  • 前回行使IRのあった11/7以降 約2週間で新株予約権行使IRなし
    新株の残りは11/7時点で
    1,285,000
    今日の出来高は
    132,100

    この出来高では行使の進捗は悪くなるだろうし
    行使終わるのはまだまだ先になりそうだね
    イナゴが飛びついても上値を抑えられて
    イナゴが投げて株価の下げ圧力が強くなるいつもの展開かな

  • すでに興味ない人ばかりだろうけど決算を見直し
    2018 1Q〜3Qは
    売上
    1,625,273⇨2,000,664⇨1,809,848
    営業利益
    99,993→▲172,920→▲238,747
    純利益
    38,932→▲238,795→▲297,675

    中国UFCが1カ月分の売上があっても減収の結果だったね

    中国UFCは9月は20位〜50位とそこそこのランキングではあったけど
    すでに失速して現在では85位
    CMMは日本も中国もUFCの影響もあってセルラン悪化
    キン乱は8月以降200位以内ほとんど入れず
    国内UFCも9月以降200位以内ほどんど入れず
    ゲームセグメントは4Qも売上減りそうだし赤字脱却は無理だろうね

  • 2015 16億の赤字
       増資で15億調達
    2016 3億の赤字
       増資で8億調達
    2017 13億の赤字

    今回の増資は6~7億調達ってペースだけど
    現状赤字で開発遅延の常連
    M&A、新規開発、広告費がこの金額で足りるのかな

    まずは日本のセルラン低迷を海外でカバーできてるのか
    前回同様ほとんど影響なしなのか
    11/8で確認だね

  • テトリスで盛り上がっている人もいるようだけど
    エンハンスは開発はしないしテトリスのIPは借り物
    モブと同じで取り分はそれほど多くないと思うよ
    しかもモブはエンハンスの20%程度の権利だけ

    「テトリス® エフェクト」(Tetris® Effect)
    パブリッシャー: エンハンス
    リリース日: 2018年11月9日
    開発元: 株式会社Monstars、レゾネア
    プラットフォーム: PlayStation®4(PS VRにも対応)

    テトリス®のブランドについて
    全世界におけるテトリスの所有権はTetris Holdingが有しており、The Tetris Companyがテトリスの独占ライセンシーです。

  • 抱えている仮想通貨の棚卸資産があって
    ビットコインは評価益
    リップルも大幅な評価益だったはずなのに
    コインチェックがは赤字のまま
    セキュリティの費用はかかり続けて
    盗難リスクも抱えて
    仮想通貨事業は賞味期限切れの美味しくない事業ってことだね
    市況も悪いし仮想通貨も緩やかに下落では状況は厳しいね

    ビットコイン
    3/31 753,291
    6/30 704,278
    9/30 752,744
    現在 約707,000

    リップル
    3/31 53.981
    6/30 51.314
    9/30 69.252
    現在 約50.000

  • 去年の増資期間中のPRと株価はというと

    2017/10/12
    韓国ネプチューン社とのパブリッシング契約を締結 チェス型モバイルRPG「Rプロジェクト(仮)」の日本配信を準備中
    始値 825 高値 860 安値 818 終値 819

    2017/10/16
    「Project U」情報解禁!モブキャスト、人気アニメ「幽☆遊☆白書」のゲーム開発権利を獲得
    始値 807 高値 828 安値 797 終値 804

    どちらも一時的に株価は上がったけどマイ転
    今回も吹いたら売りの準備をしている人も多いんだろうね

  • 去年はまだゲーセクに人気があったけどもう不人気セクターになって
    他のゲーセクも含めて株価は去年と比較して30%、50%下落が当たり前の状況

    去年はまだキングダムの思惑もあったけど
    キングダムはすでにランキング圏外常連、開発遅延連発のお荷物アプリ

    この状況で約1年ぶりの新株予約券の割り当て日を迎えて
    売り圧力に対抗できるのかな

  • いよいよ10/19に新株予約権が割り当て
    本格的な売り出しはその翌週になるだろうけど
    増資発表のリバ取りも落ち着いて出来高が減って
    希薄化約10%で去年の1.5倍の1,800,000株が売り出されることになる

    中国のセルランもジリジリ下げていて
    買い支えがどれだけ出てくるかね

  • 第26回新株予約権 割当日2016/12/01 1,462,000
    第27回新株予約権 割当日2017/10/06 1,200,000
    第28回新株予約権 割当日2017/10/06 1,200,000(四半期黒字条件 1,107,100消却)
    第29回新株予約権 割当日2018/10/19 1,800,000

    去年もNRをいくつか入れてちょい上げ全戻しからマイ転のようなことを繰り返して
    ガチホが手放さなくても新株発行に合わせて
    行使完了近くになるまでずるずる下げていたんだよね

    第27回新株予約権の行使完了は約2ヶ月後の2017/12/05までかかったけど
    今回は第27回の1.5倍の1,800,000株
    どのくらいの期間でさばけるのかな

  • 過去のリリースの状態が変わったところでセルランには影響なんてしないだろうし
    IP頼りで時間経過すれば飽きて新作ゲームに人が流れていく

    「万王之王」や「斗破苍穹:斗帝之路」に明らかに劣る「全民冠军足球」
    テンセントは月に2、3本ペースでゲームリリースしている中で
    どれだけ「全民冠军足球」に力をかけてくれるのか

  • 本配信に期待している人がまだいるようだけど

    例えばFIFA足球世界 不删档测试 5/24 公测 6/17
    公测前後のセルランは
    6/16 11位
    6/17 15位
    6/18 8位
    6/19 11位
    売上最高は5/26の3位でリリース直後 現在では37位

    最近公测になったアプリも公测でセルランにはほとんど影響ないどころか下がっているよ
    万王之王 不删档测试 8/21 公测 9/20 売上最高 9/7 4位 現在 13位
    圣斗士星矢(腾讯) 不删档测试 8/2 公测 9/27 売上最高 8/25 2位 現在 21位

  • ボルテージを買い煽ったつもりはないし
    たまたま新作期待で上げたみたいだけどね

    ただ、一日後のセルランでも大きく差がついた
    103位 天下統一恋の乱 Voltage inc.
    158位 六本木サディスティックナイト Voltage inc.
    圏外 キングダム 乱 天下統一への道 mobcast inc.
    圏外 モバサカcm mobcast inc.

    期待のアプリを半年で圏外常連にするモブ
    数年運営してある程度の売上を維持するボルテージ
    運営能力の違いなのかな

  • ボルテージ(時価総額42億)意外と頑張ってるね
    赤字だろうから買う気はしないけど

    147位 天下統一恋の乱 Voltage inc.
    156位 天下統一への道 mobcast inc.
    165位 六本木サディスティックナイト Voltage inc.
    199位 モバサカcm mobcast inc.

  • 中国モバサカUFCこと全民冠军足球の話題も少なくなったね
    直近ではテンセントから初音未来:梦幻歌姬がリリース
    圣斗士星矢(腾讯)が公测だそうですよ

    我叫MT4 不删档测试 7/26
    圣斗士星矢(腾讯) 不删档测试 8/2 公测 9/27
    疯狂动物城:筑梦日记 不删档测试 8/16
    万王之王 不删档测试 8/21 公测 9/20
    全民冠军足球 不删档测试 9/12
    斗破苍穹:斗帝之路 不删档测试 9/19
    初音未来:梦幻歌姬 不删档测试 9/26

  • 日本セルランはことごとく圏外
    中国セルランも初動ピークでじり下げで
    今週リリースされたばかりのテンセントの新作に水をあけられる始末

    黒字化も難しそうだし今の新株予約権が行使されないから
    別の増資がくるのも時間の問題だろうね

  • テンセントから9/19リリースの「斗破苍穹:斗帝之路」
    無料1位 セルラン11位
    「全民冠军足球」とは格の違うのかな

    今後もテンセントのゲームはリリースされ続けるから
    「全民冠军足球」がダメと判断されれば次のゲームに力を入れるだけだろうね

  • iPhone が 20%でAndroidが80%だとして
    Tencentのシェアのはその内の何%だと思っているの?
    Tencentのシェアは20%以下だと思うよ

    ちなみに android App StoreのMAUは下記らしいよ
    Tencent MyApp 13.5%
    360 Mobile Assistant 9.63%
    Baidu Mobile Assistant 8.55%
    Huawei App Market 8.41%
    Oppo Software Store 8.3%

    単純計算してAndroid市場が80%としてその内Tencentが13.5%だと全体に対するTencentの市場は10%程度

  • Gala Sportsと共同開発の予定が狂ってCapstoneと共同開発になったけど
    もともとモブとFIFProがモバサカのアプリを世界配信するって契約していたんじゃないかな
    だから香港、ヨーロッパ版でもモバサカってタイトルがついていたんだと思う
    中国ではモバサカをタイトルに入れるのが難しかったから許してもらったんじゃないかと
    初期のタイトル画像にはモバサカってカタカナが入っていたけど

    結果、形式上モブ経由でロイヤリティの支払いをしたってだけじゃないかな
    豪门足球风云ではHoolai から(間にCapstoneが入るかも)モブ、モブからFIFProへお金が移動した

    全民冠军足球はまた別の契約が必要になるだろうからモブを経由してロイヤリティを払うかはわからんけど

本文はここまでです このページの先頭へ