ここから本文です

投稿コメント一覧 (30コメント)

  • 濱口というのは良いピッチャーですね。江夏の若い時のよう。来年以降相当苦しめられそうです。
    どうもカープの投手は北別府さんもそうでしたが、レギュラーシーズンに強くても、短期決戦の
    ここぞというときに力が出ない。
    1年受験勉強で頑張り、模擬テストは圧倒的にトップだったが試験当日風邪をひいて受からなかった
    受験生といったところ。
    来年はDeNa筆頭に相当厳しくやられそうな気がします。

  • >>No. 502896

    >昔よりもシーズン終了が早い気がするのはなぜだ
    どの程度昔かはいろいろあるでしょうが1つはドームの登場。天気に影響されないのは大きいです。2は交通事情
    が発達し移動の時間が少なくなったこと。3は月、金曜日を移動日としていたのを基本的に月曜のみ休みとしたこと
    それで、もし天候事情で流れた場合を考え早め早めにスケジュールを組んでいることでしょうか。広島の場合、運良くかどうかは別として、雨で中止が少なかったためにスンナリと消化したということでしょう。2015年は最後に12だったか異常に長い連戦があり、最後はバテて4位に終わったようなこともありました。

  • 菊地や丸を休ませるために控えを入れるのならわかりますが、トウのたったベテランのために
    一席設けてやったというのはナンセンス。どうしてもというなら小窪が向かう先は3塁でなく2塁にやって。

    それと初回に大量点を取るとどうしてこういう流れになるのか。だから中継ぎに勝ちパターンのピッチャー
    を使うようになる。

  • 手堅い手法で常勝に導いた西武の森、中日の落合。しかし、その試合は面白くないと言って観客が減る。
    観客が減れば球団としてはトップを変えて多少トリッキーなことをやる人を連れてくる。結果、世代交代も
    手伝ってガタガタになる。大方そういう経過を経ているように思います。今のように地元でチケットも取れ
    ず、アウエーも真っ赤に染めたファンで一杯の状況で何の理由で更迭になるのかサッパリわかりません。
    来年、3連覇争いは当然としても、「負けこむ」と当然ですが「勝ち」が慣れっこになってくるとファンとは
    冷たいもので「面白くない。」と足を運ばなくなるのです。(他のスポーツでも同様)。

  • 中継ぎを休ませたいというのはもっともなことですが、かといって、昨日のような試合で九里が見事な火消しを
    するとそれに攻撃が応えて劣勢を跳ね返す。そうなると「今日はダメヨ!」でも「済まんが行ってくれ」となる。
    要はそういう試合が非常に多く、特にズムスタの場合、かつての力道山のように最初いじめられていたのが空手
    チョップが出て最後はなぎ倒す。客には痛快極まりない試合の連続で、そこに水をさすような継投はできない。
    そうすると誰が出てもそこそこのピッチングになるというのを揃え、先発と同様にローテーションを組まないと
    登板数過多の問題は解消しない。幸いなことは、勝ゲームのリリーフが過多になっていることで、負けゲームの
    リリーフではないこと。今の場合、中継ぎ投手で勝ゲームのリリーフになりたいという競争で、待遇面で給与ランクを断然違う差があるものにし報いることではないでしょうか。

  • >>No. 493803

    堂林は頑張ってもらいたい選手ですが、現実のところ背番号が重すぎる。来年もカープなら
    2桁の大きい番号に変えてもらい心機一転すべきです。技術もですがメンタル面で昨日の
    会沢のように当てるなら当てて見ろというたくましさがない。野球の映画を撮るのなら主役の
    1人になれるが、勝負の世界ではそれこそ<覇気>が必要。試合でアピールしてほしい。

  • 天気はどうですか?昨日並みでしょうか。

  • 本日の試合で気に入らないこと。
    ①天谷の7番。左には岩本がいる。
    ②いつものことながら松山に代走が早すぎる。今は3点で逃げ切れると思うな。

  • >>No. 489337

    >>大瀬良は2軍で調整して、1軍に戻ってきたときは中継ぎでは?
    ですが、どうも大世良はプレッシャーに弱いような気がします。マエケンがいなくなって
    闘志むき出しにするのは薮田くらいで、ほかは良いとこの坊ちゃんばかりにみえる。
    それこそ、最後の段階<覇気>がほしい。

  • >>No. 485287

    同意です。1軍の投手コーチというのはチームの守備の要として適材適所に配置してチームの勝利に貢献
    することではありませんか。指導にしてもカープで言えば北別府さんですが、自分より見劣りする選手に
    うまく指導できるともおもえません。その点データを重視しての畝さんの方法は1つあると思います。
    ただ人間のやることですからそのとおりに行かないのがシャクなわけです。

  •  とにかくヤクルト、巨人、中日のような先の見えない連敗トンネルだけは避けて欲しい。
    何とか3戦のうち1勝を取り、4点以上離されたら頑張らず主力を交代で休ませること。
    逆転試合は面白いが、せっかく釣り上げたと思ってもするりと逃げられてしまう。
    誰がというより、そういう渦の中に入ったと思うしかない。
    主力を交代すれば、せっかく取れないチケットを持った客の熱い声援がすぐに罵声になるだろう。
    「興行」も大事。「勝負」も大事。その板ばさみの中で我慢しているとまた負の連鎖になる。
    今は「勝負」に割り切り、「首位」だ「7.5差」は忘れて残りを何とか5割目標でやってほしい。

  • >>No. 470098

    広島RCCラジオではその昔、津田一男(?)さんという中国新聞の運動部長もやっていましたね。草創期の石本秀一さん。カープが遠征から帰った次の試合で負けることが多く、そのたびに「妻帯者が多いのでねぇ。」と解説しアナウンサーは苦笑。子供の私にはよくわからず、親にどういうことかと聞くと「知らなくてよい」とピシャリ。
    先日ヤクルト戦でしたか谷繁の解説はなかなか良かったですよ。山崎さんは発声だけでなく中身も何を言っているのか。ワーストは賛成。池谷も内容なし。ベストはまあ野村ですかね。

  • 金曜日によく負けている気がして調べると今期1勝6敗です。それが1勝を除いてすべてロード。
    今期の組み合わせは、ほとんど週末がロードで後半は反対になっています。
    木曜に終わって、金曜に敵地移動しての寝不足かと言いたくなりますがエース不在で1戦目を落としている
    のは事実で、後半、地元の第一線で迎え撃つことが出来るまでの辛抱でしょう。

  • そこまでいじめちゃるなや!という感じ。

  • 契約更改は丸は見ましたが、新井、菊池や鈴木など終わっていますか?どのような順番で交渉しているのでしょうか?

  • チケットは最初からあきらめているので 他人事みたいで怒られるかもしれませんが、このCS第2ステージの
    チケット売出しは早すぎたのではないですか?まだ第一ステージの場所は決まっていません。下手をすると
    ギリギリになりそうな中で、こちらは余裕がありすぎるのに 余りに初めてのことでハシャギスギというか、
    刷り上ったものを早く配りたいという意識が強すぎた。。。。
    常連の先輩筋、ソフトバンクや巨人などに聞いたり、先例に学んでやれば、こうまで皆さんから非難轟々は
    なかったかも。
    結果論ではありますが、来年からも当分地元開催は続くでしょうから今年の失敗を糧にして改善お願いします。

  • 日本シリーズがいつからナイターになったのか忘れましたが、25年前はデーゲームでしたね。
    土日は無理なく観戦できたのですが平日は仕事中で困りました。おまけに最初の優勝のときは
    勝ちなしの4敗2分けでしたが、試合時間が長いの何の。。引分け試合はカープが優位にあったので
    見るほうもへとへとになりました。3連勝4連敗もひどかった。江夏のときもそう。。
    あの興奮が久しぶりに味わえる。あとヒト月です。

  • ホームで今期49勝(18敗)明日勝てば50勝。
    過去、12球団でホームでの最高勝ち星は何勝なのかしらン。

  • 昨日の試合、セカンドからの送球を一塁阿部が後逸して決定的な6点目になりました。
    昔、ショートに名手広岡がいて一塁が「打撃の神様」川上哲治。広岡が嘆いていましたが
    ワンバンドで投げると取ってくれない。「エラー」はショートにつくと。
    阪神に牛若丸吉田がいてベストナインでは いつも広岡は後塵拝していました。
    阿部は足をベースに固定して、ストライクが来ないと受けない木偶の棒。
    一方、われらがカープの新井の守備。身をかがめ、必死に足を延ばし、フェンスギリギリ
    まで追いかけ、ユニフォームはいつも汚れている。
    少々難しい送球でも取ってくれるという安心感があるから 野手は余計守備範囲が広くなる。
    この好循環がイマの広島、巨人の差であり、「DH制」のないせ・リーグでは阿部は使えません。
    率先して範を示すベテランの存在と、昔の名前で居続ける高給取りのロートル。
    やはり、人間、「鮮度」が大事です。

  • 「大差で負けた時のロングリリーフ要員の為に。。。。」

    逆に大差で勝っている時もありますね。
    ちなみに今年は10点以上取って勝ったのは14試合。
    逆に10点以上取られて負けたのは5試合のみです。
    この確率でわざわざおかないでしょう。左対左のワンポイントとか(役に立つかどうかは別として)
    用意しているのではないでしょうか。

本文はここまでです このページの先頭へ