ここから本文です

投稿コメント一覧 (2762コメント)

  • >>No. 427

    医药生物行业双周报2019年第1期(总第1期):国家卫健委公...
    来源:长城国瑞证券有限公司 作者:黄文忠 发布时间:2019-01-17

  • 艾思瑞AIsirui®(吡非尼酮)

    1月9日,国家卫健委发布《对十三届全国人大一次会议第 7770 号建议的答复》, 对代表提出的“关于制定罕见病防治及孤儿药管理法的建议”进行回答,对制定罕见病防治及孤儿药管理法现着手开展的工作做出介绍。
    [保健衛生委員会は、交渉を通じて医療保険に高価で希少な疾病を含めることを提案し、1月9日、国民健康保健委員会は「第13回全国人民会議の第1セッション勧告第7770号への回答」を発表]
    ・・・・
    提高了血友病、特发性肺纤维化、肌萎缩侧索硬化症等罕见病的用药保障水平。
    [血友病、特発性肺繊維化、筋萎縮側索硬化症など珍しい病気の使用薬の保障レベルを高めた。]

  • 保健衛生委員会は、交渉を通じて医療保険に高価で希少な疾病を含めることを提案し、1月9日、国民健康保健委員会は「第13回全国人民会議の第1セッション勧告第7770号への回答」を発表した。予防と治療に関する法律とオーファンドラッグ管理の勧告に答え、希少疾患の管理とオーファンドラッグの管理に関する法律の開発に関する研究が紹介されました。中国は121の希少疾病を含む「第一珍しい疾病カタログ」を発行し、希少疾病に関する研究開発と科学研究を強化し、希少疾病に関する研究開発と科学研究を強化し、希少疾病の予防と治療を改善している。
    ・・・・
    子供のための病気や婦人科薬などの不足は、血友病、特発性肺線維症、筋萎縮性側索硬化症などのまれな病気に対する投薬サポートのレベルを改善しました。さらに、多発性硬化症や血友病などのまれな疾患の治療のための特許取得済みの独占医薬品は、全国の医療保険薬の交渉を通じて医療保険薬リストに含まれています。 (出典:国民健康・健康委員会)

  • >>No. 64

    >GNIがほぼほぼ倒産状態から艱難辛苦を乗り越えやっと黒字化が現実化してきたところだ。ルオの困難がお前みたいなポン助に何が分かろうか。
    >応援してくれた投資家にどう向き合うかの姿勢は当然問われる。それまでは、投資家も忍耐が必要。我慢出来ない奴が売り、株価は下がる。それだけのこと。
    >スットコドッコイのお単小茄子は引っ込んでろ。(^^♪

    強く同意!!(^^♪

  • >3470📈👀

    ヤハリアホヤネン
    アンポンタンカス
    ウリアオリイカタコミミズ

    ( ^)o(^ )

  • >12/28
    >大量保有報告書
    >Heights Capital Management, Inc. GNI Group Ltd.

  • 12/28
    大量保有報告書
    Heights Capital Management, Inc. GNI Group Ltd.

  • 进口仿制原料药申报 JXHS1500099 他米巴罗汀片 东光药品工业株式会社

  • 12/28
    大量保有報告書
    Heights Capital Management, Inc. GNI Group Ltd.

    h ps://disclosure.edinet-fsa.go.jp/E01EW/download?uji.verb=W0EZA104CXP001003Action&uji.bean=ee.bean.parent.EECommonSearchBean&s=S100EU37

  • 德阳市人民医院
    药事管理与药物治疗学委员会
    2018/12/26

  • >黴=アンポンタンカス、糞の極み、哀れ、気にしない(*^。^*)

    (*^^)v

  • F351→F647適応症拡大→F573

    安评所于2018年元月完成上海睿星基因技术有限公司委托的注射用F573安全药理学评价,近期该药物经国家食品药品监督管理总局审批获得药物临床试验批件。

  • ネタ尽きて
    スパイ説出し
    売り煽り

    風説流れ旅!?
    アンポンタンスカタンの極み?!
    ( ^)o(^ )

  •  現時点において、私は、当社グループの将来について、これまでになく楽観的でありますし自信を持っております。
    引き続き皆様のご支援賜りますようお願い致します。末筆ながら新年のご多幸をお祈り申し上げます。

    取締役代表執行役社長兼CEO イン・ルオ

  •  今後も、当社グループは医薬品販売による力強い成長、最先端創薬技術、そして多様な収益構造による安定という3つの柱に支えられることとなるでしょう。これらの柱が、今後、我々が新たな挑戦に立ち向かい、また、与えられた機会を活かすことにつながります。中国におけるアイスーリュイの継続的な売上増大と承認待ちのパイプラインがあることで、当社の将来は今までにまして明るいと言えます。

  •  2018年12月期は、2期連続で営業利益の黒字化を達成出来るものと期待しております。この成果は、収益性対研究開発コストのバランスの取れた戦略と、当社従業員による、事務コストを最低限のレベルまで引き下げる努力に基づいています。勿論、株主の皆様のご支援とご理解は、この戦略を成功裏に実行するための鍵です。株式市場のパフォーマンスにもかかわらず、当社グループおよび役職員一同は2018 年の目標を達成し、グローバル製薬業界におけるより先進的かつ強固な競合者としての新年を迎えました。

  •  私は当初より、GNI をグローバル市場において自ら持続的に成長できる会社にすることを目標として参りましたが、2018 年においては、そのゴールに向け確かな前進をしたと思います。我々は、Berkeley Advanced Biomaterial LLC (BAB) の当社グループへの統合をスムーズに完了しました。BAB が当社グループにとって安定的な収益源として貢献してくれるようになったことにより、将来金融市場の混乱が発生しても、それを耐え抜くことができるでしょう。また、Irisys, LLC とCullgen への投資によって、カリフォルニアとサンディエゴにおいて強固な拠点が構築され、潜在的な市場リスクにも耐えうる地域的な多様性を得ることができました。

  •  当社グループが保有する他のパイプラインについても、2018 年に進展が見られました。F573 の急性肝不全・慢性肝不全急性化治療薬としての治験許可(IND)申請に対して、中国国家食品薬品監督管理総局より承認を取得し、また、アイスーリュイの結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)に関する第3相臨床試験を中国において開始いたしました。一方、将来を見据え、当社の新薬開発能力に対する重要なコミットメントとして、革新的な低分子標的タンパク質分解誘導技術を活用した創薬研究活動を行うCullgen への投資を行いました。Cullgen は、当社グループが過去17 年かけて探索した新規化合物数よりも多数の有力化合物を、2018 年一年で発見しております。我々は、Cullgen がIND 申請に必要な試験を2019 年に開始し、その研究範囲を更に広げることを期待しています。Cullgen の創薬プラットフォームは、当社グループが過去10年かけて作り上げてきた低分子化合物の開発力と完璧な組み合わせです。

  • 2019 年1月4日
    各位
    新年のご挨拶
    みなさま、あけましておめでとうございます。
     2018 年は、当社の歴史上実に重要な年となりました。まず、当社の主要医薬品であるアイスーリュイの中国における売上が引き続き大幅に増大し、保険適用が進んだ結果、より多くの経済的に恵まれない特発性肺線維症患者様に、当社の救命薬をお届けできるようになりました。また、中国における専任営業チームの人員も倍増しました。当社グループの次のブロックバスターとなりうる肝線維症治療薬F351については、中国の第2相臨床試験を審査する独立データモニタリング委員会よりポジティブな勧告を受領し、米国においても第1相臨床試験を完了いたしました。F351 が承認されれば、何百万人もの肝疾患患者の皆様にとって、世界で初めての治療薬となります。また、アイスーリュイの更なる売上増大とF351 の承認取得の可能性に備え、中国河北省滄州における新工場建設を進めており、2019 年の上半期には生産が開始出来るようになる予定です。

本文はここまでです このページの先頭へ