ここから本文です

投稿コメント一覧 (599コメント)

  • >>No. 526

    楽天にしてもスマホ通信ビジネスを見据えてではない思いますよ。更にそのさきのIOT、全ての物がネットに繋がる。そうなると、通信の需要はこれからも伸びると思いますが。

  • >>No. 830

    戦争は噂で売り、事実で買いだそうです。

  • 燃料電池車用のバルブですか~これから楽しみな銘柄ですね。純資産から見ても割安。配当もそこそこ。良いですね~
    しかし、名前がハマイさんってのが、納得出来ず買えない自分がいます。株主の方々会社関係者の方々、すみません。

  • >>No. 522

    楽天モバイルの不満な点

    1、「端末補償」の保証対象期間が、2017年1月4日 9:59までにお申し込みの方本保証サービス契約の成立時から加入月の2年後の同月末日まで。
    2017年1月4日 10:00以降にお申し込みの方
    本保証サービス契約の成立時から、「端末補償」の解約手続きが完了するまで

    以前から契約している人を救済する事なく、差がつけられている。

    2、端末補償に加入出来る条件
     「新規お申し込み時に同時にお申し込みください。
    端末とSIMカードセットを同時購入・お申し込み時にのみお申し込みいただけます。
    ※楽天モバイル既存会員の方は追加でのお申し込みはできません。」

    一度でもオプションを解約すると既存楽天モバイルユーザーは端末補償には2度と加入できません。契約し続けるか、再加入する場合は一旦転出後して戻るか、新規契約しないといけません。

    3、お客様センターの対応

    お調べしてご連絡致しますと、言っておきながら、連絡が来なかった事。こちらから電話するまでお答えをいただけず、何故連絡を頂けなかったのかと質問しなければならなかった事。

    4、話放題プランを強制的に廃止。

    既存プランユーザーまで強制的に廃止

    5、楽天モバイル端末

    楽天モバイルで販売されている端末は、しょうもない楽天系アプリが大量インストールされている。さらに、P10ライトなどは、一旦パッケージが開封され、楽天系アプリが大量にプリインストールされて送られてきます。


    IIJはこう言った不満が全くありません。

  • 楽天モバイルの端末補償

    「端末補償」の保証対象期間
    2017年1月4日 9:59までにお申し込みの方
    本保証サービス契約の成立時から加入月の2年後の同月末日まで
    2017年1月4日 10:00以降にお申し込みの方
    本保証サービス契約の成立時から、「端末補償」の解約手続きが完了するまで

    なぜこのような差が出来るのかさっぱり分かりません。

    しかも、端末補償に加入できるのが新規契約のみ。

    「新規お申し込み時に同時にお申し込みください。
    端末とSIMカードセットを同時購入・お申し込み時にのみお申し込みいただけます。
    ※楽天モバイル既存会員の方は追加でのお申し込みはできません。」

    一度でもオプションを解約すると既存楽天モバイルユーザーは2度と加入できません。
    契約し続けないといけません。

    IIJなど普通は機種変更時、買い増し時に再度端末補償に申し込めば加入出来るんですがね。

    ユーザーの事を考えず、こういった所で儲けを出せることは、なんとも楽天らしいですね。

  • IIJユーザーですが、応援の気持ちで本日買わせていただきました。これから、MVNOのIIJを勧誘しまくりたいと思います(笑)
    IIJの格安SIMは良いと思います。長期ユーザーのこともちゃんと考えられてます。以前は楽天モバイルでしたが、正直不満だらけでした。IIJを使えば使うほど、良さがわかって来ると思います。株主になったので利益も重要ですが、ユーザーのこともある程度考えてくれる、IIJは素晴らしい。

  • 楽天がキャリアになっても加入者数が急激に変わる事は無いと思います。現在でもMVNOなどがあっても、大手3社は以前とほとんど変わりませんからね。特に日本人は変化を嫌いますからね。しかし、大手3社には加入者数で到底かなわなくても、楽天は楽天のやり方で、通信事業である程度利益は出せるようにはなると思います。一番の課題はユーザーに楽天として信用出きる企業、信頼出きる企業として、なれるかですね。
    話放題プランを1年足らずで強制的に廃止するなど、現在の楽天は社会的評価はあまり宜しくありませんね。

  • 逆にソフトバンクの個人向けスマホ事業を楽天が買収するのでは?
    ソフトバンクの孫正義は個人向けスマホ事業にはもう興味がなさそう。

  • ワイモバイルと同じような料金設定でしょうね。mvnoよりは高いのは間違いないです。かといって、3キャリアに近い料金では周波数で不利な楽天を使う人はいないでしょう。

  • >>No. 442

    業績不振ですが、日本電波工業も名前が上がっています。

  • >>No. 342

    住友電工は割安ですが、何十年も前から下は500~600円から上は2000円ぐらいでしか株価は動きませんね。面白さはありません。住友電工を買う場合は1000円を下回れば買いで2000円近くで売却ですね。

  • >>No. 229

    >ニチダイを売ってここを買わせていただきました。配当もニチダイより良いですし、株価もニチダイより安いし、純資産もかなり割安

    ニチダイを売ってここを買っておいてよかったと思います。ニチダイは1300円台まで下がって来ました。

  • >>No. 277

    株数が少ないので、注目されて買われたら、すぐストップ高になりますよ。
    買うのも、売るのも株数が少ないので大変ですが私は特に気にしてません。
    配当が良いので嬉しいです。

  • 楽天モバイルの端末なら最初からViberがインストールされています。でも、周りで使っている人はいません。勧誘しても誰も使ってくれません。勧誘するのもしんどいです。私はViberで誰とも連絡を取り合う事なく、やめてしまいました。

  • 儲かるからです。
    最初にMVNOでモバイル事業をして、ユーザー数を増やして電波を取得して、キャリアになったら、既存ユーザーは半強制的に移行してもらう。最初からそういうシナリオだったんでしょうね。今の楽天モバイルユーザーがキャリアになる楽天に移行してもらうのは、既に公表済みです。

  • 今の楽天モバイルユーザーも、キャリアになる方の楽天の方に移行させられるんですよね。楽天モバイルユーザーの人は値上げですね。大手キャリアとワイモバイルとの間位ですね。月4000円は。

  • 日本電波といい、大真空といい、水晶デバイス専業メーカーはやはり業績悪いですね~

  • 大真空も製品不具合の補償費用等による業績修正出ています。

    3.補償費用の発生に伴う特別損失の計上について
    当社が販売した製品不具合を起因とした補償費用の
    発生に伴い、平成30年3月期連結累計期間(平成29年4月1日~
    平成30年3月31日)において、製品補償費用として特別損失230百万円を計上する予定です。

    大真空もですか?日本電波の製品不具合となにか関連あるのかな?

  • >>No. 791

    大きく上昇するかは、要は会社次第て事ね。

  • >>No. 509

    本日、買わせていただきました。新光電気と取引があろうと思われる、日本高純度化学も本日買わせていただきました。どちらも配当利回り3%越えです。満足です。

本文はここまでです このページの先頭へ