ここから本文です

投稿コメント一覧 (905コメント)

  • >>No. 2341

    再びこんにちは♪

    >私の写真の撮り方が悪かったのかもしれませんね。蕾と花をつけたものを再度アップしてみます(*^_^*)

    いえ、とんでもない♪
    その「ヒメヒオウギズイセン」らしきお花は勿論、先の写真でもわかりましたのに、コメントがそれ以外のバラ。。
    悩ませてしまいましたね。毎度ながらごめんなさいm(__)m

    今回の写真、そうです、そうです、こんなふうに、交互に蕾がついて、普通は先端から先に開花するのに、この花は、先端に花があるとき既にその下で(花は終わって)既に結実が始まっている、ちょっと違う感じが特徴的かもです。

    草の緑のなかに、このオレンジ色が鮮やかで、二度目にみるときにはもう花の季節を過ぎて結実している、といったような、短距離走的な花、といった感じがします。

  • >>No. 2339

    >ジャコメッティはスレンダーではなくて、髭がスペイン風なのかしら。。

    ジャコメッティの作品ほどスレンダーではないし。。。
    と書こうと思ったのにすみませんm(__)m

    こちら地方、桃の一番早いのがでて、夫の実家から昨日貰ってきたので、家中が桃の香りでいっぱいです♪
    そちら長野も、こちら地方と似た風土みたいですから、きっと果物の季節ですね♪
    おいしく元気な夏となりますように♪

  • >>No. 2338

    あら♪おはようございます!

    >お花の名前を調べてくださってありがとうございます。

    いえ、今日まで、母の言により、これはヒオウギアヤメなのだと思っていました。
    葉の並びが平面的で、アヤメとか菖蒲とかに似ていましたから。。
    この花のほか、原種のアヤメ>と母がいっていた、黄色い素直な花が、藪のような庭のようなエリアで、毎年花を咲かせています♪

    >妹が喜んでいます。さっそくお礼をしてくださいと言いましたのて、お花のことのみ書き込みました今朝も裏庭のみ花を摘んで花瓶に挿していました。


    このバラと同じ種類のバラが、玄関にそういえばありました。
    祖母が亡くなってから手いれないので、どんどん丈が伸びて、見上げるような薔薇の木となりました♪

    人形はジャワの踊りみたいな感じですね♪
    それに、木彫?)はスペイン風でしょうか?
    ジャコメッティはスレンダーではなくて、髭がスペイン風なのかしら。。
    まんなかの二つが。。何かお話がありそうですけれども。。謎。
    大きく映っているところをみると、レースもご自身で編まれたものですよね♪綺麗です。

    どうぞよろしくお伝えください!

    お二人とも、よい一日をお過ごしくださいね。

  • >>No. 2336

    それから、長野実家の裏の畑のお花の紹介、ありがとうございます!
    ...この花、昔からうちの石榴の木の近くで毎年花を咲かせています。母によれば、ヒオウギアヤメ>ということでしたが、今、調べてみましたら、ヒメヒオウギズイセンのようです。
    昔からあるので、もしかしたら、祖父がここに植えたのかもしれません。今では瘤ができている古い石榴の木、かつて2年間だけあったという「南奥博物館」の建物の入り口あたりにありましたから。。
    ttp://blog.livedoor.jp/zassounojikan/archives/64346062.html


    ヒメ>がつかないと、もうすこし大きく、花に斑点があるみたいですが、うちのは斑点がありませんでした。
    それに一週間ほどで花の盛りを過ぎてしまいます。

    こちら地方、今は、ヤマユリの季節です。


    ではすなおさん、引きつづき、よいご旅行を♪

    ローズミントさんもゆったりした夏休みをお過ごしください。お元気が戻りますように♪

    先週の絵の会のときに切っていって、野ブドウといっしょに描こうと思っていたのですが。。

  • >>No. 2335

    すなおさんが、吃音周辺事態でお辛かった時期の感情のあとさきの思いと、何かを取り戻すために、今、トライしようとして得るこころの感触は、こころの旅でもあり冒険でもあるかも知れませんね♪
    動機としての、過去の時間であったように、外側からは感じられますけれども。。

    声楽のレッスンでは、すなおさんが描かれたような身体イメージ+イメージ+コトバのイメージなど、様々なイメージが声に反映すべく、いろいろにアドバイスを受けます。体(とこころ)を、何かに共鳴して発音する楽器とするには、様々な(体のいろいろな堅さ含む)縛りから、意識的に自由であることが前提条件。。ということかと思います。そうなっちゃうのは表現ではなく、表出であり、意識的に選択しての表現を目指す、ということみたいですけれども。。。

    何かを目指すためには、具体的に、自分のもつ身体的条件が限定していく状況である声のもつ可能性を拓いていく気持ちとともに、憧れというか志向というか、目標としての、具体的なイメージがあるとよいのかも知れません。

  • >>No. 2334

    おはようございます!すなおさん♪

    昨日は大分暑かったみたいですね。

    わたしのところは、子供たちが全てソフトボールと野球をしましたので、今のこの時期が決戦!にて、熱中症には詳しかったりします。対処によってリスクは大幅に減るので、今後、温暖化によるものか、異常な高温が続く夏に、今までと同じ対処ではいけないと思わなければいけないように思います。認知症がなくとも、年令が高くなるにつれて、体の異常をすくいとるセンサーの働きも変わってきます。

    昨日まで一泊で92・91・90の父・義父母を引率して、浜のほうにでかけておりました。
    昨日は、水族館では車椅子1台使用、2度ほど休憩して水分・アイスクリームタイムでした〜♪
    じゃんけんで負けたら車いすに乗る!勝ったら車いすを押す!といってみたのですが、脊柱管狭窄症のある義母が乗り、夫が半分は押しました。(あとは私♪)

    アクアマリンふくしま>のあと、茨城県(岡倉)天心記念美術館にいってきました〜♪
    六角堂は津波で流されて、再建されたそうでしたが。。
    話題は二つで、一つ目は、企画展の「スズキコージ」さん♪
    ティンガティンガを思わせる線と色彩なのですが、まったく別の世界観で、しかも、公開で絵を何日かで大画面に描く制作の作品が大きく、賑やかでした。もともとは20年ほど前に長男が子供だった頃の、福音館書店の月刊誌で知っていた方でした。「生命力」ってものを感じさせる、色の勢いのある絵が、多作で、立体造形にまで及び、見ると疲れるほどでした〜♪これから詳しくなりたく思います。
    ttp://www.kodomononaraigoto.net/totsugeki/11index.html


    声楽のレッスンのレポート、ありがとうございます。
    楽しかったのですね。よかったです!

    >このようなトレーニングを受けて、話し言葉に対する苦手意識が消えていきました。今後、個人レッスンを受けて更なる「美ボイス」を目指したいと思います。

    聞きたいと思う人にとっては、既に、すなおさんは美ボイスかと思います。それに、遠くの人まで届かせるための音響機材も発達しているので、例えば、ギターの協奏曲はオケに音量的に負けるのでムリと思われていたのに、ちゃんとアランフェス協奏曲として有名ですし、ボサノバのジョビンの囁くように語りかける歌声の魅力ってジャンルもあり♪

  • >>No. 2331

    おはようございます♪

    今日も暑くなりそうですね。。
    こちらで蝉の声を聞いたのは先週の月曜でした。

    >工場が音源として、工場で働く人には問題ないが、工場から一定の距離だけ離れた同心円の地域にわたって不快な音になって問題となっているのかどうかを更に調べていけば、未だに原因不明な出来事として放映することもないのに、と思いつつ、きっと他の原因もあるのではないかと思った次第です。

    なるほどです。

    低周波音源としては、工場や大がかりなプラントなどの機械・設備などを考えるのでしょうけれども、伝わりかたとしては距離に加えて地形地質含めた地下の構造が影響するのでしょうから、単純に距離のみから原因を特定でききないということなのでしょうね。

    >他人と自分をくらべるよりも、自分の現在までの過去と現在をくらべる方がベターと思われます。そして比較して変化量がある閾値を超えたり、変化の度合いがある閾値を超えたりすることのないように、健康管理することが大事だと思っています。
    >それは機械の場合も同じですが、人間の場合は、更に精緻な異常診断があって、人間の心身の音楽の響きがそれに応えることができればと妄想した次第です。

    。。元気のないときに暗い音楽が響いたりしたら大変かもですけど。

    検査データをこれから音楽にします!
    精神上の要注意データは(そんなものあるかしら)中高音・危険直ちに再検査というデータは高音。。
    身体上の要注意データは中低音・危ないデータは低音・今すぐ対処すべきデータは超低音で表示。
    聴覚障害に考慮して、波形も同時に画像表示し、臓器も画像表示にします!
    とかいう人間ドックの評価を私も妄想。。わかりやすいようなわかりにくいような。。

    個人的には、こころの状態が外部に表現されないほうが、気楽かもです。
    様々な感情が色認識できるとして、人混みをみると。。鳥も動物も花も木も、虫も。
    それに八つ当たり気分のときに自分の体の色が変わって、あたりから避けられる。とか。。
    いや〜わからなくてよかった♪

    >農作業おつかれさまでした。

    私は軟弱なので、父より先に熱中症危険のアラームがなります。父のはアラームが壊れています。

    新ジャガ・おいしいです。
    近くでしたらお分けするのに、残念。。


    東京長野周遊のご旅行、ご自分時間を楽しんでらしてくださいね。
    いってらっしゃ〜い♪

  • >>No. 2329

    今日は、懸案のジャガイモの収穫をしました。
    種芋の量から考えて、ほぼ6倍〜10倍超の収穫でした。

    午前中で収穫は終わったのに、体力がない私が、みえを張っての力仕事をしますので、解散してからの時間が〜殆ど休憩で夕方になってしまいました〜_-)

    草刈りを手伝ってくれる有り難い同年の従兄弟が、夕方来てくれて、収穫の1/3と、少しのネギと、去年の梅干し(父がひとりで漬けました)、私が今年作った煮梅・梅酒などを持っていってもらいました。

    来年は同じように過ぎて行くんだろうか、今年限りの農作業ではないかしらと思いながらする仕事は、自分の自然体とは少し異なるペースであったりするので、疲れます。そういうところは介護と少し似ているかも。。


    ともあれ、明日は、何も考えない日っということで、朝からコーラスで仙台にいってきます。
    明日は、先生がコンサート準備でいらっしゃらないので、集中的に春の海>の練習となるそうです。

    音楽の骸骨の話>という本がありまして、作曲家の柴田南雄さんの著作なのですが、
    音階はそれぞれの音が平均で平等なのではなくて、基本の音を設定すると、そのオクターブ上・四度上・五度上。。といった骨格に、全音とか半音がくっついてできる旋法の色合いを作って行く。。というような。。

    なので、声楽の場合、音とりの場合に絶対に外してはならない音と、経過的なものとして処理する音があってよい。ということだと私は思うのですが。。

    これって何かに似ているでしょうか?

  • >>No. 2328

    こんばんは〜♪

    >そうでしたね。でも大丈夫でした。8時30分に眠りについて11時15分に起きられました。私の体内の目覚まし時計が利いたようです。

    それはそれは。介護ありなのにイレギュラーなことをさせてしまい、すみませんでした。ご投稿のあとはゆっくりお休みになれたとよいのですが。。

    >宇宙の音楽の多くが人間にとって不快なものでなくて幸いです。

    そのままのものをほぼそのままに変換するのではなくて、
    認識し易いように、いとこの女性の声(音階として記録した限定されたピッチ・身近な音色)を対応させる変換を採用することを、面白く感じました。

    変換の方法:ブラックボックス:がどういうものであるにせよ、もとデータのパターンは認識できる!
    アバウトさ(と想像したのですが)が入り込むことで、聴覚的に識別・記憶・認識し易くなるといったようなことかと解釈したのですが。。

    >それでも番組のなかで紹介があったように現在でも原因不明の低周波の音に悩んでいる人たちも北米やヨーロッパに数多くいるのですね。幅の広い大きな滝の水のカーテンに閉じ込められた空気が共鳴して周辺に不快な音を響かせていたことはよくある話ですね。

    なるほどです♪
    私などは、そうなのか〜近くに工場があるということがそんなふうに音として影響し、音と構造の関連>に着目するポイントになるのね、程度にしか思わなかったのですが。

    >これとは違った不快音があるのであればその原因を突き止めることが私には興味があります。
    >それは長年、機械の振動騒音に対応してきた者の職業病かもしれません。

    貴重な職業的視点ですね♪なんとなくなるほどです。

    >そして、宇宙の音楽に興味をもつとともに、人間の身体がさまざまな音や音楽のようなものをつくりだすとすれば、それにも興味があります。

    超音波検査とかはその類かしら。。聴診器で拾い出せる異常ってものは昔からあるようですが。。
    正常な響きとしていえば、電車の音と、胎児として聞く血流音が類似しており、昔の安心感を思い出してついつい眠りに誘われるのだとか。。

    >とくに、私のような高齢者の場合には、今後の健康管理に役立つことが望まれます^ ^

    身近な家族として、いつもと違う!と、疾患とか薬の副作用の前兆を拾い出す経験はありましたが。。
    「変化」を拾い出すには、常態を認識していることが必要ですね。

  • >>No. 2326

    再びこんばんは〜

    >面白そうですね。ただし、今から眠りについて、11時45分に起きられるかどうかです^ ^

    すなおさん、録画って手があります!

  • >>No. 2324

    こんにちは、すなおさん♪

    お話しようと思っていて忘れていたのですが、こちら↓
    ttps://www.nhk.or.jp/docudocu/program/1861/2120222/index.html

    ソニフィケーションの話なのですが。。
    <探査機が観測した木星や土星の不思議な音色。すい星のハミング。恒星やビッグバンを音で表現することで、その内部構造や過去の出来事を実感できるようになる。>という紹介文でした。

    観測して得られるデータ:波形とか数値などの膨大なデータから、ある現象時に現れるパターンとか、その天体特有の構造を反映するデータを見いだそうとするときに、一旦音に置き換えて、聴覚的な情報:音(楽)として認識することで、より直感的に、「その」(特定・固有の)パターンを認識できる!
    。。。というようなお話でした。

    今夜再放送のコズミックフロント>って番組です。
    もしかしてご覧になったでしょうか?
    聴覚をもちいることで、より直感的な認識に繋げていくという着眼(耳?)点が面白かったです。

    ではまた♪

  • >>No. 2321

    おはようございます、すなおさん♪ローズミントさん♪

    梅雨、あけたそうですね♪
    今週行けば、うちの高校生も夏休みです。

    >ハミングさんが加えられた歌「リンゴの木の下で」は、ナイスチョイスで、しかも魅力的な歌ですね。私も歌えます。その頃の歌はほとんど歌えます。
    >「一杯のコーヒーから」もその頃としてはモダンな感じがして良いですね^ ^

    古き良き時代!...って感じでしょうか。
    ああそれなのに>は、男が一旦外に出れば7人の敵!と帰宅が遅いご主人が。というギャップが、父にはおかしかったようで、実際帰りは遅かった父に、そういう冗談的感性もあったのねと新発見でした^_^)


    リンゴの木の下で>は、また明日会いましょう・と明日を約束するところが気にいっています。
    これは、病院なんかで、ではまた○○に会いましょう!と予約するのとはかなり違いますね。

    >昨日は小雨のなかをカッパ姿で車イスをおしてかかりつけ医に行って来ました。脚のケイレンに対しては、炎症を抑えて痛みを和らげるという塗り薬(イドメシン・コーワ・ゲル)で様子をみることになりました。

    お疲れ様でした。なおお大切に。。
    それにこの夏の暑さですから、熱中症とまではいかずとも水分補給には御注意あれ、です。


    今週月曜は、山の畑に、ゆずを更に一本・夏みかん二本・無花果を2本植えてきました。
    びわは今頃ですが、今年の種を発芽させようと努力中です。かぼちゃはどうしたことか雄花しか咲きません。
    じゃがいもは茎が枯れてきて、収穫時期になり、ためし堀りで大丈夫そうでしたので、明日が収穫です。
    卓上の朝顔は、小さな花を咲かせていますが、これは栄養が足りないのかも。。

    >その美しさ、けなげさ、香りの良さを、人間は自分たちへの表現とみなして、喜んでいるのかもしれません。

    殊に、食べられる果実は美しく感じます!
    そろそろすいかもシーズンですし、プラムもレモンも夏みかんも、メロンも。。いろいろ旬ですね♪

    ウィントン・ケリーもいいですね♪ご紹介ありがとうございます。

    今日もよい一日に♪

  • >>No. 2318

    こんにちは、すなおさん♪ローズミントさん♪

    >こちらは今夜から大雨になります。近畿、愛知、長野、東北へと筋状の雨雲が長い時間に渡って通過するようですね。

    そちらでも大雨や土砂災害警戒の特別警報がでていますね。。
    雨、早くやむと良いのですが。。


    こちらの敬老会は、午後の中頃まで雨も降らず、足下も大丈夫でした。5時〜の調理も無事間に合いました。
    応援ありがとうございました。

    いつもの曲を同じように歌っていたらぼける!と父が主張するので、「新しい曲」を選んでもらったところ、「二人は若い」「月がとっても青いから」「ああそれなのに」でした。私が「リンゴの木の下で」を加えました。

    >浮き浮き踊って歌う理由がある人生・・・私には縁遠い話かもしれませんが、もしも、銭湯から突然、裸で街中に飛び出して駆け出すような発明や発見が私に起これば、浮き浮き踊って歌うことも簡単かもしれません^ ^

    ・・突然インスピレーションが降ってくる場合、設定として、街の銭湯で入浴中・外は大雨>ってレアなんじゃないかと思いますけども、とりあえず今は大雨、入浴中にはどんなよい考えも浮かばないよう御注意くださいね!

    Oscar Peterson のThe Gentle Rainのご紹介ありがとうございました。
    昔とても好きだったピアニストだったのに、この頃忘れていました。
    特徴のあるパッセージ、素敵だなあと聞き入った頃をそうだったな〜と思い出しました。

    <Ballads Blues&Bossa nova>ってアルバムの一曲なのですね。

    手元に置きたいCDでしたが、残念・在庫0でした。
    でも、Youtubeで、覚えてさえいればいつでも聞けるというのも、所有>が軽くていいかも。
    しばらく楽しめそうです。
    ttps://www.youtube.com/watch?v=5wvEy5yC070

    それとすなおさんに倣い、透明な水色のねじれた瓶に、庭の(草のような)朝顔を根ごと生けました。花はその夕方には終わり、新しい蕾が育ってきました。明後日あたり開花するかも。

    隣の花瓶はピンクション:南アフリカの沿岸部に原産するヤマモガシ科レウコスペルルム属の株立ち性常緑小低木>とかで、水の蒸散が少なそうな葉や花の作り。(木だし)つるつるごつごつしています。

    植物の構造は、ある環境での「表現」ですね。

  • >>No. 2314

    こんにちは、すなおさん♪ローズミントさん♪

    こちら地方、まだ雨が降らず、薄い雲の下です。夜には降りそうです。
    明日は、いつもの敬老会があるので、昼のうちに買い物をしてきました。

    メニューは、佐藤錦・茄子の炒め煮・去年父がつけた梅を刻んで混ぜ込んだ梅酢飯の上に鶏や卵のそぼろや椎茸・グリンピースの甘辛煮をのせたご飯もの・味噌汁・揚げ出し豆腐・お茶請けに大梅のシロップ漬けなどです。
    明日、早起きして作ります。

    認知症が少し進んだ御近所さんには、朝、用意がすんでから確認のお電話をします。前回は電話をいれたら即、我が家においでになったので。。それに、桜桃の種を出すというのがわからなくなってらしたので、会でお配りするときには、先に種を取っておかなくてはです♪小さな仕事が沢山あるので、明日の午前中は忙しく過ぎそうです。
    大雨にならないとよいのですけど・・・

    >その一方で、昔から、心・技・体という言葉もあります。「心」「技」「体」を要素と考えて、これらから「アスリート」が構成され、その機能として「スポーツパフォーマンス」があると考えられるかもしれませんね。

    >このように、要素、構成、機能からなる存在をいろいろと考えることで自分の創造力がアップするかもしれませんね。

    ・・・そうなのかも知れませんね。。
    直接的には役に立たないようにみえる体験が、詰まっているときに支えになってくれたりもするものですよね。

    >>パーソナリティ(人格)=存在で、心=その機能 っていうのはなるほどですが、パーソナリティの要素は人と対象。。。ここはわかりにくいかも。。
    >わかりにくいですね。
    >「人と対象」というところを「身体-環境」と置き換えられるとすれば、環境♯1のように思われますが、いかがでしょうか^ ^

    丁寧な解説、ありがとうございます。
    身体には、脳の機能である心・主観も含み、環境には、その人の置かれた状況の全てを含む環境を想定するのですね。そういうことならと納得しました〜♪

    Singing in the rain>のご紹介もありがとうございます。

    懐かしい♪高校の友達とMGM's(だったか)の映画のワンシーンとして見たような気がします。
    雨のときにもこんなふうに浮き浮き踊って歌う理由がある人生ってどんなかしらと想像。。

    歌うから楽しいのか・楽しいから歌うのか。ですね♪

  • >>No. 2312

    こんばんは、すなおさん・ローズミントさん♪
    今日のこちら、少し地面を濡らす程度に雨が降りました。それでも少し気温が下がりました。
    すなおさんのところは本格的な雨ですね。

    >監督が交代し、コミュニケーションが早期に良好になったようです。今後のブレークスルーの可能性を感じました。
    >「人という要素が集まってチームが構成されてコミュニケーションという機能がうまれる」少し変な文章かもしれませんが、ある人の考え方を真似してトライしました。

    各人(要素)が役割を果たし、(集合体として)効率的・構造的な連携プレイをするには、コミュニケーションという機能が鍵であった、という感じでしょうか?


    >第二の前提は「存在の見方」と呼ばれ、存在と機能の関係を規定した。
    >つまり、存在(b)は要素(e)、構造(s)、機能(f)という側面から成り、
     構造は要素の配置あるいは「つながり」で、
     機能は、その構造下における要素間の動き、あるいは「はたらき」と定義される。

    なるほどです。

    >この議論をパーソナリティや心の問題へ移すと、パーソナリティの要素は人と対象であり、心(mind)はパーソナリティの機能である。人が死ぬとパーソナリティの機能である心はもはや存在できない。

    パーソナリティ(人格)=存在で、心=その機能 っていうのはなるほどですが、
    パーソナリティの要素は人と対象。。。ここはわかりにくいかも。。

    要素が構造を成し機能をもつ>話と、コーチが変わって(新)機能を獲得したチームにおける創造性>というお話でしょうか?

    先の2211とどこか重なるように思います。
    ご紹介の「創造学のすすめ」は、(畑村洋太郎さんですか?)

    >6月の勉強会は「絵本づくり3」です。7月の勉強会から「物作りアイデア」をテーマにします。そこで、「創造学のすすめ」を読み直しています。こんな記述がp.68にあります。
    ・・・あらためて確認しますが、創造とは要素を組み合わせてある機能を果たす構造をつくりあげることをいいます。これはどんなものをつくるときにも共通していえる創造の基本的な考え方です。それはつまり、要素となるものを組み合わせて機能を果たす構造をつくりあげれば、それが創造になるという意味でもあります。そう考えると、創造というものが思っていた以上に簡単なものに見えてきたのではないでしょうか。・・・・

  • >>No. 2310

    こんばんは〜・ローズミントさん♪すなおさん♪

    >酷暑のときは中東に、蒸し暑さのときはサウナに、旅費も入浴費もかけず自宅にいるだけで体験できると思えれば良いのですが、なかなかそうも思えませんね^ ^。

    中東のサウナ覚悟のせいか、こちら地方、気温で全国一でした。

    >ベランダの鉢植えの朝顔も水遣りを怠ると暑さですぐにしおれます。
     そこで今朝は最初の一輪を切花にしてテーブルに置きました。

    綺麗な青い朝顔ですね。つるが上に伸びて元気そうです!
    うちの庭ではカボチャのつるがぐったり...ではないですけれども、地面を這って伸びて暑そうです^_^)


    今朝方は、2点先取だ〜!という末っ子の声で目覚めましたが、日本、いい試合でしたね。

  • >>No. 2308

    こんばんは〜すなおさん♪暑いです〜・・

    >36.6度は中東の暑さを思い出させます。マスカットの8月は朝30度、昼40度で、液晶時計の文字盤が暑さで消えました。そんな試練を、2週間の屋外仕事で体験していますので、日本の夏は嫌いではありません。

    うむむ。。
    ですけど今は7月初旬です。
    梅雨の寒いときですと、長袖のセーターも着たりもする6月が、炬燵なんかにはいったらもう熱中症で倒れて一生(?)そのままではないかと思うほど、今年は暑いです。いつもの暑さは、冬に贅沢をしていると思って乗り切ろう、とかいってられるのですけれども、今年は、期待値と大きく外れる気温だからか、体も根性もついていきません。
    でもアドバイスに従い、中東にちょっと遊びに来てみただけ♪と自分に言い聞かせて、がんばります!

    >お買い物には、サングラス、ひも付き帽子、男のスカートのようで涼しいX. Largeサイズのポリエステルのガバガバな登山ズボン、メッシュの靴で、さっそうと今日も自転車を走らせました。

    私は、ですね、水色の綿のTシャツの、大きめの襟元に同じく綿素材の刺繍をあしらった水色のトップスに、体にまとわりつかない素材で白地に濃い青の濃淡の大きな花模様の長めのキュロットスカート・茶色のつばのひろい麦わら帽に茶色のサンダル。。といった服装で、夕方の涼しくなる時を待つ吸血鬼のごとく、買い物にいきました〜。

    秋田で釣れたおおきなタラのまたお裾分けを友人がもってきてくれて、酒蒸しレモン添えが今晩のメインでしたが、私は食欲減退で、サラダと、オレンジジュースにレモンを絞り込んだものでおしまいでした。。
    庭の雑草も暑さにしおれていたので、私がしおれるのもしかたないですよね〜。

    >明日午後のクール便で長野の妹から硬い丸ナスを送ってきます。それは2cmの厚さで輪切りにしてフライパンにゴマ油をひいて焼き、唐辛子で辛くした醤油をつけて食べます。田舎のビフテキのようです。

    それもいいですね!

    ちなみに、夏、タマネギ・豚肉を煮て、鰹節だしでつくった冷たい汁につけて饂飩・おろしショウガというのは、長野風である!と母がいっていましたが。。
    祖父は下伊那の人でした。

    この季節・水分が不足しがちだったり、水分ばかり補給して体液バランスが崩れたりしがち。

    ローズミントさんもすなおさんも、ご自愛くださいね。

  • >>No. 2306

    こんばんは〜、すなおさん♪ローズミントさん♪
    今日のこちら地方、やっぱり暑くって暑くって、最高は36.6度だったみたいでした。
    雷は鳴りましたが、雨は降らないみたいです。
    水曜からは少し降るという噂ですが、山の畑に植えた苗がそれまで持てばと思います。

    人間のほうも、冷房つけてももうだめ。。って感じでした〜♪
    夏は私としては一番好きな季節なのに、それは単に精神的なイメージのなせる技で、フェルトセンスとしてはこれはもう無理!と思いつつ、外でのお仕事される方、本当にお疲れ様です。。と思うのでした。

    夕方に花屋さんとお肉屋さんに買い物にいき、小さなハーブガーデンに水やりをしました。
    お花やさんでは、ポットのペンタスと、ピンクッション(南アフリカ原産)というあまり見ない花を買ってきました。

    >買い物では茄子も買ってきました。調理しやすいし、入れ歯の人にもやさしいからです。

    そうですね〜♪
    うちでは、茄子に斜めに包丁を筋のようにいれたものを、浅い鍋に油を少量ひいてちょっと焼き色をつけて、出し醤油の薄いので煮て、仕上げに針ショウガ。。というのが定番です。あと、適当に焼いて、甘味噌。。というのも。。

    >先日の音楽会から帰宅して一人でベッドに横たわっていたら、両脚が引きつってしまいました。いつもなら1分かそこらで回復するのに、その日は10分くらい苦しんでいました。上半身に汗をかき、顔は青ざめていました。何が起こったのでしょうか。土曜にかかりつけ医に聞いてみようと思います。その後は今のところ何ともありません。

    そうでしたか。。
    運動のあとでなければ、水分やミネラル分のバランスが崩れて起きることも多いそうですけれども、頻度が高いようでしたら、気をつけなければいけませんね。。カリウム補給にはバナナもよいらしいですが。。

    iNPHのMさんもよく足がつるといっていて、そのあとで、軽い脳梗塞の発作が起き、救急車を呼んだそうでした。「いつもの」症状:として大きなサインを見落とさないように、土曜にはしっかり相談していらしてくださいね。。

    >カリフラワーのご説明恐れ入ります。

    すみません、かるい冗談ですm(__)m 
    写実の奴隷にはなりませんとかヘタなのに生意気やってみてるのがいけないんです!_!
    そういえば、カリフラワーは生でもおいしい!と、試してガッテンでやっていましたね♪

  • >>No. 2304

    おはようございます、すなおさん♪・ローズミントさん♪

    昨日も暑かったですね〜!

    あんなに暑かったのに、こちら、全国四位でした〜。。
    この時期がこんなに暑いとは。。昔からそうでしたっけ?

    梅雨入り宣言後、雨が降らず、サクランボの作柄はA三つですが、山の畑の胡瓜や茄子やトマトの苗は孤軍奮闘!で
    苗に一つの茄子しかならず、単価:500円(以上!)
    畑の紫水晶!です♪

    一人残って奮闘(?)する戦中派・かつて農家の次男であった父は、苦労して入手したものの、今では周囲も耕作放棄地多い山の畑に、涼しいうちにと、目覚めた4時過ぎには草刈りいってしまいました。
    この時間帯では、私としては伴走不能です〜。(求められてもいないのですが)

    9時に戻らなければ捜索に行く心づもりです♪


    ローズミントさん、かつてお話していた頃、あれから、確かに9年です!
    うちの子供たちも、上二人は結婚し、続く一人は結婚予定にて同じ職場での就職を決め、残る末っ子高三は受験生という分類に入るべきお年頃となりました。

    >>せっかく生きているのだから、生き生きとしていたい!と思っている気持ちにて。
    万が一仕上がりましたら、崖ぴょんの気持ちにて、アップしたいと思います。
    >崖ぴょんのソフト・ランディングのアップを楽しみにしています。

    明るい、強い色が欲しいとき!というのは、どんなときでしょうか。
    などと、仮住まいのほうのブログにアップしました。
    このあと寝かせておいて〜ぱっとみて、欲しいところに欲しい色を加えたらそれでとりあえずの完成となる予定。

    ttps://blogs.yahoo.co.jp/mi_ya03/35191867.html

    >中央右下の白っぽいものは大切なアクセントになっていると思われますが、お花なのか果物なのか野菜なのか興味が湧きます・・・紫陽花?葡萄?紫陽花?葡萄?・・・思いを巡らしています。

    中央の白い、モリアオガエルの卵のような塊は〜、信じられないかも知れませんが、カリフラワーです〜
    なるべく説明的でなく、内なる印象に固執したいお年頃の私としては、嬉しい感想でした〜
    ですが、カリフラワーに見えるかもと、線を加えました♪


    今日も暑くなりそうです!
    お二人とも、お大切に、また、よい一週間を♪

  • >>No. 2301

    せっかく生きているのだから、生き生きとしていたい!
    と思っている気持ちにて。
    万が一仕上がりましたら、崖ぴょんの気持ちにて、アップしたいと思います。

    ともあれ、お二人とも今日もゆったりな日曜となりますように♪
    ではまた〜

本文はここまでです このページの先頭へ