ここから本文です

投稿コメント一覧 (8コメント)

  • 過小評価でしょう。
    仕事は積極的に展開しているのではないでしょうか。
    4年前1か月で株価5倍。
    期待しています。


    【昨日の新着情報です。】
    ♦2018.12.19 甲府工場の紹介ビデオを掲載しました。
    (「会社情報」ページの左下の画像をクリックすると再生が始まります。)

    【今年5月以降の新製品情報】
    ♦2018.10.30 「黄銅製ねじ込み式ボールバルブ」の販売を開始しました。
    ♦2018.10.25 「サニタリーバルブ」を初受注しました。
    ♦2018.9.7 「ワインろ過器」を初受注しました。
    ♦2018.5.17 「バルク貯槽ガス取出し弁出口側キャップ」の販売を開始しました。
    ♦2018.5.7 「ステンレス製ねじ込みボールバルブ」の販売を開始しました。
    ♦2018.5.7 LPG用小型・軽量簡易ヘッダー「MH-8CN・15CN」の販売を開始しました。
    ♦2018.5.7 「散水ノズル」の販売を開始しました。

  • 2014年12月以来4年ぶりの101円。
    その翌月2015年1月に502円の高値。

    昨年12月に高値272円。
    12月が変化の月?

    下落株の節税対策売りも今週がピーク?

    急騰を願いましょう( ´艸`)

  • >>No. 197

    命があって良かったですねw
    株価は変動するもの!

    昨年高値は12月の272円.
    それから1年下落一途。
    税金対策の売りもピーク?

    来年は4桁目指して行くことでしょうw

    株主の皆さま頑張りますので
    応援宜しくお願いいたします

    社長コメントでないかなぁ。

  • 12/3

    13:02


    先読み作戦指令室=宮入バルブ:下期から収益回復へ、新製品攻勢も強める
     宮入バルブ製作所<6495.T>を見直したい。

     19年に設立70周年を迎えるLPG(液化石油ガス)容器用バルブの老舗で、船舶、車載、LNG(液化天然ガス)、液体水素向けバルブやLPGバルク付属機器などでも展開、ワイン用ろ過器、食品加工向けサニタリーバルブを初めて受注するなど、新製品攻勢も強めている。

     11月2日に19年3月期単体の営業利益が1億2000万円から8000万円(前期比38.5%増)へ、純利益は1億円から6000万円(同42.4%減)に予想を下方修正した。修正の要因は。LPGバルク付属機器の交換需要の立ち上がりが当初予想よりも遅れていることと値上げの浸透が遅れているため。しかし、下期(10-3月)には値上げも浸透、内製化の促進による外注加工費の削減など、さらなる原価低減効果も発現すると見られており、上期(4-9月)が業績のボトムと見られる。LPGバルク付属機器の交換需要も本格化、20年3月期の収益は一段と明るさを増そう。

     期末配当は設立70周年記念配当1円を含む2円(前期末1円)と増配の計画。

     株価は11月21日に111円まで押してから底入れ反転の足を見せてきたが、年初来高値は265円(1月4日)から見て半値以下と依然として位置は低い。

  • No.66

    強く買いたい

    超割安。(前場安値117円) …

    2018/11/13 11:37

    超割安。(前場安値117円)
    高値502円の0.23掛け。
    昨年高値272円の0.43割掛け。
    会社最低想定株価162円。
    下方修正は織り込み済みで
    新製品も珍しく投入続き200円台へ上げそう?

    2018.10.30 「黄銅製ねじ込み式ボールバルブ」の販売を開始しました。
    2018.10.25 「サニタリーバルブ」を初受注しました。
    2018.9.7 「ワインろ過器」を初受注しました。

    2018.5.17 「バルク貯槽ガス取出し弁出口側キャップ」の販売を開始しました。
    2018.5.7 「ステンレス製ねじ込みボールバルブ」の販売を開始しました。
    2018.5.7 LPG用小型・軽量簡易ヘッダー「MH-8CN・15CN」の販売を開始しました。
    2018.5.7 「散水ノズル」の販売を開始しました。

  • 高値2,947(09:08)
    安値2,723(11:28)
    変動幅224円。凄すぎ。。。

  • 太平電、上期経常が53%増益で着地・7-9月期も2.1倍増益

     太平電業 <1968> が11月9日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比52.6%増の29.9億円に拡大したが、通期計画の69億円に対する進捗率は43.3%にとどまり、5年平均の47.3%も下回った。

     会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比2.7倍の39.1億円に急拡大する計算になる。

     直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の18.9億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.2%→6.6%に改善した。

    by株探

  • 急伸しそうですね。
    光通信の買い意図は何なんでしょうね?


    ◎太平電について、光通信は保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.2]

     太平電業 <1968> について、光通信 <9435> は10月31日受付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、光通信と共同保有者の太平電株式保有比率は5.16%→6.16%に増加した。報告義務発生日は10月25日。

    ■財務省 : 10月31日受付
    ■発行会社: 太平電業 <1968>
    ■提出者 : 光通信

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2018/10/25  5.16% →  6.16%    1,253,300  2018/10/31 15:32

    ■提出者および共同保有者
     (1)光通信
            3.28% →  3.28%
     (2)ブロードピーク
            1.88% →  2.89%

本文はここまでです このページの先頭へ