ここから本文です

投稿コメント一覧 (379コメント)

  • ドシーの動向が気になっていましたが、クチコミを見る限りは評判はあまり良くないみたい。特にサウナの人数制限をする為にフロントに行かないといけないって仕組みは(元もとそうだったんだろうけど)・・・新しい仕組みを考えてからオープンすべきだったと思う。

    また多店舗展開するつもりなら尚さら今のうちにお金や時間をあるていど割いて、改善した方がいいと思う。立地が良いからとかそれなりに客は入るかもしれないけどブランド力とか信用力に大きく影響してくる気がするから。そして評判で上下する空室率の違いは大きい。宿泊業自体が固定費が大きいビジネスで増えた客の売上はそのまま利益増(逆もしかり)に直結する感じだから。

  • 1年以上株価が低迷している企業の株を購入するという決断をし、ある程度は気長に待つつもりでいて、それがこんな形で上がるというのは、儲かるという部分とは違った意味で嬉しいものですね。昨年の後半から不動産関連は特に元気な気がします。ここは成長していることを考えるとまだ割安な感じがしています。半年くらいかけてジックリ上げて欲しいなぁ・・。

  • >>No. 716

    ホントそうですよね。自社株買いのお知らせ・・・12月は0株でした・・・買ってないことの報告・・・。また8月以降の累計も1,900株で総額 2,574,200円・・・まるで個人株主の報告のよう・・・。

  • >>No. 622

    営業CFはマイナスかもしれませんが、営業利益はプラス。なので『無職だけど(ビッグになるから)資金を貸して』って、感じではなく『車はガンガン売れているけど客はキャッシュで買わずローンなので貸して』って感じなのかも。もっとも成長企業なのでビッグになるから貸してくれって部分はあるだろうと思います。

    自動車ローンの場合は自動車自体が担保になるので貸し倒れってリスクは低いとは思うのですが、金融機関にその債権ごと売って現金を手に入れられるならそっちの方が分かりやすいですね。まぁ企業の財務戦略は僕にはよくわかりませんが。少なくとも無職だったらそんな大金を貸してもらう信用はないでしょうね。

  • 不確定要素はあるものの、成長してる企業の割に株価が低迷していると思ったので株主になりました。電力自由化の波にうまく乗れれば化けるかもしれませんし、企業サイトを見る限りは競争力はそれなりにありそう。

    発電からしているインフラ関係なので大コケっていうのも考えにくいかな・・。また原油価格の高騰などで電気代があがったら儲かるかも(もっともバイオマスの原料が高騰といった可能性も同時にあるのでしょうが)

  • 上がっていますね・・。ここまで来ると会社の成長性をどう評価するかって話なのかも。急成長している会社ではあるが業種からしてある程度は鈍化するタイミングが来ると思うが、それが来年なのか再来年なのか・・・。この高成長がしばらく続くなら化けるかもしれないと思っているので残りはまだ売らずに持っています。

  • 僕も利確しました。独自性があり良い会社だとは思いますが、ジックリ成長してる会社だと思うので、それに比べると今の株価は急ぎすぎな感じがします。とはいえ当面はウォッチを続けようと思います。ここの民泊がどうなっていくかも気になります。

  • >>No. 513

    新参の株主です。(12月中旬に)株主になったものの、思ったほどは期待できないのでは??って迷いが出てきました。業績が3年続けて伸びていること受注残が大きいことを期待できる根拠としてあげましたが、さきほど過去の計画や資料を見て、思ったほど信用できないかも??って思ったのでした。

    1:予想を大きく外している
     年初の第2四半期予測だけでなく前年にも(目標と予測を混同している)

    2:2017(第2四半期)の受注・受注残が1年前の発表と変わっている。ちなみに2016年のものは同じでした。※僕の勘違いかもしれません。

    技術的なことが分からない以上は会社の説明が僕の予想の根拠となるので説明の信憑性は割に重要です。スグに売りこそしませんが買い増しは止めることにしました。正直迷っています。プラス要因としては『高収益案件★の売上計上が遅れた』って記述。それに加えて【売上利益20億円必達】って言葉を今回(第2四半期)入れてきたことです。こういった記述は前回の決算発表でも前々回の発表でもありませんでした。★が第3に入るか第4に入るかも注目しています。

  • >>No. 222

    そうは思いませんね。まず不動産業界でも収益をあげているのは宿泊業(ホステルや民泊)などを手がけている会社が多いように思う。次に建築費の高騰や需要動向は会社側の方がよく分かっていると思うこと、そしてそれでも拡大路線を突き進んでだ時にショックがあったらここよりダメージが大きい。もろもろを考えると今の段階で答えは出せない。後になってあの判断で残念だった(or 正しかった)となるかもしれないが、今の段階では間違ってると僕は思えないですね。

  • >>No. 608

    (僕自身は以前にここに投資していた元株主です)
    在庫がガソリン車かEV車かはあまり問題ではないと思いますよ。仕入れた車を何年も持つはずもありませんし、EV車でないと売れないって時代はもっと先。その頃にはEV車を仕入れて売るだけの話だと思います。

  • >>No. 604

    まず直近CF計算書ですが、直近といっても四半期ごとに出しているワケではないので2017年2月21日発表(第18期)のものになります。

    次に棚卸し債権ですが、新規出店が多いと在庫を増やす。つまり車をたくさん買って用意するワケだから営業キャッシュフローのマイナス要因。でも、それ自体は不良在庫を示すものではない。

    また棚卸し債権による営業CFは第18期で-24億円(前年-18億円)。それに対して、B/S見ても商品が100億円から120億円に増えているから、まぁこんなものなのかな??って気がするし、この会社は通常の会社より在庫回転率に厳格だったと思うので僕は問題ないと思う。

    感じとしては商売で20億円のお金が入ってきたけど、仕入れ等に24億円使ったって感じだと思います。ちなみに利息の支払いは7億円くらい。売上870億円規模で成長している会社なら悪くないような気がします。

    ちなみに新規出店する時は商品(車)だけじゃなく建物とかも買う。会社が成長する時にはお金がいっぱいいる。ちゃんと売れていれば問題ないと思う。ただし僕は財務の素人なのでそのつもりで。また間違っていたらご指摘ください(勉強になります)

  • >>No. 797

    まぁまぁ。勘違いとかもありますし、既に間違いを指摘する投稿もありますし、それほど責めなくてもいいのでは?

    個人的に残念に思うのはダメ会社って発言の方ですね。この1年でそこそこ株価があがったニチリンに対して1ヶ月という短期で結果が出なかったこと。いままで1勝4敗だったことなんかは運が悪かったとか相性が悪いとかいうことで、会社の問題ではありませんから。

  • 1.3って中途半端な分割でしたね。僕は持ち株があがって買い増すって基本的にはしないのだけど、端数が出るのが嫌で少しだけ買い増しました。むかし別の株で放置してたら端数が出てて面倒くさいったらありゃしないから。

  • 僕も3割ほどですが利確しました。来年の前半は北朝鮮情勢が心配なので少しキャッシュを多めにしておこうかなぁ・・・なんて思っています。とはいえ何ごともなくアメリカと共に好景気を迎える可能性もあるので、気持ち程度ですが・・。

  • PTSが急落中とか・・・なんでそんな調べればわかる嘘をつくんだろう・・。

    4,950-10。掲示板でそんなことを言って株価がどうこうなるって思っているなら根本的な戦略を見なおした方がいいと思う・・・っていうのは余計なお世話かもしれませんが・・・。

  • >>No. 57

    参考になるのとならないのがあると思いますね。施設が未完成であることによるマイナスは解消されますが、ホテル代が高い割に内装が安っぽいとかは解消されませんから。

    ただしあくまで個々の感想で感じ方は人それぞれ。またマイナス評価ははあって普通(少なければ問題も小さない)。特にホテル部門に関わっている人はサービスなどのクレームに気をつけ改善を続けていって欲しいと思います。

    あとステマもあって普通だと思うのであくまで参考程度です。

  • >>No. 35

    たぶん予測の精度の問題ではなく、投資のスタンスの違いかな??って僕は思っているのですが、『失敗することはないだろう』というタイプがミケさんで、僕は『成功するとは思うが失敗の可能性も考えて注目はしていよう』という感じです。

    ちなみに微妙にディスっているって部分に関しては特に僕にはその意識がありません。大きなプロジェクトなので全てが万全ってことはないでしょうし、隣のカジノよりイマイチだって感じる人(この場合は友人)いたら、そう思う人もいるんだって参考程度です。

  • >>No. 26

    失敗する可能性ですか??あるとは思いますよ。成功するか失敗するか?と聞かれたら成功すると思うが、可能性っていうのは常に100%というのはないと思うので。

    いちおう不安要素としては・・・今までフィリピンで始めたカジノはだいたい成功してる。ただお金持ちが数少ないカジノに集中したという側面はある。巨大なカジノができることによって、客が分散する。一般客というより金持ちの客の取り合いがおこる。オカダマニラができ中国などからもっと客が来るという面もあるが、マカオ・シンガポールなどの都市、あるいはマニラにあるソレア・シティーオブドリーム・リゾートワールドとの競争。

    友人の話ではお金をかけている割にはショボい(ホテルのレビューサイトにもそういった書き込みあり)、フィリピンでは手抜き工事とかは割にあって、フィリピン側のパートナーを見つけるのが遅れた分だけ、建築会社に舐められていて、イマイチな工事でオカダマニラ側と揉めているって話も聞いた(あくまで噂レベル)

    個人的には金持ち向けの需要とかサッパリ分からないが、中国の景気や規制なんかも激変する可能性もある。噴水はいいと思うが、そんなに驚かされるレベルでもないと思うし、ショッピングモールは近くにMOAがあるのでそれ自体はキラーコンテンツになりにくい。現場の責任者が無能なら鳴かず飛ばずくらいはありえると思う。巨大なカジノだけに固定費も大きく、歯車が狂うとどーしよーもなくなる。

    あくまで可能性の話です。僕は成功する方に賭けているワケだけど動向は注視しています。

  • >>No. 10

    資産価値としてはその位になるのかもしれないが、株価が純資産の半分以下って企業もそれなりにあるから、それだけで評価できないっていうのが正直な感想。

    Wynn株が入ってくればオカダマニラの為に借りたお金とかも巨額だろうから資金的に余裕が出てくると思うのと、結局のところオカダマニラが成功するかどうかが一番のポイントだと思う。上手くいけば高収益なのがカジノですが、失敗すれば豪華なゴミですから・・。もちろん僕は株主として成功することを願っています。

  • 技術的なことはサッパリわからない。でも僕はこの企業が成長企業なのに株価が低迷していると認識している。第二四半期で下方修正があったとはいえ通期予想は据え置き。単に変更がなかったわけではなく受注が好調という柱脚付き。更に資料によると受注額は去年の2倍以上(具体的にはご自身で確認してみて下さい)

    さて成長企業と言いましたが、飲食店などと違いこういう技術系の会社は伸びる時は凄く利益が伸びます。営業利益の推移を見ても 787百万円→807百万円→1,036百万円と伸びてきて、今期の計画は2,000百万円ですよ。達成はできなくともそれに近い数値になると現在の会社は予想しています。更に翌年にも伸びていくならここは大化けするかもしえません。

    ちなみにリーマンショック前は営業利益が3000百万円くらいあった時期もあり、リーマンショックでガン!と落ち込みます。伸びるポテンシャルもあるかわりに◯◯ショックがあれば業績的には脆い。ただしそれでも生き残るくらいの体力のある会社だと思います。
    (個人的にはもう少し下がったらもう少し買い増ししたい)

本文はここまでです このページの先頭へ