ここから本文です

投稿コメント一覧 (341コメント)

  • 鹿島の子会社「かたばみ興業」は、豊洲問題で揺れる石原慎太郎氏から「葉山」の別邸(広さは1785㎡)
    を取得しています。

    いったい何に使うのでしょうか? 

    株主として大変疑問です。 

    こんな大豪邸を社員のための福利厚生施設に利用でもするのでしょうか。 
    だとしたら、社員の方は羨ましい限りです。

  • エリート女医2人を手玉に…「ランボルギーニ自慢」のニセ医者 〝イケメン結婚詐欺師〟の狡猾手口
    http://www.sankei.com/west/news/170228/wst1702280007-n1.html

    「一緒に暮らしていた男がお金を返してくれないんです」。昨年12月上旬、30代女医が警察を訪れ、訴えた。
    同署への取材によると、女医は約半年前の同6月、ネットの会員制「合コン」サイトを通じ、
    精神科医を名乗る男と知り合った。 すらりとした体形に甘いマスク。 これが石田容疑者だった。
    2人は結婚を前提に交際を始め、ほどなく女医の自宅で同居するようになった。
    だが甘い生活もつかの間、石田容疑者は自宅に突然金庫を持ち込み、
    「2人で貯金しよう。現金は自宅に置くほうが安全や」と提案。
    素直に信じた女医が約1500万円を保管すると、今度は「投資用マンションで副収入を得よう。 
    いい物件があり、どうしても購入したい。お金を貸してくれ」と持ちかけてきた。
    カネの話ばかりするのを不審に思った女医だったが、結局、2千万円を石田容疑者の口座に入金した。
    芽生え始めた不信感を打ち消すため、石田容疑者は、親族も招かずに女医と「2人だけの結婚式」を挙げた。
    とはいえ入籍はしておらず、法的には独身のまま。 
    いっこうに投資用マンションを購入する気配のない石田容疑者に女医が疑念を募らせる中、
    金庫に入れたはずの約1500万円が丸々紛失。
    たまりかねた女医が問い詰めると、石田容疑者は「マンションの購入費がかさんだ。金は戻しておく」と
    言い訳したが、返済する様子もなかったため、女医は石田容疑者との同居を解消。 
    結婚詐欺の疑いが強いとみた泉大津署も捜査を開始……

    投資用ワンル-ムマンションって、色々な事件に登場しますね。 
    アーバネットコ-ポレ-ションのように、真面目に取り組んでワンル-ムマンション事業にとっては、
    いい迷惑でしかないです。
    投資用ワンル-ムマンションの購入は、上場してるア-バネットコ-ポレ-ションさんが安心です。

  • 三越伊勢丹ホ-ルディングスの天才「大西洋社長」の名著「三越伊勢丹ブランド力の神髄」
    投資家、株主、伊勢丹&大西洋ファンには、必読の書です。
    絶版にならないうちに即入手しましょう。

    写真は、本書籍のプロデユ-スを手掛けた「うえじゅん」さんです。
    こんな美女と2ショットなんて羨ましい限りです。

  • デュアルタップの白石社長は、高卒で「光通信」(9435)のご出身なんですね。
    ということは、かつては、コピ-機や携帯電話でも販売していたのでしょうか。
    きっとトップセ-ルスマンだったのでしょう。

    OA機器等の販売から、現在は投資用ワンル-ムマンションの販売会社をおこして上場するなんて、凄いです。
    光通信の営業スキル・ノウハウを持ってすれば、どんな商品でもバンバン売れてしまうのでしょうね。
    電話の感じは、光通信そのもので、超悪かったですけど、株価上昇期待出来ますか?
    http://syacho-keireki.jp/usui-takahiro-2/

    臼井 貴弘(うすい たかひろ)、1977年7月23日生まれ、 東京都立文京高等学校
    平成8年5月 株式会社光通信入社
    平成12年5月 株式会社フレッグインターナショナル入社
    平成14年11月 同社取締役営業部長
    平成17年11月 株式会社ティー・バイ・エスインターナショナル設立 同社代表取締役社長
    平成18年8月 株式会社デュアルタップ設立 代表取締役社長(現任)

  • 話題の「塚本幼児教育幼稚園」のホームペ-ジには、以下の文言が掲載されています。

    「学校法人森本学園と、りそな銀行は、遺言信託と遺産整理業務の提携を行います」
    http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/

    さすが、りそな銀行、目のつけ所が違います。 
    顧客倍増で、株価にも好影響でしょう。

  • 以前のニュ-スですが、
    「ニッポニスタ」の三越伊勢丹女性バイヤーと大西洋社長が、「稲田朋美」国務大臣クールジャパン戦略相を訪問
    http://www.rbbtoday.com/article/2014/01/22/116100.html

    NYCでポップアップイベント「ニッポニスタ」をスタートする三越伊勢丹HDプロジェクトメンバーと大西洋社長が、
    「稲田朋美」国務大臣クールジャパン戦略相を訪問。

    「入社時から日本と世界の架け橋ができるような仕事をしたいという目的が叶って、身が引き締まっている」
    (美術担当)、 「日本代表としての成果を出せるように」(食品担当)、「日本の職人の地位向上を」(雑貨担当)、
    「日本の伝統技術の革新へという思いの強い作り手と一緒に世界へ」(リビング担当)など、

    各担当バイヤーの思いを受け止めた稲田大臣は、
    「日本人が見て良いと思うものと、海外から見て良いと思うものには当然違いがあり、日本の“クール”にも
    幾つもの顔がある。 今後はそのクールジャパン自体をデザインするということも考えていかなければならない。
    今回、若い女性バイヤーのプレゼンテーションに接して、女性特有の“突き抜ける思い”を感じた。
    日本の女性を代表して世界に発信してきてほしい」とエールを送った。

    現在、稲田朋美さんは防衛大臣であり、話題の森友学園「塚本幼稚園」問題でも名前が出ている著名人です。 
    いつも網タイツ・ストッキングを履いてることでも有名ですけど、
    大西洋社長と、伊勢丹の優秀な女性スタッフには、稲田朋美さんが、海外で日本の恥を晒すことがないよう、
    網柄ストッキングが、どのような職業を意味するのか、ドレスコ-ドを叩きこんで欲しいです。

    稲田朋美にTPOをわきまえたファッションを教えたとして、大西洋社長と伊勢丹の株が上がること間違いなしです。

  • 盟主・三越伊勢丹、急速に経営悪化の異常事態…百貨店の存在意義消失か、エステサロン買収
    http://biz-journal.jp/2017/03/post_18207.html

    ネット通販が拡大するなかで、百貨店離れが大都市にも広がっている。
    その象徴が「百貨店の勝ち組」といわれてきた三越伊勢丹HDの業績悪化。
    17年3月期の連結売上高は前期比2.9%減の1兆2500億円、営業利益は27.5%減の240億円、純利益は51.0%減
    の130億円の見込み。   目標に掲げていた連結営業利益500億円は2年後にずれ込む。

    何より「ファッションの伊勢丹」の顔である「伊勢丹新宿本店」の不振が大きな痛手。
    ファッション性の高い商品で高所得層を取り込み、好調を保ってきた旗艦店が、落ち込んだ。
    16年4月~17年1月の婦人服・洋品の売り上げは2.8%減。
    伊勢丹新宿本店の衣料品売上高の全体に占める割合は43%、靴やアクセサリーなど身の回りを含めると58%。
    13年の店舗改装に合わせて高級化路線にシフトしたが、消費の減速でこれが裏目に。
    大都市の大型店の儲けで地方店を維持するという収益構造が転換点を迎えたということ。

    収益の柱だった衣料品の停滞が続くとなれば、百貨店はどこへ向かうのか。
    三越伊勢丹HDはコト消費を強化してモノ消費の不振を補う。物販以外のサービス事業を拡大する。
    今年1月、国内外でエステサロンやヘアサロンを展開するSWPホールディングスを買収して、子会社に。
    今度はシニア向けの旅行会社、ニッコウトラベルを買収する。

    エステに旅行代理店、百貨店業界のなかで、こんなM&Aを繰り返しているのは大西洋社長だけです。 さすがです。
    伊勢丹には百貨店の仮面を被ったソフトバンク=孫正義氏を目指して欲しいです。
    今年は株価爆上げ期待出来ます。

  • 東京都内で近日中にオープン予定のセブンイレブンの加盟店、
    従業員募集のために「ノルマ、罰金無し」という張り紙を店舗の壁に貼っていたことが、SNSで話題に。

    別の加盟店が、バイトを病欠した女子高生に罰金を課した騒動を受けた内容とみられる。

    セブン&アイ・ホールディングスの担当者は、
    「フランチャイズ店なので、従業員の募集や採用の方針はオーナーに任せている」と説明。
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/20/seven-eleven_n_14896668.html

    さすが、ブラック企業、改め、ホワイト企業のセブンイレブン。
    そろそろ、株価も返り咲きでしょうか?

  • 愛知県警は2月23日、名古屋市北区のコンビニ大手セブンイレブン加盟店で、
    アルバイトが急に欠勤すると罰金を支払わせる契約を結んだとして、労働基準法(賠償予定の禁止)違反の疑いで、
    中国籍の夫婦で経営者の男(37)と店長の女(37)を書類送検。

    労基法は、働けないことを理由とする違約金や損害賠償を支払わせる契約を禁止している。

    2人は「急にバイトが休むと、自分たちが穴埋めをしなければいけない。 自由な時間が欲しかった」と供述し、
    容疑を認めている。 
    欠勤したバイトはいなかったとみられるが、1人は3回遅刻した罰金として、計3万円を支払わせたという。
    書類送検容疑は昨年9~12月、10~30代のバイト男女5人に「急に欠勤した場合は1回1万円の罰金を徴収する」との契約を結ばせた疑い。

    セブンイレブンを巡っては1月、東京都武蔵野市の加盟店が、バイトが休む際に代わりの人を探さないと
    ペナルティーを科すというルールを設け、
    実際に風邪で休んだ女子高生から9350円を天引きしていたことが明らかになっている。 

    セブン&アイ・ホールディングス広報センターは「加盟店の法令順守を一層徹底していく」とコメント。

    この事件、ロイタ-でも報道されてますが、世界中で報道されてるのでしょうか? 
    日本の恥ですね。 ブラック企業大賞を再度受賞ですか?

    TOPIXコア30構成銘柄の下落率でトップになったそうですし、投資家を裏切るのも、
    そろそろストップして欲しいです。
    http://jp.reuters.com/article/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%9A%EF%BC%97%EF%BC%86%EF%BD%89%EF%BC%A8%EF%BC%A4%E3%81%8C%E5%8F%8D%E8%90%BD-%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E5%BA%97%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%AB%E7%BD%B0%E9%87%91%E5%A5%91%E7%B4%84%E7%96%91%E3%81%84%E3%81%A8%E5%A0%B1%E9%81%93-idJPL4N1G86JT

  • パナソニックが、完全子会社予定の上場会社「パナホ-ムPanaHome」は、施工不良・施工ミスなどが、
    発生してるようです。 

    業績が芳しくない会社のようですが、子会社化して、パナにマイナス影響を与えるリスクはないのでしょうか? 
    施工不良のような瑕疵が、数多く隠れてる可能性はないのでしょうか? 

    競争の激しいハウスメ-カ-市場で、生き残れるかどうか分からない会社を、
    本当に小会社化する必要があるのかどうか、株主のためになるのかどうか、もう一度考えて欲しいです。
    https://www.youtube.com/watch?v=uk5SfjHwi4s

  • (東京ガスから東京都が取得し、築地市場を移転させるはずだった)豊洲新市場「青果棟」の工事を
    鹿島建設・西松建設・東急建設・TSUCHIYA・岩田地崎建設・京急建設・新日本建設(JV)が、落札してましたが、
    石原慎太郎氏(元都知事)の秘書を勤めていた鹿島の専務執行役「栗原俊記」氏の力も影響してるのでしょうか?

    落札率は99.96%だったそうです。  鹿島は天才ス-パ-ゼネコンですね。
    しかも、青果棟の工事単価は、高級マンション並みと言われています。
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-15/2017021504_01_1.html

    鹿島の売上アップ間違いなしです。

  • 東京都が東京ガスから取得した土壌汚染された「豊洲」の築地市場移転用地
    小池百合子都知事は、石原慎太郎元知事を“瞬殺”する“失政”の証拠 極秘文書を入手。

    資料は2003年4月から05年5月にかけての都と東京ガスの交渉記録。
    豊洲への市場移転決定を受け、土壌汚染対策を巡り、両者が交渉した会話が詳細に記されている。
    会話からは交渉が難航した様子がうかがえる…
    https://dot.asahi.com/wa/2017021400047.html

    どちらが悪いのか、誰が悪いのか、現時点ではまだ分かりませんが、
    東京ガスからガス供給を受け生活してる東京都民は、気分悪いでしょう。 
    これを機に、地方都市へでも引っ越すことを考えるべきでしょうか?
    都市ガスの自由化問題もありますし、今後、株価はどうなんですかね…

    ちなみに、石原基都知事の息子さんは、各界で大活躍中。 長男は政治家の石原伸晃氏。
    次男は俳優・タレント・気象予報士の石原良純氏。 三男は政治家の石原宏高氏。 四男は画家の石原延啓氏。

    弟さんは、あの石原裕次郎さん。 
    今回の事件で、全国の石原裕次郎ファン、石原プロダクション、所属の渡哲也・舘ひろし・神田正輝さんも、
    悲しみ、迷惑してることでしょう。

  • 鹿島の専務執行役「栗原俊記」氏は、かつて、石原慎太郎氏の秘書を勤めていました。
    そんな一流ゼネコン鹿島が建設したマンションの住民が、鹿島に対し訴訟を起こしてるようです。
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84584570Z10C15A3000000/

    大量の欠陥施工が見つかった福岡県久留米市に建つ分譲マンション「新生マンション花畑西」、
    1996年の完成・引き渡し直後から多数の欠陥施工が発覚し、現在まで解決に至っていない。
    管理組合理事を中心とした住民の51世帯は、2014年6月、
    設計者のユーアンドエー設計事務所、工事監理者の木村建築研究所、施工者の『鹿島』の3者を連名で提訴…
    鹿島って、日本一のゼネコンでなかったのでしょうか? 
    世の中、何を信じたらいいのか、 鹿島の株価は永遠でしょうか?

  • 晴海タワマンで施工ミス発覚!
    http://diamond.jp/articles/-/86686

    三菱地所レジデンスが開発、鹿島建設が施工を手掛けたタワ-マンション「ザ・パークハウス晴海タワーズ」
    の2棟目となる「ティアロレジデンス」の契約者に、三菱地所レジデンスと鹿島から、ある通知が届いた。
    書かれていたのは、「エレベーター昇降路ピット内の躯体是正工事について」。

    非常用エレベーターを設置する地下1階のスペースで、免震装置のコンクリート部分の角が張り出した状態
    で見つかり、この部分を切り取る「是正工事」を行ったというもの。

    三菱地所広報部と鹿島広報室によれば、
    昨年11月にエレベーターの設置工事をしようとした業者が、異常を発見。
    三菱地所設計が作った設計図ではこの部分を取り除くとしていたが、表記の仕方が分かりにくく、
    工事を請け負った鹿島が設計図を基に作った「施工図」では取り除かれないで、そのまま施工してしまった。
    両社間の『確認不足』が原因。 
    設計と施工レベルの高さから、業界では「最高の組み合わせ」とされる三菱地所レジと鹿島だが、何たるミスか。

    契約者にしてみれば、両社が手掛けた南青山の高級マンション「ザ・パークハウス グラン南青山高樹町」で
    施工不良が13年に発覚し、丸ごと建て替えた上、多額の補償金を支払った一件が想起されたのも無理はない。

    大手だからとって、安心してると大変な目にあうかもしれないという、いい例かな。
    東芝の問題と同じく、株価も注意してないといけませんな。

  • セブンイレブンって、ブラック企業大賞にノミネ-トされてたんですね。 知りませんでした。
    http://blackcorpaward.blogspot.jp/2015/10/4-2015.html

    アリさんマークの引越社「引越社関東」、靴屋さんのABCマ-ト「エービーシー・マート」等もノミネ-ト。

    これは名誉なことなのでしょうか?  株価上昇しますか?

  • 東京ガスに“天下った”現練馬区長 追及された議事録が抹消の怪
    https://dot.asahi.com/wa/2017012500189.html

    前川区長は、都在籍時代に、築地市場移転先である「東京ガス」の六価クロムなどの重金属で汚染された土地
    を購入した交渉責任者である。
    しかも、都を定年退職と同時に、その土地買収交渉相手である「東京ガス」に執行役員として天下りし、
    7年間の長きに渡って在籍した。一部に、公務員としてのモラルを疑われている。

    東京ガス、悪いニュ-スばかり聞こえてくる。
    投資しても大丈夫なのでしょうか?

  • 20年の東京五輪、「水上競技場」はそもそも隣接する「海の森公園」の整備ありきのプロジェクト。
    東京湾に浮かぶ埋め立て地、中央防波堤の“ゴミの山”を巨大な森に再生させる。
    石原慎太郎元都知事が16年五輪招致の目玉に掲げた肝いりの緑化事業。
    09年に1度目の招致が失敗しても「海の森」プロジェクトは生き続け、
    公園の敷地造成にこれまで約45億円の税金が投入されてきた。
    その工事を請け負った業者には、慎太郎氏と「密接な関係」の企業も含まれる。 
    昨年10月に2社とJVを組み、5万7200㎥分の盛り土工事などを約2億4844万円で
    受注したのは「かたばみ興業」。  緑化・造園事業が主力で、ゼネコン大手・鹿島建設のグループ企業。

    慎太郎氏は都知事時代から、元秘書で鹿島の現専務の「栗原俊記」氏を通じた癒着関係が指摘されてきた。
    02年の秋葉原再開発計画をめぐる「鹿島優遇策」は語り草だが、「かたばみ興業」と慎太郎氏の関係は直接的で、
    14年7月に慎太郎氏が、慣れ親しんだ逗子の別荘(敷地540坪)を売り払った買主は「かたばみ興業」。
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/193304/1

    かたばみ興業は、鹿島が開発したオフィスビルやマンションなどの植栽管理も手掛けてるようです。
    皆さまがお住まいのマンションの管理組合の下に潜り込んでる可能性もありますので、
    一度チェックされたほうがよさそうですね。
    鹿島へ投資する気には……

  • 景気がいいわけではないのでしょうが、働き手は足りてないようで、
    新卒も、中途も、優秀な人材を採用するのが難しいと聞きます。

    セコム子会社には、パスコとか、荒井商店とか、なぜか社名にセコムとつかない会社があるようですが、
    社名に「セコム」とつけて、採用活動・営業活動したほうが、絶対有利だと思うんですけど。
    企業の価値は「人」で決まるわけですし。

    「荒井商店」不動産事業部 篠田紀一郎さんは、千葉県出身、法政大学卒、1994年入社。
    www.arai-s.co.jp/shinsotsu/staff.html  
    この「荒井商店」採用サイトを見て、篠田紀一郎部長の下で働いてみたいと思う学生がどれ位いるのでしょうか?

    来期からでも、荒井商店は「セコム不動産」、パスコは「セコムマップ」とでも社名変更したほうがいいのでは。
    営業活動にも有利でしょうし、いい人材を採用出来れば、セコムの未来の売上と株価にもつながるでしょう。
    飯田亮さん、是非お願いします。

  • 地方や首都圏郊外にある店舗の売り場面積の縮小や業態転換などを検討している三越伊勢丹ホールディングスは、
    3月末をめどに具体的な店舗を公表する方針。

    大西洋社長の決断が近づくのを前に、リストラが取り沙汰される店舗の周辺では地域経済への影響を心配する声が。
    千葉県の松戸商工会議所の中山政明会頭は、地元の不安を解消するため市長に要望書を出した。
    「縮小も困るが、万一撤退となればダメージは大きい」と話す…
    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20170208/ecn1702081700010-n1.htm

    大西洋社長は、地元商工会議所の要望など、聞く必要はないです。
    株主・投資家のことだけ考えて、行動・決断してくれればいいんです。
    それが伊勢丹の企業価値向上、株価上昇につながることでしょう。

  • 婚活サイトで知り合った女性に、無免許で投資用ワンル-ムマンションの売買契約を仲介したとして、
    警視庁は宅建業法違反容疑で、大阪府河内長野市清見台の会社員、岩谷英秀容疑者(31)ら男3人を逮捕。

    恋愛感情につけ込んでマンションなどを売りつける手口は「デート商法」と呼ばれ、相談は急増していた。
    http://www.sankei.com/affairs/news/160519/afr1605190020-n1.html

    逮捕されたのは、ア-バネットコ-ポレ-ション、その大株主であるマンション販売会社の「株式会社明和」
    (世田谷区若林1-23-5、代表取締役塩見次郎)グル-プとも無関係なようで、安心しました。
    ダンディな服部信治社長率いるアーバネットが、そんな詐欺集団と関係あるはずありません。

    警察がデート商法をすべて摘発してくれれば、婚活詐欺のターゲットになっていた層が、
    ア-バネットのマンションを購入してくれるのではないでしょうか?
    マンションなどの買い物は、信頼出来る上場不動産会社から買うのが安心ですから、売上大幅アップ間違いなしです。

本文はここまでです このページの先頭へ