ここから本文です

投稿コメント一覧 (404コメント)

  • >>No. 518

    この指摘の通りだ。ともかく構造改革は何年もの時間をかけている為何年にも渡り年商、従業員数が減り続けてきた。
    真の構造改革はマイナスのそぎ落とし共にプラス資産となる事業を入れなければリストラなんて行きつけば廃業でしかない。この部分の欠落を補うにはリスクを伴うので経営陣は放置してきた。
    現会長からプラスの政策を打てるかと思いきや決算対策で身売りばかりだ。
    アンリツなんて非中核事業の理屈で放出しているから呆れるしかない。NEC立て直しにはサラリーマン上がりの内部持ち上がりでは無理。取り締まりも半減にして意思決定速度上げることがこの会社には必要だ。

  • NECがマーケットに認められるには新規事業分野への進出に可能性ありのサプライズしか手段がないのではないか。
    ①気象分野➁水素エネルギー分野➂最高効率の野菜工場④公共建築物等の耐震性能確認システム
    ⑤量子コンピュータは時々話題あるが製品化は困難か?

  • 時価総額が1兆円に遥かに届かない、経営不振状態に現経営陣が解決するのは困難ではないのか?
    取締役が多いい割に事前の予測も、売上利益進捗管理も出来なければ、成長戦略も無い。
    大胆なリーダーシップが無い限り業績回復なんて画餅だ。

  • >>No. 480

    富士通とNECの差の拡大は、富士通は国家プロジェクトに応募して、結果 京を送り出した事に尽きる。
    NECの過去においても①PC98にしがみつきDOSVへの切り替えに遅れた、世界視野の狭かった事。
    ➁企業買収は役にも立たないアメリカパソコンメーカー買収したはいいけれど、全くの見込み違いで大赤字。
    この2点有る為、長期低迷が続いた。最悪株価2桁だ。
    その間将来見通しが全く出来ず連戦連敗で株価は右肩下がりで上がらなかった。
    富士通も大赤字を経験するが、補正力、スピード感はNECより格段に優れている。
    年商ベースだけなら、富士通には今後当分対等にはなり得ず、富士通の下位に位置付けられても仕方ない。
    経営判断のミス故、その後の経営者は押並べて消極経営で時を過ごした。
    事業計画では勇ましいが結果は実行出来ていない事だ。それがNECの問題だ。

  • マーケットはNEC決算見通しに、市場は判断出来ない為円安に振れても、材料を出しても株価には反映が無い。
    東芝が本日最高の出来高で売られても株価は291円だ。

  • 6月26日朝のNHK報道によれば、偽ブランド商品問題に中国政府は本腰を入れるのだという。
    例えばマオタイ酒は生産量より市場で売り出されている商品の方が多いいという。そこで、商品が本物か否か確認出来る様キャップにICチップを埋め込み客がこれを見て真贋がわかるという。
    NECには真贋判定の技術があるのだから、中国税関当局にコンパクトで高速処理出来るシステムを販売したらどうか。

  • NECはインドへの注力と人工衛星ビジネスに力を入れていると思う。
    処でキャノンはインドで宇宙事業ビジネスに本格参入するという。地図、状況分析に使われる。
    NECは一体インドで何をしているのだ?
    大型案件なんて最近は何一つ聞かないし、宇宙部門に多額の投資をしながら、何も話を聞かない。
    世界五極体制なんて、実力的に困難ではないのか。

    政府頼みで自力営業力の無い事が こういう結果を招いていないか?

  • 課題の立ち上がりの改善進歩なし、自分一人で意気込むから、コントロールが安定しない。
    八分の力とコントロールで良いのに。
    今日の負け決まり。

  • 電力小売りエネルギーマネージメント リミックスポイント
    セキュリティソフト         FFRI
    生体認証デバイスソフト       ティディエス
    新興五市場上場中堅企業の成長力ランキングの一部がこれだ。本日朝刊日経新聞から

    ここにNECのグループ会社が何もない。成長戦略を問う前にグループ力強化に投資が必要ということだ。

  • グループ企業のHPを見れば、自立の精神で企業運営している企業がとても少ない。
    10年一日、企業規模拡大もない、新規事業には取り組まない、特に非上場企業にその傾向ありだ。
    アビームなんて事業内容から上場があったっておかしくないし、アビームによる企業買収により早期に年商1000億を目指す位あっていい。ソリューションイノベータも革新性あるとは思えない。結果売上が伸びない。更に国内でも新しい血を入れないからNEC自体動脈硬化寸前だ。全般に官庁に目が向き消極経営が目立つ。
    NEC本体自身企業買収に極めて消極的で実績が積めない。
    それでは、どの部門であっても競争には勝てっこない。

  • >>No. 398

    グループ企業を育てるのではなく、苦しくなると株を売り、財産を減らし続けている企業の何処に未来ある?
    長期保有のものだが、NEC程劇的に株価も配当も上がってない企業は珍しい。
    岡村製作所は24円、亀田製菓で42円もらったがNEC6円は10年前に毎年改善を首脳は言いながら結果は何一つ変革されていないということだ。中計自体に各部門で結果の責任を取る仕組み無い事が無責任体制を許容しているのだ。

  • 談合と業績不振 現状NECの有様を株主は言い切った。自分が数年前からここで言い続けたことだ。
    コンプライアンスを重視し、ひたすらに.........と必ず、いつか、聞いたことのある言葉が浮かぶ。
    口だけでなく、身元も丸ごと責任とり退任こそ正解だ。取締役数も無駄に多い、ソフトバンク並みに減らせとあるは
    発言者に同意だ。時代の変化に対応できない勤め人が何人いてもICTすら駆使も出来ない、低迷株価が端的に伝えている。今回この1年を無にしたら確実にNECは潰れる。さっさと取締役の構成を最高度の少数の執行機関とすべき。
    NECの社員ゼロであっても何らかまわない。戦える、結果を出せる人材がリーダーになるべきだ。
    派閥、部門順送りは百害あって一利なしだ。配当10円以下とは現代企業では骨董品だ。

  • NECの株価は円高になると売られる傾向ありだ。
    逆転の発想で円高が有利になる様海外適地生産を、設けることが必須とならないか。

  • オート技術のベクターなんて、今後の拡大を見据えるなら出資先として有望と思う。

  • >>No. 338

    訳わからない話よりyahooの株価をみればいい。
    おちこぼれ に近いな。金のなる木なら4桁でないとね。

  • メディカルデータヴィジョンが急速に伸長し上場後伸びるだろうと言われる。
    外資は主要株主になっている。
    思うにNECは電子カルテを扱っているのだから、こういう企業こそ、主要株主にならないと、この世界での存在感は無くなる。
    又デンソーとの共創で生まれたオーパス。NECの出資比率は14%に過ぎない。
    もう少し踏み込むべきではないか、と感じる。

  • タイが日本企業に対し工業団地への投資を呼び掛けているという。
    タイでの存在感を高め、タイでダントツに成果を残せる技術があるのだろうか。
    社歴は長いのに現状海外では断トツ経営に至らないのは、過去の投資が継続され中折れしているからだ。
    一貫性を持つには現地企業買収無しには始まらない。
    遅きに失しているが、日本人だけの支店経営は限界があると思う。

  • >>No. 305

    サイバーセキュリティ研が質量的に拡大すれば日本の主要官庁をカバー出来るのではないか。
    無論IOTやNECのサイバーファクトリー中枢で集中管理も必要だろう。
    NECが生きていくためには認証技術と共にサイバーはクルマの両輪だと思う。

  • NECは最高度の能力あるサイバーセキュリティの専門家を主要官庁の求めに応じ、現場常駐契約し、一歩踏み込んだらどうか。
    そのくらい特化した政策が必要ではないか。

  • >>No. 278

    四季報はそれなりの味あるよ、日経会社情報にも味ありだ。
    最低 年1冊は買っているよ。

本文はここまでです このページの先頭へ