ここから本文です

投稿コメント一覧 (2651コメント)

  • バカは、小金入って得意満々でこれが投資だとほざく。
    賭け事は大体、バンカーが百パー儲かるシステムになっていることを知らないな。
    明日、そこのバンカーが文ブラ~ンが来るのを見ると、
    このバカ、よく頑張ってくれてるなって褒めてくれるに違いない。

  • >>No. 203621

    >んで、その一年後、ランドは暴落。新興国てのは絶対取引してはいけない金融商品。な。<

    手持ちのちっぼけな金で賭け事しかできない貧乏人の発想では、ずっと貧乏のままだな。
    大臣様は、この際に、基準通貨で大量に現地通貨に換金してインフラ整備すると、コストダウンにつながる。
    バカタレ、算数もできない。馬券拾いに明け暮れるしかない所以だな。

  • ケビンコストナー(Kevin Michael Costner)主演の「ポストマン」ってやつか???

  • アホタレ、インターネットのおかげで、今や群生武豊、群生ルメールの時代に突入した。
    技術はほぼ均一で、走行ポジションが勝敗の決め手になっている。
    優位性ってそういうことだよ。

    あと、いつまでも日付2月5日の名札をぶら下がるんじゃないぞ。

  • >>No. 203532

    尊敬など望んでいないし、普通に意見を伺えれば、より真実に近づけると思うので、どんどん言ってください。

    ただ、たまに発言するおじゃるさんの口調から、まだ未熟さを感じていいるので、余計なお世話をしたまでだ。
    余計な心配なら、お詫びします。

    人間って経験や時間がかからないと分からない事も有るので、口調からして自分より年下のおじゃるさんに注意した。
    彼の気分を損なうようなことがあったら、自分として謹慎するつもりだ。

    まあ、俺ダラシナイと言われ続けてきたので、素直にご意見をお聞かせください。

  • >>No. 203529

    もうひとつの展開が予想されるが、南北朝鮮が統一し、全体として国際事務に望むことだ。
    この場合、あくまで東アジア経済圏の一部として機能するが、地域全体への影響は平和な環境ではさほど大きくない。
    が、一旦北朝鮮が核武装して南朝鮮がそれを認めながら融和を実現する場合もある。
    当然国際社会は糾弾非難、制裁するが、実質的に世界平和に脅威となる場合、厳しく対応することもある。
    米露はシェリアで進めている掃討作戦と同じく、核テロに毅然と対処しない理由もない。
    まあ、半島内部のことだから、その都度、国際社会は、善処することになるだろう。

    朴前大統領の側近、崔順実に懲役二十年の判決が下っている。
    裁判で、朴大統領の職権を乱用し、朴と共謀で個人利益を図ったと認めた。
    朴も厳しく追及されることになろう。
    習近平も中国の現状に基づいてかつてこう言った。
    要職に就くものの汚職は大体側近や親類により泥沼に引き摺り下ろされたのだと汚職腐敗の要因を指摘した。
    日本でも議員本人何も知らないのに、秘書など黙って訳のわからない献金を受けたことで失脚したケースが多い。

    近所の材木屋も倒産寸前に、従兄弟が郵貯から数千万のキャッシュを落としたことも、
    事業は自分の利益に直結し、利益を上げるように知恵を絞り出せるジョブスのような人物でないと、
    親戚を含めて誰も成否に関心など持たず、どれだけもらえるかにしか興味を示さないと史実が物語っている。

    インスタントコーヒーでも、烏龍茶を飲んで一息休もう。

  • 北朝鮮は、韓国と平和協定を結んでおらず、領土権でずっと戦争状態がいままで続いている。
    しかし、オリンピックとなると、同胞として韓国を応援している気持ちがないとは言えない。
    まして、将来的に一体一路にアクセスできるようになれば、双方にもメリットがある。
    この点で、内輪内部のイザコザがあっても、一致対外に関しては、利益相関者なのかもしれない。

    しかし、日本、中国、ロシアと東アジア経済圏の相互連結インナーロックが形成されると、
    南北は、いつでも相手を見捨てる可能性がある。
    当然、連帯感のある方が優位にあるが、現段階では当面双方の利益最大化が最優先課題だ。
    だが、東アジア全体の連結の邪魔になると、またそれらの国々の捨て駒にならないとは限らない。

    要は心の持ちようだ。
    一国として、リーダーシップを発揮するには、歴史の流れに順応するしかない。
    自分がチャンスを見逃すと、他国は待ちやしてくれないからだ。
    特に資源も市場も他国に頼る小川の場合、海の逆流に飲み込まれないためにも、常に高水位を保たなければならない。

    おじゃるさん、また説教垂れてごめんね。

  • 登竜門の一歩手前の段階のお話しよう。

    三国志の諸葛孔明はともかく、その手下の将軍の行先を見てみよう。
    武勇神威に関しては、関羽雲長、張飛、趙雲、呂布等曹操側も入れて十数人がいる。
    しかし、これらの名将は始終武将という地位に留まっている。
    一つの戦役や戦いで技術、技能に長けている故、勝利を収められたのだ。

    しかし、三国志終篇を見ると、一方の地域を任せて守備しながら、民を管理して地方を収められるものはそういない。
    これに関して言えば、三国志の後半で蜀が勢力衰弱に陥った時の話になるが、
    姜維、趙雲が任された地域は安定し、諸葛孔明もあまり彼らの心配をしなかった。
    この二人は、魏延、馬謖ほど後半で目立たないが、話題にもあまり上がらなかった。
    諸葛孔明にはそれなりの考えがあったかもしれないけど、安心できる将たる才能を持っているに違いない。
    技術のサポとによる武勇の一面の他、天文地理、経済軍事を熟知しているのも寄与していたかもしれない。

  • 頭が切れるやつほど、歓迎され、喜ばれる。
    それだけでは、満足すると失敗を喰らう。

    少なくとも、二段階の過程を経験する修練が待っている。
    まずは、人がビビるほど、片言隻句や表情で人心を見抜く洞察力が必要だ。
    これがあってこそ、局面の把握が可能になり、特に周りが自分より年上の人の場合、現場コントロール能力も必要だ。
    時には、沈黙は金。ソリューションを考案できて初めて口を開ければ、信用を獲得できるのだ。

    次に、周りがビビると、手足が束縛され、硬直する状況に陥りやすい。
    で、洞察力を持つ上、柔らかい物腰で、相手の勢いに因って利益に直結するように誘導する指導力が必要だ。
    勢いに因るというのは、相手の方法の優劣を分析して、その利点を最大限に引き出し、最善を図ることという。
    しかも、全て無意識の内に、完成させ、相手へのプレッシャーや興奮を極力抑えながら進める仕草を習得することだ。

    公人社会ってそういうものだと理解している。

  • >>No. 203357

    魑魅魍魎の多重人格者など、真似出来ん。
    まあ、普通に喋っているつもりだけど。

  • 万事にも矛盾があり、ひたすら賛美するか、またはとにかく貶めようとする極端な見方を持つことは冷静を失う証拠。
    特に、途上国の若い世代は、たまごクラブ、ひよこクラブ、小一~小六国語教育技術といった生産ラインマニュアル
    に則った人間生産工場を経験しないと、大量に合格品の社会人を送り出せない。

    日本は他国が参考にする手本とも言える国だが、日本謳歌だけではどうもこれも偏ってるのではと、
    暴飲暴食で胃粘膜が酷く傷まれ、来日して口当たりがよく、刺激性のない和食で、胃病が治った。
    しかし、中国に帰ると、肉や酒を飲むと、胃がもたれたりする。
    多分、欧米に行っても、日本の方はそこのホットドッグなどの食事に馴染めないと思うけど。
    で、荒い食事でもたまにすると、胃の適応性を鍛えるのにいいかも。
    ずっと日本で暮らして日本色だけでいいと言うなら、また別の話になるけどね。
    あくまで、国際社会に馴染む場合の話をしている。

    さらに、靖国に祀られている御霊を別の視点から言えば、日本の恥という見方もできるかも。
    なぜかといえば、あれほど東アジア、東南アジアを植民地にできたのに、わずか数年で手放さざるを得なかった。
    創業、起業の本領があっても、それを持続的に守る手段がなかったと言えよう。
    帰って自国本土まで植民地同然にされてしまう結果を招いた。
    戦略的に致命的間違いを下に違いない。
    よって、日本の恥といっても過言ではない。

    一時の優位にあっても、いつかは後手に回される可能性は多いにある。
    時間、空間の位置交換で、優劣を一概には言えないのかもしれない。
    得するも損するも平常心で扱うと、延命の基本かも知れない。

  • >>No. 203328

    >内心の忠誠のない国に帰化した卑怯者だろうね。
    帰化した先の文化に対する敬意がない。<

    うんうん、激同!
    通常、どうしても母国に対する郷愁っぽいのが最初から払拭できない。
    根っこから忠誠がDNAレベルまで感染されているからだ。
    そのへんの感情が複雑だな。一般のものにとっては。

    しかし、両国に関わりを持っている以上、同時に両国に対する責任を持っていることになる。
    偏った言い方、考えを持つと、両国関係まで行かなくとも、両国国民感情を傷つけがちだ。
    特に両国共同事業の場合、事業の成否は両国とも満足できる結果を出せること。
    さもないと、共同事業を進める意味も無くなる。
    その中で、人の性格、判断基準が異なってくるわけだ。
    普段、激しい言動で意見主張を述べて肩を持つようでは、国際社会に溶け込むのは難しいかと思う。

    当然、共同事業だから、帰化、または提携する先の文化への敬意などないと、スムーズに事が運ばれない。

  • 一昨日、城壁裏側沿いの順城南路を散歩してきた。
    そのあたりは、南門の手前にあり、城壁に上ると俯瞰することのできる風致街区なのだ。
    軒並みの喫茶店、宝石店など、整然と並び、一千万人を超える街にしては、ゆとりさえ感じさせる配置だ。
    残念ながら、どれも億万長者の家屋なのに、一つも車庫を持っていない。

    あれだけ大金を叩いて造った建築のくせに、駐車スペースもないのは、大臣様には身分不相応といってもよかろう。
    デリシャスホテルの門前にをわざわざ豪勢を見せぴらすためにとロールスロイスを止めておくのと同じだ。
    海外の常識なら、車庫もケチるのかと思うが、こちら様の常識では、ロールスロイスがあるから、車庫なんざなんだ。却って、風雨に晒されて、高級車ぐらいはチリ紙みたいに使い捨て出来るほどの財力の象徴だ。

    今、若者が結婚すると、親がマンション、自家用車を用意しておかないと、お嫁さんは嫌がるという。
    しかし、2020年に現代税収システムの構築が完成すると、親からたかるのは贈与になり、相続よりも税率が高い。
    そのころになると、親にたかるよりは、自分でローンを組んで買ったほうが安いに違いない。
    豪奢好きなにわか成金気味趣味がある程度収斂するかもしれない。
    習近平のその実行力に大いに期待している。

    あと、散歩しながら実感したのは、伝統建築様式は取り入れているが、採光、通気性の面ではいまいちな感じだ。
    建材も土器質のレンガが大量に使用され、どれだけ持つか、清潔感、美観の面でも多くの問題があるように思える。
    車庫がないため、道路に不法駐車が多いうえ、店前の空間も来客の駐車スペースとして利用されず、もったいない。

  • 中国は米大学にスパイを送り込んでいる──FBI
    2/15(木) 13:57配信 NewsWeek

    教授や研究員や学生のふりをして、大学ベンチャーから次々に生まれる有望技術を盗んでいる?

    中国の情報当局の工作員がアメリカの大学に入り込み、テクノロジー分野などの情報を入手している疑いがあるが、大学側はこの重大な問題にほとんど気づいていないと、クリストファー・レイFBI長官が2月13日に警告した。

    米名門大学はアジア系を差別している

    レイは上院情報委員会の公聴会で、中国人スパイとおぼしき人々は「教授、研究者、学生」など様々な立場でアメリカの最高学府に入り込んでいると述べた。オンライン紙マクラッチーDCの報道によれば、中国のスパイ網は全米に張り巡らされているため、全米各地のFBI支部が捜査に乗り出す必要があると、レイは訴えた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00010000-newsweek-int


    あほ臭い報道要員の素質が同じ事象の性質を正確に把握、判断できず、世論が偏った方向に誘導されがちだね。
    このことで分かるように、一般人は事件、事実の背景を理解しようとせず、輿論に流されやすい傾向がみられる。

    多国籍企業の場合、合弁企業でも、自国に問い合わせて解決案を模索するための情報交換が日常的に行われている。
    よって、外国と絡む事業の場合、一般職員でも産業スパイの一面を持っている。
    問題は、その情報交換により、提携先に実際の利益が持たされるかどうかという評価が必要だ。

    政府支援の中国人学者、研究生身分のスパイがいるとしても、さほど騒ぐ必要が無いように思う。
    期間限定でその者の学術成果、参加可能プロジェクトで枠を作っておけば、
    ある程度、盗みだけが目的の者を排除できるわけだ。
    そのうえ、特許権などで個人成長、利益の拡大を刺激する政策、サポートを実施すると、
    有能な人間ほど、より大きな市場、応用および利益が見込まれるチャンスを見逃さない。
    ただし、これらの特許権などスパイ法に抵触すると、同国における該当権利が剥奪されるなどの制度を敷くと、
    ブレーキがかかれるような気がする。
    要するに、有能な者の能力を正道に使うように誘導するシステムが必要だ。
    脇道は、道を急ぐ邪流の姑息で通常なやり方だ。

  • まあ、どっちみっち、世界は様々で、各国政府政治体制、経済構造から、個体の存在を認めて上手く行く場合も、
    挙国体制で事業を遂行しやすい場合も、現時点では間違いなく現実として存在する。
    さらに、国連みたいに各国を容認する一方、国連憲章、決議により、拘束する中間的な機関や機構もある。
    そういう意味で、完全な国家体制と完全な個人存在体制の間に、橋かけになるような存在が必要とされる訳だ。

    さっき、翳んで見え無いが、なにかに纏わり付かれている事実は存在している。
    薄っすら記憶しているだけでは、頼りになること無く、自分で散歩写真でも気晴らしするしかない。
    時系列で結びつけると、無職になった直後で、背広姿はまさかあの人と目を疑った一連のこと、カスミで無いかも。
    現代土木建築がいくら頑丈でも、大勢の中にいても、また自分が別世界にあるようで、無関係で存在実感が無い。
    宙に浮かぶ人間には、もっといい発想とか、現実に密着した考え方をうがいの1秒でもイメージが浮かんでくるかも。
    あと小一時間で、旧正月の除夜の鐘が突かれる。
    みなさん、新春快楽!

  • >>No. 203177

    >昨日、フィールドマスマティックスの四次元数学コンセプトを考案した。
    原文は、拙者の新浪ブログ「漢陵邑人的博客」に掲載されている。http://blog.sina.com.cn/s/blog_4ff0a9ea0102xrq9.html

    昨日はちょうどおふくろの81歳の誕生日である。
    この理論が成立するとすれば、皆が舞い上がるだろうな。

  • 昨日、フィールドマスマティックスの四次元数学コンセプトを考案した。
    原文は、拙者の新浪ブログ「漢陵邑人的博客」に掲載されている。http://blog.sina.com.cn/s/blog_4ff0a9ea0102xrq9.html
    要は、仮に既存のコンセプトで、数字の配列が
    「-n、・・・、-3、-2、-1、0、+1、+2、+3、・・・+n」になっているのであれば、
    配列「-3~+3」の場合、一つのフィールドとして、より大きいフィールドにおいて、考えると、
    配列「-3~+3」は既存のフィールドより大きいフィールドの中で既存概念の-3~+3の直径6である「0」になる。
    既存コンセプトのフィールドにおける絶対のゴールドバッハ予想の「0」は、
    去年隣の中国トピで三次元理論で証明済みである。
    よって、直径6の「0」は、より大きいなフィールドにおいて基点になり、過去、現在ないしプラス、マイナスを評価。
    この発想から、新しい数学の世界へと導いてくれるのである。
    通常、大きいフィールドの1は既存コンセプトにおける直径6以上(6を除く)の量化された数字になる。
    四次元数学理論の基本的考え方である。

    今朝、暇見つけて、城壁裏側沿いの道を散策してきた。
    骨董品屋やブッディク及び喫茶店、バーが軒を並べる通りになっている。
    ショーウィンドウの「武財神」関羽雲長の像があったので、面白くて写真を取って来た。

  • 安倍総理は、韓国文大統領との会見で、オリンピック開催中日韓軍事演習を予定通り開催すべきだと強調した。
    南北朝鮮の緊張関係が緩和されれば、一帯一路にいち早く日本よりも地縁的に加入する効果が出るのが早い。
    裏日本、東北地方の地域振興に寄与できると言っても、だいぶ先の不確定なことで、安倍総理の任期外だ。
    それに、それまでの日本の対朝戦略が裏目に出たことも明らかになっている。
    拉致問題解決を無くして、日朝関係回復なしと打ち出してきた日本にとって、外交政策の変更を強いられている。
    上記二点を考えると、朝鮮としては安倍政権に不信感をまだ抱いており、日本政府にとって現状維持がかえって良い。
    で、温和的かつ中性的に発言する日本の政権が大きな影響力を持っているかもしれない。

  • 借金してi7より下のクラスのi5クラスCPUと水冷セットを購入した。
    入れ替えたばかりで、一発で立ち上がり、快調に動いている。
    損失分を入れて、レンズ1本飛んじゃったな。
    痛いなあ・・・・

  • で、史上最強卑怯者-偽韓国人真性朝鮮人誕生の記念すべきレスだな。

本文はここまでです このページの先頭へ