ここから本文です

投稿コメント一覧 (3825コメント)

  • 死んでいようが、生きていようが、ウリは呪ってないぞ。

  • >>No. 224619

    大局観の対極-ディテール重視の局地観の養成⑤

    今日、面白い発見があった。
    嘗て月2万元または2.5万元の収入が入る時期があった。金を使う暇さえないほど忙しかった。
    だが、月1万元程の貯金ができた。長く続かなかったが、一年もすれば普通車を買える余裕があった。
    さらに長期的に見込みが有る場合、ローンを組んでマンションを買うことさえも可能だった。
    ということは1万元(15万円)では少し余裕、1.5~2万元(23~30万円)ではゆとりのある生活ができると言うこと。

    日本に当て嵌めて言うと、バイトで月15蔓延では節約してソコソコの生活ができる。
    20代初任給の23万円ではマイカーなら負担可能だが、30代の30万円台になると結婚等でマイホームが視野に入る。

    これは、現在の物価レベルで比較する場合の話だが、
    しかし、今も鮮明に覚えている写真の中には初の自家用車ビートルズを購入した時、
    義父が当時四五才の家内を持ち上げて満面の笑みを浮かべて撮った写真だ。
    多分その時は1970年前後だと思うが、当時の賃金水準は就職間もない従兄弟の場合、7,8(4000元)万前後だ。
    ちょうど、今のマイカーブームの中国の現状と似通っている点だ。

    というのは、高度成長時にそれほど収入が高くないけど、4000元(共稼ぎで8000元か)でマイカーブーム。
    1万元でほぼ満足な生活、1.5~2万元あればマイカーからマイホームまでの需要が基本的に満たされる時代になる。
    これを目途に、市場の需要または生活レベルを評価すると、実感が湧くね。

    個人と市場のディーテル観察でした。

  • >>No. 224619

    >もう一つの要素は骨組み、鉄骨構造にしても、鉄筋コンクリートにしても、合理的に配置しないと、楼閣の歪みどころか、倒壊を招く恐れもある。<

    あ、国家公務員、公人がこれに当たるな。字数制限のため、漏れちゃった。

  • >>No. 224471

    大局観の対極-ディテール重視の局地観の養成④

    先日、コミュニティの門番と雑談した。三交替制、監視カメラのディスプレーを見たり、未登録訪問客の駐車代を受け取ったりして、月1500元。給料安く、いつでもやめてもいいと聞かされた。しかし、施設管理員って、消防管理者、水道・ガス・電気設備管理士、セキュリティ管理士等の技能を備え、その仕事を熟せると、5000元、6000元の収入が有っても可笑しくない。しかも、これらの知識資格は、見習い期間を利用して、講習会とかで取得できる。

    で、気付いたのだが、バイトをした小松リフトの研修センターも内のコミュニティよりも敷地が大きく、研修室、事務棟、寮、食堂、器材倉庫、リフト倉庫などがあり、夜の当番は一人で担当している。そのうえ、総務の方は研修センターの事務を管理する一方、法学部の出身で研修の法律関係の教官を務めている。後に小松の栃木工場でも総務部長をやっている。

    ということは、現代社会では一般職でも多技能に長じてなければ務まらない。米国の門番だって、銃器扱い許可技能資格を持たないと務まらない場合も有ろうかと思う。

    閑話休題。我々が構想する理想の社会、いわゆる「トップレベルデザイン」(頂層設計)は未実現のため、空中の楼閣と呼ぼう。これを具現化するには何が必要かを考える必要が出てくる。設計は紙上に描けばいいが、実施となると、正に建築物を建造するのと同じだ。

    地上部分は建築自体だが、地下部分の基礎の太さと深さがその高さ、丈夫さ、耐震さ等を決める要素の一つだ。もう一つの要素は建築自体の構造になる訳だ。

    よって、我々の空中の楼閣がどれだけ気宇軒昂のモノになるかは基礎による。社会の基礎って、各階層の生産力、特に全体の科学技術がどれだけ進んでれば、どれだけの深さの基礎が決まる。一般から上層迄楼閣の諸パラメータが決まる訳だ。

    もう一つの要素は骨組み、鉄骨構造にしても、鉄筋コンクリートにしても、合理的に配置しないと、楼閣の歪みどころか、倒壊を招く恐れもある。

    基礎が立身の足場とすれば、建築自体が体を成す構造だ。しかも、各階層、各職種のモノが施設なり構造部なりで各自機能しているからこそ、楼閣が初めて具現化されたものになる。

    全て、冒頭で述べた一般の職種の方の諸外国と比べての下地による。収入も然り、国家実力もそうだ。教育、出版、教育者育成が要。

  • コイツ、しばらく前までfvm*****と高頻度で激しいやり取りやってたじゃないの。
    無私リストに入れるとは、汚すぎるぜ。
    詐欺だろうよ。

  • >>No. 224471

    共稼ぎの中国一人当たりGDPが$8000で、日本には家庭主婦業が有ることを考えると、実際の個人のGDPが$39000×2=$78000が正確に個人能力を反映する数字になるかも知れない。

  • >>No. 224457

    大局観の対極-ディテール重視の局地観の養成③

    立地条件から言えば、一帯一路の対象国は周辺の北亜、東アジア、アセアン、中近東、中央アジア、東欧だけではなく、その延長にあるアフリカ、欧州、シベリア/アラスカ経由の北米、中南米、南米も将来的に物流網によるカバーが可能である。

    その中で、中国の場合、国土の原点西安は歴史的背景に加え、交通、教育などの優位的資源があり、これを中心に展開するとすれば、四方に政策、金融、サブ金融兼アセアン、西南、西北などのインターフェースを設けると、事業展開に有利な一面がある。これらのメリットはご存知の通りだ。

    しかし、西安の収入を見ると頷けないところが大いにある。長安国際(王府井グループ)、金花百貨などのブランド品売り場を見れば、人疎らだ。ECCOまで高級ブランド扱いしている。サラリーウーマンが大抵財布の定番にしているLVを持つサラリーマン階層が稀にしか見られる。高級車が町中を走りながらも、消費が追い付かないのが明らかだ。

    ということは、政府投資、個人投資でインフラ整備が出来ても、人的要素の欠如により、インフラが思うように機能していないと言うこと。人的要素というのは、当然人的素質、文化素養の下地に関連しているが、町全体発展の好条件を備えているけど、自分自身の産出能力の低いことを如実に反映している。

    また、革命根拠地という保守的思想から解放されず、高級幹部が輩出するものの、高級幹部の生産力能力が大問題ではと思う。

    投資は良いんだが、人材と現代的気風の育成は一朝一夕で出来る事では無い。中国は全盛期90年頃に混沌中国、2000年頃に世界の工場、2010年頃に爆走中国と呼ばれるようになり、世界を驚愕させた。多分10年が一つの発展段階の節目という風に感じている。

    何せ、2000年前の商鞅の変法でも、漢書によると、「之を十年行い、・・・、兵甲十万、戦車千乗、諸侯皆畏れる」存在となった。しかも、重賞の下、必ず勇夫有ると言うように、政府の人材政策は同等条件で生活、勤務の環境を提供しないと長期的には人材を引き留められない。国際大都会ならあらゆる面で国際基準で評価しないと、法螺吹きでしかない。西安は産業、消費を牽引できる一般生活労働者を必要としている。資本家だけではない。

    現在の境遇に不満を感じるなら、多分今までお気楽に勉強せず暮らしてきたと思う。

  • 大局観の対極-ディテール重視の局地観の養成②

    これは近所の平米当たり12000元の高級コミュニティの坂道+角の縁石の様子だ。
    建築施工、設計、監理、納品、業者職人のどれ一つ気にしていれば、この老人の命取りになるような縁石が無いはず。
    特殊形状縁石の生産をしていない実態を反映している。
    西安市全体の高級住宅の周辺をこの項目だけで再見さすれば、落第者が続出すると思う。

    世界大都会を目指す西安は、世界基準で自分を見つめてほしい。

    やっと書いた原稿が投稿した瞬間消えたので、簡易型で再掲する。

  • >>No. 224426

    まあ、確かに苦労茶木だな。
    乳首出したり、嘘ついたりして、エネルギーを余計に使ってしまって、大変だろう。

    ハンドル名詐欺が横行しているけど、掲示板あくまで意見主張を述べる場所だから、文を以って友に会うってことね。

  • >>No. 224066

    具体例を挙げると、

    ラオスダム決壊の場合、韓国が設計、ラオス地元が施工。
    賠償問題が出て、投資側の韓国が70%負担、ラオスが30%負担となるとすれば、
    ラオスが賠償を拒否すると、投資側の利益安全保障が誰が担当するかという問題が出てくる。
    しかも、軍隊を出動して投資側の人員、設備を取り押さえられる時の対策はどうするべか。
    という極端な場合の想定をしての話だと思うけどね。
    例にラオスを取り上げたが、現実でないことを断っておく。

  • >>No. 224061

    >有事の際には、親日だろうと反日だろうと関係ないよ
    ただ、国籍で処理されるだけ<

    これ、話何処まで延長するとは限らない。
    国連においては、当然国連憲章の保護を受けるハズだが、だが、シリア、リビアを見てると、完全保護は無いと思う。超国家的国連軍が無ければ、無理!

  • >>No. 223756

    大局観の対極-ティテール重視の局地観の養成①

    従来の観念では、東西を問わず、人類社会は原始社会、奴隷社会、封建社会、資本主義社会、社会主義社会、共産主義社会という風に進化するものと言う。しかし、社会主義まではまだいいが、共産主義社会に至っては、可能かと義務視する声もある。

    それまで、実現するか否かはあくまで学者同士の主張対立で、だれしも社会主義、共産主義について、ハッキリと人的、知的、物的スケッチまたはコンセプトイメージを描くことができなかった。

    我々中国でもかつて共産主義とは、制度だけ進んでれば、共産主義を実現できると盲信する時代が有った。生産が追い付かないため、熱狂的情熱が冷めた。改革開放により、生産力発展への重要性に開眼したが、それに伴う社会的、人的または制度的要素の重要性が無視され結果として、汚職、不作為など氾濫し、金目当てでなんでもすると言うような現象が大きな問題として社会現象に反映された。

    夫々の社会の必要な人的、制度的、物的要素に対する精密な解析が無かったため、回り道を余儀なくされてきた。しかも、この過程で本来社会構築に必要な要素まで捨ててまで金目当てで猪突猛進してきた。例えば、現代社会に必要な互助会、住民委員会などの住民自治自助の末端組織まで無くなった。未来への予見による生産消費計画も無くなり、完全にケインズ式の市場経済に転向した。
    原因を探ると、我々は今までコンセプト、つまりイデオロギーの正否に固執して、お互いの社会のディテールに至るまでのメリット、デメリットを認識しようとしなかったからだ。そのために、過去に捨て去られた社会に必要不可欠なっ要素の再構築をしなければならない。しかも、捨てるは簡単だけど、立て直すにはかなりの作業になる上、人的にその素質が追い付くかどうかも十年や二十年かからないと成熟期を迎えることが難しいように思える。

    飛び級出来るモノは100人に1人の具合だとしても、ほとんどのモノが一般的で飛び級出来る素質を持たないことを意味し、さらに、飛び級出来るモノは、飛ばした学年の授業内容まで飛ばしていないのは事実だ。そうで無きゃ、飛び級出来るわけもない。ということは、資本主義はほとんどの社会集団には飛び級出来ない学年だ。ただ、トップダウン方式か野っ放し状態の自発的資本主義のどっちかだ。明らかに後者による社会資源の浪費が大きい。

  • >>No. 223935

    >ネトウヨ共も、爪の垢を煎じて飲んで欲しいですね。<

    詰めの垢って、手のそれとも足のか。

  • ご回答:

    ということは、最初から提携計画だと言うこと。

    光が出ているから、最初に言われたのは某日中提携プロジェクトで日本側から読みを聞かれたが、真意がわからずとぼけた。ここまでくると、間違いなく義理の弟の徳井弘光殿の事ではと推測していますが、多分近所の葬式と今の自宅の夜中に現れたゾンビだと思うが、二回くらい会っていると思います。徳井家断絶が免れて大変助かり、誠に喜ばしいことです。僕としては、現在家内と日本側において離縁状態にあるため、独断では何なんですが、徳井家を継ぐ意味では、日本関連の事務について扱い熟せば、お手伝いしていただきたいです。中国語が達者ならば、日中間の協調役としてもお願いできるかと思います。

    家内については、前世紀90年代から知人が中国警察の外国人手紙等通信の検閲手順、工程を細かく聞かされたことが有るので、結婚後の家内の動向は中国政府が把握しているはずだと思います。前記脚本作りのレスで書いたように、ソコを出れば長白山方面というように僕は確信は無いけど、その容疑を晴らして公の場で公務に専念する努力をしてきたと思います。自分としても彼女はかけがえのない存在なので、中国の役に立つだろうと思います。ご本人にその意思が有れば、手伝っていただきたいと思います。

    冷戦構造の中、競争が有っても当たり前のことで、現在共通認識が有って停戦に辿りついたのではと推測していますが、将来あれこれ困難が予想されますが、皆で一丸となって乗り越えていければと思います。義理の弟の話が本当だったら、こちらの遺言における身内の兄弟の権利もそれ相応に変化するものとご理解していただければアリガタイです。

  • >>No. 223795

    >>米韓軍は北進し中国国境に迫った。したら中国軍が参戦。したら韓軍が全員敵前逃亡。米軍は包囲されて孤立。4万人の米兵が戦死。<

    米軍が排除され内情を知らない無実な韓国軍を人間の盾にする卑劣な手段を使ったからじゃないか。
    汚い人間はいつも汚い手を使って数十年経っても変わらず、ずっとクズのままだ。<

    こういう手を使っているのは、大体二つの目的がある。

    ①劣勢挽回のため、最後まで諦めず、失敗を認めたら、責任追及されるからだ。

    ②安全に刺客を相手側内部に送り込むためのカバー作戦。

    予防策を講じているため、悪いこと言わんから、老後を旅行でもして送って諦めな!

  • >>No. 223774

    >米韓軍は北進し中国国境に迫った。したら中国軍が参戦。したら韓軍が全員敵前逃亡。米軍は包囲されて孤立。4万人の米兵が戦死。<

    米軍が排除され内情を知らない無実な韓国軍を人間の盾にする卑劣な手段を使ったからじゃないか。
    汚い人間はいつも汚い手を使って数十年経っても変わらず、ずっとクズのままだ。

  • >>No. 223766

    >半島の被害どれぐらい??????
    興味深々www<

    家財道具、全壊。再建のため、負債現実化

  • >>No. 223761

    各自治体の長が制度上、河長になり、この河長制導入により、業績と結び付けられ、短期的には効果が出ると思うよ。

    どれだけ続くかは、ちょっと心配しているところだ。

本文はここまでです このページの先頭へ