ここから本文です

投稿コメント一覧 (71コメント)

  • >>No. 4716

    こんばんは^^
     投票前から世論調査などと言って、不利有利を語るのはかなり当局の締め付けがあるからではないか。あの新聞のあの通信社の世論調査でさえ、などといわれたら余計にそう思いたくなる。壊れた国の選挙に成っていますね。静かに投票結果を待ちましょう。今度の選挙はこの国がどうなってるのか”さあさ、はっきりさせてよ♪”の選挙ですね^^今の生活だけであとは贅沢だとか、目先のことだけでいいのか否か”さあさ、はっきりさせてよ♪”

  • >>No. 4669

    こんばんは^^
     ついでに言えば、放射能の飛散状況も国民に知らせませんでしたね。何でも”国民が混乱するから”という官僚の進言でとりやめたようですね。そのときの官房長官は誰でしたっけ?「知らしむべからず、寄らしむべし」では今の与党と同じではありませんか。あの時は刻一刻を争う時でしたのにー。

  • >>No. 4653

    こんばんは^^
      取り巻き、側近が悪いからでしょうかね、一の人は。それだけ周りを固めるのには秀でた人たちなのかも。
      各党が非難合戦をしているのは見るに堪えない。憲法で保障されている席取りに熱中しているだけだ。国家国民のためという大義を掲げて、それほどまで税金で飯を食いたいのか。公務員だけでたくさんではないか。国民の負託が聞いてあきれる。まぁ民主主義だからそういう人たちが出るのも仕方がないが、それだけに有権者は厳しく選別をしなければダメである。ついでに言えば当然こんな議員の定数は減らすべきである。どっちにしろ誰かは議員に当選するのだから^^;、有権者は各自信念をもって投票すべきですね。結果は自ずから明らかになるでしょう。こういう国なんですね、アハハ。

  • >>No. 4607

    こんにちは^^
      だから、当選したらふんぞり返るんでしょうね。それと出費もペイしないとね。当選できたらこんないい商売はないですよ。一度やったらやめられないと思いますよ。お願いです、当選させてください!って言ってるじゃァないですか^^

  • >>No. 4546

    こんばんは^^
      まぁおっしゃりたいこと言うのは止められませんが^^まだはやすぎるのとちゃいませんか。これからひとはらん、ふたはらんもありますよ。なぜならば、今回はちとむづかしすぎて、結果考えると迷うからです。入れるのは簡単^^その先を考えると・・。風向きって10日でも変わらんのですか?

  • >>No. 4478

    こんばんは^^
     もう公示日だし、あと12日で結果わかることだし、日本国民の眼力そのものだし、結果を待ちましょうや。列島住民はそうそうかなり眼力アリとお見受けしますがな^^正しく歴史を勉強しましょうや。

  • >>No. 4482

    こんばんは^^
     あのですね、ヤフージャパンの広告でスペースが狭くなってるところに、そうでかでかでかとわけのわからぬ写真を載せられても^^;なんともおかしなジャパンです。

  • >>No. 4440

    こんにちは^^
      今度の選挙投票は確かにむづかしい。選挙の前に、各放送局ならびに主なるコメンテイターの選挙をしたくなるほどである。ここで一席、あるコメンテイターの家庭で奥さんが「あなた今月の収入はすごいわね。これでは毎月選挙があってほしいわ」
    日本国憲法第97条にいわく
    97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである
      ↑この精神がリベラルである。

  • >>No. 4400

    こんばんは^^
      そう思う時はときどきありますね。むかしはよく民放で、元NHKのひとがぼやいてましたね。NHKは給料が安すぎて・・云々。いまはかなりの高給だと伝え聞きます。BS放送などウチも払ってますがね^^要は人間懐が温まると保守的になるということですかね。

  • こんばんは^^
       逆でしょ。NHKは現政権べったりの報道姿勢ですよ。細かく報道時間なぞ知るべくもないけど、印象としてはそうです。公示日が近いし、それなりにそういうもんだとは思ってますね。

  • >>No. 4370

    こんばんは^^
      まさに投票になぞ行きたくない心境ですね。こういうと、いや行かなければダメとかうるさくいう人居ますが、それは勝手です。だいたい口と肚とが違うのがほとんどの政治家ですからね。あのときはあのときでした、ですまされてしまいますね。すべては22日の投票結果次第ですから、安心して寝ながら結果を待ちましょうや。公示日すぎるとマスコミもあれこれとは言えなくなるハズですからね。掲示板などはさぞかしやかましくなるでしょうね。勝手にシンドバッドで行きましょう。李下に冠を正した男が信任されるのかどうか見ものです^^
         一票の清き保ちて下り鮎

  • >>No. 6315

    こんばんは^^
      このところ共産党と自公の言うことで一致していることがあるーそれは小池の悪口である。そこのところが、なんともうさんくさい。なんというか、共産党と自公の”ホンネ”が一致したということか。あはは。政治不信極まれり。

  • 一寸の虫も鳴きだす総選挙

  • 采配は女党首ぞ秋の陣

  • みな同じ穴の貉や望の月

  • こんばんは^^
      どうもリベラルリベラルって言うのが引っかかります。”左派”でしょ。終始一貫を言うのなら、マスコミさん 、”左派”と言ってね。リベラルっていうと思い起こすのは、自民党リベラル派とかさきがけ等です。最近ですと、谷垣さんとかー谷垣さんはほんとうにお気の毒ですーです。言葉は便利ですが大勢に物言わせて使うのはやめてほしいですね。

  • >>No. 4291

    こんばんは^^
      当局による小池否定キャンペーンが、露骨にテレビに現れるようになりましたね。ずらりとコメンテイターをそろえて、異口同音に小池けなし^^。あほらしいったら、ありはしませんね。十五夜さんでも見てたほうがまし。参考にはするが、唯一の権利は自分の頭で考えましょう。それにしてもやはり、当局のテレビ局に対する締め付けはすごいですね。焦ってるのかな^^

  • >>No. 10545

    こんばんは^^
      自民党支持者でも安倍氏でなければOKという人は多い。でも党内からはそういうひとは現れない。だったら・・。

  • >>No. 38


    「絢爛たる奔流」読ませて頂きました。   
      この小説の主人公は、角倉了以です。すみのくらりょうい。
      時代は徳川幕府のできたばかりで、まだ家康が存命の頃、豊臣氏も
      秀頼が大阪城にいたころのことです。
      登場人物も様々出てきます。家康をはじめその配下たる大久保石見守
      とか本多上野介とか。しかし中心はあくまで主人公ー非武士で商人の
      角倉了以ー。彼はなぜか地元の川を整備して舟を通そうと決意します。
      いままで誰もやったことのないことを志したのです。一口に言えば川の  整備ーしかし実際には綿密な計画と試算がなければなりません。でない  と己の資金のみでやるのですから、たちまちに行詰まってしまいます。
      身内をはじめ周囲の者は、ほとんど反対ー何故そんな危険なカケをする  のだ、今の商売を続けてれば一族安泰ではないか、と。しかし主人公は
      かたくなに己の意志を曲げません。そこから物語は展開していきます。
      主人公のそれからの奮闘は読ませます。戦国の武将ものとはちがって、  主人公の苦労話は、読者たる者にもじかに伝わってきます。川を開削す
      るということは大変なことなのです。
      主人公は土倉(金貸し)ですから手代等を全く異なる仕事に投入するこ
      とになります。息子との意思の不疎通とか孫の病気(ハンセン病)とか
      本家とのかかわりとかー作者はようがんばってるなぁ、と思わせる筆運  びです。世に生きるもろもろの人が共感する内容です。特に幕府との関  係で前記の、大久保石見、本多上野とのやりとりは興味深かった。更に
      当時の文化人・学者も登場しますがなかなか読ませます。最後まで一気  に読ませて頂きました。人の一生も川の流れのようなものかもしれませ
      んね。

  • >>No. 301294

    こんばんは^^
     ついこの前のことですが、国会で安倍総理に向かって法学論理みたいなことを吹っかけて叫んでいた。「そんなこともわからないのですか!総理、総理!」と。まるで習い覚えた教科書の文言を振りかざすようにー。それを言うならばそれは西洋法学の論理であり、その元はキリスト教倫理である。
    新約聖書ヨハネ伝第8章に言ういわゆる”姦淫の女”-イエスはいう「あなたがたの中で罪のないものが、まずこの女に石を投げつけなさい」その女は姦淫の現場を押さえられたのだ。そしてイエスは言う「わたしはあなたを罰しない。今後はもう罪を犯さないように」
    山尾氏は姦淫を否定しているーだれも現場を見てないし、いわゆる状況証拠のみ。山尾氏は多分キリスト教の神は信じて居まい。良心云々言ってもはじまるまい。政治家稼業優先だろう。でも山尾氏には夫も子供も居るはずだ。彼らは山尾氏を信じてくれたのだろうか?審判は選挙民が下す、ということか。全国民が注視する選挙区だ。一体、倫理というものをどう考えるかである。日本には常識というものがある筈である。そういう山尾氏に一票を投じるのだろうか?

本文はここまでです このページの先頭へ