ここから本文です

投稿コメント一覧 (1367コメント)

  • サウジがどうのこうの関係ないのです。

    何かと売り材料を探しているだけです。

    今の経済は、不安定で売り材料満載です。
    ドカンと騰がれば売る。

    特にSBGは、下げ始めると100人前です。

  • 北方4島といえば、あのムネオ。
    また、出てきた。

    長年、どうこう言っていたが成果は、ゼロだ。

    大体、日本に住んでいるロスケは、旧ソ連が日本の領土をぶん取った事を知らないようだ。
    勿論、旅行で日本に来るロスケも知らない。

    4島に住んでいる住民に国(ロシア)から莫大な金が出ている。
    自分の国のものだと言っているのだから、金なんて出す必要は無いはずだ。
    明らかに、支配しているという事が明白だ。
    住んでいる住民は、日本の領土を実効支配していることを理解していない。

    日本が4島返還に力を入れていないから、プーチンに足元をみられている。
    まずは、終戦のドサクサで占領した事ぐらい、堂々と言うことだ。

    日本の甘い考えと、外国は違う。

    安倍くん、「4島返還して平和条約を結ぶ、アメリカの言いなりにならない」とガツンと言えばよいのです。
    日米安保を破棄する事は出来ないので、そこはプーチンとの交渉だろう。
    まずは、自衛隊もアメリカも基地を置かない事が条件だろう。

    竹島の実効支配も同様だ。
    日本に多く居る朝鮮人に、「日本の領土を侵略している」と堂々と言うべきだ。
    甘い顔をしているから付け上がる。

  • とうとう逝ったか。
    安倍くんも一目置く絶大な権力を振るった将軍さま、本当なのか。

  • それにしても、多くが勧告へノコノコ旅行にいく日本人、本当にアホです。

    一体、この日本は何なのでしょう。

  • 朝から、何処のTVで大臣とプロ野球の監督と一緒にしていたコメンテーターがいた。
    この方は、いつも脳みそが少ない。

    大体、大臣が何もかも知っているし出来ると思っていたら大間違いだ。
    農林大臣が各県のコメの品種を言えるか?
    コンバインやトラクターに乗れるだろうが仕事が出来るだろうか?
    田植え機に乗っても作業ができるか?
    酪農の牛の種類を言えるか?
    そんなもの解る訳がない。

    野球の監督と訳が違うのは当然だ。

    こんな簡単なことも解らず、よくもコメンテーターをやっているものだ。

    大臣は、そんなもの解ら無くともよい。
    政治家とは何か、一から勉強やり直しだな。

    野党も同様、パソコンが使えなくとも何か問題があるだろうか。
    サイバーの政治の舵取りが出来ればそれが仕事だ。
    なんとセコイ質問をしているのだろう。

    USBがどうの、パソコンを使えるか、こんなセコイ質問をしているようでは、いつまでたっても責任ある政党になれない。

    相変わらず、くだらない質問ばかりしている。
    もっと、外国人労働者受け入れの厳しい質問ぐらい出来ないのかね。
    これでは、いつまで経っても野党の支持率が低迷したままなのは解る。

    莫大な税金の無駄使いの原因は、野党だな。

  • そうそう、毎度日本が甘い顔をするから付け上がる。

    一回ぐらい、ガツンと言えないものか。

  • 外国人実習生の失踪が7000人とのことだが、劣悪な環境で働いていた。

    日本で働いて収入を得るために実習生として日本に来ている訳ですが。
    しかし、問題が大きい。
    本当に実習生として来ているのをTVで観るが、数少ないようだ。

    多くは、賃金は安く仕事内容も最悪で働いている。(コンビニでバイトで働くのはまだマシという)

    それよりも、安い賃金で働いているのですから雇い主としては有難い。

    結局、時給400円や500円の安い賃金で働いているという事。
    これでは、日本人であっても物価の高い日本では暮らせない。

    今後の外国人労働者の受け入れ数十万人といわれるが、なんら変わらない。
    儲けるのは、相変わらず会社。

    日本の労働者不足というが、本当だろうか。
    労働者不足なら、賃金を高くして募集すればよい。
    しかし、実は日本人に代わって安い賃金で働いてくれる外国人に目が向いている。

    「耕種農業」や「畜産農業」なんて、多くは儲からないから安い賃金で働いてくれる外国人は必要。
    人を雇って儲けが出るのは、相当な物量か特殊な製品。
    米や酪農では、殆ど儲けはでない。

    コメでは、法人化といわれるが、年金者をバイトで安く働いてもらっているから利益が出る。
    これは、年金があるので暮らしていける、安い賃金だけでは暮らせない。
    畜産等の酪農は、家族でやっているからトントン。

    低賃金の外人といっても、日本に居れば、日本人同様に辞めていく。

    働いても生活は苦しく、我慢しきれず辞める。
    これは、日本人でも同様の現状だ。

    当然、その代償は、外国人があふれ治安の悪化するということ。

    対策は、簡単だ。
    いかにして、儲け過ぎて溜め込んだ企業の金を国内に廻すかだ。
    慰安会などの福祉の充実や給料を上げれば、税金を安くすることぐらいでしょうか。

    役所には、頭の優秀のが山ほどいますから、何か良い方法あるでしょう。

  • 以前、消費税が5%から8%になるとき、軽減税率で話題となった。

    ミヤネヤや各TVで多くの学者がコメントしていた。
    当時、8%という中途半端な税率より、10%で軽減税率導入だった。
    どこかの官僚の抵抗で軽減税率が見送られた。

    安倍くんは、医療、介護の税収不足と言っているが、
    税収不足ではなく使い過ぎなのだろう。
    役所の職員の給料は上がる一方。
    人員は、増える一方。

    税金の使い過ぎ。
    大手企業の給料も上がる一方、下請けは締め付ける一方。

    一番苦しいのは、低所得者だ。

    300万円を越える車の消費税は、20%でも安い位だろうか。
    年収700万円を越える人々には、痛くも痒くもない税率だろう。

  • バスには、「非常停止ボタン」がないのだろうか。

    バスの運転手が意識を失う事例は、数十件も発生しているという。

    運転前に健康状態を確認しているというが、運転手が失神すれば多くの死人が出る。

    安心てバスに乗れませんね。

    運転手と連動する「非常停止ボタン」や単独に「非常停止ボタン」を取り付けることです。
    直ぐにでも取り付け出来るのですが、何故、こんな簡単な事が出来ないのでしょうか。

  • 往年の糞株なのです。

    高値の時には、絶対に買ってはいけない。

    こんな面白い株は、ここぐらいでしょう。

  • 買ったり売ったり、今日は忙しくなりそう。

  • 政治家が携帯料金が高い、おまけに4割下げろと訴えたが、そんなもの消費者が決める事だ。

    高給取りの政治家や役所の人たち、大手企業の社員には、全く関係ないことだ。
    消費税が20%であっても関係ないのと同様だ。

    自分の家計に合わせて携帯契約を選べばよいだけの話。

    こんな事簡単だ。
    政治家が口出しするのであれば、小中高の学生が高額スマホを持つから家計に響く。
    高給取りの家庭では、親が高額のスマホを持たせるから、いじめの対象になる。
    学生であれば携帯料金は意外と安い契約となっている。

    昔から、財閥の子供は高額の商品を身につけていたが、勿論差別であり安月給の庶民では手が出ないものだった。
    それはそれで、貧乏だったから仕方の無い事だ。

    10万円もするスマを持って優越感に浸るも関係ない。
    しかし、子供の頃から贅沢品を与えるとそれが当たり前になり、回りが見えなくなる。
    過激になれば、犯罪に進む。

    親の教育が悪いのは当然だ。
    小さい時から、自分の身の丈に合った金の使い方を教育してこなかったのが問題だ。

    携帯料金が3万円/月だろうが5万円だろうが、自分の収入に見合った契約をすればよいだけ。

    こんな簡単な事も解らない政治家とは、呆れます。

    政治家が言うのは、「子供に高額の携帯を持たせない」ぐらいだ。
    とやかく、ケチを付けるべきでない。

  • プーチンさんは、昔から北方4島を返還して平和条約を結びたいのだが、離さない理由は昔と変わらず簡単なことだ。

    日本に返還するとアメリカ軍の基地が出来、勿論ミサイル基地も出来る。
    日本政府は、そんな事させないと言っているが確約出来ないようだ。

    日米安保がある限り、確実に北方4島は返還されないという事だ。
    それりゃそうだわ、EUのように陸続きの国境にミサイル基地が狙っているとなると当然不安だ。
    それだけ、日米安保は強力なものだ。

    ボヤボヤしていたら、ロスケどころかシナ人や朝鮮が住み着き永久に日本領土は忘れられる。

    出来ることとなれば、日本の全ての空港の入り口に、「北方4島は、日本の領土」と書いた、巨大な看板を建てるしかないだろう。
    日本人であっても、北方4島がどういう訳で返還されないのか、知らない人が多過ぎる。

    勿論、ロシア語、シナ語、朝鮮語、英語。

    オマケに、尖閣も竹島も日本の領土だなんて知らない人が多過ぎる。
    日本にいる反日の外国人が、どうでもよいように煽っているのが目に付く。

  • 昨日の安値から1000円も騰がる事も・・・ないか。

  • 大体、子供の頃から強烈な反日教育が行われた朝鮮人やシナ人の反日国家の人間を日本に入れること事態が間違っている。

    安倍くん、日本国内に反日の外人がだんだん増えてどうするの。
    我が物顔で、治安の悪化がとても心配です。

    ぜひ、聞いてみたいものです。

  • 反日の勧告で日本企業が人材募集で学生殺到。

    一体何なんでしょう。

    今時期、日本企業はアホです。
    売国企業なのか。

  • 外国人労働者受け入れなんて綺麗事言っていますが、大体みえてきましたね。

    結局、企業が安い賃金で働かせるため政府に圧力をかけているのでしょう。
    企業が相当儲けているのに、まだなお儲けるためであって企業が儲け過ぎの面もある。

    外国人技能実習制度なんて言っていますが、下請け孫請けで安い賃金でコキ使うから、多くが失踪している。
    奴隷だなんて言っている。

    このまま制度で外国人を受け入れとなると、いずれ治安の悪化は目に見えている。
    EU同様に大変な事態に見舞われる。

    安倍くん、そうなっては、既に遅過ぎる事でEUで実証されている。
    自民党の崩壊ですね。

    何故、安い給料で生活が出来ないのだろうか。
    どこに問題があるのでしょうか。
    年金、医療の問題ではなさそうです。
    賃金格差が相当出ているからでしょう。
    役所や大手企業では、平均年収が700万円を超えている。
    そんなに貰っても、溜め込むだけです。
    老後のために溜め込む必要があるなんて言っていますが、高額年金のおまけに貯蓄が3000万円もあれば充分でしょう。
    給料が高過ぎる。
    消費税が10%なんて、全く関係ない。
    20%であっても関係ない方が多くいるでしょう。
    スーパーで1円や2円安くても、全く関係ない。
    消費税10%で困るのは、殆ど多くの低所得者。

    日本人も同様で求人を見ても、賃金が安い。
    これでは、生活が相当苦しいのは間違いない。
    結婚どころでは無い。
    それどころか、子供を産めないだろう。
    人口減少は、まだまだ止まらない。
    子供にいくら援助しても、安心して育てられない。
    増えるのは、老人、介護。

    携帯電話の料金が高いのだなんて、それどころではないですね。

  • 古い話だが、レンポウ氏の二重国籍問題はどうなったのでしょうか。

    二重国籍のままなのであれば、日本を左右する政治家にいかがかと思いますが。

    レンポウでもレンホウでも、間違えた位でさほど関係なさそうだが。

  • SB上場でプラスかと、外資が売ったのでしょう。
    安値から400円も騰がるとは、いったい何なのでしょう。

    やはり。株価を騰げる材料は少ないが、下がるというより下げる材料はSBGに全く関係なくとも山ほどありますね。

    特に、ここは売って儲けるところで間違いはないと言えます。

  • 朝鮮人は、変わらず朝鮮人だった。

    戦後、多くの朝鮮人が帰国せず特に田舎に多く住み着いた。
    朝鮮部落というコロニーが各地に多く存在し、多くは日本にとけ込まず独自の文化のままで生活していた。

    日本では戦後食料不足でオマケに労働者不足であったが、ブライドを捨てることが出来なかったのか定かではないが日本にとけ込まず、貧しい生活を送っていた。

    こちらの田舎では、一部労働力で働いていたかトラブルが絶えなかったと聞いている。
    母国へ帰ることも出来たようだが、中々馴染めずに住み着いた。

    やはり日本で暮らそうとすれば、その地方の習慣にならうべきだろう。
    日本人であっても、都会や街から田舎に引っ越してきても中々馴染めず出て行くのが多い。
    また、近所とのトラブルが絶えない。

    それは当然の事で、田舎と街では違い、自分の考えでいたいなら団地に住めばよい。
    ここは、多種多様な人々が暮らし、何事も中々まとまらない。

    移民問題も同様だ。

    簡単な事です。
    その国に移住するなら、自我を捨てその国の価値観を共有して一緒に暮らす努力が必要だ。
    それが出来ないので多くのトラブルが発生している。

    そこで暮らしている我々は、当たり前に生活しています、それが習慣、風習、文化というものです。

本文はここまでです このページの先頭へ