ここから本文です

投稿コメント一覧 (2458コメント)

  • >>No. 823

    主な結論と次のステップ~@🐢@

    •NeoCartは6ヶ月、1年、および2年のデータの全体に基づいて、臨床的に有意な結果が優れていると考えています。

    •リスク/メリット:NeoCartの安全性プロファイルは同等であり、標準のケアよりも優れていました。

    •NeoCartを使用した臨床医は、承認されれば、この製品が市場をリードする治療薬であると信じています。

    •FDAとのミーティングを依頼し、BLAファイリング戦略について話し合い、2018年10月にフィードバックが期待されます。
    •エキスパートのフィードバックに基づいて、タイムラインに大きな影響を与えることなくFDAのレビューと潜在的なFDA承認をサポートしています。

    •BLAが提出され、承認されれば、2020年のネオカットの早期上市を目標とする~@🐢@。

  • 2018/09/05 22:37

    >>No. 815

    ネオカルト第3相臨床試験結果の要約~@🐢@

    1.NeoCartは、最も高い障壁、二重閾値のエンドポイントに対する微小破壊に対して、1年で臨床的に有意な改善を示した。試験は統計学的有意性を狭く欠いており、mITT集団における2つの微小挫折応答者(片側試験:* p = 0.025)による主要評価項目を満たさなかった。 NeoCart患者の-62%は6ヶ月の応答者であり、微小挫傷の46%(* p = 0.0188)であった。 NeoCart患者の-74%は、1年間の応答者であり、微小挫折の62%(p = 0.0714)であった。たとえば、IKDCの現在のMCIDに基づいて、NeoCartは統計的に非常に優れています。

    2.NeoCartは、第三者が実施している進行中の臨床試験で使用されているFDAガイダンスで確立されているように、KOOSおよびIKDCエンドポイントで1年間の微小亀裂と比較して統計的に有意な結果を示した。また、〜120人の患者(安静時の訪問)に基づいて2年間で優位性を示した。

    3.NeoCartは1年2年で臨床的に有意義な改善が早期に持続することを実証した。しかし、マイクロフラクタルは、パフォーマンスを最大限に高めることを目的とした母集団(現在のFDA指導の下で、BMIが最も低く、最も適切な病変サイズおよび厳格なリハビリテーションプログラム)において現在までに実施された最も頑健な研究であると考えています。

    4.危険性/利益は確立されていると考えられ、武器間の安全性は同等であった。 5.データと出版されたFDAのガイドラインの全文に基づいて、NeoCartはレビューと潜在的な承認を受け入れられるべきだと考えています。我々は、これをタイプA会議を介してFDAと確認するつもりである~@🐢@。

  • 2018/09/04 21:43

    チルチル~チビルマン~@💩@

    カラ騒ぎしても∼ムダムダ毛~@🐢@。

    モグランも∼トン走中だべ~♪@^^@♪。

    2018/08/30 JPモルガン証券 0.690% -0.100% 826,400株 -115,300

    2018/08/22 JPモルガン証券 0.790% -0.020% 941,700株 -17,300

    2018/08/16 Deutsche Bank London 0.470% -0.030% 565,200株 -35,100 報告義務消失

  • カレー屋の∼おばちゃんが~@🍛@

    アゲて∼真っ青になっとるな~@🐢@。

    浮動株カレカレ∼バレバレ~@w@

    カレー臭∼プンプンだべ~♪@^^@♪。

  • この件の∼進捗状況も気になるべ~♪@^^@♪。

    ジーンテクノがメディネットと免疫細胞加工技術の開発・製造委受託に関し契約を締結◇~@🐢@
    2017/09/27 17:55
     ジーンテクノサイエンス<4584.T>がこの日の取引終了後、順天堂と共同で研究開発を進めてきた免疫寛容を誘導する細胞加工技術について、メディネット<2370.T>と同製品の製品化に向けた開発・製造の委託を実施する委受託契約を締結したと発表した。

     今回の契約は、臓器移植後の拒絶反応の抑制を目的とした再生医療等製品の開発を加速するのが狙い。ジーンテクノの研究開発・抗体開発技術とメディネットがこれまで培ってきた免疫細胞に関する技術・知見を融合することで、早期の製造販売承認の取得と上市を目指すとしている~@🐢@。

  • 2018/08/26 14:32

    >>No. 504

    丁稚がアセッて~モガイとるべ~@💩@。

    キッチョ∼吉兆∼のササヤキ~@☀@

    ジリィ∼ジリィ∼上げてゆくべ~♪@^^@♪。

    2018/08/22 JPモルガン証券 0.790% -0.020% 941,700株 -17,300

    2018/08/16 Deutsche Bank London 0.470% -0.030% 565,200株 -35,100 報告義務消失

  • 新たな検査「がん変異抗原(ネオアンチゲン)解析検査」について-さらなる個別化医療を推進するために~@🐢@

    瀬田クリニックグループでは、個別化した免疫細胞治療の実践を進めていくために下記の検査を導入いたします。これにより、免疫チェックポイント阻害薬の適応の判断や、免疫細胞治療の効果予測、さらには、より患者さんのがんの性質に適した樹状細胞ワクチンへの応用を準備しています。

    なお、下記の他に、従来より実施している免疫機能検査、HLA検査、免疫組織化学染色検査も加えて、より個別化されたがん治療を提供して参ります。

     がん変異抗原(ネオアンチゲン)解析検査

    がん細胞は、正常な細胞にはない遺伝子のキズ、すなわち“変異遺伝子”をたくさん持っています。これらの変異遺伝子から生じた目印は“新しく生じた抗原=ネオアンチゲン”と呼ばれ、「がん固有の目印」となります。現在、注目されている免疫チェックポイント阻害薬は、このネオアンチゲンに対するキラーT細胞の反応性や攻撃性を高める薬です。

    ネオアンチゲンは、免疫反応を強力に引き起こし、ネオアンチゲンを覚えた免疫細胞は、がんに対して強い殺傷力を持つといわれています。

    今回、更なる個別化医療を推進するため、個々の患者さんのがん細胞で生じている遺伝子変異を解析する検査を導入いたしました。

    <適用疾患>
    自己のがん細胞が入手できる方で
    1.進行再発癌の方
    2.術後再発リスクの高い方(StageⅢ、StageⅠ~Ⅱのハイリスクグループ)
    3.免疫チェックポイント阻害薬の使用を考えられている方

    ■ネオアンチゲンとは

    がん細胞に存在する、遺伝子変異を起こした抗原(分子)を指します。免疫細胞が、がん細胞上の抗原を認識することで、免疫反応が起こります。免疫細胞は正常な「自己」の抗原には反応しませんが、ネオアンチゲンは正常な細胞には存在しないため「非自己」として認識されて免疫チェックポイント阻害剤などにおいて生じる免疫反応の標的になります~@🐢@。

  • No.463

    強く買いたい

    2017 年 11 月 13 …

    2018/08/25 19:51

    2017 年 11 月 13 日
    各 位
    株式会社メディネット

    樹状細胞ワクチンは高い抗腫瘍効果を示し、
    免疫チェックポイント阻害剤との併用治療によりによる腫瘍縮小効果の向上が期待できる
    研究成果が国際ジャーナルに掲載されました~@🐢@

    株式会社メディネット(以下「当社」)は、国立大学法人東京大学 医学部附属病院 免疫細胞治療学講座と「ネオアンチゲンを標的とした個別化がんワクチン治療法の開発」を進めております。

    私たちは、これまでに、「ネオアンチゲン」(正常細胞には存在せず、腫瘍細胞に蓄積している遺伝子変異に由来する抗原)が抗腫瘍免疫応答に深く関連することを示すデータを学会で発表してまいりました。1この度、マウスモデルにおいて、樹状細胞ワクチンが、ペプチドワクチンよりも、抗腫瘍免疫の誘導に有用であることを示す研究成果を国際科学誌「Oncoimmunology」に発表いたしましたので、お知らせいたします。

    ≪論文の概要≫

    ・がんワクチンには、ネオアンチゲンのようながん抗原を腫瘍ライセートやペプチドなどで提示させた「樹状細胞ワクチン」とペプチドそのものを用いた「ペプチドワクチン」がある。マウスモデルを用いて、樹状細胞ワクチンとペプチドワクチンを比較実験した結果、「樹状細胞ワクチン」の方が、腫瘍特異的T細胞がより効率的に誘導・増幅されており、T細胞の疲弊も認められず、より高い抗腫瘍効果があることを確認した。

    ・樹状細胞ワクチンと免疫チェックポイント阻害剤(抗 PD-1 抗体)を併用することで、樹状細胞ワクチンによる腫瘍特異的 T 細胞の効率的な誘導と、免疫チェックポイント阻害剤による免疫抑制状態を解除する作用が働くことで、腫瘍組織をより効果的に縮小させることがマウスモデルで確認できたことにより、同併用治療による腫瘍縮小効果の向上が期待できる。

    近年、免疫チェックポイント阻害剤の承認により注目されている抗腫瘍免疫応答には、患者体内に存在する腫瘍特異的 T 細胞が非常に重要であることが知られています。私たちは、本研究でネオアンチゲンを用いた樹状細胞ワクチンをつかうことで、臨床的により効率的に腫瘍特異的 T 細胞を誘導することができる可能性を証明しました ~@🐢@。

  • 「がん治療」新時代(運営:メディネット)~@🐢@

    中村祐輔教授のシカゴ通信:がん医療の新たな道
    簡便な診断法と免疫療法の開発が、がん治癒率向上のカギ
    2018年4月4日

    がん治療の新しい流れとして、世界は「免疫療法」に着目している
    海外における最新のがん治療のキーワードは何かというと、「免疫」ということになるだろう。日本では、標準治療を中心にがん治療の流れというのがほぼ決まっているが、がんが進行し、化学療法の効果が認められなくなると、「適した治療はない」ということになってしまう。しかし、アメリカやヨーロッパでは、新しいタイプの免疫療法の研究が進んでいる。患者さん側も積極的にその情報を求め、すでに選択肢の1つにもなっているのだ。日本では、先日も免疫療法を行っている公的病院がたたかれていたが、むしろ今は、そういう治療法を理解して、育てていく時期ではないだろうか。なかにはいい加減な治療を行う病院があるかもしれないが、だからといってすべてを規制してしまったら、進歩からも遠ざかってしまうように思えるのだ。もちろん免疫療法の側も科学的なデータを出していかなければならない。臨床的に明らかに効いている人は少なからずおり、私が研究に関わっているがんワクチンなども、20%くらいの人は長期生存を果たしている。そうした結果について、どういう人に効果があるのか、効果がある人の体内では免疫的にどういったことが起こっているのかを科学的に明らかにしていくことだ。これから私も、樹状細胞療法+ワクチン療法の試験を日本で実施することを計画している。

    5年、10年先を見据えて新しい免疫療法を
    免疫がテーマの新しい治療法には、この他、ネオアンチゲンを活用したワクチン療法などもある。ネオアンチゲンとは、がんに生じた遺伝子異常を含むがん細胞特異的抗原のこと。これを利用したワクチンを体内に投与すると、樹状細胞ががんの特徴を認識し、免疫による攻撃を担うT細胞などが活性化してがんをたたく。ネオアンチゲンは、患者さんによって種類も数も異なるので、これを活用した治療もまた、プレシジョン医療といえるだろう。私は渡米する以前からプレシジョン医療の重要性を説いてきたが、当時は「そんなものができるわけがない」という意見が主流だった。しかし、それが現実化し、がん治療はまさに新しい時代を迎えようとしている~@🐢@。

  • チビルマンになっては∼ナリマセヌ~@w@。

  • >>No. 91

    オタクは∼安値オネダリマンかいな~♪@^^@♪。

    >No.669
    >今日も下がりますかネ。 40…
    >2018/08/09 09:05
    >今日も下がりますかネ。
    >400円割れしてくれ・・・・。

  • 白血病治験開始ネタも∼近いし~@🐢@

    ジーンテクノサイエンスから∼委託された~@w@

    臓器移植後の∼拒絶反応の抑制を目的とした~@w@

    再生医療等製品の∼開発ネタ~@🐢@

    阪大との∼CAR-T細胞療法ネタ~@🐢@

    TC BIOの∼ImmuniCell® 治験ネタもある~@🐢@。

    カメ∼、マ、マツゴウタ~@×@

    カネは無いが∼ネタは豊富だべ~♪@^^@♪。

    ネタが飛び出せば∼カネは後からついてくるに~@金@

    違いアルマイトの∼ぉナベ~@🍲@。

  • 2018/08/19 10:58

    自家培養軟骨の∼米国でのPIIIトップラインデータは~@w@

    9月発表に∼なりそうだべ~@🐢@。

    ClinicalTrials.gov識別子:NCT01066702
    採用状況 :アクティブで、募集していない
    最初に掲示される :2010年2月10日
    最終更新日 :2018年8月10日

    スポンサー:
    Histogenics Corporation
    責任者から提供された情報:
    Histogenics Corporation

    研究の説明
    この確証的研究は、膝の軟骨欠損の処置における自己軟骨細胞組織インプラント ( NeoCart )の有効性と安全性を外科的介入微小亀裂と比較する前向きランダム化試験である。

    膝関節における関節軟骨欠損 NeoCart 微小破壊 フェーズ3

    研究開始日 :2010年5月
    推定一次完了日 : 2018年9月
    推定された研究終了日 : 2020年6月

    NeoCartは~@🐢@

    富士フィルムの∼軟骨に~@骨@

    負けない自信マンマン∼アンパンマン~@☺@

    期待して∼待つべし~♪@^^@♪。

    米Histogenics社、「開発中の自家培養軟骨は『ジャック』と差別化可能」
    国内での治験を準備中
    (2017.06.23 )
     米Histogenics社は、変形性関節症による軟骨損傷を対象とした自家培養軟骨「NeoCart」の実用化を手掛けており、米国で245例を対象としたプラセボ対照試験のフェーズIIIを実施している段階だ。2017年6月1日、同社のAdam Gridley最高経営責任者(CEO)が本誌の取材に応じ、日本での開発方針や、ジャパン・テイッシュ・エンジニアリング(J-TEC、富士フィルムの子会社)の自家培養軟骨「ジャック」(ヒト(自己)軟骨由来組織)との違いなどについて説明した~@🐢@。

  • なんや∼一粒も買えんボンビー連が~@w@

    物欲しげに∼ウジウジ湧いて出とるな~@💩@。

  • 置いてけ堀に∼ハマってはナリマセヌ~@🐟@

    浮動株カレカレ∼バレバレ~@w@

    トコトン!スッポン🐢ホールドだべ~♪@^^@♪。

  • >>No. 414

    1個は∼ぉ買い増し分だべ~@🐢@。

    オッチャンの∼目標株価は~@w@

    オタクの10倍の☀4800円~♪@^^@♪。

  • 浮動株カレカレ∼バレバレやのに~@w@

    ボロットが∼ムリ下げ~ミセ売買を繰り返しとるな~@💩@。

    935円で🐢∼1個食いちぎってやったべ~♪@^^@♪。

  • No.966

    強く買いたい

    Histogenics 株式会…

    2018/08/09 20:41

    Histogenics 株式会社 第2四半期2018財務・業績のお知らせ~@🐢@

    ‒ NeoCart ®フェーズ 3 2018 の3番目の四半期のトラックの臨床試験からトップラインの優位性データ
    ~ 2018 の後半に期待される日本における第3相臨床試験の開始 ~
    ~ 2020 における NeoCart の事業化に備えた経営陣の拡充 ~
    -電話会議およびウェブキャストを今日 8:30 am EDT から開催する会社

     迅速な疼痛緩和および機能回復をもたらしうる回復性細胞療法(RCT)の開発のリーダーである、Histogenics Corporation(Histogenics)(Nasdaq:HSGX)は、2018年8月9日、マサチューセッツ州ウォルサム(Gustav Newswire) 2018年6月30日に終了した四半期の財務および業績を発表しました。

     2018年の第2四半期の焦点は、NeoCart Biologicsライセンス申請の提出であり、2018年第3四半期にトップラインのデータを発表する予定です。このエキサイティングなマイルストーンの準備として、 Lynne KelleyのChief Medical Officerとしてヒストゲニクスの社長兼最高経営責任者(CEO)であるアダム・グリッドリー(Adam Gridley)は次のように語っています。また、NeoCartプラットフォームの国際的な拡大についても、NeoCartの開発と商業化パートナーであるMEDINETとともに、下期に日本で第3相試験を開始する準備を進める上で重要な進展を示しました~@🐢@。

  • オツム★カラ売り屋の∼丁稚が~@💩@

    真っ青な顔して∼売り煽っとるな~@青@。

    哀れな∼モンダミン~♪@^^@♪。

    大和は∼安値転換せず~@w@

    チャンと資金供給するに∼違いアルマイトのぉなべ~@🍲@。

    札幌☀東京☀大阪と∼3ヵ所開催予定の会社説明会も~@🐢@

    リキが入っとるがな~!♪@^^@♪!。

  • オツム★カラ売り屋の∼丁稚が~@💩@

    必死のパッチで∼売り煽っとるな~♪@^^@♪。

本文はここまでです このページの先頭へ