ここから本文です

投稿コメント一覧 (4297コメント)

  • 海外安全ホームページからトルコの詳しい情報が分かる。上がるのは難しいってことが分かる。
    ttps://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_052.html#ad-image-0
    トルコは、危険レベル4のシリアの隣接国があるのでテロは絶えない。
    隣の国が、レベル0にならないと上がらない!

  • 海外安全ホームページから南アフリカ共和国の基礎データが分かる。上がるとは思えない。
    上がる余地がなさ過ぎて10円は望めない・・・。
    ttps://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_122.html
    1 犯罪発生状況
    (1)最新の犯罪統計(2016年4月~2017年3月)によれば,殺人,強盗,傷害,性犯罪等の身体に直接係わる犯罪(コンタクト・クライム)の発生件数は,前年比で2.4%減少しましたが,殺人については, 1日あたりの発生件数は殺人52件,同未遂50件と高い水準が維持されています。凶悪強盗(6.4%増)及びカージャック(14.5%増)は増加が顕著です。強盗の増加率を手口別に見た場合,一般住宅を狙った侵入強盗が最も多く,次いでショッピングモール等における屋内強盗,カージャックの順に多く発生しており,2012年以降増加が続いてます。カージャックの急増(同14.5%増),凶悪犯罪の増加は,南アフリカ国民だけでなく,日本人を含む外国人の生活,治安を直に脅かすものとなっています。
     主な犯罪の年間発生件数(1日当たりの発生件数を(  )内に表示)は,以下のとおりです。
    ○ 殺人    19,016件( 52.1件)
    ○ 殺人未遂  18,205件( 49.9件)
    ○ 重傷害   170,616件(467.4件)
    ○ 凶悪強盗  140,956件(386.2件)
    ○ 侵入窃盗  246,654件(675.8件)
    ○ 車上ねらい 138,172件(378.6件)
    ○ 薬物関連  292,689件(801.9件)
    ○ 性犯罪    49,660件(136.1件)
     南アフリカの人口が約5,000万人であることを考えれば,凶悪犯罪等の発生件数及び発生率ともに非常に高い比率で推移しており,治安状況は極めて厳しい状況にあります。
    (8)性感染症
     HIVやB型肝炎や性病の感染率が高いので,不特定の方との性交渉は避けるのが賢明です。2014年の統計によると,南アフリカのHIV感染者数は推計で約551万人(人口は約5,400万人,罹患率は10%以上です)。
    (9)結核
     HIV感染(AIDS)により免疫力の低下を生じ,結核菌が活動し始め,周囲の人に感染させるというパターンで結核が拡がっております。使用人の雇用などの時には健康状態のチェックを必ず行ってください。

  • 悪材料出てたよ。格下げ! HFが、つり上げの高値誘って。そして爆下げ開始したとしか思えない。良くあることだよ。

  • トルコ国民ドルトルコ買いまくりで、トルコリラ円は、下がっていくちゃうか?

  • トルコリラもう19円も行かなくなって来たな。ジワジワ下げが開始されたな。SもLも割に合わない通貨化してる。

  • トルコを追い詰めるとシリア難民が暴発する 悪材料毎週のように出る。
    ジリ上げは、総選挙の前のことか?
    8/25(土) 6:00配信

    トルコを追い詰めるとシリア難民が暴発する
     8月14日、トルコのエルドアン大統領はアメリカ製の電化製品に対し、「不買運動を実施する」と宣言した(写真:ロイター/Umit Bektas)
     トルコリラが暴落している。数年前まで対円で60円近辺にあったトルコリラは、現在10円台後半と4分の1程度まで下がった。日本では高金利のトルコリラ建て投資信託は人気商品だったため、今頃ほぞをかんでいる投資家が多い。米S&Pの国債格付けも「シングルBプラス」と投機的格付けにあり、この格付けでは海外からの投資(資金流入)は困難だ。トルコリラは底値圏とはいえ、まだ下がる余地がある。
     このトルコリラ暴落の原因として、エルドアン大統領の強権政治にアメリカが反発し、制裁を強化、最近では鉄鋼やアルミ製品の輸入関税を大幅に引き上げたことなどが挙げられている。しかし、トルコとアメリカの軋轢の根は、もっと深い。最大の焦点は、アメリカの福音派牧師ブランソン氏の釈放問題だ。2016年7月、トルコでエルドアン政権打倒を企てたギュレン教団が中心にいたとされる、クーデター未遂事件が勃発。これに対しトルコ政府は、アメリカに滞在するギュレン師の身柄引き渡しを再三求めているが、アメリカは応じていない。さらにトルコ政府は、ブランソン氏がギュレン運動に加担したと判断し、身柄を拘束している。
    ■クルド人を使ったアメリカをトルコは許せない
     アメリカとトルコの軋轢はこれだけではない。
     シリア内戦が激化していたとき、シリア政府軍と反政府軍、それにIS(イスラム国)が三つ巴の戦闘を繰り返していた。ところがアメリカには、シリア政府軍とISに対抗する信頼できる地上軍がなかった。そこでアメリカが使った駒が、トルコが忌み嫌う「クルド人」勢力だ。それにクルド人勢力は健闘してアメリカの期待に応え、一方のアメリカは資金や武器の援助をした。
     クルド人の勢力は、トルコ、シリア、イラン、イラクにまたがっている。国家を形成していない最後の大きな民族ともいわれる。特にトルコでは東部、南部を中心に人口が集積。クルド人はトルコ人の約20%を占めているとされるが、クルド人も一枚岩ではなく、トルコ政府や軍で栄達した人も多い。だが、多数はトルコ共和国には包摂されず、テロや武装闘争で独立を志向している。そのクルド人勢力を、アメリカがシリア内戦やIS掃討で活用し強化したことを、トルコは許せない。

  • 2018/08/23 21:18

    41.0~1.8の超滝落下の全力Sが一度乗ってみたい。トルコチャートは、5月ゴールデンウィークのように22円から24円付近まで上がってそのあとはジワジワと下がるシナリオちゃうか?それまでユーロ125.50Lを放置で儲けとくわ。トルコ19円来れたらS、12円または9円でLするくらいな通貨。非効率すぎて触らない。

  • 証拠金やすいからトルコリラ触るってどうかしてるぜ。今は触らんほうがいい。もし、20円これたらSするだけ。Lはエルドアンいる限りしない。エルドアン演説したら滝落下確定。なんでLするのは勇気いる。今はSもやらんな。動きが20銭程度の上げ下げでスプレッド分で効率悪すぎてやらない。

  • トルコしばらく触らんほうがいいな。スプレッド分しか動かんってワロタ。たいして上がらない、下がらない。超ジリ貧は継続。毎日、上げ下げしながら0.01程ちょっと下げ、ダルすぎてSできない。Lなんて危なすぎてやらないし。メキシコペソと同様な下げかよ。数年後9円・・・・。
    2ヶ月後ほどの経済指標の悪材料で爆下げちゃうかな?スプレッド分の滝落下じゃ意味ないし。

  • 格付け格下げになった通貨をなぜ上がると思ってLするの理解できんな。やっぱり下がる!しかし、遅い。ジリ貧だとこれ、全く上がらないパターンになってきた。ダルイSだ。

  • 格付けの格下げは、フェイクだったのかのように下がらんって何なのよ。

  • トルコリラじゃなく、超ジリ貧格下げ通貨、ダルコゲラとあだ名付けとく。

  • トルコリラ超ジリ貧相場。ダルイので、S決済。高値来たらSするのみ。ちょっとした悪材料来たら爆下げくる。

  • ドルトルコリラ 8.500になるとしたら、12円まで下落かな?格付けの位置に行くとしたら、メキシコペソより高いのは変なので、8円まで一気にかな?その後ジワジワとメキシコペソと並ぶ。

  • ヘッジファンドは元々は下降相場において、持っている投資資産(約2兆円ほど)のリスクをヘッジ(回避する)と言う観点から、空売りと言う呼ばれる手法を行っていた事から、その名前が来ている言葉となりますが、現在でもこのヘッジファンドが得意としている投資方法はその空売りとなっています(空売りとは、所有していない投資資産を借りてきて売ると言う事になりますが、FXで言うところのSell(売り)から入った取引と考えてください)。
     つまりは、買いよりも売り相場を得意としています。そして、その売りを得意としていて何を狙うのか?それは個人投資家の運用している資金となります。
     例えば、個人投資家がこれ以上の損は耐えられないと言う「ストップ(逆指値)」のラインまで相場に売りを浴びせて落としたり、逆に買いを浴びせて相場を引き上げたりして利益を上げています。←15円~19円まで上げときながらの爆下げ。
     「自分が入れているストップが刈られてから相場が反転した」こんな経験のある方は、ここにいらっしゃいますか?恐らくほとんどのFX経験者の方ならば「YES」と回答されると思いますが、このようなストップ刈りと呼ばれる手法をヘッジファンドは得意としています。このような個人投資家の投資したお金を狙うヘッジファンドですが、会社によって集めた資金の運用方法が違ってきます。

  • 月曜日に25円代のL持ちたちもロスカットに巻き込んだら9円確実。高値Lの資金管理の限界来たら下がる。HFは、容赦なく狩りに来る。スイスフランのように。

  • サクソバンクは、すでに18.07になっていた。月曜日の下げは、12円で止まるか?8円までの爆下げか?南アフリカランドの7.5、メキシコペソ5.8のどちららかに並ぶか?と思う。

  • 米格付け2社、トルコ国債格下げ…通貨下落懸念
    8/18(土) 21:03配信  読売新聞
     【ニューヨーク=有光裕】トルコの通貨リラの急落を巡り、米大手格付け2社が17日、トルコ国債の格付けを引き下げた。米国人牧師の拘束をきっかけに米国との対立が深まっており、急激な物価上昇と企業や銀行の資金繰りの悪化で、経済に悪影響が出ることへの警戒感が高まっている。
     S&Pグローバル・レーティングはトルコの外貨建て長期国債の格付けを「ダブルBマイナス」から「シングルBプラス」に、自国通貨建て長期国債の格付けを「ダブルB」から「ダブルBマイナス」に、それぞれ1段階引き下げた。ムーディーズ・インベスターズ・サービスもトルコの長期国債の格付けを、投機的とされる「Ba2」から「Ba3」に1段階下げた。

    いつも思うけど格付け会社は、すごいのか?HFなのか?

  • メキシコ: 5.85で格付け ムーディーズ A3 S&P Baa1 フィッチ BBB+
    トルコ:18.37 格下げになった。
    ムーディーズ Ba3 S&P B+ フィッチ BB(南アフリカランドと並んだ)
    一桁の9円来ても不思議じゃなくなっています。月曜日は、全力Sしてもいけると確信。資金管理すれすれのL持ちは逃げないと狩られますよ。

  • トルコ国債格下げ 米格付け大手2社 景気後退も予想
    8/18(土) 9:57配信
     米格付け大手のS&Pグローバル・レーティングとムーディーズ・インベスターズ・サービスは17日、トルコリラの急落を受け、トルコ国債などを格下げした。S&Pは輸入物価の上昇などで消費が低迷し、2019年は景気後退に陥ると予想。財政にも悪影響を及ぼすとみている。
     S&Pは、ともに投機的水準だった、外貨建てとリラ建ての長期国債の格付けについて、それぞれ「BBマイナス」から「Bプラス」に、「BB」から「BBマイナス」に1段階引き下げた。
     S&Pは、輸入物価の急上昇などでインフレ率が今後4カ月で22%にまで達すると予想。消費や投資の減少などで昨年は7・4%だった実質経済成長率は19年にマイナス0・5%と大幅に悪化するとした。
     ムーディーズも、トルコの長期発行体格付けを投機的水準の「Ba2」から「Ba3」に1段階下げた。見通しをさらなる格下げの可能性がある「ネガティブ(弱含み)」とした。
     リラは対米関係の悪化への懸念などから急落し、今月13日には1ドル=7リラ台と過去最安値を更新した。(ロンドン=寺西和男)

    南アフリカランドも危ない・・・・。6円タッチくらいならいいけど。朝から6.5とか無いだろうな!!! 7.1Lダイジョブかな? もちこしてしまった・・・・。

本文はここまでです このページの先頭へ