ここから本文です

投稿コメント一覧 (1387コメント)

  • オーケストラ <6533> [東証M]  ★上期経常は31%増益、初配当と株式分割も発表
     ◆18年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期比31.2%増の2.2億円に拡大して着地。デジタルマーケティング事業で主力の運用型広告を中心に既存取引先の受注額が増加したうえ、新規顧客開拓も順調に進み、取扱高が拡大したことが寄与。
      業績好調を踏まえ、従来無配としていた期末一括配当は初配当となる2.5円を実施する方針とした。
      併せて、8月31日時点の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表。株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが期待される。

  • 6533 オーケストラホールディングス

  • みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にオーケストラHD

    2018/08/15 15:00

     「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の15日午後2時現在で、Orchestra Holdings<6533.T>が「買い予想数上昇」で2位となっている。

     14日の取引終了後、8月31日を基準日として1対2株の株式分割を実施するほか、期末配当予想を無配から2円50銭に引き上げると発表。さらに、同時に発表した第2四半期累計(1~6月)連結決算は、売上高35億500万円(前年同期比21.9%増)、営業利益2億2700万円(同30.4%増)、純利益1億5200万円(同35.6%増)と大幅増益だった。

     これらを受けて、この日は朝方から買いが集中し、ストップ高の1782円まで上昇。なおも買いを集めていることから、買い予想数が上昇しているようだ。

     なお、18年12月期業績予想は、売上高72億400万円(前期比22.2%増)、営業利益4億4500万円(同22.1%増)、純利益2億9100万円(同21.0%増)の従来見通しを据え置いている。

    出所:minkabuPRESS

  • MRTもストップ高 オーケストラも遠隔医療銘柄

  • オーケストラHDがS高、1対2株の株式分割と増配予想を好感

    個別株

     

    minkabuPRESS

    2018/08/15 09:39

     Orchestra Holdings<6533.T>がストップ高。14日の取引終了後、8月31日を基準日として1対2株の株式分売を実施すると発表しており、これを好感した買いが入っている。

     また、同時に発表した第2四半期累計(1~6月)連結決算が、売上高35億500万円(前年同期比21.9%増)、営業利益2億2700万円(同30.4%増)、純利益1億5200万円(同35.6%増)と大幅増益だった。主力のデジタルマーケティング事業で、運用型広告を中心に既存取引先からの受注額増額や新規取引先の獲得が順調に推移し売上高・利益を押し上げた。また、前下期から開始した各種Webシステム開発やスマホアプリ開発、クラウドインテグレーションなどのソリューション事業も寄与した。

     なお、18年12月期業績予想は、売上高72億400万円(前期比22.2%増)、営業利益4億4500万円(同22.1%増)、純利益2億9100万円(同21.0%増)の従来見通しを据え置いているが、期末配当予想は無配から2円50銭に上方修正しており、これも好材料視されているようだ。

    出所:minkabuPRESS

  • 2018年8月15日 9時04分

    【材料】 オーケストラが買い気配、上期経常は31%増益、初配当と株式分割も発表

     Orchestra Holdings<6533> [東証M]が買い気配でスタート。14日大引け後に発表した18年12月期上期(1-6月)の連結経常利益が前年同期比31.2%増の2.2億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

     デジタルマーケティング事業で主力の運用型広告を中心に既存取引先の受注額が増加したうえ、新規顧客開拓も順調に進み、取扱高が拡大したことが寄与。業績好調を踏まえ、従来無配としていた期末一括配当は初配当となる2.5円を実施する方針としたことも買いに拍車を掛けた。

     さらに、8月31日時点の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表。これを受けて、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いも向かった。

    株探ニュース

  • オーケストラ <6533> [東証M]  ★上期経常は31%増益、初配当と株式分割も発表
     ◆18年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期比31.2%増の2.2億円に拡大して着地。デジタルマーケティング事業で主力の運用型広告を中心に既存取引先の受注額が増加したうえ、新規顧客開拓も順調に進み、取扱高が拡大したことが寄与。
      業績好調を踏まえ、従来無配としていた期末一括配当は初配当となる2.5円を実施する方針とした。
      併せて、8月31日時点の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表。株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが期待される。

  • 6533 オーケストラホールディングス

  • オーケストラ <6533> [東証M]  ★上期経常は31%増益、初配当と株式分割も発表
     ◆18年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期比31.2%増の2.2億円に拡大して着地。デジタルマーケティング事業で主力の運用型広告を中心に既存取引先の受注額が増加したうえ、新規顧客開拓も順調に進み、取扱高が拡大したことが寄与。
      業績好調を踏まえ、従来無配としていた期末一括配当は初配当となる2.5円を実施する方針とした。
      併せて、8月31日時点の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表。株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが期待される。

  • No.211

    強く売りたい

    2018年8月14日 15時0…

    2018/08/14 17:52

    2018年8月14日 15時00分

    【決算】 プレミアG、4-6月期(1Q)税引き前は56%減益で着地【連結・国際基準】

    決算短信  PDF  

     プレミアグループ <7199> [東証2] が8月14日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比56.5%減の3.5億円に大きく落ち込み、4-9月期(上期)計画の9.5億円に対する進捗率は36.6%にとどまり、さらに前年同期の67.6%も下回った。

    株探ニュース

  • オーケストラHDが1対2株の株式分割を発表、同時発表の6月中間期営業利益は30%増

    個別株

     

    minkabuPRESS

    2018/08/14 17:15

     Orchestra Holdings<6533.T>がこの日の取引終了後、8月31日を基準日として1対2株の株式分売を実施すると発表した。投資単位当たりの金額を引き下げることで投資しやすい環境を整え、株式の流動性の向上と投資家層のさらなる拡大を図ることが目的としている。

     同時に、第2四半期累計(1~6月)連結決算を発表しており、売上高35億500万円(前年同期比21.9%増)、営業利益2億2700万円(同30.4%増)、純利益1億5200万円(同35.6%増)だった。

     主力のデジタルマーケティング事業で、運用型広告を中心に既存取引先からの受注額の増額や新規取引先の獲得が順調に推移し売上高・利益を押し上げた。また、前下期から開始した各種Webシステム開発やスマホアプリ開発、クラウドインテグレーションなどのソリューション事業も寄与した。

     なお、18年12月期業績予想は、売上高72億400万円(前期比22.2%増)、営業利益4億4500万円(同22.1%増)、純利益2億9100万円(同21.0%増)の従来見通しを据え置いているが、期末配当予想は無配から2円50銭に上方修正した。

    出所:minkabuPRESS

本文はここまでです このページの先頭へ