ここから本文です

投稿コメント一覧 (2409コメント)

  • >>No. 9823

    つづき(2/??)

    たしかに、あれだけ無理筋な擁護をされ続ければ頭が上がらないのはやむを得ないことはいえ、たとえば「韓国トピ騒動」でお叱りを受けた時などはエフさんにしては珍しく全面的に非を認めましたからね。
    もちろん真摯に受け止めたはずもなく、取り繕うため表向きは・・という形で。
    でもそあとがいただけなかったと思います。

    そもそも大の大人であればあのような行動は慎むべきは当然で、言われて気付づけばまだしも、その場しのぎで取り繕っただけでそれを戒めや教訓として全く生かせてないのがエフさんたる所以です。
    僕は他人事ながら、自尊心を完全崩壊させてまでそうせざるを得ないエフさんが「不憫でならなかった」とはいえ、どうしても面白おかしく見てましたからね。(人間の性)

    「単に利害が一致したに過ぎない」と分かり切っていてもそれはそれで寂しい事なのかも知れませんが、果たしてエフさんはどのように思いを巡らしていたのでしょうか?
    ぎこちない会話ではなく、心のシャッターをオープンにして会話が弾んでる光景でしょうか?

    エフさんのことですからすでに記憶から消去済みかも知れませんが、それでも一応は僕からも登場を祈っておくとします。(笑)
     
    まあそうは言っても「たかが匿名掲示板でやり取りしたにすぎない相手で、実際どんな輩か知れたものじゃない」、「OFFにしてしまえば何もなかったことにできてしまう都合の良い関係」・・などと捉える方にとってみれば取るに足らないことで(簡単に消去できてしまうことの弊害かはわかりませんが、そういう方に限って醜い自分をさらけ出す場合が多いことだけは確かなようです)、それはそれとしてあるんでしょうが、その一方では、交わされた言葉が「自分のもの」かつ「本心からのもの」であり「顔が見えない、素性の知らない相手」ということ以外は日常の世界と何ら変わらない・・と考える僕としては、挨拶して終わることは特別なことだとは思ってません。


    つづく・・・

  • (前)トピ主より

    ~ 最終章~(1/??)

    「(元)トピ主」のエフさんが立ち上げたこのトピ・・。
    そして倒壊寸前のところで「(ほぼ)空き家管理者」として引き継がせていただいたものの(決して乗っ取りではなく)即刻解任された(前)トピ主ではありますが、なんとか解体前に「トピテーマそのものの総括」を無事終えたいと思っています。
    (本来であれば「トピ主」としての役割を果たすためには避けては通れません・・と言いたかったところですが、既に「トピ主」ではなく「(前)トピ主」です。)


    まずはじめにこれまでを振り返ってみて思うことですが、事の始まりでもある「パチカテ」までをも含めますと様々な個性をお持ちの多くの方が(HNが多すぎて個別具体名までは差し控えておきますが)登場し去って逝かれました。

    たとえば、エフさんにとって例のパチトピのお仲間はとても懐かしい存在に違いないでしょうし、もしかすると最後に・・なんて淡い期待を抱かれてたりするのかも知れません。(笑)

    僕がごく自然に助格さんと挨拶を交わしたように、エフさんにも挨拶したい相手がいて当然です。
    (でもないかな?・・笑)
    でも実のことろは「挨拶も交わせない関係」でしかなかったようで、二人の「素っ気なく、取ってつけたようでぎこちない」、会話とは言い難いそんな不自然なやり取りを見ていて僕が常に感じていたことでもあります。

    ※誤解を招くといけませんので念のため補足しておきますと・・
    「挨拶」と言ってもいろいろで、この場合は単なる「形式的な挨拶」でしかありませんので、別に挨拶を交わさないことを揶揄するものではありません。
    あくまでも「自分がどう関わったのか?」にもよるので、他人がとやかく言うべきとこではありませんからね。

    しかし一方では、客観的に見て「あの時交わさた会話と立ち振る舞い」が果たしてどんなスタンスによるものだったのか?・・を推察することはある程度は可能かもしれません。
    「総括」する際に欠かせないこともあり、今回はあくまでもその前提で敢えて「挨拶」に拘ってみました。

  • >>No. 9819

    どうでもいいことですし(笑)、目にする方はまずいないと思いますが・・
    それでも言葉足らずでしたので一応訂正しておきます。

    >>一方で「一時停止違反」は反則切符のみで、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

    「一時停止違反」の場合の反則金(青切符)は7,000円((一時停止線・標識前の場合)
    尚、反則金の支払いを断って裁判で有罪判決が出た場合は「3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」

    >>■最低速度違反
    拘束道路での最低速度は50キロですが、減速時に45キロまで落としてしまったのを見てました。(笑)

    拘束道路 ⇒ 高速道路
    僕が最低速度50キロまで減速したために、やむを得ずエフさんは50キロ未満で走行せざるを得なかった。


    ★運転は「周りの車とのコミュニケーション」ができるかどうかがとても重要ですが、SNSにしても、掲示板にしても同じです。
    エフさんには是非「廻りとのコミュニケーション」を図る努力をお勧めしたいところですが、この提言を伝える術がないため「適当に聞き流して下さい」とも言えなくて・・。(笑)

  • >>No. 9820

    つづき

    もちろん僕の考えをエフさんが知る由もなく、同様に僕もエフさんがどう思うかを知る術はない状況、つまり意思の疎通が図れないときに一番大切なことは「常識」というラインをどこに置くか・・。

    大多数のドライバーがまず問題としないレベルの話であれば誰も異論はないでしょうが、やっかいなのはドライバー個々の判断にばらつきがあるような事例のとき。
    そうしたところに事故を招く要素をはらんでるだけに、その時の自分の自制心のコントロールこそが求めれます。

    ようするにエフさんのやりかたをまねた結果なので、エフさんが悪い!(笑)

    車間距離50mでは車間距離不保持違反とまではなりませんし、そもそも実態に即して言えば全てのドライバーが車間距離100m空けて走る光景を想像してみたら良くわかるように、50m空けているだけでも御の字でしょうから。

    100キロであれば、50m維持できていれば「最低限の車間距離はキープできている」という考えのもと、さらに加えて前方に細心の注意を図っていることからも、「危険ではない」と考えます。

    最近公判で取りざたされてる悲惨な事故のようのうに、妥当な車間距離もとらずに大型トラックの後ろを走る場合は視界ゼロで走行してるも同然なので、不足の事態でも追突しないで停止できる距離は絶対に確保すべきですが、前方の見通しが良ければ50mでも事故を招くことはまずありません。

    推奨距離はあくまでもゼロ停止を前提としており、実際に前車も空走距離分はさらに移動することや、その他総合的状況判断からも僕に落ち度はなく、勝手に憤って事故を起こしたエフさんが全面的に悪いと思います。

    もちろんそれ以外にも「漫然運転」(実はこれが一番気を付けるべきこと)に着目すれば、反応速度の遅れを想定して可能な限り車間距離を空けて走ることが必要で、緊張感を強いない疲れない運転にもつながるためそれに越したとこがないですからね。

    運転とは常に状況判断を強いられることでもあり、その適切な判断こそが「安全に資する」ものと確信します。
    以上法律論と現実論のどちらを取ってみても僕には全く落ち度はなく、結果的にでも煽って追突させた「エフさんが悪い」と主張し、これで終わりにします。(笑)

    ★(注意!)妄想終わり。

    さて今度こそ・・
    次回からは最終ステージに移行する予定です。
    あくまでも予定です。(笑)

  • >>No. 9819

    つづき

    エフさんの言い分はこう。

    危険な割込みや車間距離不保持が結果として煽り運転行為につながるのだから、コーヒーが俺の安全運転を阻害する(適切な車間距離を取っていたのを邪魔した)行動をしたことに違いない。
    よって安全運転をしてる自分に落ち度があるとすれば、結果的に接触してしまったこと。
    でもそれもそっちが割り込みをしてこなければ起きなかったことなので100%コーヒーの責任に決まっているだろ?

    そして「警音器使用制限違反」「安全運転義務違反」はそっちが割り込みをしてきたために起きてしまったことで、どちらにしてもこちらには落ち度はなく、俺はもっと大事な用(トイレ)があったのでたまたまパーキングエリアに入っただけ、決して逃げたわけではない。・・・

    もちろんどんな理由があるにしてもそれとこれとは別で、違反をしてはいけないことは常識です。
    そして言い訳も忘れないところがエフさんたる所以です。(笑)


    僕の言い分はこんな感じ。

    たしかに「時速100キロの場合は車間距離100mをあけて走行しましょう!」と言われてるからそれを頑なに(馬鹿正直と言うべきか?)守って運転してるエフさんに敬意を表します。が、それと同時にそれはどんな根拠に基づくものなのか?・・

    その理屈から言えば、確かに安全な車間距離を空けて走っているドライバーを阻害したとも言えなくもない。
    しかし一方ではこの問題はどこに焦点を置くかで、場合によっては180度異なる見解にもなり得る事案です。
    「安全」と「あんぜん」をはき違えてしまっては元も子もないので・・。(笑)

    (ペーパーの僕が言うはおこがましいかもしれませんが)経験値から言っても車間距離50mが僕の中での最低ライン、つまり100mほど空いてそうだったので一台割り込んでも支障がないとの判断。
    僕は決して警察に捕まる捕まらないで判断してるわけではなく、あくまでも自己判断のもと「安全運転の範囲を超えてない」と判断したに過ぎません。

  • >>No. 9818

    つづき

    たとえば、エフさんが高速道路の走行車線を100m(提唱されてる車間距離)間隔をあけて走っているとして、
    そこへ後続車の僕(コーヒー)が走行車線から追い越し車線へ車線変更して追い越し、再び車線変更してエフさんの前に入るとどうなるのか?・・とても興味津々なので「妄想」してみました。

    エフさんが妄想に走る気持ちが少しだけ分かった気がします。
    楽しくて仕方ないですし・・。(笑)

    ★(注意!)ここからは妄想です。

    ここでお互いの意思疎通が図れないことの弊害が早くも出てしまうことに。
    追い越しざまにチラ見したところ、エフさんはこちらを見て何か喚いていて何故か分からないけど憤りをかくせない様子・・。
    想像するに「せっかく必要な車間距離を空けて走っているのに、そこに無理やり割って入るとは何事だ!許さん!」・・と言った感じ?
    そんな印象もつかのま、クラクションを鳴らし車間距離を詰めてきたので、そうだあの手があった!(エフさんが使った奥の手)と安全な速度まで減速。(車間距離50mのため時速50キロに)
    すると後ろばかり気にしてるため前方不注意のエフさんは、当然のごとく僕の車に接触してしまった。
    それなのに気付かないフリをして、タイミング良くあった目の前のパーキングエリアへ入って行きました。

    ここまでで、エフさんは相当通違反を重ねています。

    ■警音器使用制限違反
    「クラクション」がこれに該当
    道交法54条2項:原則としてクラクションは鳴らしてはいけない
    ■安全運転義務違反
    前方不注意:「わき見運転「等もこれに該当
    ■危険防止措置義務違反と報告義務違反
    「当て逃げ」がこれに該当
    ■最低速度違反
    拘束道路での最低速度は50キロですが、減速時に45キロまで落としてしまったのを見てました。(笑)

  • >>No. 9817

    つづき

    たとえば、エフさんがローソンで万引した場合を想定してみます。

    その瞬間をたまたまコンビニで買い物をしていた警察管が見ていた場合、エフさんの万引きした商品(ローソン「悪魔のおにぎり」1個 100円 )を見て軽微だから見逃してあげよう・・とはさすがにきません。
    現行犯逮捕です。

    ではエフさんを逮捕してコンビニから出てきた警察官の目の前を、一時停止標識があるにもかかわらず停止しないで通過した車を目撃した場合にその車を捕まえようと追いかけるかといえば、もちろん追いかけけません。

    この警察官は違反を見逃したことに違いありませんが、逮捕されたエフさんはきっとこう言うでしょう。
    「何故俺だけが逮捕されなくちゃいけないんだ!?
    あのドライバーも「犯罪者」だろ、さっさと捕まえて逮捕しろよっ!」

    万引きは軽微な犯罪と思われがちですが、「窃盗罪」に該当し、10年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科される可能性があります。もちろんわずか100円ですが、逮捕された事例はあります。(笑)
    でも現実的には「軽微」です。

    一方で「一時停止違反」は反則切符のみで、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

    ではその場合エフさんを「捕まえるに値しない」と見過ごす場合が仮にあるとすれば、どんな時が想定されるでしょうか?
    もし「一時停止違反」ではなく「傷害事件」であったなら、また違った展開になっているのでしょうか?
    極論として、もし目の前で殺人事件でも起きようものなら場合によっては「もういいよ君」となるのでしょうか?・・・興味ある場合は警察まで!(笑)

  • 一番検挙される可能性のある身近な違反は「スピード違反」でしょうから、そこに焦点を・・。

    風潮として、「取り締まり対象」になるか否か?で走行速度を判断される方が多いかと思います。
    (「取り締まり対象」と思っている速度未満で走っていて検挙されても、文句は言えませんけどね)

    話が少しそれますが・・
    帰省した時に運転すると必ずスピードが落ちる区間があり気になって父親に聞いたら、「ここはいつも白バイが取り締まっている」とのこと。
    捕まっているところを何度も目にするはずです。
    ある意味抑止力にもなるため特に地方では有効かも知れませんが、結局 何も知らないドライバーが検挙されてしまう。そういう意味でも「これは何かあるぞ!?」と空気を察するのも、ドライバーとして必要な資質なのかも知れませんね。

    話を戻しますが・・

    危険なのは(エフさんの発想はまさにそう)制限速度をわずか1キロでも超過したら「検挙」してかまわないという発想です。確かに「違反」には違いないですが、いわゆる「取締り対象」にすら該当しない軽微な違反は実質違反行為とはみなさない(猶予)それなり理由があってのこと。

    より悪質なものから優先して取り締まるべきは当然で、そうするとどこかで線引きしないことにはコストがかかり過ぎてしまい無視できません。
    そうした社会的コストの問題から社会秩序の観点、あるいは他の要素(メーター誤差、速度計測誤差など)を考慮し、現実的な取り締まりラインが設定されているのでしょうけど・・?(あくまでも個人的見解です)

  • いつものワンパターンでトーンダウンして、結局最後は同じコメントをひたすら繰り返すだけですね。
    トピ閉鎖までそのまま続けて下さるといいんですが、もう一波乱(悪足掻き)あるんでしょうか・・?

    エフさんは、自分が既に「トピ主ではない」ということを忘れているのか?、知らないだけなのか・・?(笑)
    もしかして僕がトピ主を解任されたことも、現在はトピ主が不在だということも知らないとか?(笑)

    投稿内容を把握できないと何かと不都合でしょうが、エフさんにとっては好き勝手言える状況にあり好都合なんでしょう。

    どのみち僕のスタンスは一貫していて、エフさんの都合はもちろん無視で・・。
    というのも、過去に何度もエフさんの都合に忖度した挙句の結果がこれでは、いくら度量が大きい(器がでかい)僕でも、二度と忖度することは考えられないからです。

    言い方をかえれば、「話が噛み合わない」だけなら(時間を惜しまなければ、そして噛み合う方向にお互いの意識が共有されているなら)まだ何とでもなりますが、全く違う世界(リアルと妄想の世界)に生きるもの同士では一見して見えてるのは幻か何かで実際の相手の世界が見えてすらいないわけですから、そういう意味でも忖度することがかえって自分を愚かな方向へと導くことにしかならないと気付きましたので、「無視」は揺るぎません。
    (この場合の無視は「無視リスト」の無視(関わらない)ではなく、「取り合わない」と言う意味です)
     

    さてつづきですが・・
    ペーパーのくせして交通マナー関連になるとつい饒舌になってしまうのはいつものことですが、最終ステージがあるためこれをもって最後にします。

  • >>No. 9812

    つづき

    たった一度でも、ご自身で述べてきたコメントを(誹謗中傷の類を取り除いて残ったわずかな言葉だけでも)時系列で追って確認してもらえば、いかに「ちぐはぐ」なコメントしてるかを思い知るはずです。
    (「思い知ることができない自分」を思い知ってもらうしかないですね。・・笑)

    自ら吐いた言葉ですから、ご自身の目で僕が「全く落ち度がない」、「お前の頭がおかしいのだろう」とは一言も言っていないことを確認してもらわないことには何も始まりません。
    もしそれが分からない場合は「読解力」の問題か、さもなければ「無視扱い」という子供染みた都合の良い手法の弊害か何かでしょう。

    謝罪を受け取るも自由受け取らないのも自由、でも「無視扱いにしてるから受け取れない」あるいは「読んでないから受け取れない」では、そもそもの自らの求めに対する裏切りですからね。(笑)

    受け取るべきかどうかは読んで確認してから判断しなさい、と教わりませんでした?


    余談ですが・・
    過去にさかのぼると5回ほど投稿自粛をしてきている中で、ここ3年間の中での最長は「6か月間」です。
    僕を名指し,]揶揄をしてこなければその記録をもっと更新できていたはずですし、もしかすると「ギネス記録」に認定されたかもしれないのに、それをことごとく打ち砕いたのは紛れもなくエフさんの悪意ある一言です。

    あり得ないことですがエフさんがそのことを知らないとしても、自らの行動に胸を当てて考えることができていれば自ら気付くはずです。
    どちらにしてもエフさん自身が蒔いた種なんですから、自分でなんとかするしかないでしょうね。

    以上5連投でした。

  • >>No. 9811

    実際エフさんはどの立場に立って言ってるんでしょう?

    A★僕からすれば全て「コーヒー」で投稿したことであって、常識的に考えても「コーヒー」で謝罪するのが筋だと思うわけですが、エフさんは「「コーヒー」のままでは謝罪したことにならない」と分けのわからないことを言ってくる始末・・。

    「別人に成り済ます目的」か「諸事情から旧HNが使えない状況にあるのでやむを得ずに」
    ・・僕の別HNに対する認識はこんな感じ。
    もちろん「別人に成り済ます目的」にも両面あるでしょう。

    ●「あるトピではどうしても真っ当な自分を演じたい自分がいて、でも誹謗中傷にまみれた本来の自分は恥ずかしくてとても見せられたものではないので、そんな時には別HNで本心を包み隠す必要がある」

    あるいはその逆で・・
    ●「いつも真っ当なコメントを心掛けていてそれなりに信頼も厚い。しかし某トピで誹謗中傷に加担しようにも、せっかくの大切はHNを汚すわけにはいかないのでどうしても別HNが必要」
    あくまでも例えですが、まあこんな感じでしょうね。

    B★「「コーヒー」は謝罪すらしてこない。つべこべ言ってないで早く謝罪してきなさい!
    でも「コーヒー」のままでは謝罪したかを確認できないので別HNでないとダメだよん・・・。

    C★とにかく別HNで謝罪してきなさい!話はそれからだ・・。

    「A」の場合は、コーヒではなく別HNで謝罪してこないと認めてあげるわけにはいかない、というスタンス。
    (エフさんのメンツが立たないような場合・・?)

    「B」の場合は、白々しくも「謝罪そのものを確認すらできていない」と言う立場を取っていることになりますから、「そんなの僕の知ったことではなありません!」としか言いようがありません。(笑)
    「謝罪すらしてない」ことさえも確認できないはずですから、本来なら「どうせ謝罪なんてしてないんだろ?」というスタンスを取るべですから完全に矛盾してます。

    「C」の場合は・・?
    <結論>
    「僕を無視設定にしてる相手」までをも気遣って別HNで投稿だなんて、絶対にあり得ないですってば。(笑)

  • >>No. 9810

    >他人様にちょっかいを出しておいて

    「エフさんこそ「ちょっかいを出しておいて」・・」と、僕が言うのはナシですか?
    半年間(あるいは2か月間、4か月間の時もありました)一切投稿していなかったにもかかわらず、わざわざ名指しで揶揄をしてきたのは誰ですか?
    それは「ちょっかい」とは言わないのでしょうか?

    エフさんのことですから「先にちょっかいを出してきたのはどっち?」なんて意味のない子供染みたことを言われてしまいそうですが、無視扱いされてるおかげでそれも避けられそうです。
    そもそもエフさんの考える「ちょっかい」と、僕の考える「それ」って同じなのかしら?(笑)


    >「自分には全く落ち度が無い」どころか逆に「お前の頭がおかしいのだろう」というのだから

    ★「全く落ち度がない」と思っているなら、むやみに謝罪などしませんからね。

    エフさんが「・・というのだから」というのだから(笑)、これはまさにフさん自身が「コーヒーがそう言っていると、この俺がそう言っているじゃないか!」と示しているわけで、素直に読めば「読んでそう判断した」と捉えるのが筋でしょう。

    それでも「読んでないから内容は分からない」の一点張りだけでは、どれもこれもが「妄想の中での出来事」でないと辻褄があいませんよね?
    思いつきでコメントしたりして言葉の軽いエフさんのこと、僕が決めつけるわけにはいきませんからあくまでも可能性の範囲に留めておきますが・・。

    かりにそれが「事実」であるとした場合、エフさんは僕の投稿を読み込んで「頭がアレだと言わてる気がした」ということなんでしょうね。

    でも僕は(エフさんから言われたことはあっても)決してそんなことは言いませんから、おそらくエフさん自身の中に「思い当たるフシ」があって、被害妄想も含めそのように受け止めてしまう自分がいるんじゃないですかね?(もっと自信を持ちましょうよ!)

    いろいろと身に覚えがあるからこそ「そう言われてしまっているに違いない」という憶測がそのまま口をついて出てしまうのでは・・?

  • >>No. 9806

    >他人様にちょっかいを出しておいて
    自分には全く落ち度が無いどころか逆にお前の頭がおかしいのだろうというのだから
    実におめでたい人達です(笑)<

    何度も同じところをグルグル回っていることに気づけているのか?いないのか?
    つまり進歩がないだけなのか?
    あるいは進歩する気がないのか?
    まさかこれでも進歩してるつもりなのか?

    ・・などなど疑問は尽きませんが、確実に言えることは「僕が先日予想した通りの結果になっている」ということ。
    「話が元に戻ってしまている」(トーンダウンも含め)ということですね。

  • >>No. 9806

    >呼び出しを受けることをビクビクしながら生きていかなければいけない気持ちはいかがですか?

    笑わせることが目的でしたら、大成功!です。
    万が一マジメな話でしたらツッコミはなしで、どうぞこのまま突っ走って下さい。(笑)

    >毎日こんなことばかり言われ続けてどうするんですか?

    どうもしませんけど?(笑)

    ローソン「悪魔のおにぎり」
    期待し過ぎたせいか一度食べたらもういいかな・・だった。
    「ツナマヨ」は絶大だと改めて確信しました。

  • >>No. 9803

    つづき

    一方で、何でもかんでも厳罰化という風潮もどうかとも思います。
    被害者はともかく、当事者意識のない方が「どうせ自分には関係ないので厳罰化してしまえばいい」といいった流れ、まるでエフさんみたいな短絡的発想こそ危険だと思うからです。

    行き過ぎてしまえばどんな社会が待ち受けているか?少しは想像力を働かせて考えてみるべきでしょうね。
    (そのあたりに触れてしまうと際限なくなりますので敢えて言及はしませんが・・)
    もちろん時代の流れとともに現行法の枠組みだけでは収まり切らない事例があることも事実なので、そのあたりをしっかりと区別して冷静な議論を望みます。(マジメかっ!・・笑)

    先にコメントしたようにエフさんは過去に「敢えてブレーキかけて渋滞を・・」的なことを仰ってましたが、その程度にもよりますがこれもれっきとした「煽り運転」等に該当する行為です。
    (目には目を・・が信条なだけに要注意です!)

    「あおり運転」等は、重大な交通事故につながる悪質・危険な行為です。また、車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反等の道路交通法違反のほか、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)や刑法の暴行罪に該当することがあります。

    ましてエフさんのような「頻繁に煽られる人」は、実は自身にも原因がある可能性が大だと認識する必要がありそうです。(統計で明らか)
    そいう啓蒙が、煽り運転を減らすことへとつながるのではないでしょうか?

    決して「煽られる側にも問題がある」という短絡的な主張ではなく、煽られる原因を考え、煽られないようにすることで多くの煽り行為がなくなることが明白なのであれば、そうした視点も必要ではないかと思います。
    気づけないことには原因を考えるまでに至らないので「気づきましょうよ!」と言っているのであって、何も難しい話をしてるつもりはありません。

    僕が決して「煽る方が100%悪いにきまっている」論や「煽られる側にも問題がある」論を取らないのは、論点にはなり得ても煽りをなくすことに繋がるとは思えないからです。

    言ってみれば「煽られた結果巻き添えを食って損をするのは自分だ」よん(笑)、という立場からの視点で考えられるようにならないと、他人事で終わってしまうに決まっているからです。

    以上6連投になりました・・。
    つづく・・かも?(気まぐれです)

  • >>No. 9802

    つづき

    元々危険な人物は稀で、大半はハンドルを握ると人格が変わるとか、相手の運転にイラっとしてつい煽りたくなる衝動に駆られてしまうのでしょう。

    そこから先は「自制心」の問題ですから、(僕以外の)誰もがその予備軍の可能性があるということを肝に銘じてこそ、多少のことは許せる気持ちが持てるようになるのではないでしょうか?

    すなわちそれは、僕自身が「ストレスを溜めない運転ができてかえって安全運転に資する」と考えることができるか言えることであって、自分ほどの優良ドライバーは他にいないと確信しているからです。(笑)

    煽り運転に関しても同じで、巻き込まれない配慮も欠かせません。っていうか絶対に必要です。
    「あおり運転」を取り締まるべきは当然ですが、煽られないようにすることが一番のあおり運転撲滅への近道ですから、そうしたことをもっと啓発していくべきでしょう。

    無自覚なまま「煽り運転の被害者」としての立場だけを主張し続けても、原因を作った側がその自覚がないのですから「煽り運転」はなくなるはずありません。(当たり屋は論外)

    原因となるものがなくなれば、結果として起きてしまう「煽り行為」の多くが解消されるでしょうから、あとのどうしよもない当たり屋のようなはなから煽って楽しむやからを厳罰化で処分ればいい、というのが僕のスタンスです。

    些細な切っ掛けであろうと、それをしないように心がけることこそが煽り運転を減らす方向にいくに違いありません。でもそのためには「気付き」が必要です。

    煽った行為はどんな理由あれ正当化できるものではありませんが、一方では煽られる側にも問題があるケースがあると指摘がなされてるのも事実です。(誤解を招きやすいだけにほとんど誰も口にはしないでしょうが)

    また「倍増」に飛びついては本末転倒で、摘発されないできたために増加率が高まったことと、ドライブレコーダーの普及も手伝って結果的に検挙される事案が増えただけなので、その大半は取り締まりすらされていないのが実情です。取り締まりにも限界がありますし、そううことこそ発信していかないと根本的な解決にはならないと思うのですが、さてどうなんでしょうね。

    ★エフさんも自分が煽り運転の被害者だというなら、「ドライブレコーダー」を警察に持ち込んでその不届き者を逮捕してもらいましょう!

  • >>No. 9801

    つづき

    仮に制限速度50キロのところを50キロで走行していれば問題ないと考えるのか?
    あるいは時速45キロだったらどうなのか?40キロだったら?60キロ程度までなら捕まらないからOK?最低速度基準以上であればOK?・・などと際限がないため、議論したところで答えは見つかるはずありません。

    それはあくまでもマナーの範疇として捉えるべきであって、「配慮した運転を心がけること」こそが「安全でかつ円滑を図る」上で一番重要なポイントであることは疑う余地はないでしょう。

    渋滞の原因を招いている以上は(捕まらないとされる)60キロ程度までは速度を上げてしかるべき!・・と言っているわけではなく、「時速60キロ」が実際の流れに即しているなら「その流れに乗る判断」もあれば、絶対に制限速度を超えたくないのであれば「やり過ごす判断」ということも考えられるわけですから、「安全でかつ円滑を図る」ことを前提に状況に応じた「とっさの状況判断」ができるかどうかが優良ドライバーとしての資質にかかってくるため、そこまで考えた上で自分の正しいとする選択をする分には何も言うつもりはありません。

    ちなみにペーパードライバーの僕は、どちらかと言えばやり過ごすタイプです。(笑)
    かといって、流れにも乗るタイプです。(そこはあくまでも臨機応変に)
    割り込みも大歓迎!なために車間距離をあけると当然割り込まれますが、「割り込まれた」と思うから憤るわけで、「割り込ませてあげることができた」と言う余裕と自尊心さえ持てればそれでOK。

    それでお互いが良い気分のまま運転が継続できるのであれば(相手が入れてくれて助かったどうも!と思ってくてる、と思えば良くて(ハザード点滅がいいかはまた別の話)、本当に思っているかはどうでも良くて。)、これほど安全でかつ悪質ドラーバーを生まない方法は他にないとさえ思っています。(笑)

  • つづき

    そのあたりを踏まえつつ、ではエフさんの根底にある考え方は・・?
    制限速度を守って先頭きって走っている自分の後続が渋滞になっていようと、そんなことは知ったことではない。自分は法律を守っているのだから何も問題がないし、誰にも文句を言わせない。・・といった主張、考え方がベースにあったかと思います。

    しかし僕の考えは108度異なります。(180度でないところがミソ・・笑)
    たしかに「道交法を守ろうとする姿勢」そのものはとても大切なことですが、そもそも道交法の目的は「道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする。」であることからも、ドライバーとしてはそこも踏まえた運転を同時に考える「義務」があります。
    (そこをどう捉え判断するかは、様々な見解があって当然)

  • >>No. 9799

    つづき

    ここで明らかなのは、エフさんを煽ってる側が道交法違反に該当するかは判断はできませんが、少なくともエフさんが道交法違反である、ということ。
    また、エフさんが本来注意しなければいけない前方ではなく、後方にばかり気を取られた「危険運転常習者」であることです。

    こうした場合の常識的な行動は、少し速度を上げて様子を見るか、それが嫌ならやり過ごすに限ります。
    あれだけ頻繁に煽られていてはストレスにも限界があるでしょうし,怒りが頂点に達した時では手遅れです。
    エフさんが逆に煽り返す行動に出ないとも限りませんからね。(笑)

    実際には自らがブレーキをかけ減速しておきながら「車間距離に見合った遅い速度で走ることを強いられた・・」なんて言ってるわけですから「当たり屋」も同然ですし、それこそ道交法に照らしても完全に逸脱した発想です。

    相手が違反してるから自分は別の方法で、しかも違反してでもそれを忠告するという発想は、まさにエフさんのモットー「目には目を」でしたから、「やはりエフさんは本物だ」と確信した瞬間でもありました。


    心理面でもひとこと。(過去に投稿した内容の焼き直しです)
    特筆すべきは「認知バイアス」の中でも、「認知的不協和」「感情バイアス」「学習性無力感」という部分がエフさんとピッタリ重なるところです。

    ■「認知的不協和」
    人は自分の信念や、それまでの行動内容とは矛盾する、"新しい事実"を突きつけられると、"不快な感情"を引き起こします。その結果、自分の信念や行動と、"新しい事実"のどちらか一方を否定して、矛盾を解消しようとします。これを認知的不協和と呼びます。そのとき、信念を変えることが困難な場合、人は"新しい事実"の方を否定しようとします。

    ■「感情バイアス」
    たとえ相反する証拠があっても、心地よい感覚をもたらす肯定的な感情効果のあることを信じたがる。
    好ましくない、精神的苦痛を与えるような厳しい事実を受け入れたがらない。
    これらの要因は個人的かつ自己中心的であるか、対人関係や集団の影響に結びついている。

    ■「学習性無力感」
    長期にわたって、ストレス回避の困難な環境に置かれた人は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという見解。学習性絶望感ともいう。

  • >>No. 9798

    そろそろ最終ステップに進む予定でしたが、つい先ほど気が変わりました。(笑)
    そちらは先送りすることにして、せっかくですからエフさんのトピずれに便乗させていただくことにします。(笑)

    その前に「おさらい」を。
    (エフさんの根底にある何かが、きっと僕とは違う部分だなぁと思うので・・。)

    エフさんを知る上でも注目すべき点だと思うコメントは数知れず、その中でも特に僕の印象に残っているコメントを取り上げてみます。(全てを取り上げるときりがなくそれこそトピ閉鎖に間に合いませんので、2点に絞りました。)

    ●「日本人にはバ〇が多い」発言。

    この中に「自分」を含めてるならまだしも、おそらく自分のことを棚に上げてしまった発言に違いありません。
    エフさんが日本人ではないから?
    平気で「日本人」という括りで批判をできてしまうからには、その可能性を僕は疑ってしまいます。

    客観的意見もしくは論評の中で「日本人は」「日本人というものは」と表現することはいくらでもあるでしょうけど、誹謗中傷の際「日本人は」と口をついて出てしまったら最後、それはもう日本人であろうがなかろうが「日本人の風上にも置けない」ので、日本人がこんなこと言うか? ⇒ 日本人じゃなくない? ⇒ せめて日本人であってほしくない ⇒ 日本人ではないに違いない・・こうなりますよ。(笑)

    僕にはどうしても「自分はそんな愚かな日本人とは違う」「俺と違って日本人ってバ〇な奴が多いこと」、と聞こえてしまいます。(あくまでもバイアスかかりまくりの恣意的意見です・・笑)

    ●「目には目を」

    もう何年も前の話なのでさすがに記憶が曖昧ですが、エフさんは当時「車間距離不足」(車間距離不保持違反に当たるかどうはかおき)にからめてこんなことを言ってました。
    「車間を詰めるということは、詰め寄った車に減速を促がす行為でもある」的な?(意味不明ですが、真意は分かります・・笑)
    そして実際に車間距離に見合った速度(30キロ?)まで減速したところ、「それみたことか!、狙い通り渋滞が出来てしまっているよ・・アハハ」と言ったかはともかく(笑)、その渋滞に巻き込まれているドライバーのことは一切考えず、「50キロで走行できるのに30キロを強いられるなんて、いい迷惑だ!」・・といった感じの自己中的な話だったかと思います。(自分の違反で見せしめ?)

本文はここまでです このページの先頭へ