ここから本文です

投稿コメント一覧 (1005コメント)

  • >>No. 1416

    ポゴの結婚!!!私も驚きでした。
    でもスルツカヤのように、早く結婚して、落ち着いて大人のスケーターとして
    また第一線に舞い戻って欲しいです。

    シャボトワの動画を見ました。
    曲が面白いですねぇ。女性ボーカルの歌声の途中でベートーヴェンが混ざったり、
    (ですよね?)興味深く見ました。
    この年で早くもジャンプも滑りも、スピンも完成されているので、将来が楽しみです。

    さて、私も書く事がないので、今日は動画のご紹介。
    先月行われた長野でのショーの様子を、テレビで見ましたが楽しかったですねぇ。
    (私はやっぱりアルベールビル、リレハンメル、長野、ソルトレイクぐらいが
    一番好きです。)

    長野での往年のスター達の滑りの中で、何より感動したのがエルビス・ストイコでした。
    あの年齢であの滑り。スピード。ジャンプ!!!
    現役当時のキレがそのままで、私が一番好きだった頃のスケートを思い出しました。

    ストイコは初めて四回転のコンビネーションを跳んだ選手。
    当時から、ジャンプはむろん、独特のオーラがあって好きでした。
    動画は1994年幕張のワールドの物です。

    https://www.youtube.com/watch?v=4z3CWI0Qy3w

    リレハンメルではジャンプにミスがあり、銀メダルに終わったストイコでしたが
    このワールドの滑りがオリンピックで出来ていればーと今でも思います。

    冒頭の3Lz。高さも流れもあって、今なら4Lzを跳んでいたのでは?と思います。
    彼のジャンプは入りも、着氷後も綺麗に流れて気持ちがいいです。
    そして、久々にこの動画を見ながら日本のファンはこの頃から凄いんだなあ、と
    感動しました。
    途中でストイコが4Tのコンビネーションを成功させますが、観客たちはその瞬間。
    「きゃーあーーーー。」と悲鳴のような声をあげて。

    フィギュアがブームの今ではありませんよ。
    24年前です。
    あの頃から、スケートを見る目が確かな方々がたくさんいたのだと、嬉しくなりました。
    もちろん、ここで4回転を入れる、とわかって見ていた方もいるでしょうが
    あの当時、日本人選手ならともかく。
    外国選手のプログラムを細部にまでわかっいる観客って素晴らしいなあと。

  • >>No. 1414

    羽生選手の国民栄誉賞のニュース。
    そして高橋選手の復帰など、明るい話題が多くてこちらまでウキウキします。
    高橋選手(選手と呼べるのが凄く嬉しい。)
    彼のフリーはリショー、そしてSPはウィルソンなんですね。
    彼が現役でいた頃はまだ、歌ありが許されてなかったですから、ボーカル入りの
    プロを見せてくれるのかなあ?と期待大です。

    そしてロシア情報。
    拒食症ですか。
    ご存じでしょうが、私の息子も拒食症で死にかけましたのでねぇ。
    この話題が上ると他人事ではなく胸が痛みます。
    「食べる」「太る」は悪、嫌悪となりますから、いくら周囲が食べる様勧めても
    太る事は恐怖となります。
    何より怖いのが不整脈。
    私の息子もずっと低カリウムから来る不整脈で(元々心臓に疾患があったので、
    逆にそれが幸いして。
    適時に病院で経過観察をして頂きましたが)
    常に脈拍が異常で、一日中走っているような心臓でした。
    私は彼がいつ、突然死しても仕方ないなあと思っていました。
    (今はほぼ全快。息子は自分がそういう経験があるから、太っている人に簡単に
    「ダイエットしたら?」とは怖くて言えないそうです。)
    まあ、スケーターと息子の場合は理由は違いますがねぇ。
    体重が軽い方がジャンプが跳びやすいのかもしれませんが、難しい問題だと思います。

    対して、リプニツカヤとイリノフの来日は嬉しいですね。
    早く詳細がわかるのが楽しみです。

  • 新シーズンが始まったと思ったら。
    高橋選手の復帰!!!と言う思いがけない大ニュースに驚いてます。
    エイプリルフールかと思いました。

    ルール改訂も大きかったのでしょうか。
    複数の四回転が跳べなくても、質のいいトリプルを跳べばGEOを伸ばせるわけですし。
    何よりPCSは評価されるでしょうし。
    NHK杯の三枠目はもらえるんでしょうかねぇ。

    正直言って、日本男子の三枠目は誰がなってもおかしくない、と思っていたので
    これで三枠目の争いが面白くなったなあと思います。
    友野選手や田中選手にとっても、凄い刺激になるでしょうし。

    今シーズン。とにかく楽しみが増えました。

  • >>No. 1411

    返信が遅くてすみません。
    私事ですが、身内が入院、手術をしたので、付き添いやら看病で今週はずっと
    忙しくて。
    (おかげさまで随分、元気になりました。)

    地震の影響は私には直接ありませんが、大手スーパーを始め、地元の千里中央などは
    軒並み営業が出来ないお店がまだまだ多く、(ミスタードーナツとか、モスバーガーとか)
    早く日常を!!!と思います。

    さて。そんなこんな言ってたら。アサインが出てたんですね。
    全部はまだ把握してませんが、羽生選手がNHK杯ではなかったのがびっくりでした。
    まあ、N杯と言うのは、元々全日本優勝者が出る、みたいな記憶があったので
    宇野選手でいいのになあー、とは思っていたので納得です。

    ロシアではポゴリラヤや、レオノワが外れたと聞き、寂しいなあとは思いました。
    シングルはむろん、ダンスやペアも、随分でない選手がいるのは仕方ないとは言え
    寂しいです。
    でもその分、新しい選手達に機会が与えられたわけですから、これも時代の流れ
    でしょう。

  • >>No. 1409

    ああ、あの交通混乱に巻き込まれていたんですか?
    それは大変でしたねぇ。
    我が家の場合は、主人は本当なら電車に乗っている時間でしたが、たまたま、あの日は
    早く出社していて。
    混乱に巻き込まれずにすみました。
    帰宅の際も、知り合いのタクシーの方に優先的に乗せてもらえたので助かりました。

    それにしても、近所に循環器病センターがあるんですが、(心臓の専門病院、移植なども
    しています。)
    その近くで水道管が破裂だか、何かして病院が水浸しになり、全ての機能がストップ
    したんだそうです。
    ICUなどの患者は即座に、近隣の病院に運ばれたそうですが、今もこの辺りの住民は
    避難指示が出ていて大変だそうです。

    それから、ご近所にあるイオンが三軒あるんですが。
    他のスーパーは問題ないのに、軒並み天井が崩落して今も営業が難しい状態だそうです。
    (おかげで私も違うスーパーに行ってます。)
    営業時間内だったら、怪我人が幾人でたかと思うと怖いです。

    フィギュアとは関係ない話ですみません。
    さて。樋口さんがミーシンのキャンプにいるそうですね。
    3Aが跳べるようになるのかも、とかなり期待してます。

  • >>No. 1406

    べズルコワの動画見ました。
    すみません。以前見たかどうか、記憶にありません。
    少なくとも、この頃は将来性に溢れているように見えますが。
    わからないものです。
    現在まだ16歳ですか。厳しい世界ですねぇ。

    こうして見ると、いかに世界で戦う事が凄い事か。
    オリンピックはむろん、ワールドに出る事さえ凄い事で。
    その中で表彰台に乗ったり、チャンピオンになる事はとてつもなく偉業なのだと
    しみじみ思います。

    マスコミは特に。
    もっと選手達に対してリスペクトすべきです。

  • >>No. 1406

    そろそろお帰りでしょうか。
    ご存じのように、大阪は昨日地震で大変でした。
    阪神淡路を経験していたので、まさか二度目も大きな地震を経験するとは
    思いませんでした。

    神戸のショーに出ていたスケーターも、さぞ怖い思いをしたでしょう。
    今日も相変わらず、余震は続いていますが、日本全国。
    どこにいても地震の可能性はあるので、仕方ないですよねぇ。
    せめて、このまま終息してくれればと思います。

    コレオシークエンスの事は初めて知りました。
    振付師の腕の見せ所でしょうか。
    中国が辞退したのは聞きましたが、私が夢中になって見ていた頃は
    ラリックと、ドイツ。NHK杯、カナダとアメリカ辺りが開催していましたねぇ。
    グランプリシリーズを設けて、これらを統一したわけですが、
    その国の事情や、上位に来る選手がいる国など、固定しないで時々他国で
    開催するのも有りかなあとは思います。

    アイスショー参加に関しては、仰るように指導者の意向が大きいのでしょう。
    いくら主催者側が希望しても、そこは相手がOKしないと出演はないわけですし。
    金銭的に潤うわけですし、名前を覚えてもらう、観客の前で滑る経験になるわけですし
    無駄ではないと判断したのかもしれません。

    今回もポゴリラヤがFaoiに参加してますが、少しでも多くの選手に色んなショーに
    出てもらえたらと個人的には思います。

  • >>No. 1404

    いつも情報すみません。
    ツイッターなどで所々拾ってますが、拾い忘れている所も多くて。
    助かります。

    NHK杯は広島ですか。
    まあ、どこでもチケットは簡単には取れないでしょうから、最初から諦めてますが。
    オズモンドがGPSをスキップすると聞きましたが、このままフェイドアウトして
    行くのかもしれませんねぇ。
    対して、コストナーが現役に残ると聞いて、嬉しいやら色々です。

    先週の長野でのアイスショー。
    行きたかったです。
    ストイコ、キャンデロロ。アニシナ・ペーゼラ―。本田さんも。
    私の思い入れのある選手達が集合して、長野を思い出しました。
    (私はストイコが好きでした。今も昔もジャンプが跳べる人が好きなのは
    変らないです。)

    クーリックや、滑らなくてもクワン、リピンスキーも顔を出してくれたら
    どんなに良かったかと、勝手ながら思いました。
    荒川さんも産後ですし、仕方ないですが、せめてみどりさん。
    開会式で華々しく点火したのに、(今も滑れるのに)
    彼女が顔を出してくれたら、もっともっと華やかになったのになあ、
    なんて思いました。

    こうして見ると、男子はいまだに滑っている方々が多いのだなあと
    改めて思います。
    ペアやダンスは二人揃うと言う事が、難しいんでしょうがねぇ。

    さて、ルール改訂の件。
    実際に試合にならないと、どうなるかはわかりませんね。
    結局、SPでは皆、最後にコンビネーションを跳んで、みたいになるんでしょう。
    年齢制限は通って欲しかった気が・・・。

    いずれにしても、力のある選手はどんなルールでも勝てるでしょうし。
    そろそろ、来季のプロの情報も少しずつ出始めてます。
    早く来シーズンが始まらないかなあ、と思い始めました。

  • >>No. 1401

    ブラウンは驚きでした。
    ボーヤンも短期かと思っていたので、これは北京に向けて中国スケ連の本気度が
    伝わって来ました。
    (ただ、ハンヤンにももっと手厚い援助をして欲しかったなあ・・・とも)

    来シーズンはオーサーの所と、ラファの所に新しい選手が移籍してますが
    元からいた選手も、新しい選手もいい結果が残せたらいいですねぇ。

    今、テレビで金沢のショーを見ながら書いてます。
    ちょうどメドべの所。
    ジャンプを転んでましたが、今はオフシーズンですからそこは問題ないでしょう。
    本当に少女から大人に変わりつつあるなあ・・・と見惚れてしまいました。
    (そこがどう影響するかが鍵ですが。)
    オーサーの所で、大人の選手として大きく華開いてくれたらなあと切に思います。

    そしてワレリヤ・ゾリナの動画を見ました。
    この年齢で、この表現は素晴らしいです。
    メドべに雰囲気が似ているような気がしました。
    仰るようにジャンプはこれからですが、ルール改訂でシニアに上がれる年齢が
    上がるのなら、ゆっくりと無理をしないで育てて欲しい逸材だなあとも思います。

    それにしてもFaoiのショーを横目で見ながら、書いてると、やはりフィギュアは
    実際に足を運んでこそだなあ、と思います。
    会場全体、そして体に響いてくる音響。
    目まぐるしく変わるライト。
    時に寒すぎたりしますが、冷え冷えとした温度を選手と共に感じ
    楽しめる2時間超を他の観客と共に、過ごす一体感。
    現地でしか味わえない事も多いです。
    また、会場でショーを見たくなりました。

  • >>No. 1399

    書き込み有難うございます。
    旅行などで疲れて、パソコンに中々触れませんでした。

    >SOVやGOEに関するCommunicationが出ましたね。
    そうでしたか。なんか全く知らなくて、浦島太郎状態です。
    と言うか、今でももちろん、フィギュアスケートは好きなんですが
    前ほど情熱が湧きません。
    嫌いじゃないです。もちろん。
    ただ、なんか自分から情報を追っかけてまで・・・と。
    (30数年のフィギュアファン歴の中でも、こんな風に夢中、まあまあと言う状態が
    交互に来ますから。今はまあまあの時期なんでしょう)

    ですので、勝手なお願いで申し訳ないですが、色んな情報など教えて下さると
    嬉しいです。

    ファンタジー・オン・アイスの幕張公演の放送は見ました。
    プルシェンコ以外、ワンプロのみなのは仕方ないのでしょう。
    放送してくれるだけでも感謝ですし。
    CSでの放送を待ちます。
    そして録画。
    これから見ます。感想はまた。

  • >>No. 1397

    なんか、私も最近時々しか投稿できなくて、すみません。
    ちなみに今週末から九州と北海道と、北から南に旅行するんで
    来週半ばまでは、あまりここには来れないかもしれません。
    (まあここは、こんな緩ーい感じでいいのかと思いますが。)

    昨日はプリンスのアイスショーのテレビ放映がありました。
    まだ全部は見てないですが、友野選手のプロが気に入りました。
    来シーズンは彼がどこまで上位に来るか、ちょっと楽しみです。

    個人的にはしつこいですが、安藤さんが好きなんで。
    彼女のプリンスチームとのプロに感動して、何回も見続けています。
    プリンスだけでなく、Faoiでもお披露目してくないかしら、なんて思いますが。

    後は何と言っても、みどりさん。
    (忙しくてまだ映像は見てないんですが。)
    優勝出来てよかったです。なんなく2Aも跳んでいたと言う事で。
    さすがだなあーと。

    ヨナのショーもよかったようですね。
    こちらも映像はまだ見てないんで、後で探して見ます。

    ルール改訂の話は、私も静観します。
    どんなルールになっても、強い人は強いし。
    勝てる人は勝ちますから。
    今はつかの間のシーズンオフ。
    選手それぞれショーだったり、バカンスをしたり、楽しんで充電をして、
    来季またいい試合を見せて欲しいです。

  • >>No. 1395

    そろそろお戻りでしょうか。

    さて。メドべもツルスカヤも移籍が決まりましたね。
    ラジノオワもレオノワも競技続行と言う事で、こちらは嬉しいニュースでした。
    10代で潰れる選手ではなく、レオノワのように大人の魅せる滑りが出来る選手が
    ロシアにもたくさん出てきて欲しいです。

    クリケットに関しては、コーチの数が多いのでそれほど心配はしてませんが
    コーチも人間ですから、どうしても目をかける選手により力が入る事はあるでしょう。
    それを覚悟して移ったわけですから、そこは仕方ないのでしょうねぇ。

    ルール改訂の事で、ジュニアの年齢を引き上げる話がチラホラ聞こえてきます。
    長年、フィギュアを見て来たファンとしては、繰り返される問題なんで
    「ああ、またかあ。」とは思います。
    リピンスキーもバイウルも、ヒューズも。
    若くしてゴールドメダリストになるとどうしても、モチベーションが続かないのでしょう。
    でも、あの頃はプロになると言う事は大金を手にできましたが、今はプロになる
    旨味がそこまであるかと言うと、どうなんでしょうか。
    (曖昧なままで、アマチュアの試合に出て、アイスショーで滑りと言うのが
    いいんですかねぇ。)

    それから動画見ました。
    この年で「カルメン」とは。
    ジャンプはまだ1A止まりですか、この年で1A跳ぶ事じたいが凄いですよね。
    将来的にどこまでのジャンプが跳べるかなんで、将来的にはまだわかりませんが
    魅せる力はありますから。
    大事に育てて欲しいものです。

  • >>No. 1393

    私はエテリとメドべの話を聞いた時、「ああ、やはりそうなるのかあ。」とは思いました。
    何て言いますか、怪我で仕方なかったとは言え、同門で身近の選手に抜かれるのは
    やはり辛いでしょうから。
    その上、その下にも怪物揃いですし。

    ヤグディンがミーシンの所から飛び出したように、リプニツカヤがエテリの許を
    出て行ったように。
    グリシュク、ブラトフがタラソワの許に行ったように。
    (きりがないですが)
    自分を一番に考えてくれるコーチがいいのは当然でしょう。

    でも、私はもしどこかに拠点を代えるとしたら、それはメドべの向上心から
    来るものなので歓迎です。
    正直、タノばかりしないメドべ。
    ウィルソンやボーンで滑るメドべも見たいんで。

    ただ、ロシアの選手が他国で選手を続ける場合は、資金が問題なんですかねぇ。
    まあ、正式な報道があるまでは静かに待ちたいと思います。

  • >>No. 1391

    仰る通り、この時代は三種類揃える事。3Lzを跳ぶ事がまだ挑戦の時代でした。
    当時の女王のヴィットは確か二種類(サルコウとトゥループ)だけでしたし、それが
    当たり前の時代でした。
    始めて3Lzを跳んでチャンピオンになったのが、ビールマンだったかと記憶してます。
    (私はこの時、それがそんなに凄い事とは思いませんでした。
    ビールマンスピンばかり、凄いなあ、凄いなあと思いながら見てたんで。)

    だからと言って、この時代の選手達が今の選手達に劣るとは思いません。
    単に勝つために必要ないから跳ばなかっただけですし、何よりコンパルのあった頃ですから
    そちらの練習にも時間を割く必要があったでしょう。

    でもその中でやはり、伊藤みどりさんは別格でした。
    以前にもご紹介してますが、カルガリーの動画です。
    https://www.youtube.com/watch?v=_zk-OkXmsHU

    これを見るたびに、やはり伊藤みどりさんは天才だと思います。
    これだけの演技をしても、テクニカルは5,9止まりなのは今思ってもおかしいです。
    6,0を付けるべきです。当時の最高難度のジャンプを全て決めて、2-3のシークエンス。
    3-3のコンビネーションも後半に入れ、フライングシットスピンは女子ではまだ、誰も入れてないのに、それも軽々と決めているのですから。
    新採点だったら、間違いなく彼女がダントツの優勝でしょうに。
    時代がまだ、みどりさんに追いついていなかったのでしょう。

    そして動画見ました。
    2007年生まれなら、まだ11歳???
    なんなんでしょうねぇ。この全身に満ち溢れている色気は。
    とにかく美しいですねぇ。やはりロシアと言う国は芸術の国と言いますか。
    クラシックバレエのような、優雅さと、美しさが溢れていました。

    話は変わりますが、アイスショーシーズンですねぇ。
    心配していた安藤さんが退院後4日で、プリンスのショーに復帰と聞きほっとしています。
    今年はテレビ観戦しか出来ませんが、早く見たいです。

  • >>No. 1389

    連投てすが、八木沼さんの全日本の滑りです。
    https://www.youtube.com/watch?v=wWwmdO44RCw

    さっきの書き込みでちょっと彼女の事を、悪く言ってしまいましたが。
    なんと言っても、彼女には華がありました。
    文句なく綺麗でしたし、スタイルもよく、好きでした。

    この時の解説は小川勝さんですね。
    ご存じかもしれませんが、全日本チャンピオンで、今は歯医者さんです。
    この頃の全日本の解説はずっと小川さんで、口調は優しく、でも駄目な所はきちんと
    言うので素人にもわかりやすかったです。
    ちなみにみどりさんもいますが、彼女はこの頃はゲスト解説と言う立ち位置だったですね。

    動画の先に、同じ年の全日本の有香さんの映像もあります。
    (このシーズンの幕張ワールドで、チャンピオンになる時です。)
    当時私は、五種類のジャンプがある事はわかっていましたが、五種類揃える事の
    凄さが今一つ、わかっていませんでした。
    だから、この時、二度転んだ有香さんと、スッポ抜けただけの八木沼さんの
    テクニカルがここまで違うんだーと不思議でした。
    (今見たら、違いが歴然ですが。)

    この年の全日本は、この二人より井上玲奈さんの滑りがとにかく凄くて。
    (リンク先に動画があります。)
    5種類、7回のジャンプを全て決めて。本当に素晴らしかった・・・。
    この全日本の滑りをオリンピックか、ワールドで出来ていたらと今でも思います。

  • >>No. 1388

    うろ覚えなんですが。
    2005年(トリノシーズン)は今、解説として信頼できる本田さん、織田さんは現役でしたし、
    2003年?か2004年までは、ワールドの放映権をTBSが持ってて。
    フィギュアスケートもここまで人気がなかったんで、解説が誰とか、話題になる事は
    ほとんどありませんでした。

    私の中ではNHK杯と言えば、五十嵐さんと言う感じでしたが、いつの間にか
    八木沼さんに代わっていたような気がします。
    彼女は余計な事は言わないですが、必要な事も言いません。
    現役の頃の彼女は好きでした。でも、解説者としてはあまり好みのタイプではないです。
    (まあ、そんな事はどうでもいいですね。)

    ツルツカヤのインタビュー。
    そうですか。それはそうでしょうねぇ。
    あれだけの潜在能力があって、誰よりも期待されていたのに、さぞ悔しいでしょうに。

    それとシェルバコワのジャンプ。
    私も昨日でしたか、ツイで出回っているのはチラっと見ました。
    凄いですよね。確かに。
    やれば跳べちゃうから、楽しいんでしょう。
    教える方も同様に。
    まあ、気持ちはわからない事もないですがねぇ。

    さて、ゴールデンウィークですね。
    私はあまり予定がないので、のんびり過ごしたいと思います。

  • >>No. 1386

    仰る通り、安藤さんの動画はトリノのシーズンです。
    解説は八木沼さん。(ただし、あれは生ではなかったはずです。すでにあらかじめ、
    ジャンプがダウングレイドされているとわかってからの解説で、八木沼さんは
    今も昔も、ご自分では回転不足とかはハッキリ言いませんから。)

    トリノシーズンはあまり、いい成績を残していない安藤さんですが
    このロシア杯までは悪くはありませんでした。
    この後のNHK杯から不調が始まったので。(小指の骨折などの影響もありかと。)
    NHK杯は私も生で見に行きました。太目だと散々な言われようでしたが
    アリーナ3列目で真近に見た彼女は、細くて。でもどこか頼りなげだったのが
    印象的です。優勝した中野さんは素晴らしかった。三位に入った武田さんも。
    やはりその時、勢いのある選手は見ていても気持ちいいです。

    安藤さんの話題ばかりで申し訳ないですが、彼女は現在入院中です。
    この所、何度か具合が悪い、熱が続くとインスタなどで呟いていたのですが、
    とうとう緊急入院をしたようです。
    もうすぐプリンス。そしてFaoiとショーが続きますが、出場は無理なのかもしれません。
    どうか身体を第一にと願います。

    それから動画見ました。
    可愛い。そしてさすがロシアと言いますか、この年齢であの雰囲気が出せるとは
    畏れ入りました。
    最近は、アイスダンスと言えば、表彰台の選手達の滑りばかり見ていたので
    スピードの違いは目につきましたが(まあ、それは当たり前。この年齢なら十分です。)
    その他も、ツイズルでは拍手もあったし、ペアスピンも綺麗でした。

    途中で転んだ時は私も「あ、」と声が出ました。
    でも、こういった経験も大事ですよね。いい事も悪い事もこうして吸収して、
    素晴らしい選手へと育つのでしょう。
    楽しみな二人だと思います。

  • >>No. 1384

    まずは最初に。
    荒川静香さん、殿堂入り。
    日本人として三人目。
    選手時代は有り余る才能の割に、なかなか勝てなくて、いつももったいなあと
    思っていました。
    でも世界選手権とオリンピックと言う大一番で実力を発揮出来て、引退後は
    プロとして、日本のアイスショーに貢献して下さり、むしろそちらの功績の方が
    大きいのでは?と思ったりします。
    とにかく嬉しいですね。おめでとうございます。

    そして、ウルマノフについてですが、何度かコントローラーとして試合に関わって
    いるのは見ました。
    同じ選手としてやってきた人だから、回転不足には甘いのでは?なんて淡い期待をして
    みてましたが、やはりきちんと厳しくジャッジしてましたね。
    ちなみにこれは、前出のロシア杯のSPです。

    https://www.youtube.com/watch?v=WVGPYUm8Bvs

    せめてUR判定があれば、TESももう少し上がったでしょうし。
    PCSは当時は7点代が出ると、最終グループと言う感じでしたから。
    8点代なんて、ワールドなどの表彰台に乗らないと出ませんでしたし。
    あの頃はまだ、ジャッジの方が高い点数を出す事をためらっている、と言う感じでした。
    (よく、当時と今の選手の点数を比較する方がいますが、ルールも違うし
    ジャンプなどの点数配分も違うし、PCSの出方がまったく違うので比べる方が
    おかしいのですが・・・)

    そして、ベレストフスカヤの動画見ました。
    ビールマンポジションが多いですね。身体が柔らかいんでしょう。
    可愛らしくて、表現の面もこの時点で素晴らしいと思います。
    ロシアはこんな風に選手達が滑る機会が多くて、いい経験が積めてプラスになりますね。
    日本もアイスショーが多いので、同様に試合にいい影響が出ればと思います。

  • >>No. 1382

    ワリエワの動画見ました。
    ジャンプは高いですね。後は確実性の問題なんでしょう。
    彼女に限りませんが、ルール改訂もありますから、無理にタノを付けなくても
    正確なキチンとしたジャンプを跳ぶ方が、いいような気がしてます。
    いずれにしろ、せっかくの才能をぜひ開花させて欲しいですねぇ。

    それからマルコワですが、数年前。
    多分グランプリシリーズだったと記憶してますが、テクニカルコントローラーとして
    いたのを見ました。
    けっこう厳しくて、なんかマルコワらしいなあ、(意味はないですが、なんとなく)
    懐かしく思いました。

    以前、安藤さんが確か2005年だったと記憶してますが、シニアとして初めて
    GPSに参加した時(ロシア杯)
    その時のコントローラーがウルマノフでして、この時も安藤さんのLz-Loが
    ダウングレイドされてしまい、「うわあー、厳しいなあ。」と思ったものです。
    (ちなみに当時はURなんてなかったですから、素人目ですがどっちでも取れると
    見えたのに・・・。)

    日本のかつての名選手達の中では、なかなか国際試合などでスペシャリストとして
    活躍する方がいなくて、残念です。
    今年は平松純子さんも退任されましたし、もっとジャッジとして世界に出て行く方も
    いればなあ、と思います。

    さてSOIも終わり、次はプリンスのショーを始め、長野のショー。
    羽生選手のショー、そしてFaoiへとショーのシーズンが始まっています。
    私は今回はアイスショーのチケットは申し込みませんでした。
    (どうせ当選する気がしないし。)
    テレビ放映を待ちたいと思います。

  • >>No. 1380

    連投ですみません。
    さっきの動画から辿ると、マルコワのNHK杯のフリーの動画がありました。
    (ミス・サイゴン)
    もしよかったら、横谷花絵さんなどもありますから、お時間がある時にでも
    ご覧下さい。

    そして、先ほどの書き込みの訂正。
    ロシアにはいい選手が当時いなかった、と書きましたが。
    すみません。
    ブッテルスカヤを忘れていました。
    世界チャンピオンにまでなった人なのに、すっかり記憶の外に・・・。
    (私の中では、クワンがSPでミスをして助けられての優勝、と言うイメージが強いのかも
    しれません。)
    そうそう、ボルチコワも同じ時代の選手でしたし。

    なんかどうでもいい事ですが、何回も書き込んですみません。

本文はここまでです このページの先頭へ