ここから本文です

投稿コメント一覧 (952コメント)

  • >>No. 1314

    ファイナル。個人的には日本人の優勝がなかったので、ちょっと気が抜けました。
    (一生懸命頑張ってくれた選手方々に対して、こんな事思ったら申し訳ないですよね。)
    昨年まで羽生選手が四連覇して、ファイナルは日本人の誰かが優勝すると言う事に
    慣れてしまっていたようです。

    宇野選手はせっかくの地元開催で優勝したかったでしょうし、ファンとしても
    本当に残念。(正直がっくりして、日曜日は一日中しんみりしてました。)
    四回転の種類を増やす事は素晴らしいけれど、確実に成功率の高いジャンプに
    絞った方がいいのになあ…なんて素人としては思います。

    宮原さんももしかして優勝があるかも?なんて期待してました。
    考えてみれば怪我明けでここまでやってくれたのですから、凄い事ですよね。
    なんかもう、ファン(特に私)が贅沢になっているんでしょう。きっと。
    滑るのは選手の方々ですから、こちらはただ見守るしかないのだと、今更ながら
    思いました。

    それとジュニア女子は今回本当に面白かったですね。
    シニアよりも私は面白かったです。
    紀平さんも日本女子一人で本当に孤軍奮闘でしたねぇ。
    彼女にはオリンピックは関係ないですから、全日本ではどんな戦い方をするか
    凄く楽しみです。

    それにしても。せっかくの日本開催。
    なのに、なんでテレビ朝日は時間差で放送するんですかね。
    どこでCMを挟むか、放送時間内に演技が終了するかなど、諸事情もあるのでしょうが
    私は放送を待ちきれず、結局ライストで全て見ました。
    ですので、せっかく録画したテレビ放送は見てません。

  • >>No. 1312

    プーチンは個人で参加する事にはOKを出したそうですね。
    今朝もワイドショーでやっていましたが、リオの陸上で一人だけ個人参加をした
    女子選手がいたそうです。
    でも誹謗中傷などもあり結局その選手は、ロシアにいられず今はアメリカにいると
    言ってました。

    それとメドべが演説をした際、(あの時はまだロシアの参加がどうなるか決定して
    なかった時点なので。)
    メドべは「個人としては参加しない。」と発言した事を心配してました。
    「自分の発した言葉が後々尾を引いて個人参加出来ない、と追い詰められなければ
    いいのに、」と。

    プルシェンコやロシアのメダリスト達が、個人でも参加しろ、と発言してくれている
    事が追い風になればと思います。
    どちらにしても、12日にプーチンと選手達との話し合いがあるそうですから、
    その時に結論は出るでしょう。

    さて。ジュニア達の試合が始まっています。
    個人的に今日の関心は、紀平さんがどこまでロシア勢と戦うかですね。
    シニアはむろん、調子を戻していると言う宇野選手です。
    どの選手達も今回の試合はロシア問題で、通常の試合とは雰囲気が違うでしょうが
    自分の力を出し切って欲しいなあと思います。

  • >>No. 1310

    そうです。そうです。
    この動画です。(もうロシアの選手達は多過ぎてーーー。)

    さて。GPF。
    メドべとボーヤンの棄権も発表されましたね。
    無理しないのが一番なので、これでよかったんだと思います。
    でもそのメドべの補欠が去年は、怪我でワールドに出られなかった宮原さんだと
    言うのがなんとも。
    (宮原さんの復調は嬉しいけど、これ以上怪我人は出ないでーと。)
    大変なスポーツなんだと改めて思いました。

    さて。今週はテレビ観戦ですが、じっくり試合を楽しみたいと思います。

  • >>No. 1307

    ご紹介いただいた動画一通り見ました。
    タリン杯ジュニア女子で優勝したグバノワのフリー。素晴らしかったですよね。
    少し女性的な身体付になりましたかね?
    (あんまり見てないから、久しぶりに見た単なる印象ですが。)

    そしてこれはタラカノワの動画ですよね。
    以前見た時と感じが違って見えます。
    (私、ロシアの選手達はあまりにも有力な子が多過ぎて、もしかしてごちゃごちゃに
    なっている可能性がありますが、その時はすみません。)
    最後のガッツポーズは微笑ましかったです。

    それにしてもロシア国内と言う事もありますが、高得点ばかりでただただ凄いなあと
    思います。
    でも、今日のツルスカヤに関しても、ソツコワに関しても、坂本さんがジュニア時代に
    一度も勝てなかった相手ですが、とうとう勝つ事が出来て感激です。
    シニアに上がってみないとやはりわからないものですよね。

    先ほどの投稿と重複しますが、この先のルール改訂でジャンプの点数が落ち着くと
    思うので、ロシア選手達もいわゆる点取り虫みたいなプロでは難しくなるでしょう。
    その昔。
    スルツカヤがビールマンばかりするからビールマンの回数制限が
    出来ましたし、タノも回数が限られるかもしれません。
    ジャンプ全部後半なんていうプロはバランスが悪いと言う事で、こちらも制限されるかも
    しれませんし。(これは私の希望です。)
    そう言った意味では、日本の選手には追い風になるのでしょうか。
    まあ、まずは平昌オリンピックが終わってからですがね。

    それにしてもまだファイナルが残っていますが、速いですねぇ。
    今年もGPSが終わりました。
    今はとにかく全日本が楽しみです。

  • >>No. 1307

    すみません。やっと引っ越しも落ち着いてきました。
    そして昨晩は仰るように全日本ジュニア凄かったですねぇ。
    紀平選手はむろん、山下選手も見ていてゾクゾクしましたし。
    この選手達がシニアに上がる頃は、どうなっちゃうんだろう?と。

    そしてスケートアメリカ。
    宮原さん、坂本さん。凄かった!!!
    リピンスキーが坂本さんのジャンプは「みどりさんを彷彿させる。」みたいな事を
    言ったと聞きましたが、本当に今の日本人選手のジャンプは素直に驚嘆します。
    スピードがあって、幅があって、そして高さ、流れと。
    これぞジャンプと言う感じがして大好きです。

    反対にジャンプの高さはないですが、回転速度の速さと正確性。
    「ああ、宮原選手が帰って来た。」と胸が熱くなりました。
    夏のショーで見た時は正直、今年は無理だろうと思ってたんで。
    PCSの高さを見ても、やはりメドべ達とトップ争いを出来る選手は宮原さんなのかなあ、と
    改めてわかりました。
    (樋口、三原、坂本、本田この選手達もいい演技をすれば高い点数はもらえますが。
    まだ試合ごとに乱高下がありますからねぇ。)
    そう言う意味ではやはり宮原さんは安心して見ていられます。
    何より今日は「滑る喜び」「試合に出られる楽しさ」に溢れていたように思います。

    メドべの怪我。ポコの怪我の具合。ワグナーの棄権。
    それにロシアがオリンピックに出られるかどうかさえ、まだ不透明ですし。
    (私は結局。出場出来るのではと思っていますが。ただ根拠はないです。)
    リレハンメルの時のように、「ロシア」と言う国名を使わなくてもせめて出場だけは
    出来ればなあ…と。

    それにしても、男子を含めて怪我人の多さには胸が痛いですねぇ。
    オリンピック後にルール改訂があるでしょうが、色々考えさせられます。

  • >>No. 1304

    すみません。
    長い事留守をしました。
    時間がないので少しだけ。

    さっきニュースでメドべの骨折の話を聞いて「えーーー。」と驚きました。
    (やっぱりメドべらしくないと思ったんですよねぇ。)
    ファイナルは無理して欲しくないです。

    そしてフランス大会。
    宇野選手の体調が心配で、どきどきしながら結果を見ましたが
    さすがと言うか、悪いなりにまとめあげる宇野選手は凄いなあ…なんて思いました。
    ザギトワは凄すぎて。(でも正直私はやっぱりアンバランスなプロが好きではないので
    ちょっと複雑)
    あ、ザギトワは嫌いではないです。(どっちかと言うと好きでも嫌いでもない)

    とにかく。
    これ以上、怪我人が出ませんようにと祈るばかりです。

    ご紹介して下さった動画。
    後からちゃんと見ます。ロシアの試合の結果も。
    とりあえず今日はこれだけですみません。
    (なんかまだ次々と来客があって、落ち着きません。
    嬉しい悲鳴です。)

  • 一番起ったら嫌だなあ、と思っていたニュースが流れて。
    昨日から少なからずショックを受けています。
    どうしてこんなに試練ばかり羽生選手にはあるのでしょう。
    (いや、もちろん。怪我は羽生選手だけではないですが。)

    私はご存じの通り。安藤美姫さんのファンでしたから。
    彼女の現役時代も怪我などに悩まされ続けて、試合ごとにいつも胃が痛くなる
    思いでした。
    だから引退してからは本当に私まで気持ちが軽いです。

    まあ、そんな事はともかく。
    応援しているファンの方もさぞかし心が痛いでしょう。
    ありきたりな言葉ですが、彼にとって大事なのはオリンピック。
    ですからどうぞ今は体を休めて、気持ちを切り替えて前を向いて欲しいです。
    あれほどの才能に恵まれた選手ですから。
    きっと戦いの場に元気で戻って来てくれると、信じています。

    さて。話は変わりますが。
    家の建て替えをしていましたが、明日はいよいよ完成した家の引き渡しが行われます。
    引越しは大安の15日ですが、明日から少しずつ荷物を運んで整理していきたいと
    思っています。
    ですので引っ越しの整理が落ち着くまでは、なかなか掲示板には顔を出せないかも
    しれません。
    何か新しい情報などがありましたら、またよろしくお願いします。
    では。

  • >>No. 1298

    樋口さん凄かったですよねぇ。
    私は毎日、毎日演技を見返しています。何度見ても感動してます。
    元々彼女は好きなタイプの選手なんですが、(伊藤みどりさんを彷彿しますし)
    ただ、ジュニア時代も昨年までも、才能があるのにいまいち実力が出せてなくて。
    見ていてがっかりする事が多くて、残念でした。

    でも、今年は本人のインタビューから見ると、体重のコントロールも出来るようになって
    安定感が増しました。成長期も乗り越えたのかと思いますし。
    加えてあのスピード。そしてあの表現力。(見ていて痺れます)
    今年のプロではSPもフリーも樋口さんが一番お気に入りです。

    今回、三原選手が今一つの成績が出せなくて、それは残念でしたが、
    でも彼女の演技もやはり好きです。
    つくづく何故中国杯に有望な三選手を派遣したんでしょうねぇ。
    このうちの誰か一人がNHK杯でもよかったのに、と私的には思います。
    それにしても三原、樋口両選手ばかり見ているので、他の選手のスピード、ジャンプの
    高さなどが物足りなく感じます。
    本田選手は三枠あればと思いますが、今年は基礎点から見てもこの二人に勝つのは
    難しいのかもしれません。
    (まあ全日本は特別ですから、誰が勝つかはわかりませんが。)

    NHK杯は宮原選手がどこまで復調しているかでしょうねぇ。
    ソチ後に頑張ってくれた彼女もオリンピックに行って欲しいとは思いますが、
    こればかりはわかりません。
    ツルスカヤがどれくらいの点数を出してくるのかが、興味があります。
    メドべの優勝は固いのでしょうが。

    そしてロシア杯。
    名前だけ見ても本当に豪華ですねぇ。
    ロシア女子は本当に大変です。

  • >>No. 1295

    私も明日から別府です。
    次の書き込みは来週になると思います。
    直前に別府行きが決まり、ホテルがどこも満室で取れなかったので
    またまたフェリーで行くことになりました。
    だから、中国杯のSPは放送は当日は見られません。
    しかもにフェリーだと、環境が良くないので携帯もあまり通じないので
    結果も後から知ると言う事になりそうです。

    動画見ました。
    クドリャフツェフ杯って、あのクドリャフツェフの名前がついた試合なんですよね。
    思わず「え、亡くなってたの?」と調べてしまいました。
    (日本で言えば「山田杯」とか「佐藤杯」みたいなものですかねぇ。)
    でも彼の実績が正当に評価されているようでなんか嬉しいです。

    現在のロシア選手らしいと言いますか、ジャンプは跳べているけれど
    あまり流れないタイプだなあ、なんて思いました。
    (あの年齢でこれくらい跳べれば凄いんですが。)

    今年はロシアもカナダも回転不足に厳しいように思います。
    「きっちり見ますよ」と言う事は賛成ですが、この後の試合でもおなじ傾向なら
    大歓迎ですが。
    オズモンドとか、三原選手のように高く跳んで、回転もきっちり。
    着氷も流れてと言う選手がたくさん出てきましたから。
    今後はジャンプそのものの完成度もメダルの色を決める事になるんでしょう。

    何度か書いた事がありますが、キミー・マイスナーの試合を何度か生で見た時。
    素人が見ても明らかな回転不足のジャンプと言うのは、やはり興ざめしました。
    きちんと跳べる選手との差別化は必要だとずっと思っていたので。

    それにしてもツルスカヤ。
    成績を見る限り、平凡な選手になってしまったようで少し寂しいです。
    怪我なく成長していたらと思うとねぇ。
    まあ、まだ若いですからこれからですが。

  • >>No. 1294

    私は今はノービス・ジュニアにあまり関心が行きません。
    昔は誰よりも早く、これからの有望な選手を見つけるのが何より楽しみでしたのに。
    安藤さんもノービスの頃、凄いジャンプを跳ぶ選手がいると聞いて
    惹かれていきましたから。
    ただ、あの年代は順調に成長していく選手の方が少ないと言う現実がありますよね。
    それがなんか悲しいと言うか、切なくなったのが関心が薄れている原因なのかも
    しれません。

    でもそうは言っても現在のノービス・ジュニアの情報は知りたいので、ここで教えて
    頂けると嬉しいです。

  • スケートカナダが終わりました。
    どうも今年はライストで演技を見てしまうと、ご贔屓の選手達の成績が揮わないと
    言う事が続いているので、今回はリザルトと実況だけを見て応援しました。
    (まあ実際、私のような縁もゆかりもない一ファンのゲン担ぎなんて
    利くかどうかはわかりませんが。)
    でもそのおかげか、大好きな宇野選手は優勝で、本田選手も追い上げて5位と言う成績)

    感想はブログでと思っているので、ここではあんまり書きませんが、少しだけ。
    宇野選手は見ていて安心感がありますよね。
    癖があったり、ジャンプが斜めったり、そこが好きではないと言う方もいるでしょう。
    でもなんと言うか、小柄な身体から満ち溢れるエネルギーが、表現が好きなんですよね。
    寄り添って「頑張って」と力を込めて応援したくなる存在になってます。

    ちなみに羽生選手も大好きなんですが、彼は別次元にいる感じがしてます。
    私であれ誰であれ、彼を応援しようとしまいと、彼自身の道を突き進んでいるから
    もはや「応援してます。」と言う言葉は彼には無用な程の別の彼方に
    「いらっしゃる」感じ。(ついつい尊敬語を使いたくなるんですよねぇ。)
    まあ、私の個人的な感想なんであしからず。

    それにしても今回のスケートカナダ。
    現在はまだ、全員の滑りは見てないんですが、無良選手、ポコ、パトリック、
    どーしちゃったのー?と言う結果に驚いてます。
    このままだと、ロシア三枠の中に大好きなポゴちゃんが入らないのではーーーとか。
    心配。
    怪我も実力の内とは言え、四年に一度しかないオリンピック。
    古くはカート・ブラウニング。ジュベール。それに私の大好きな安藤さん等々。
    当然メダルを持っていてもおかしくない人達が、オリンピックはノーメダル。
    こればっかりは星の巡りあわせとしか言いようがないです。

    どうか、怪我のある選手は一日でもよくなって、ぜひオリンピックを目指して欲しいと
    切に切に願います。

  • >>No. 1291

    いよいよ本格的にフィギュアシーズンが幕開けしたと言うのに…。
    もう一つ。自分の中では盛り上がりに欠けていて、なんでだろう?なんて思いながら
    試合のニュース、記事などを見ています。

    私の一番好きなのは今も昔も安藤さんですが、多分浅田真央さんの
    引退も自分の中で凄く影響していると思います。寂しいんですよ。
    一つの時代が終わってしまったみたいな。

    伊藤みどりさんが引退した時もこんなでした。
    その後に続いた佐藤由香さんの活躍とかは嬉しかったですがね。
    フィギュアそのものはもちろん今も好きですが。わざわざリアルタイムで
    ライスト見てまで結果を知らなくてもいいやー、みたいな。
    かつてないほど素晴らしい有力な選手達が日本にいて、マスコミもファンも声高に叫び
    今このブームに乗らないのはもったいないと思うんですけど。

    まあ、そうは言いながらも、今週末は現在私の今一番好きな宇野・本田両選手が
    登場ですから、こちらはリアルタイムでパソコンで追っかけをするかもしれません。

    さてロシア杯。
    一人一人の感想はブログに書きたいと思いますから、ここでは止めておきます。
    (と言っても、まだ全然感想書いてません。)
    ただ一言だけ。
    羽生選手が平昌後の続行にも意欲を見せた、と言うニュースは嬉しい驚きでした。

    リプニツカヤの解説者デビューのニュースは、嬉しいけれどこれまた一つの時代が
    終わったようで寂しいです。
    でも彼女の解説は、淡々として好感が持てました。
    タラソワのように感情溢れて叫ぶ解説も楽しいですがねぇ。

    そして関西では先週の土曜日に、本田望結ちゃんが妹の沙来ちゃんの試合の解説を
    したのが放送されました。
    これまた的確で、わかりやすく、素晴らしかったです。
    今の若い子達は凄いですね。

  • >>No. 1289

    返信が遅くなってすみません。
    最近、時々パソコンを休む日を自主的に設けてます。
    気まぐれな感じで、不定期ですが。
    パソコン依存とまでは言えませんが、少しこういう世界から離れる日も必要かと思いまして。
    ですので、突然。書き込みがないなあと思っても心配しないで下さい。

    サハノの動画見ました。
    ジャンプが高くなってないですか?
    何より、楽しそうに滑っているのがいいなあと思います。
    アメリカの長洲選手のように、ある程度の年齢になっても努力して。
    経験を糧にしていけば、どこまでも成長出来るのだと思いますから。
    彼女も頑張って欲しいです。

    先週も色々試合がありましたが、まずはJGP。
    ファイナルは、紀平選手が踏みとどまって残ってくれてよかったなあーと思います。
    出ないとジュニアロシア選手権になってしまいますから。
    今回はミスが多くて点数が伸び悩みましたが、紀平さんも3Aが決まり、他にミスが
    なければ面白い試合が出来るはずですので、ぜひ頑張って欲しいです。

    後、荒木選手のジャンプの感想は同感です。
    名東の子は、(別に安藤さん贔屓だから言う訳でもなく)ノービスの子達も
    皆ジャンプは綺麗で、安藤さんの指導の成果もあったのではと思います。
    ジャンプコーチとしては優秀だと聞いてますし。
    やはり点数が出るのはジャンプですからねぇ。
    ただ、一つだけ。
    荒木さんのフリーの曲が「善徳女王」じゃないですか。(私はどうも曲が気になって
    見ていて集中出来ません。)
    ご存じのように大好きなドラマなんですがね。なんで今、この曲なんだろう?と。
    振付師は宮本さんでしたっけ?
    最近、このドラマを見たんでしょうか。いつか使いたいと思っていたのかもしれませんが。
    確か「篤姫」と同じ頃に放送されていたはずです。
    それなら「篤姫」なんか良かったのにー、なんて。曽根さん以来の「篤姫」が見たいし。
    まあ個人的な思いです。

    そして、なんだかんだと、ついにGPSが始まります。
    ロシア杯が最初だと言うのは、どうも感覚的に戸惑いますが。
    これからは毎週、毎週、ニュースもネットも、世間の話題もフィギュアだらけに
    なっていくのでしょう。
    怪我だけはしないでーと願うだけです。

  • >>No. 1286

    動画見ました。
    確かにリーザを彷彿させますねぇ。
    ジャンプも高いですし、この先が楽しみです。
    日系人かどうかはわかりませんが(名前を見る限りその可能性が高いですが。)
    フィギュアはやはりアジア人・体形が有利なのは、否めないでしょう。
    何なんですかねぇ。
    筋肉の付き具合がフィギュアに向いているのでしょうか。
    その昔、トレーナーだった加藤さんでしたか、安藤さんの筋肉は黒人に近いので
    瞬発力はあるけど、持続性が弱い(みたいな)事を言っていた記憶があります。
    反対に荒川さんなどは疲れにくいとかなんとか・・・。
    (私の記憶の範囲での話なんで、間違ってたらごめんなさい。)
    一見、同じように見える選手達でも、それぞれ鍛え方も違ってくるんだなあ…なんて
    思ったものです。

    (回顧ばかりで申し訳ないですが。)
    渡辺絵美さんが出てきた時の頃、少しだけ覚えています。
    それまでアジア人。日本人が世界で対等に戦えるなんて夢のような事でしたから。
    まあ、彼女の場合はハーフでしたから一概には言えませんが、当時の選手達の中に
    混じって見た時、スタイルは決して負けていませんでした。
    それより彼女がポンポン跳ぶジャンプが凄くて、どうしてこんなに凄いのにメダルを
    取れないんだろう?なんて幼いなりに不思議でした。

    >あ、これは私に対する批判であって、ruminapurinさんには無関係なのでご安心ください。
    私が不注意だったんです。

    私自身も気を付けても気を付けても、不注意な物言いをしたりして反省する事ばかりです。
    フィギュアに関しては特に応援する方の気持ちまで、考えなければいけないと
    それはいつも思っています。
    私が好きな選手でも、他の方は違う場合がありますし、ましてド素人ですから技術的な事を
    言葉にするのは難しいです。
    と言う事で、私はフィギュアに関する感想はブログにとどめておきます。

  • >>No. 1283

    いつも温かい言葉有難うございます。
    私の場合、仰るように結石は完全に慢性化してますから、この先死ぬまで何度
    この痛みに襲われるのかーと・・・切なくなります。
    が、仕方ないです。出来た物は出来たのですから、体の外に出すしかないのだと
    諦めました。

    さて。
    選手名表記については、私も耳で聞く音と、無理やり片仮名にしてしまう事への
    違和感はずっと感じていました。
    (まあ、でもそんなものかと。)
    表記名もそうですが、マスコミがこれまた無理やり付けたような選手たちの呼び名。
    この方が私は違和感が大きいです。
    返す返す、まだマスコミの餌食でなかった頃のフィギュア報道が懐かしいなあと。
    (最近回顧ばかり)

    そしてすみません。
    この頃の私は、フィギュアに関してはただ漠然と、放送があれば見る程度になって
    います。
    感想を言うとしても、ただ単純に「凄かった―。」「良かった―。」しか
    言えない感じになってます。技術がどうこうより、単純に自分の好みかどうか
    それだけみたいな。
    昔は私の贔屓な選手を他の人はどう評価しているのか、そんな事も気になっていましたが
    今はそんな事もどうでもよくなりました。

    ですからフィギュアに関しては他の掲示板とか、サイトなど全くチェックしておりません。
    掲示板のトピ主としては、それではいけないのかなあ、と思いつつ。
    ただ、何かがあって、もしここの書き込みなどでご不快な思いをさせたとしたら
    申し訳ないです。
    (内容が全くわからないんで、的外れな事書いていたらすみません。)

  • >>No. 1280

    ブログにも書きましたが、土曜、日曜と尿路結石で救急病院に駆け込み
    寝込んでおりました。
    でもお蔭様であの辛かった膀胱の不調が、嘘のように治りました。

    と言う事で、週末はスケートどころではなく、ジャパンオープンの時間は
    うなりながら部屋中転げ回っておりました。
    もちろん、ジュニアの試合も、フィンランディア杯も見るどころではなく。

    でも最初に書きましたが、ほぼ全快しましたのでこれからはまた
    真面目に試合の動画やら、結果を把握していきたいと思います。
    週末の試合もおいおいと追っていきます。

    いつもたくさんの情報書き込んで下さり、本当に感謝してます。
    有難うございます。
    これからもお願いします。

  • >>No. 1278

    サハノの動画ありがとうございます。
    まずは元気そうで何よりでした。
    ジャンプも以前に比べたら随分戻ってますよね。
    ただ、ロシアの選手に多いですが、どうしてもジャンプ前のタメが気になります。
    最近の日本の選手達はスピードに乗って、高く跳び、そして着氷もすーっと流れると
    言うのを見慣れているので、つい比較してしまいます。

    それと練習なんで仕方ないですが、音楽が単なるBGMになっていますので
    それはこれからの仕上げの問題でしょう。

    JGPはまだ日本女子しか見てないんですが、ここまで台落ちがない日本とは言え
    ファイナルに進める選手は少ないでしょうねぇ。(ロシアばっかりになるのでしょうか。)
    それとタラカノワはジャンプ駄目でしたか?(その内見ます。)
    最終的にはジャンプが強い選手が残ると思うので、そこはもう少し頑張って欲しい
    ですよね。
    ユ・ヨンを始め韓国の選手はやはり体形変化に苦しむ人が多いように感じます。
    まだそこのノウハウが出来てないと言うか、例えば日本なら次々と選手が出てきますから
    一人がある時期体形で沈んでいても、他にまだたくさん選手はいますから
    目立たないと言う事もあるのでしょうが。

    話は変わりますが、中京大学の大庭雅選手。
    来年卒業ですから、引退するのかなあと思っていたら企業が付いたと聞き、
    なんか凄い嬉しかったですね。
    (彼女の今年のフリー安藤さん振り付けの「エデンの東」をぜひテレビで見たいです。)
    三原、坂本両選手も企業のバックアップを受けると言う事ですし、今の選手達は
    やはり恵まれているのだなあと思います。

  • >>No. 1276

    書き込み有難うございます。
    そしてたくさんの情報も助かります。

    それにしても、私は男子では、五十嵐さんの頃からフィギュアを見てますが、
    あの頃に比べたら今の選手達の情報量に改めて驚きます。
    (ちなみに佐野さんの現役時代も覚えてます。
    まだ子供でしたから、ニュースなどで結果を知るくらいでしたが。)
    ロシアなんてまだソ連の頃だったし…。
    クーリック、ウルマノフと金メダルを取った頃でも、まだまだロシアの選手の情報は
    ほとんどありませんでしたし…。

    スポーツに限りませんが、それだけ今の時代の選手達は大変でもあり、恵まれても
    いるのでしょう。
    それにしてもプルシェンコの所に行ったのですか。
    (今の所、プルシェンコの指導者としての腕は未知数ですから。)
    でも、せっかく与えられたチャンスでもありますから、頑張って欲しいですねぇ。

  • >>No. 1274

    お忙しいのに書き込み有難うございます。

    >シニアGPSロシア大会女子の地元枠がミハイロワに決定。
    サハノ駄目でしたか。
    ここ最近。
    ロシアジュニア台頭が台頭して来た頃、活躍し、「へえーこんな選手もいるんだ。」と
    最初に名前を覚えた選手ですから、どうしても思い入れがあります。
    だから頑張って欲しいー、とついつい応援してしまいますが、今シーズン駄目なら
    難しいのかもしれませんねぇ。残念です。

    さて、ブログにもちょっと書きましたが、週末体の調子が一時期不調で。
    良くなったと思っていたら、ちょっとぶり返したと言いますか。
    ちなみに現在はよくなりました。
    と言う事で、週末の怒涛の試合はあんまり見てません。

    ただ、オータムクラシックだけは見ました。
    羽生選手のSPで狂喜乱舞して、フリーでいっぺんに疲れが出てと。
    毎年試合が始まると、いちいち選手の好不調、成績などで応援しているだけなのに
    いっぺんに疲れる季節がまたやって来たか―と、改めてシーズンインを感じました。

    毎回言ってますが。本番はオリンピック。
    運命の女神さまは誰に微笑むのでしょうねぇ。

    さて、これからメドべのプログラムをチェックしようと思います。
    感想はまた。

  • >>No. 1272

    私も基本的にはこちらに書き込むつもりです。
    ただ、せっかく作ったブログですから、あっちにも時々書こうと思います。
    (書いた時はこちらでお知らせします。)

    さて。ロシア杯の事ですが、実はあんまりよく知りません。
    と言うか、私はどうしても日本人選手の事が中心で、ですので他は後回しと
    なっております。
    ですので、何度も言いますが、こちらで教えて頂けると助かります。

    そして動画も見ました。
    仰るように頑張ってる感が伝わって来ます。
    曲の助けもあるのでしょうが、スピード感があって、最後まで走り抜けたと言う
    感じでした。
    努力が結ばれて欲しいと思う選手の一人ですよね。

    いよいよシニアの試合も本格的に始まり、まあでも本番はオリンピックですから
    それまで調整すればいいわけです。
    でも、日本、ロシアなどの強豪が多い国はそうもいかないので大変でしょう。
    毎回言ってますが、どうか怪我なくと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ