ここから本文です

投稿コメント一覧 (1153コメント)

  • >>No. 38

    増資じゃありませんので、希薄化にはならないと思います。
    大株主が持っている株を多くの人に分けるということです。

  • 【決算】クミアイ化、今期経常は微増で2期連続最高益更新へ
    クミアイ化学工業 <4996> が12月14日大引け後(15:00)に決算を発表。18年10月期の連結経常利益は前の期比8.5%増の80.7億円になり、従来予想の64億円を上回り、減益予想から一転して増益で着地。19年10月期は前期比0.3%増の81億円とほぼ横ばいを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。9期連続増収、3期連続増益になる。
    同時に、前期の年間配当を8円→10円(前の期は8円)に増額し、今期は前期の記念配当2円を落とし、普通配当9円にする方針とした。
    直近3ヵ月の実績である8-10月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比40.7%増の14.6億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の1.0%→2.4%に改善した。

  • S安寸前だけど、今期会社計画をみて、そこまで売り込まれるとは思わなかったな。
    中長期のスタンスにたてば、絶好の買い場と思うけど。

  • 四季報、やはり再増額でしたね。

    9月号:
    単19. 3予 7,600 1,450 1,480 1,020 167.4
    単20. 3予 7,800 1,490 1,530 1,050 172.4
    【独自増額】子会社売却で連結廃止。受託製品は半導体製造装置向けが高水準。産業用検査装置向けも順調。好採算の自社製品は画像処理モジュール新規案件開拓が想定超。つれて計測通信機器拡大。会社計画は慎重、前号より営業益増額。連続増配期待。
    【開 拓】医療やIoTなど新規事業の確立に注力、他社との協業を加速。韓国で合弁を設立し、自社製品の販売体制を強化。

    12月号:
    単19. 3予 7,600 1,550 1,580 1,090 178.8
    単20. 3予 7,800 1,650 1,680 1,150 188.6
    【再増額】連結廃止。下期は主力の半導体製造装置向け制御部品が落ち込む。ただ産業用制御機器や計測機器好調。画像処理モジュール等好採算自社製品も高成長続き利益再増額。増配も。20年3月期は半導体製造装置低迷も自社製品が牽引し営業増益。
    【自社開発品】主力の画像処理モジュール増強に注力。医家向け眼底検査システム、食品業界の検査工程自動化向けなどを重視。

  • 新製品開発のIR
    h ttps://www.avaldata.co.jp/sites/default/files/news_181212_apx3404-i350.pdf

    こういう製品が消費者向けで、一家に一台売れるなら、この会社の売り上げもすごいことになるのにな、
    ニッチビジネスだからな。

  • 今期【大幅増益】を予想する銘柄(サプライズ順)
    小林産業 <8077>        前期経常が上振れ着地・今期は7%増益へ
    ナトコ <4627> [JQ]      今期経常は10%増益、前期配当を4円増額・今期は4円増配へ

    【決算】ナトコ、今期経常は10%増益、前期配当を4円増額・今期は4円増配へ
    ナトコ <4627> [JQ] が12月13日大引け後(15:00)に決算を発表。18年10月期の連結経常利益は前の期比9.7%減の14.5億円になったが、19年10月期は前期比9.7%増の16億円に伸びる見通しとなった。3期連続増収になる。
    同時に、前期の年間配当を32円→36円(前の期は30円)に増額し、今期も前期比4円増の40円に増配する方針とした。

  • 懐かしいですね。
    あの頃はnekoさんとかも。

    私も一度は卒業したのですが、オハラでは楽しい思いをしたので、時々、入っております。

  • あれ、絶対に下がらないって言ってなかった?

    一時的に10%くらいは覚悟しといた方がいいと思うけど、すぐに戻すと思うけど。

  • そういえば、2年ほど前、900円くらいの時に、この板には売り煽りの「孔明諸葛亮」という方がいたのを思い出した。

  • 私もそう思います。

  • 貴君が望むように、明日の株価は下がるとは思うけど、
    短期間で戻す(地合いが平穏なら)のではないかと予想しているので、深追いはしない方が・・・・。

  • 昨年決算発表時の18年10月期の会社計画は
    売上:25,400    営業利益:1,800   経常利益:2,000   純利益: 1,600 だった。
    その時の株価は、2,765円。
    発表後の株価は、寄り2,899円 高値2,950円まで。

    今日発表の19年10月期会社計画は、
    売上:27,300    営業利益:2,800   経常利益:2,900   純利益: 2,000
    今日の株価は、2,310円。
    明日の株価は?

  • 最近の決算発表銘柄は、コンセンサス通りでも下げ圧力が強い傾向なので、
    今期の会社計画は四季報予想を下振れしているかぎり、明日の株価が下がるのは九分九厘間違いないと思う。
    ここは例年、慎重な会社計画を出して、期中に上方修正をするので、20年10月の中期会社計画を見ても、
    当然、今期の実績は会社計画を上回ってくるだろう。
    投資スタンス次第で、明日は売り時なのか、買い時なのかが分かれるのではないか。

  • 18年10月期が良すぎるので、19年10月期会社計画が見劣るけど、
    添付資料の中で、2020年10月期の会社目標は売上300億、営業利益35億、ROE8%なので、成長基調ではある。

  • 明日は四季報が発売されますが、再増額になるのかな?

  • 取り敢えずNo,2をゲット。
    期待してホールドしているけど、株価は期待に反して・・・・。
    今年は年末相場も期待できそうもないし、そろそろかな。

  • 9月14日の上方修正発表の修正理由。
    売上高につきましては、光事業において、新規開発硝材や加工進度を高めたレンズ加工品の需要が好調に推移する見込みであることや、エレクトロニクス事業において、半導体露光装置向け高均質ガラスや耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックス「ナノセラムTM」の需要が好調に推移する見込みであることから、前回予想を上回る見通しとなりました。
    また、損益面では、両事業において、設備稼働率の向上により生産性の進展が見込まれることや、営業外損益において、為替環境の改善も見込まれること等により、前回発表予想を上回る見込みであります。
    「ナノセラムの需要が好調に推移する見込み」、具体的な内容が明らかになれば株価の下支えにはなるけど。
    また、6月には通期配当予想を50%も増額している。

    以前からの至って慎重な庄助さんにしては相当な自信を持っているってことだろう。

  • kotさん、torajiさん、おはようございます。

    ほんとうにホルダーとしてはじれったいですね。
    アバールデータの最大の欠点は流動性の欠如だと思います。
    発行株数も浮動株も少ないですし、一部上場企業のような流動性は望むべきもありませんが、
    それにしても、1日2万株程度の取引で、成り売り500株も出れば、数十円も落ちる株価は
    「どげんかせんといかん」レベルで、その認識を経営陣に持っていてほしいと思っています。
    決算説明会、株主総会、懇親会の席上で、本則市場への移動、分割に対する考えを問いただしましたが、
    その時点では前向きな回答はもらえませんでした。
    財務基盤が盤石な今、自社株買い又は自社株消却、あるいは両方を検討すべきではないかと思っています。

  • >>No. 623

    p78さん、こんにちは。

    申し訳ありませんが、私の理解不足のために、イマイチp78さんのご意見の趣旨がわかりません。
    まず、私の理解しているところは、適時開示と情報公開・IRは別のものということです。

    会社の資料の中で謳われている「適時開示」は、取引所から義務付けられている情報に対して述べているのだと思います。投資家への投資判断材料として、証券市場に上場されている株式等に関する重要な会社情報が適時・適切に提供される必要があるものが適時開示であり、その詳細は、「企業が有価証券の投資判断に重要な影響を与える自社の会社情報を適時・適切に開示したもの。インサイダー取引の防止、株価の公正な形成、投資者保護などを目的とし、金融商品取引所の規則に基づき上場企業に義務付けられている。適時開示の対象は多岐にわたり、決算情報、増資、業績予想の修正、M&A、損害の発生、代表者の異動など」です。

    p78さんが株主として会社から欲しい情報は、適時開示する情報ではなく、現時点の会社の「ナマ」の情報ではありませんか?
    それであれば、株主なのですから、直接IRに聞くことは問題ないと思いますし、権利はあるはずです。
    インサイダーにならない程度なら、会社側・IR担当の姿勢として回答していただけるかと思います。
    内容次第では、情報を公開(HPにIRとして)するように要求しても差し支えないと思いますけど(あくまでも個人的意見です)。

    以前、私はある件に関して、「ナマ」の情報が知りたくて、IR担当に問い合わせたことがあります。
    その時に、IR担当からは一貫して「時期が来たらルールに即して発表します」というもので、全くかみ合わない回答でした。進捗状況を問い合わせただけでしたが、取りつく島もない回答でした。
    別の会社のIRに工場の操業状況を言いあわせたところ、受注残が多くて、今の2交代16時間操業では間に合わないほどですという回答を得た事があります。
    インサイダーにならない程度ならば、会社の姿勢なり、IR担当の人となりにより、応対が大きく違うようです。

本文はここまでです このページの先頭へ