ここから本文です

投稿コメント一覧 (557コメント)

  • >>No. 5084

    DNAは20種類のアミノ酸を名詞で指定する
    しかし人の設計図であるDNAは材料だけでは
    不十分だ。車の設計図はもちろん材料の指定も
    大変重要だがそれ以上にその3次元立体である
    形状を示すことがより重要だ
    私はDNAがRNAメッセンジャーの部分の他
    3次元立体を構成する部分が存在と考えた
    建築家は3次元立体を平面図と立面図で
    構成するが人の立体はこの手法が不向きだ
    そこでコンピューターの0と1のような
    N進法ではないかと推理したのだ
    これはジャンク(ガラクタ)と呼ばれる部分で
    DNAが60億もの文字を持つ理由だ
    これを4進法と推理、ここから宇宙に存在する
    全ての3次元立体が似たような図形を無限に
    作成できる理由であると考えた
    人は人、犬や猫はそれぞれ似たような3次元立体だ
    同様に宇宙は地球などの惑星や太陽など
    恒星、みな似たような3次元立体を構成するのだ
    結果、地球や太陽もDNA、遺伝的要素を持つ

  • >>No. 5083

    宇宙はマザーからその子へ
    遺伝子をリレーしてきたのだ
    もちろんその主体がDNAだ
    従来の神は宇宙以外の場所に存在し
    宇宙を創造したと考えられてきた
    これは誤りで宇宙そのものが生命であり
    人間を作った神と呼ぶべき存在なのだ
    この考えに至った経緯はDNAに関する
    考察からだ

  • >>No. 5081

    宇宙は生物学でとらえることができる
    生命の原型だ。神を人と同じ生命という考え方は
    宗教的な考えと相反するだろう
    「神は自分の姿に似せて人を作った」
    この一文は長らく無視されていたのだ
    人の脳は宇宙と同じ機能を持つ
    意識とはATGCの4文字
    結果DNAを持つものは必ず意識を持ち
    特に人と宇宙は文字を持つのだ
    宇宙が文字を持つのであれば言語も持つのが
    普通の考え方だ
    宇宙の持つ文字DNA文字列に対して
    言語とは重力だ=DNA文字列

  • >>No. 5074

    サムシンググレートは特にDNAの解説書に
    良く見られる
    科学者はどこまで行っても神という言葉を
    使わんのだ。これほどまでに科学が神の存在を
    明らかにしているのに実に愚かで無知だ

  • >>No. 5066

    私の信じる神は人間同様生命だ
    生物学者はウイルスを生命と認めない派が多いらしいが
    それは自己増殖とエネルギー活動を行わないから
    もちろんDNAは持っている
    宇宙はエネルギー活動も自己増殖も行うが
    生物学者は宇宙を生命とは認めない
    DNAを持たないからつまりウイルスと全く逆
    今のところ宇宙がDNAを持つと主張しているのは
    私だけだ。DNAを持つということは宇宙には
    親が存在するということ。宇宙のマザーそのまたマザー
    どこまで行っても第一宇宙には到達しない
    つまり宇宙は無限に存在するというのが持論だ
    宇宙は自己が存在する理由を知らんのだ
    初めからそこに存在していたものが
    果たして自己の存在理由を知っているだろうか?
    そこで宇宙の全てを知り尽くした宇宙は
    何も知らない人間を作った。
    何も知らないものが知識豊かなものより
    より豊かな発想をする可能性にかけたのだ
    これは人間が自己のロボットを作るのに似ている
    自分をよりよく知るためだ

  • >>No. 5065

    私も理系(建築家)だが神を信じてますよ
    それは宗教的にでなく論理の帰結としてだ
    物理学者は無神論者が多いように感じる
    アインシュタインは間違いなくユダヤ教徒
    (調べたわけでないので自信はないが)
    神を信じるでしょう。なにせ彼は全ての研究を
    「神はまず光あれと言われた」を主題にしている
    彼がノーベル賞を取ったのは相対論でなく
    光電効果のほうだ、、、地味だ
    どちらにしても光だ
    ホーキング博士はキリスト教徒だろうから
    (これも自信ない)
    無神論者だとしたら笑うしかないが

  • >>No. 5062

    >神は宇宙に内包されていない存在と考えるのが妥当でしょう<
    見解の相違だ
    私は宇宙がDNAを持ち自己増殖、エネルギー活動を
    行う生命と考えている=神の正体
    ビッグバンにより始まりと終わりを体験する
    宇宙はその単体が無限に存在する
    生命と同じだから
    生と死を体験する
    宇宙から離れた場所に神が存在するというのなら
    従来の宗教と変わらない
    このトピで私が主張するのは
    重力がDNA文字列により発生する
    意識もATGCの4つの文字列
    あなたのたんぱく質が生命活動以外で
    自然界に発生するという発想以上に
    ぶっ飛んでる

  • >>No. 5058

    私はビッグバン理論は正しいと見ている
    各保存則が壊れるのは宇宙が一つだと仮定した場合だ
    神でさえ物理の法則を覆すのは不可能で
    私は宇宙を神と呼ぶので常に宇宙から
    宇宙が生まれるつまり生命の根源だと考えています
    アミノ酸についてはあなたのトピでも指摘されているように
    20種類だがこれはDNAが全て指定する
    たとえばATGならメチオニンという具合だ
    つまりたんぱく質はDNA文字列が指定するのであり
    全て偶然と考えるのがはたして科学だろうか?
    宇宙は人は人サルはサルと宣言しているのであり
    それらを我々は意識とか意図と呼ぶのだ
    宇宙は重力=意識で構成される
    もちろん誰も信じてはいないが

  • >>No. 5057

    宇宙の起源これを探るのに量子論的確率では
    推し量れないだろう
    私は生物学的にも物理学的にも
    第一宇宙を想定すると理論的矛盾が生じるという
    観点から無限存在宇宙を提唱するのであり
    実はこの件は宇宙の存在理由あるいは
    存在意義。神と呼ばれる宇宙にも
    分からない謎と推理した
    最初からそこにあった宇宙は自己の存在理由を
    知らないのではないか?神が人を作った大きな
    目的だと考えた。宇宙の全てを知る宇宙に対し
    何も知らない人間に自己の存在理由を探るため
    人間は神を超える目的で作られた可能性だ

  • >>No. 5055

    聖書には神が次のように語る場面が
    「私は生まれたことはないが
    一度死んだ」
    子供のころこの意味が分からず何度も考えた
    生まれたことがないとは始まりがないということ
    しかし最終宇宙が終点として存在する=死
    始発点がなければ宇宙はその発生時が
    存在しないのだ。始発点があれば
    その時点で宇宙は偶然に成立と呼べるが
    それがないのなら宇宙は偶然でなく
    超必然の存在だと指摘できる
    実はこの件こそが神が人を作った
    大きな理由であると推理した

  • >>No. 5054

    宇宙が一つしかないなら
    その誕生の瞬間物理の法則が崩壊する
    特異点だ
    エネルギーと質量の保存則は
    宇宙が無限個存在すればどこまで行っても
    無限は無限であり各保存則は
    いつまでも成立するのだ
    生物学的に見れば生命はDNAを持つ
    つまり生命には必ず親がいるということ
    しかし最初にできた生命となると
    親がいないのにDNAを持つ
    この件は物理の保存則と全く同じ
    問題として考えることができる

  • >>No. 5053

    我々の住む宇宙そのマザーそのまたマザー
    どこまでたどっても第一宇宙には到達しない
    つまり宇宙には最初がないのだ
    我々の知る事象の全てに始まりと終わりが
    必ず存在する。そのことが全ての事象が
    無限に連鎖することを示唆している
    トピのNO1で指摘した宇宙は無限に存在というのは
    このことだ。無限存在宇宙は物理学と生物学の
    2つの大きな疑問を同時に解決するのだ
    その疑問とは?

  • 私の推理が正しければ地球も太陽も
    DNAを持つ。これは宇宙にはその親が
    存在するということ
    我々の宇宙にはマザーが存在し
    マザーには地球にそっくりな惑星
    太陽にそっくりな恒星が存在し
    そこには私にそっくりな人間が存在する
    つまり仏教的思想である
    輪廻転生論が正しいということになる

  • >>No. 5051

    宇宙がDNAを持つその正体が重力
    これを説明すると多くの人、特に学者に
    鼻で笑われた。それは科学とは呼べないというのだ
    宇宙はDNAを持ち自己増殖しエネルギー活動を
    行う我々が良く知る生命の根源なのだ
    宗教的に神を信じる人からも総すかんだ
    この理論が正しいなら神とは人間と全く同じ
    生命であるとなる。もちろん生と死を体験する
    「神は自分の姿に似せて人を作った」
    これが神は存在するか?の結論だ

  • >>No. 5050

    トピのNO1でも言及したが
    ATGCの4文字は0123の数値の役割を持つ
    DNAは名詞の材料指定の部分と
    4進法で立体を描く機能を持つことになる
    私の推理が正しければ重力の正体がDNA文字列
    であり地球の周りの重力は地球の外観を
    指定するほか内部構造及びその材料を指定する
    重力はDNAと同じ4進法の立体画像作成の他
    アミノ酸の名前を指定する
    地球の重力は全ての元素をDNAと同じ手法で
    指定するのだ

  • >>No. 5049

    私は宇宙が文字を持つ件について
    あらゆる場面で力説し続けた。
    最終的に忘れない宇宙という題名の
    本まで出版したが売れたのはたったの500部
    今の時点でこの話、信じてもらえたのは
    ごく少数の人たちだ
    しかし宇宙が文字を持つならそれに対応する
    言語を持つはず。その言語がDNAを再生して
    生まれる重力だ。つまりDNA螺旋は
    重力を生むDNAプレーヤーだ

  • >>No. 5048

    コンピューターの0と1の2文字

    DNAはATGC4文字

    英語はA-Zの26文字

    日本語は50音
    矢印の方向に文字数が増えるが
    記号は最低2つあれば十分なはず
    記号数が増えれば情報伝達に誤りが多くなる
    私は宇宙が持つDNA言語も最初は
    2文字だったと確信している

  • >>No. 5047

    メチオニンはMETIONINEが英語表記だ
    語源は感じからしてラテン語ぽいが
    本当の語源はATGというDNA文字列だ
    つまり人間の言語はDNAのまねっこだ
    日本語も英語も起源はDNA言語だ

  • 2018/06/28 07:06

    >>No. 5046

    ATGGAATTTAATTAA
    これは誰でも解読可能なタンパク質レシピだ
    たんぱく質作成に必要なアミノ酸は20種だ
    左から順にATG=メチオニン(開始記号)
    GAA=グルタミン酸 TTT=フェルアラニン
    AAT=アスパラギン TAA=停止
    暗号解読表さえ手に入れば解読可能だ
    DNA解読法、これを見てDNAが言語ではないと
    主張する人がいるだろうか?
    メチオニンを人類が最初に発見したはるか昔より
    ATGという固有名詞が割り当てられていた
    これは最新の科学が解明した事実

  • >>No. 5045

    このトピのNO1でも言及したが
    意識と重力をDNAと同じ0123の
    4進法と推理したのだが
    正確さでは2進法が適している
    記号の数が多いほどあいまいさが増して
    その分芸術性が増すのだ
    N 進法は人間が作ったものでなく
    宇宙が最初から内包していたのだ
    英語なら26文字日本語は50音
    日本語は英語よりDNA言語や機械語
    からはなれてあいまいさが増すと
    推理したわけだ

本文はここまでです このページの先頭へ