ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • 思い出深き長沢背陵を黙々と駆け抜ける人々が後を絶たないこと。
    そして私設エイドの伝統が脈々と生き続けていること。
    その始まりに立ち会った身としては、まさに感無量ですよ。
    私の方も、昨年地元長崎で始まったミドル級のレースを機に無事現役復帰を果たせました。 もちろん今シーズンも!と意気込んでいますが、Aso Round Trail の参加資格に全く届かなかったのは、これまた涙ものの感無量で・・。

本文はここまでです このページの先頭へ