ここから本文です

投稿コメント一覧 (2359コメント)

  • 本田アトランテ戦。

    カップ戦の準決勝、いろいろ記事が出てるけど今のとこアトランテとだけ書いてあるものしか見てない、(2部)とは書いてないので順位表を見たが記載が無い、2部か?と思いwikiを見たら1部所属とあった、おかしいなぁ、と思い再度1部の順位表を確認しても無い。

    なんだこの謎クラブw

    MXの公式サイトで順位表を見たら2部で最下位(16位)のクラブだった、得失点差は−14だった。

    この試合のパチューカは4−4−2に見える、決定力不足の29番は外れてるようだ、2−0で勝利だが相手が弱すぎて本当に良いのかわからない、本田のプレイもあんまり良いようには見えない。

    左右のサイドハーフで起用されたようで、フォメや起用法もあんまり良いとは思わないが2部の最下位相手にこのパフォーマンス、寂しさはあるね・・

    パチューカは勝って気を良くしてるだろうけど、こんなんで決勝やCWCを戦えるのかなぁ。

  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000084-dal-socc

    土曜日に出てたデイリーのネット記事。

    横浜VSC大阪戦で、ホタルが両軍トップの走行距離を叩きだしたという内容。

    もちろん欧州遠征の疲れも残ってるはず。

    今回の欧州遠征で国内組は悪条件下で本当によくやったと思う。それはコンデション管理というもうひとつのハードな戦いに勝利したということ。

    欧州遠征後も頑張ってて2度ビックリ、ハイチ戦後のダービー長友もそうだったが。

    保険のCMじゃねーけど、ワンアップした感があるね、前回のアジアカップなんて監督以下全員がアホ丸出しだった事を考えると確実に進歩したなぁ。

    でも、無理し過ぎてぶっ壊すなよw

  • 最近の香川。。2

    俺が思う香川の長所。

    精密正確高速な思考と技術と連携でDFとGKを置き去りにするプレー。

    だと俺は思っている。それがミドルサードに下がると活かせない、という大きな問題がある。違う香川になる覚悟は本当にあるだろうか。

    中盤に降りても連携によるポゼッション、連携によるプレス、連携による組み立て、組織的なプレイをこなすための基礎はかなり高いはず。

    だがしかし、それらの長所もアタッキングサードでこそ輝く気が・・

    岡崎の事書いた時も書いたけど、スピードが死んだ局面でいかにスピードに命を吹き込むか、そういう工夫の必要を感じるシーンが多い、それを言うのは簡単で、具体的にどうするかこそが難しいわけですけどね。

  • 最近の香川。。

    なんとも難しい状況ですな・・

    マンUやドル第2期にも香川個人なら難しい状況だった、だが環境は正常というか健全だった、その健全な壁は香川を苦しめもしたが鍛える意味もあったはずだし挑む価値もあったのではないだろうか、厳しい環境でもそこに身を置く意味を感じた部分もあったのではないのか、起用法を考えるとそれが正しかったかどうか難しい部分はあるが。

    今は香川個人も難しいが環境も病んでる。良い風吹いてないな。

    俺がいつも書くのは

    「1列目で行くのか2列目で行くのか」

    という問題、本当に2列目でいいのか?という事、香川本人は2列目で行くつもりだと思う。香川のプレイ内容がなかなか支持されない現状を見て、より状況をハッキリさせるために書き方を少し変えたいと思う。

    アタッキングサードとミドルサード、ミドルサードとしての覚悟、それを本当に持てるのか?

    ということ、2列目と言ってしまうとハッキリしない部分があって、中盤を2列に分ける見方があるが最前線も1.5列目とかある、そこで境界があいまいになる、そこをハッキリさせるために「2列目の自覚」ではなく「ミドルサードの自覚」である、その必要性を書いておきたい、そこがあいまいにならぬよう。

    それは得点アシストではなくチームの敗戦をドローにする、ドローを勝ちにする、そちらの役割にまわること、得点で祝福される側から祝福する側に回る覚悟。

    香川ファンはそんな事は求めていない、マスコミも数字が残らなければ不発と騒ぐだろう、更にミドルサードで戦う覚悟や自覚をもって戦ったところで成功する保証はなく、本人がもし中盤で高いクオリティを持つことに成功したとしてもクラブの迷走にかき消される可能性も低くない。

    成功する保証もないし、そこにFW時代のような喝采はない、誰も認めないかも知れない、それでもミドルサードでチームやチームメイトを支えて走る続ける、支える側に回る覚悟は本当にありますか?

    例えば粉骨砕身ドローに持ち込む、相手は中位以下、アシストゴール無し、そこで記事はなんと書くでしょう、ファンはなんと言うでしょう。

    香川、名誉なき戦いを戦い抜く覚悟はあるかい?俺はそれが一番大事なんじゃないかと思うんだ。

    ただ、これは世間から言ったら偏った意見だと思う、世間は香川にゴールとアシストを求めている、彼らは正しいと思う、だがそれには移籍とアタッキングサードへの回帰、真の復活が必要になる。

  • 本田アトラス戦。2

    ネット記事見たら・・

    「難敵」(いや、中位のクラブみたいですけどね)
    「劇的ドロー」(モノは言いようですね)
    「土壇場ドロー」(まぁ、そうですけど・・、この程度で土壇場感出してたら上位と当たる時どうするんでしょうか)
    「意地のドロー」(同上)

    なんか全体的に甘いなぁw

    そりゃ、本田のパフォーマンスが悪いわけじゃない、チームの戦い方が最低なんですけどね、この試合の問題は監督だと思います。

    やばいクラブに移籍したと思うわぁ。

    もうさぁ、契約段階からテクニカルスタッフの役割も入れとけや、ひとつの可能性は監督のスタッフとして、もうひとつはクラブのフロントやSDやTDに対して相談や助言を行う権利の明記、グランパスならOBだしある意味身内だからあれだけど、前代未聞かもしれないし海外では絶望的かもな。

    代表でコーチやるなら代表引退だな。

  • そう言えば本田って以前に楽天モバイルのCMやってたよな。

    神戸か?w

  • >>No. 132766

    ごもっともです。

    でも中田とか俊輔とか小野とか、あいつらのプレーって

    俺サッカー好きでよかったわw

    とかマジで思わせてくれた、そんなプレーを何度も見せてくれた。

    今思えば幸せな時代だったかもしれませんね。

  • 監督人事と本田。

    適切な監督人事だけを考えれば本田は害しか無い選手じゃないだろうか。

    上手く行けば監督を過大評価してしまうし、失敗すれば過小評価してしまう。

    監督の手腕がわからなくなる、本田が裏で細工してることがわかっていても代表のように動けなくなる、本田によって結果が左右されてしまうので結果という行動の根拠を奪われる。

    その本田の「尋常ではない癖の強さ」を中和し毒性を消す手段があるとすれば。

    それは監督と本田の高度な相互理解だろう、最高レベルが必要だ、ほっておくと本田は独走しやすい、だから徹底的に話をして認識や戦術を完全に共有しておかなければいけない、放っておくと独走するが、だからといって本田の言いなりもだめ、それじゃ誰が監督かわからない、それを許したら監督の存在意義がなくなるから。あくまで監督と選手として、同時にその関係を超越しなければいけない。

    めんどくさ〜w

    おっと、いけねーwww

    本田自身が監督との人間関係を再優先して移籍先を選ぶ必要があったんじゃないでしょうかね。

    果たしてそれをパチューカの監督と築くことができるかな。

    こんな事ならJリーグに帰ってくれば良かったのに。

    Jリーグで選手兼任コーチ、選手兼任助監督、それしかない。オーナーと監督、好きなだけ語り合えばいいのに、代表や世界のサッカーについて、そしてクラブについて、ビジネスについて・・、そこはどうでもいいか。

    もしかしてこれ、グランパスに帰って来るべきなんじゃないの?w

    現役中は選手兼任コーチ。引退したらGM型監督で小倉の仇を取る!!

    トヨタの章夫さんはお忙しいだろうから話相手にはなってくれないだろうけど・・

    もうさ、めんどくさいから帰ってきたらどうなんだろうね。

    まぁグランパスにお断りされたら戻ってこれないけど・・

  • 本田アトラス戦。

    ほめて損したわ・・、やっぱパチューカやばい。

    前回ティファナ戦を4−2−3−1で4−0快勝したがアトラス戦は4−4−2で1−1のドロー。

    表面上はドローだけど、負け試合を運良くにドローにできたようにしか見えないんだな。

    なんで上手く行ったのを変えるかな、チーム状態が上向けば本田も一緒にドンドン良くなると思ったがアカンわこれ。

    マジでアカンわ、パチューカ、やばいわ。

    パチューカ移籍は失敗だと書いたけど4−2−3−1で活路が開けるように見えた、で意外と良かったのか?と思ったけど違ったみたい。

    こんなクラブならJリーグのほうが良いじゃんか、高地トレーニングって言うけど仕事中毒にさえ気をつければパフォーマンスも安定するだろうに。

    パチューカ意味不明。

  • >>No. 132753

    レンジャース戦の爆裂ミドルもやばかったですよねw

    あれを見て俺は、

    俊輔と代表が天下を盗る日がやって来たぁー

    と思ったんですが、その後ああいうの決めなくて・・

    でもあのシュートは良かったなぁ、すごい躍動感あった。

  • ドルトムント。

    何処まで転落するかわからへんぞ・・、とりあえず現在は実力的に中位クラブ。そこから迷走しながら螺旋状に墜落していく可能性が大きい、今のとこ「ザコ専クラブ」だけど下位クラブにも苦戦するようになるかもな。

    監督解任が噂されるが難しいだろう、動けない、なんだか代表に似てるなぁw

    CEOと黄金期メンバがエゴ丸出しでトゥヘルを追放し、かわりに連れてきた「優秀な監督」www

    そら切れませんわ、切ったら自分たちの失敗を認めることになるから。

    CEOであるヴァッケがリセットボタンを押すタイミング、ヴァッケが色んなもんをどのタイミングで切り捨てるか、ということ。

    どうでもいいですね。

    香川がドルに在籍してなければどうでもいい、今のドルトムントはそういうクラブ。攻撃的タレントを次から次へと連れてくる敏腕スカウト、そして何よりもスタンドのサポーター、ドルを支えるものは今もあるが・・

    ドルトムントがどうのこうのじゃなく、CEOヴァッケと黄金期メンバが問題なので。

    リセットボタンはなかなか押せないんじゃないかな、監督だけに問題があるんじゃ無くて監督を連れてきたほうにこそ問題があるので。

    ちゃんとやれば立て直しは不可能じゃないはずですよね、でもちゃんとやる事自体が不可能なんでしょうね。

  • スポニチとかニッカンの記事によると。

    技術委員長(西野)が3月はベストメンバーを組むとコメントしたそうだ。

    それを見てねと言うことか、先に先に目先を向けさせる、いつもの手だよな。

    今までの起用を見れば大きな変化は無いだろうね。

    本田香川岡崎は戻るかも知れないが、それで全てが上手く行くわけでは無いだろう。

  • ロシアは4−1−4−1で行くつもりだろうか。

    ブラジルは4−2−1−3、ベルギーは4−1−4−1。

    4−1−2−3を使わなかった、4−1−2−3使用時の問題点としてハリホジがフォメを使いこなせない事がある、教本でも読んでるみたいな運用をする、教科書の型にはめているだけにしか見えないのだ。

    4−1−4−1ならば問題が起こらないかと言えばそうでもない。ハリホジは安定感が無いのでわからない、おかしな事をする可能性は低くないと思う。

    4−1−4−1ならば右が現状の浅野久保本田なら、本田しか選択肢がなくなるが、ハリホジは理解してるだろうか。

    4−1−4−1にも可能性はあるだろう。

    ハリホジがどのフォメで来ても不安な事は変わらない。

  • 雰囲気的に、これ終わってるなぁ。

    ハリホジを連れてきた前の大仁原霜田、今の田嶋岡田西野、協会はハリホジでロシアに行くと決めてしまってるな。

    決めちゃってる気がする、悪く言えば諦めてる、よく言えばハラをくくった、そこでくくるなよ・・

    なんでか?

    そりゃ批判が怖いから、カズ外し、中田の引退ゲリラ、俊輔の古傷全開大暴走、あんな派手に批判される事はもうしたくない。

    アジア予選で世論が納得する形での解任のチャンスを逃がした、いったい誰がその機会を潰したのか、それで諦めたか。

    ハリホジを批判してるマスコミも見受けられるが協会は聞く耳を持たいないだろう。

    マスコミによるハリホジ批判だけでは世論も決定的には変わらない、利害の絡んだ情報操作だと思われる場合もあるだろう。

    もはやこれまで。

    続投なら大きな波風はたたない、静かに不満が蓄積するだけ、そしてシラケていく。

  • ハリホジ劇場はハリホジファースト。

    アルジェリアで上手く行ったらしい、そんな事はどうでもいい、大事なのは日本で上手くやってくれる事。

    それが出来ないからダメなんだよ、そんだけだ。

    大事なのはアルジェリアで上手く行った理由でもなく、日本で上手くいかない理由でもない、そんなもんはハリホジが自分で考えれば良い。

    (まぁ、アルジェリアはフランスの旧植民地らしいので言葉が通じる選手も多かったかも知れないですね、言葉が通じない選手もフランス語がわかる選手が多数居れば伝達してくれるし、何よりも他人に頼ることができた部分が大きかったんだと思いますね、フランスの旧植民地ですから、個々の選手の特徴など有用な参考意見が多かったでしょう、あと立地的にも欧州の真下なんで・・、日本という未知の世界に飛び込んだ事を理解してない、いったい何をしに日本に来たのか)

  • 西野、良いテストが出来た?w

    テストってなんだ?

    ダメなものをダメだと確かめるテストばっかしてるじゃねーか。

    そんなテストは最初からするな、。

    当たりを引くためのテストじゃなきゃ意味ねーんだよ。

    この選手のこの起用法が有望、それを見極めてテストし成果を出す、そりゃイマイチな事もあるだろう、でも当たりを求めろよ、ダメでもいーや、じゃねーんだよ。

    それは投資みたいなもんだろ、投資に失敗したら反省しろ、代表はクラブじゃ無いんだぞ、限られたテストの機会を無駄使いして反省しないとはどういう事なんだ。

    わかってんのか。

    これダメだよね、よし本当にダメか試してみよう、とかやってんじゃねーぞ。

    やってることが昭和なんだよ、犯人は誰だ、岡田か、西野か、ハリホジか。

    例えば今回の長澤、森岡。

    長澤招集はハリホジの希望だよな。長澤はヒットだ、だが今野でもいいはず、今野を外して長澤入れる、超大雑把に言えばプラマイゼロだろうが。

    森岡招集は誰だろうコメントはハリホジじゃないようなニュアンスだったな、森岡はテストする意味自体があるかわからない、そして全然テストになってない、IH起用が無理なのはテストしなくてもわかる、ベルギー戦は機会を無駄にした、ブラジル戦のトップ下起用は右が久保浅野では意味がない、こちらもテストになってない。招集はハリホジの責任では無いかも知れないが起用法はハリホジ、チヤランポランだ、何やってるんだ?

    これまで無駄なテストをし過ぎている、犯人は岡田かも知れないし、西野かも知れないし、ハリホジかも知れない。

    他にテストすべきことは山ほどあったはずだ。

  • >>No. 132728

    お言葉ですがw

    この足元のクイックネスとしなやかさ。

    今、こんなレベルの選手居ないっすよw

    個人的に乾香川高徳伊藤は足元の技術が高いと思ってますが、とてもここまでじゃないですね。

    このレベルまで来ると問題は怪我ですね、ボールや体にいって止められなければDFは足を壊しにいく、それが出来てしまうのがサッカー、俊輔の足首は悲鳴をあげていた、クリロナもスペイン移籍直後にラフプレーに対して「足を折られる」と嘆きましたね、その後実際に大怪我しました、たしか何ヶ月も戻れなかった、でも戻ってきたら平気な顔してゴール量産する変態でしたが。

    サッカーがフェアプレーのスポーツなら俊輔はもっと上に行けたと思います、冗談抜きで敵なし状態で無双できたかも、イエロー2枚で退場ではなく、いきなりレッドならかなり違った。早い時期に海外に出てラフプレーから身を守る術を身につけることが出来れば違ったかも知れんですね。

    ラフプレーとの戦いは名選手の宿命ですね、残念ながら。

    あと俊輔ってドイツでは高熱出したんじゃなかったでしょうか、当時の記事見てみたら故障も抱えていたようですね、利き足の爪が割れていたとか、踏まれたんでしょうね。

  • ああっ

    2試合で合計4失点じゃねーかぁ

    なにこれ・・

    しまったぁ、ボーダーラインは3失点にしとけば良かったぜい。

    でもブラジルの1.5軍に手を抜いてもらったし、ベルギーはリアルでアザールの弟だったし。

    俺は認めねーよ。

  • なんで本田はこんな監督を何度も助けたんだろうね。

    俺の気のせいならいいけどさ、でも可能性特大だろこれ、本田は若い頃からこういう事をしてきたみたいだし。

    見たところ、協会は解任に世論の理解を求めている、それには低レベルな層にもわかりやすい解任理由が必要だ、それは目に見える悪い結果なのだ、低レベルなアジア予選では問題が表に出るチャンスは少ない、その反面アジアの低レベルで問題が出るような監督は本気でヤバイ。

    本田はその「ヤバイ」監督の首を何度も繋いだ可能性が高い、通常のプレーで繋いだのなら問題ないがそうでは無い、監督の評価が狂ってしまう関与を何度もやったように思えて仕方が無い、多分やったw

    スルツキのように監督の信任を受けてやったなら良い、本田のこういう部分は監督との信頼関係が絶対に必要だがハリホジとはそうではない。

    本田が関与して良いならハリホジの横に本田を置いておけば良い、だが2人の間には信頼関係は無く、たとえそれがあってもフォローは不可能だ、監督はハリホジであり全てを代行することは出来ない、それはザケロニの時と同じじゃないのか。

    基本フォーメションだけなら時間をかければなんとかなる、だが監督はそこから好き勝手にいじるし、交代カードで更に悪化させる、手に負えなくなる。

    あの時と一緒じゃないか、なぜ繰り返すんだい?

本文はここまでです このページの先頭へ