ここから本文です

投稿コメント一覧 (1968コメント)

  • 自社株買いもあり下値は限定的。クレッシェンドを来週に控え、期待値も高まってないから、サプライズがあればぶっ飛びそうですね。天才川上社長を信じてがっちりホールドしましょう。

  • クレッシェンドでプレアカ増加への秘策が川上社長より示されれば爆上げの期待が持てそうです。まだまだ割安のまま放置されている銘柄。来週からの本格的反転に期待が持てますね。がっちりホールドしましょう。

  • 少し下がってしまいました。経営陣が株主軽視の姿勢を改めない限り、反転が確実のものにはなりません。来週のクレッシェンドに期待しつつも、同時に失敗した場合はしっかりと責任を取ってもらいましょう。天才川上社長を信じてがっちりホールドしましょう。

  • >>No. 226

    日本には長期投資家がいないのでネタのたびに新しい人が来るんでしょうね。よく言えば流動性が高い。さて、真のカドカワ株主はぜひKKKへ参加し、圧力団体として経営陣に要望を出していきましょう。今日も大して下がらずに粘りました。天才川上社長を信じてがっちりホールドしましょう。

  • クレッシェンド発表で、もし他社との提携など発表されれば、株価は上に吹っ飛ぶだけに、川上社長にはサプライズを期待したいところ。割安銘柄なので長期で見れば、二倍三倍は普通にある。天才川上社長を信じてがっちりホールドしましょう。

  • 明日にはもう一段高でしょうね。クレッシェンドによって利益率改善、プレアカ増加に転じれば下がる要素がありません。天才川上社長を信じてがっちりホールドしましょう。

  • 今日はちょっと上がりましたね。ただ低迷に変わりはありません。クレッシェンドという一大プロジェクトの完成とともに経営の一新は必要でしょう。特に無能な社外取締役に代えてダルトンなど外資からの社外取締役の選任は必須です。全てはクレッシェンド後の株価次第。私の予想では来年夏くらいにリリースと発表し、実際はオリンピックイヤーくらいまで株主に説明もなく延期すると思っています。天才川上社長を信じてがっちりホールドしましょう。

  • 『空海』の予告編見てみましたが歴史というよりエンタメ系なんですね。
    阿倍仲麻呂や楊貴妃がなぜか出てくるあたり、原作を読んでいないので意味不明な感じ。
    一般受けするような題材ではないので爆死する可能性が高いですね。

    昨日のKKKでの放送でもお話ししましたが、
    クレッシェンドは他社を巻き込んだ形にならないかなと思っています。
    自社株の有効活用ということですが、もしやらないなら
    とっとと消却してほしいところ。

    ともあれ、どんな材料が出ようが上がる気がしないだけに、
    残念な銘柄になっています。
    天才川上社長を妄信するしかありません。

  • 大規模設備投資を行うカドカワにとっては来年の税制改革はプラスに働きそうですね。サクラタウンも工場と事務所移転ならリターンがあるのでいいんですけど。クレッシェンドも他社との提携など膨らみも持たせるものであってほしい。

  • 現在自社株買いしているので、最大のインサイダーたるMBOは
    相当程度の期間を置かないと利益相反行為として訴えられる可能性もありますよ。
    そうなったらKKKとしては徹底抗戦をするつもりです。

  • 結局マイテンと経営陣の評価がそのまま現れています。
    やはり無能な社外取締役をパージして、
    ダルトンなど外資ファンドの力を借りるしかありません。

    また経営手法についても変更が必要でしょう。
    現経営陣3名(川上、佐藤、角川)の退任、
    工場・事務所を除くサクラタウン計画の無期限凍結の要求は当然です。

    我々株主は合併以降3年間の猶予を与えており、
    これに応えられない経営者は排除すべきです。
    もはや経営刷新への行動しかありません。個人株主の怒りをぶつけていきましょう。

  • ニコニコのクレッシェンドも発表が28日なので、
    リリースは来年夏くらいまで延期に延期を重ねると思っています。
    その間にプレアカは減少の一途となることでしょう。

    こだわりを続けた挙句に陳腐なサービスをリリースし
    価値が消失し溶ける企業価値。

    恐ろしい限りです。

  • クレッシェンドの新サービスを発表したとしても年内リリースはほぼ可能性なし。来年以降と言われても、一度延期している時点で信用されず。自社株買いはほぼ完了で下支え方法はなく、底抜けしたらあとは投げが続く一方。来年夏くらいにリリースされても、その前に類似サービス出されていつのまにか忘れられている。この予言当たりますかね?

  • 次回株主総会では個人株主が一丸となり「おい川上、責任を取れ。」と大合唱しなければなりません。最初に掲げた中期経営計画は反故、配当は資本剰余金からのタコ足、時価総額は合併発表からほぼ半値で一社分消滅。事実は大声で指摘し、退任を求めましょう。また、役立たずの社外取締役の代わりに外資ファンドから人員を求め経営の刷新を。我々にできることは圧力団体を結成し、実際の行動に出ることです。がっちりホールドしていきましょう。

  • 合併以降ですが株価はほぼ半値となっています。
    日経が倍増していますので、市況に非があるとは言えないでしょう。

    すなわち全ては経営的失敗がもたらした株安です。
    今回のクレッシェンドは川上社長が総責任者であり、商業的失敗に対して
    株主は断固たる態度を示さなければなりません。

    次回株主総会で連帯した行動を個人株主がとるためには今のうちから準備が必要です。
    『カドカワの株価下落を憂う株主の会』は現在72名とまだまだ小さなコミュ。
    しかしながら、コアがしっかりと固まれば外部メディアなどを巻き込んで
    面白い動きができると思います。

    ぜひ興味をもっていただければと思います。

  • 2017/11/15 10:30

    >>No. 135

    それはクレッシェンドの主たる要素ではないかと。新サービスを提示すると言っており、現サービスの延長にあるものではないようです。でもヒットするか否かは別問題。ユーザーの方に目が向いてないので受け入れられるとは思えないし、株主が望む客単価増の施策もあるかどうか。期待するのはアホらしいです。

  • >>No. 132

    クレッシェンドへの期待はしないほうがいいです。株主に説明なく延期しており、少なくとも川上社長に誠意は感じ取れません。革新的サービスなど狙って当てられるものではなく、大規模投資に見合うリターンが得られるとは思えません。次回株主総会では責任者である川上社長の退任要求とダルトンからの社外取締役選任運動が中心になると思います。

  • ニコニコのプレアカ減少がどこで反転するかですが、新機軸を打ち出してそことの合算のような形にしないと難しそう。プレアカの人に別のサービスでもう一つアカウント持ってもらう方がハードルは低いし、現実的。クレッシェンドではそのあたりの施策が打ち出されるか否かは重要。単価増の施策がなければ本当に1200円割れすると思う。我々株主としては画質や遅延解消なんてほぼ無意味なことです。発表会では新サービスがマネーを生み出すかに注目です。

  • 川上社長が天才という認識で一致してきましたね。私自身は彼を天才とは思っていないだけに、違和感もありますが。天才川上社長を信じてがっちりホールドしましょう。

  • 本日の下げはキツかったですね。夜にニコ生でこの下げの分析とIR問い合わせの報告などする予定なので、KKKの人はぜひニコ生へ。天才川上社長を信じてがっちりホールドしましょう。

本文はここまでです このページの先頭へ