ここから本文です

投稿コメント一覧 (1422コメント)

  • 結局のところ、低能がスペルを間違ったというだけの話でした。(大笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりです。(合掌)

  • >>No. 2298

    >アホくさくてコメントする気にもなりません。

    サイドカーサイドカーと喚きたてるクセに、トライクとの法的区別も不明なのですからね。(大笑)
    本当に低能というのは哀れなモノです。
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • 我々からすれば、微頭鰯もその支部も五十歩百歩ですね。
    一言でいえば、目くそが鼻くそを罵る醜態ですか。
    というか、そんなにオートバイの先輩から指南を受けたいのでしたらね。
    微頭鰯はここ界隈で、domeさんを始めとする諸先輩から手厚く介護され、挙句は早く死んだ方が良いとのアドバイスまで受けているワケですからね。(大爆笑)
    そんな巡り会わせに感謝して、微頭鰯はアドバイス通りに早く死ねばいいのにと、そう思うばかりの冷夏の候ですね。(合掌)

  • オートバイの技量は、話ではなく走りで推し量るモノですけれどね。
    早く死ねばいいのにと思うばかりです。(合掌)

  • >【特別な能力】なんてない私が50km走っただけでサイドカーの運転をマスターしたのに、微頭鰯は7マンキロ走っても片輪走行すらできなくて結局サイドカーの運転は諦めてヤフオクで詐欺まがいに売り払ったそうです。

    あはは、domeさん。まぁ、ヘタレのクセに自意識ばかりが高い微頭鰯には、サイドカーはうってつけだったというだけの話でしょう。(笑)
    恥辱の墓標HPにも、サイドカーは高価そうにみえるのがいいなどと書き連ねる醜態です。
    挙句は、【時折どう見てもただ者ならざる気配を感じさせる走りをちょっとだけして見せる】などと喚く痴態ですからお話になりません。(大爆笑)
    そもそも、微頭鰯にとってのサードカーはハンディとの事ですから、皆目意味不明ですよ。
    微頭鰯の大好きな雨天走行や、あるいは雪中走行を考えても、二輪より三輪の方が有利なのは子供にもわかる話です。
    ネットにも、サイドカーで東名高速を100km/hで走行する動画がアップされていますが、運転者は非常に安定していると叫んでいますね。
    そりゃそうでしょう。というか、そのようなアドバンテージがあるから、かつての欧州で多くのサイドカーが実用化されたワケです。
    しかしながら、こんな事も不明でサイドカーを騙る微頭鰯の痴態に本日も笑い涙が枯れるばかりですね。

    まぁ、師匠もヘタレでクルマに正面衝突の挙句に昇天するようでは、それもまた致し方なしですか。(核爆笑)

    大体に、微頭鰯のサイドカー趣味には致命的な欠陥があると思うのですがね。
    そんな事実を突きつけられて悶絶する前に早く死ねばいいのにと、そう思うばかりの残暑の候ですね。(合掌)

  • >>No. 2286

    >カンの鈍い微頭鰯はサイドカーの左右非対称などを見ればこれは容易に運転できるものではないとビビります。

    まったくもって、これが全てでしょうね。(大爆笑)
    これ以上なく極まった微頭鰯の醜態に、笑い涙が止まりません。
    早く死ねばいいのにと思うばかりです。(合掌)

  • 私のヘルメットはジェットタイプなのでね。
    走行中に横を向けばシールドの内側の水滴も吹き飛ぶのですがね。(大笑)

    まぁ、こんな事一つ不明な微頭鰯のオートバイ道は、やはりフェイク道で確定です。
    何を喚いても惨敗の微頭鰯は、早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • 微頭鰯は、そのヘルメットも雨漏りするような安普請で哀れですね。(大爆笑)
    ちなみに、シールドに付いた水滴は顔を横に向けると吹き飛びますが。
    ただまぁ、走行中に顔を回すとバランスを失って転倒する微頭鰯には思いもつかないワザなのでしょうね。(核爆笑)

    車歴は、雨の日に乗っても壊れないような初心者向けばかりですか。(大笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • マトモなナイロンジャケットなら、簡単に破れたりはしませんね。
    ナイロンというのは、防弾チョッキにも使用されるほどの強度・摩耗性がある素材です。
    逆に、いくら革が破けないと言っても縫合が甘ければ意味がありませんね。
    微頭鰯のGOTOもベルトが付いているとの事ですから、万が一の転倒の時は危険です。
    ただまぁ、微頭鰯の場合はライディング話自体がフェイクですから杞憂ですけれどね。(爆笑)
    本日の、フェイクな雨天走行話を騙る痴態のようです。
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • よけそこなって転んだら、そのまま衝突でしょうに。(大爆笑)
    勿論、クルマや縁石などへの衝突に関しては、革もナイロンも安全性には殆ど大差ないすね。
    また、マトモなウェアならナイロン製でも破けたりはしません。
    そんな事になるのは、微頭鰯の3000円のユニクロジャンバーぐらいでしょう。(大笑)
    ただ、路面と擦過した時に革だと火傷をしないだけの話です。
    という事で、今回も微頭鰯の完全敗北が確定ですか。
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • 本革にアドバンテージがあるのはサーキットのような所でスリップダウンしたような場面でしてね。
    もらい事故のような公道での対車両との事故なら、何を着ていても安全性には大差ないですよ。(大笑)

    微頭鰯は、未だに革ウェアを着る理由が正しく分かっていないようで哀れです。
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • ロングツーリングで転倒するような走り方をする方がおかしいという話ですけれど。(大笑)
    逆に言えば、革ウェアというのはサーキットのような所で限界に近い走行をする時のウェアですよ。
    勿論、GOTOの革ウェアのように余計なモノがゴチャゴチャついたウェアは安全性は低いです。
    まぁ、生まれた時から転倒続きの微頭鰯には理解し得ない境地ですね。(爆笑)

    大体に、革ウェアの上に雨具を着るよりもオールウェザータイプのウェア一枚の方が動きやすくて安全ですが。
    それと、ライディング用のマトモな雨具なら、それなりにかさばるモノですけれど。
    もしかして、微頭鰯の雨具は100均で売っているビニールの合羽ですか?(核爆笑)
    あんなモノを着て走ったら風圧で直ぐにバラバラになってしまいますけれどね。
    まぁ、最高速経験が30km/hの微頭鰯ならではの痴態でしたか。(大笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • オールウェザータイプのウェアがあったら革など着る必要はないでしょうに。(爆笑)
    勿論、ロングに出るなら雨具が不要なウェアの方が良いに決まってます。

    という事で、今回も無様に敗北する微頭鰯的痴態でしたか。(大笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • 普通、ロングツーリングの時は革ウェアは着ないモノですけれどね。(大笑)
    革ウェアに雨具を着ると妄想するのはBKMD(馬鹿丸出し)の微頭鰯ぐらいのモノですよ。
    そもそも、微頭鰯は一週間のツーリングで一度も雨に当たらないのだそうです。(大爆笑)
    という事で、見え透いた嘘をつくしか術のない微頭鰯は哀れ、早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • >>No. 2266

    35歳でやっと濡れたマンホールの蓋の上を走れるようになったという微頭鰯的痴態に、本日も大笑いでしたね。(爆笑)

    なお、私は雨の日に走らないとは一言も言っていません。
    雨具が不要なのは、ウェアがオールウェザータイプだからですしね。
    そもそも、私は走り始めたら停まるのが嫌だから雨が降ってもそのまま走る続けると言っただけの話のであってですね。
    それをまぁ、雨は嫌いだとか走らないとか、こんな姑息な捏造をしない事には戯言一つ喚けない微頭鰯は哀れです。(大笑)

    かつては豪雨の中、稚内から旭川まで走った事もありますよ。
    だからといって、グリップの低下などを考慮に入れて普通に走るだけですけれど。
    こんな事が、微頭鰯にとっては極意なのですか。(核爆笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • 私は一言も雨は嫌いとは言っていませんが。(大笑)
    まぁ、そういう事にしないと喚くネタにも困る微頭鰯的痴態なのですね。
    ちなみに、微頭鰯は雨は好きだけど風は嫌いなのだそうです。(核爆笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • 行き先が雨かどうか、これは対向してくるオートバイをみれば一目瞭然ですね。
    対向するライダーが雨具を着ていれば雨、そうでなければ雨は降っていません。

    まぁ、こんな事も分からないBKMD(馬鹿丸出し)から真のライダー云々などと騙られても片腹痛いだけですね。
    そもそも、長年の不摂生が祟ってクラッチを握る握力もないヘタレ鰯が何を喚いているのかという話です。
    真のライダーならまず、己がオートバイに乗ってみなさいという話ですよ。(大爆笑)
    口先だけの【珍のライダー】な微頭鰯は早く死ねばいいのにと、そう思うばかりの酷暑の候です。(合掌)

  • 本日も、何の根拠もない戯言を喚いてお茶を濁す微頭鰯的痴態ですね。
    そして、これから行く先が雨かどうかを知り得る手段については、ダンマリを決め込む無様です。(大笑)

    例えば雨具を携行していても、いつ雨が降るのかが分からなければあまり意味はありません。
    ウェアを濡らしてしまってから雨具を着ても無意味です。
    かといって、折角雨具を着たのに雨が降らないというのも、微頭鰯レベルで間抜けですね。(爆笑)

    微頭鰯は他人に雨の日でもオートバイに乗れなどとほざいています。
    そのクセ、こんな雨天走行のイロハのイも不明のようで哀れですね。
    早く死ねばいいのにと思うばかりです。(合掌)

  • 微頭鰯のヘタレ道と違い、本物の革ウェアは雨で濡らしたぐらいでダメになったりはしませんね。

    これから行く先が雨かどうかを知り得る手段について、未だに回答がありませんね。
    まぁ、微頭鰯の行く末は全て土砂降りなので知る必要も無いのかもしれませんが。(大爆笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • 別に雨の中を走って自分自身が濡れる事には何の問題もありません。
    基本的に、私のウェアはオールウェザータイプですし、あるいは革であった場合も適切な処理をすれば元に戻ります。
    問題なのはオートバイ、私の現在の愛機はデリケートですから雨天走行は極力避けるようにしています。

    さて、微頭鰯はこの先が雨かどうかを知り得る手段が不明のようですね。
    これでは趣味性の高いデリケートなオートバイを駆る事は不可能、またもや完全敗北ですか。(大笑)
    いや、それ以前に微頭鰯は免許がないのでしたね。(核爆笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりです。(合掌)

本文はここまでです このページの先頭へ