ここから本文です

投稿コメント一覧 (1376コメント)

  • 前記の通り、私の冬用革ウェアはペアスローブ製です。
    これには、簡単に脱着できる薄手のアルミ地インナーが装備されていますので、セーター等で着膨れする事はありません。
    25年近く前のモデルですが、これを知らずにフェイクGOTOで着膨れる微頭鰯は、とんだ田舎者ですね。(爆笑)

    なお、クシタニの防寒ウェアといったらこれですね。
    http://www.kushitanionline.com/?pid=106294018

    ゴアテックスオールウェザージャケット。
    数十年前からラインナップされている定番のモデルです。
    まぁ、こういうのを真のヘビーデューティーというのでしょうね。
    防寒性能は勿論の事、突然の悪天候にも耐えうるタフさを備えています。

    クシタニのウェアは、基本的に機能重視なのですね。
    本革というのは、さほど防寒機能に優れているワケではありません。
    ましてや、みぞれの中など悪天候下を走ったらお終いです。
    本物の走りを知っているライダーのニーズを追求すれば、自ずとこのような仕様に収束する事でしょう。
    それと比べると、本革に拘るGOTOは雰囲気重視なのかもしれませんね。

    それで、このゴアテックスオールウェザージャケットは8万円近くする高級品です。
    6万円のジャケットに小躍りする微頭鰯には高嶺の花ですね。
    だからといって、3万5千円の春秋ジャケットで妥協して寒い寒いと喚かれても、ただの赤貧鰯の痴態ですよ。(核爆笑)
    まったく、喚けば喚くほどに極まり逝く醜態に、笑い涙も枯れるばかりですね。(大笑)

    挙句は、他人に自慢するつもりの雪中の東名赤貧行脚で44年後に全世界から笑われる無様。
    貧乏な鰯が貧乏な格好で寒さに震えて走ったところで、ただの処置なしのBKMD(馬鹿丸出し)ですね。(大爆笑)
    そんな恥辱の権化な微頭鰯は早く死ねばいいのにと、心の底からそう思うばかりです。(合掌)

  • 防風が革の役割という事は、微頭鰯のGOTOはフェイクですか?(核爆笑)
    通気性がある本革の防風性はそれほど高くはないのですが、正に騙るに落ちる微頭鰯的痴態ですね。(大笑)

    そもそも、セーターを着れないクシタニの革ジャンは失格という戯言自体が意味不明です。
    元々が春秋用のウェアを冬場に着たら寒いのは当たり前の話ですね。
    ちなみに、私は春秋用と冬用と革ウェアは二種類持っています。
    それにレーシングスーツと街着用の革ジャンを入れれば四着ですね。
    普通はこのように数枚のウェアを所有し季節や状況に合わせて使い分けるモノだと思いますけれど。
    それを、微頭鰯はたった一着のフェイクGOTOで全てを済まそうとする。
    だから、中にセーターが着れるかどうかで大騒ぎの醜態というだけの話ですね。(大爆笑)

    結局のところ、赤貧鰯の視点で何かを騙ったところで全ては笑われるだけの痴態という事ですか。(爆笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • >>No. 2190

    結局のところ、近所の人からも寒そうにしか見えない微頭鰯的醜態なのですね。(核爆笑)
    それでも全然寒くないと強がる痴態に、本日も早朝から笑い涙が枯れるばかりです。(大笑)

    >現代の高機能のウェアやインナーを知らないんですね。

    ヒートテックのようなインナーが登場して以来、セーターで厚着する事は少なくなりましたね。
    後は、フリースですか。薄くて軽くて、本当によい素材が増えました。
    毛のセーターとも違い、これらは気兼ねなく洗濯できたりするのもうれしいですね。
    それにしても、ユニクロフリークの微頭鰯はどうしてこれらのウェアを知らないのでしょう?
    嗚呼、微頭鰯はユニクロも3年に一度のヘタレだからですね。(大爆笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • 毛編みのセーターに防風性がない事など、子供でも分かる話ですね。
    それとも、微頭鰯はオートバイに乗っても体に風は当たらないとでも喚くつもりなのでしょうか?(核爆笑)
    という事で、本日も無様なまでに極まり逝く微頭鰯的痴態でしたね。(大笑)

    人の体感温度は、風速1mにつき約1℃下がります。
    60km/hで走行した場合は、16℃も下がることになりますね。
    微頭鰯以外の賢明な皆様は、これでいかに防風性が重要かがご理解いただけると思います。
    いくらセーターで保温した所で、体温は全て風で持っていかれるのですね。

    オートバイライディングで有効な防寒対策は、一にも二にも風の進入を防ぐ事です。
    薄手のウィンドブレーカー1枚でも非常に防寒効果があるのは、経験者なら誰でも分かる話ですね。
    寒い時に合羽を着るという裏技や、あるいは新聞紙をインナーにするのも防風対策が理由です。
    ちなみに、私のペアスローブのウェアにはアルミ地のインナーが装着されていますから完璧です。
    勿論、クシタニのインナーが防風と保温の双方に優れた素材であるのは以下のリンクの通りですね。
    http://www.kushitani.co.jp/kushitani-web/productswarmpro.html

    いずれにしても、革ジャンの下にセーターを着れば暖かいというのは、オートバイに乗った事がない素人の戯言で確定ですよ。
    結局のところ、ナナハンにチェーンを巻いての雪中行脚は稚拙なホラというのが、またもや確定する痴態でしたね。(大爆笑)
    そんな無様なホラ吹き鰯は早く死ねばいいのにと、改めてそう思うばかりです。(合掌)

  • >>No. 2184

    >上下セパレートのもの、特に革ジャンのように着丈の短いものははそこから風が入ってまったくダメですね。

    まぁ、ライディング時の防寒を考えるなら、まずは防風対策というのは常識ですけれどね。
    セーターには防風性はまったくありませんから、オートバイの防寒着としては殆ど意味がありません。
    セーターで着膨れているヒマがあったら、ウィンドブレーカーでも仕込んだ方が遥かに暖かいです。
    こんな事は、寒い季節のオートバイ経験があれば普通に分かる話ですけれどね。

    そもそも、微頭鰯の世代なら新聞紙で寒さ対策したのではないのですか?(核爆笑)
    本当に、微頭鰯というのは何も分かっていないBKMD(馬鹿丸出し)な69歳で哀れですね。(大笑)

    なお、前記したクシタニの防寒インナーは防風性が極めて高いのが特長です。
    紹介ページにも、「防風性がきわめて高いため、寒風や寒気を確実に遮断」とありますね。
    http://www.kushitani.co.jp/kushitani-web/productswarmpro.html

    以上、本日は微頭鰯痛恨のダブル極まりの醜態でした。(爆笑)
    まったく、微頭鰯は嘘つきの経験値ばかりが高いようで哀れですね。
    早く死ねばいいのにと思うばかりです。(合掌)

  • クシタニからは薄手の防寒インナーが販売されています。
    よって、クシタニの春秋革ウェアは冬場は使えないは、微頭鰯の稚拙な妄言で確定ですね。(大笑)
    そもそも、【だっポリ】とした革ウェアの下に防風性のないセーターを着込んでも何の意味もありません。
    以上、今回も微頭鰯がその無知蒙昧を全世界に晒して砕け散る痴態でした、(爆笑)

    微頭鰯がリンクしたGOTOのHPは、13年近く更新がありません。
    また、そのW650の人のブログによれば、「現在職人さんがいないのでオーダーは受けていない」ようですね。
    要は、開店休業に近い状態という事ですか。
    私的に、これでは末永いお付き合いは無理ですね。

    現在のクシタニの地位は、その企業努力にあると思います。
    例えば、元々の革加工技術にのみならず、上記の防寒インナーのような新素材の採用にも積極的に取り組む姿勢ですね。
    ライディングウェアに対する弛みない技術開発が、今日の繁栄に繋がっているのでしょう。
    GOTOも元々は高い技術力があったのでしょうが、時代の流れに取り残されてしまった感がありますね。
    そして、そんな時代遅れの革ジャンにしがみ付く微頭鰯に至っては、処置なしの無様ですね。(大笑)

    なお、クシタニのウェアが熟練の職人さんでひとつひとつ手作りなのは下記のリンクの通りです。(核爆笑)
    http://hamamatsunogenki.hamazo.tv/e3351923.html

    それにも関わらず、微頭鰯は多くの女工で流れ作業でウェアを作っているなどと虚偽を流布する醜態。
    勿論、こんなデタラメをネットに掲載してクシタニから訴えられても、私の知るところではありませんけれどね。
    本人のためにも早く死んだ方がいいのではと、改めてそう思うばかりですね。(合掌)

  • クシタニからは薄くて高機能な防寒インナーが販売されているのですがね。(核爆笑)
    http://www.kushitani.co.jp/kushitani-web/productswarmpro.html

    これは、ユニクロヒートテックの高機能版です。
    これを装備すれば、別に革ウェアが【だっポリ】である必要がありません。(大笑)

    そもそも、革ウェアの下にセーターを着ても、殆ど防寒にはなりませんよ。
    セーターには防風機能がまったくありませんから、これは自明の事です。
    上記のクシタニのページにも、こう書いてありますね。
    「防寒の基本は、衣類に包まれた暖気を逃さずに、外からの冷気を遮断することです。」と。(爆笑)

    結局のところ、domeさんが仰る通り、微頭鰯は寒い季節のライディング経験が皆無という事なのでしょうね。
    また、150km/h以上の高速ライディング経験もないヘタレというのも自明の無様。
    確かに、微頭鰯の限界速度である70~80km/hのレベルなら、どんなウェアでもバタつく事はないでしょう。
    という事で、こんなレベルで公道最速を騙る微頭鰯の醜態に、今宵も笑い涙が枯れるばかりです。(大爆笑)

    ちなみに、私の春秋冬用ウェアはペアスローブ製ですが、これにはアルミ地のインナーが装着されています。
    このインナーは薄いのに防寒性は完璧で、かつジッパーで簡単に脱着可能の優れものです。
    もう25年以上前のウェアですが、当時から既にこのようなインナーは存在していたのですね。
    それに引き換え、微頭鰯は【だっポリ】としたGOTOの革ウェアの下にセーターを着こむ痴態。
    まぁ、たまに見かけますけどね。冬場に馬鹿みたいに着込んで雪だるまのようなビギナーライダーが。(大笑)
    別に他人が何を着てオートバイに乗ろうと知った事ではありませんがね。
    客観的に見て、着膨れでオートバイに乗るのは格好のいいモノではありませんね。(爆笑)

    なお、GOTOのHPは13年近く更新がないようです。
    http://www.goto-prosuit.com/home.htm

    微頭鰯に気に入られたのが凋落の原因なのかもしれませんね。
    やはり、微頭鰯は社会の疫病神でしかないようで哀れです。
    そんな微頭鰯はやはり早急に死ぬべきであると、そう祈願するばかりの梅雨の候ですね。(合掌)

  • 最後に、GOTOよりクシタニの方が優れている理由についても言及しておきましょう。
    ライディング用の革ウェアがプロテクターである以上、そこには必ず損傷が付き物です。
    アクシデントにあえば勿論の事、そうでなくても本気で走ればそれなりに痛んでくるモノです。
    そのような時、ナイロンのような化繊ウェアは買い替えるしかありません。
    しかし、化繊と違って革製品はリペアができるのですね。

    実際、私もクシタニの革ウェアやブーツをリペアしながら20年以上使っています。
    結構な損傷でも、革製品だと数千円の修理代で綺麗に直りますね。
    それ故に、良い革製品は末永く使えるワケなのです。

    勿論、長年にわたってリペアしながら使うためにはショップのアフターサービスが重要です。
    そういう面では、クシタニは非常に安心ですね。
    全国にショップがあるので、引っ越しなどで住む街が変わっても安心してお付き合いができます。
    それと引き換え、GOTOは武蔵村山にショップが一軒あるだけです。
    しかもネットで調べるに、現在は職人さんがおらずオーダーを受けていないとの由。
    ttp://kawasaki-w650.blog.so-net.ne.jp/2014-12-13

    残念ながら、これでは末永いお付き合いは無理ですね。

    勿論、ファッションで街着するレベルならこれでも十分とは思いますけれどね。
    安心してスポーツライディングを楽しみたい私には、現状のGOTOは役不足です。
    いずれにしても、このような事はオートバイ乗りとしてそれなりの実践を積まない事には分からない話でした。
    そして、免許もない妄言ライダーの微頭鰯は、大は小を兼ねるGOTOの革ジャンなどと意味不明な事を喚いて失笑を買う醜態でしたね。(爆笑)

    それにしても、GOTOの革ジャンはちゃんと革の袋を作っているには笑いました。(大笑)
    ちなみに、私のクシタニの街着用革ジャンも、ちゃんと革の袋でできたポケットがついてますけれど。
    まったく、こんな事に喜々としている微頭鰯の醜態をみるにつけ、その無知蒙昧に哀れを禁じ得ません。
    いやはやまったく、こんな体たらくでオートバイ道などとほざかれても片腹痛いだけの話ですね。(大爆笑)
    早く死ねばいいのにと思うばかりです。(合掌)

  • まずは、【たっポリ】としているウェアは、ライディング用としては失格ですね。
    このようなウェアはバタつくので、150km/h以上の高速では使い物になりません。
    これにてまず、微頭鰯は150km/h以上の経験がないヘタレという事が分かりますね。(大笑)

    革の袋のポケットや、ましてやベルトが付いているのもNGです。
    このような装備は万が一のアクシデントで路面を滑走している時に突起等に引っかかって思わぬ怪我をする事があります。
    ヘルメットも然り、ライディング時に身につけるモノについては引っかかりの要素を極力少なくするというのが常識ですね。
    クシタニのポケットが革に穴を開けてのジッパー構造というのにも、ちゃんとした意味があるのです。
    という事で、微頭鰯はこのような常識ひとつ知らない無知蒙昧で確定ですね。(爆笑)

    結局のところ、微頭鰯はライダーが革を着る本当の理由が分かっていないのでしょう。
    ライダーは防寒のためではなくプロテクションの為に革を身にまとうのですけれどね。
    微頭鰯はこのような基本事項がまるで分かっていないので、いつも頓珍漢な事を喚いて笑われる痴態なのですね。(大笑)

    もし、防寒のためだけなら、夏用の革ウェアなど要りませんよ。
    夏場なら、ナイロン製のウェアの方が明らかに快適です。
    しかし、それでもどうして革を着るのか?
    ナイロンのような化繊の場合、路面との擦過熱で火傷をしますが、革だとそのような事がないからなのですね。
    あくまで、革はライダーの身を守るためのプロテクター。
    そんな革ウェアの下にセーターが着られる事になど、何の意味もありません。(核爆笑)
    極まりました。(大笑)

  • いやはや本日に至っては、想像以上にそのBKMD(馬鹿丸出し)を全世界に晒す微頭鰯的革ウェア妄言でしたね。(大爆笑)
    まぁ、本日の妄言で分かる微頭鰯の痴態は以下の3点です。

     1.微頭鰯は150km/h以上の高速ライディングを知らないヘタレ。
     2.微頭鰯はレーシングスーツの素材が革でなければならない事の理由も知らない無知蒙昧。
     3.結局のところ、微頭鰯は口先だけの妄想69。(核爆笑)

    それでは、その微頭鰯的革ウェア妄言を、次投稿以降で細かく見ていきましょう。

  • >>No. 2173

    >今日も意味不明の妄想投稿ですね。

    根本的に、ライダーが革を着用する理由が分かっていないのでしょうね。
    革は柔らかいのが良いと喚く痴態に、無知蒙昧が丸出しで笑えます。(大笑)
    まぁ、誰がどう考えてもGOTOよりクシタニが良いのは火を見るよりも明らかですよ。
    いずれにしても、妄言騙りの微頭鰯は早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • >>No. 2170

    >これが良いものだそうです

    (核爆笑)

    早く死ねばいいのにと思うばかりですね。(合掌)

  • >>No. 2167

    >つまるところ、neoさんが500円のエアガジを持っているとする根拠を明示できない限り捏造以外の何物でもなく、同時にBKMD微頭鰯の完全敗北が確定するわけですがね。

    という事ですね。
    過去レスを根拠にするのなら、証拠リンクを提示できなくてはいけません。
    私が以前からエアチャックガンを所有していたのは、先般のリンクの通りです。
    勿論、私が500円のエアガジを持っているとのリンクが出せない限り、微頭鰯は姑息な嘘吐きで確定というだけの話ですね。(大笑)

    まぁ、微頭鰯が嘘吐きなのは今に始まったことではありません。
    私が20台で千鳥をするとか、挙句は一回謝罪したとまで喚く始末ですから痴態もここに極まりですね。(爆笑)
    いやはや、そんなにしてまで私に楯突きたい無様に、どうしても私に勝てない微頭鰯の怨念が滲み出ていて笑えます。(大笑)

    そもそも、ドライバーの先端に余計な負荷をかけてはいけないなどとほざくような無知蒙昧ですからね。
    まったく、ドライバーの先端に相当の負荷を掛けずして、どうやってネジを締結するというのでしょう。
    生まれた時から微頭のネジが緩みっぱなし故に、こんな簡単な事も理解できない、哀れもここに極まりですね。(大爆笑)
    早く死ねばいいのにと、心の底からそう思うばかりです。(合掌)

  • エア圧が少ない時、エアガジだけでは調整のしようがありません。
    4000円のエアガジだけでは整備環境として片手落ちです。
    よって、コンプレッサとエアチャックガンを所有する私の完全勝利で今回も話が落ちました。(大笑)

    そもそも、バルブのピンを押さない事には空気圧一つ測れませんけれど。
    それでバルブがダメになるとは、意味不明もここに極まりですね。(爆笑)

    なお、私のエアガジが500円というのは、追いつめられた微頭鰯のいつもの嘘捏造でしょう。
    まぁ、ここまでして私に盾突きたい辺りに、連日の完全敗北で小唄の余裕もない微頭鰯の無様が手に取るように分かるという話です。

    ちなみに、バルブはオートバックスで2個でそれこそ500円ぐらいですか。
    バルブなど、ダメになったらなったで、ちょちょいのちょいと交換するだけの話と思いますけれどね。
    しかし、下取り車から掠め取った車載工具が全ての微頭鰯には、バルブ交換の技術ハードルは限りなく高いようで哀れです。
    勿論、微頭鰯がタイヤ交換の際にバルブ交換も勧めらるのは、タイヤの交換自体が10年に一回の頻度だからでしょうね。(大爆笑)

    それと、2万5千円のクシタニジャンバーはナイロン製のモノでしょう。
    ただ、ナイロン製でもライディング用のモノなら4万円近くはするハズですけれどね。
    勿論、私が言っているのは革製のジャケットです。
    夏場ならメッシュタイプになりますが、いずれマトモなモノなら10万円は下りませんよ。
    いやはやまったく、微頭鰯は夏用の革製メッシュジャケットも知らない赤貧69で哀れですね。(核爆笑)
    早く死ねばいいのにと、心の底からそう思うばかりです。(合掌)

  • 【微頭鰯】
    (ちっくしょうdomeの野郎、俺が車載工具専科というのを図星しやがって。しかし、貫通ドライバーって何だ??まぁよく分からんが、兎に角、ドライバーの先が変形するの一押しだ!)
    ドライバーは先端のエッジが命なんだよ。先端には不必要な負荷をかけないことが重要なんだよ。

    【私】
    ・工具:   HV 500~580
    ・ネジ:   HV 180~270
    ・ブリキ缶: HV 110

    いかに、工具が硬く変形し辛いかが分かりますね。
    ドカチの車載工具写真がでてきたのでアップします。

    【微頭鰯】
    (くそっ、硬度で比較されたのは痛いな。だったら、ネジを叩くのは車載工具ということにして逃げておくか。)
    ドライバーの先端部には不必要な負荷をかけないことが重要なんです。
    私は叩くときは不要になった車載工具を使ってます。

    【私】
    車載工具のドライバーは貫通ではありませんから。(爆笑)大体に、柄の差込向きでプラスとマイナスを変換する車載工具のドライバーを叩いたら、軸が柄に食い込んで大変なことになりますよ。(核爆笑)

    【微頭鰯】
    (しまった!貫通ドライバーというのはそういう意味かっ!!)
    軸の部分だけを使うんだよ。馬鹿。

    【私】
    そんな事をしたら、それこそ叩いた方の先端が変形してしまうであろうことに、微頭鰯は気が付かないのでしょうか?(核爆笑)

    【微頭鰯】
    (またもや墓穴を掘って前後不覚状態)
    穴を開けたりしたらかなり摩耗するに決まってるだろ。
    穴あけはちゃんとあるんだからそれを使えばいいんだろ。場亀。

    【私】
    ドライバーがかなり摩耗するのに穴あけは殆ど摩耗しないの矛盾に気付けないこの極まりの間抜け

    【微頭鰯】
    これで60極まりな。

    -------------------------------------
    早く死になさい。(大爆笑)

  • 【微頭鰯】
    (ちくしょう、neo君がドカチ乗りなのは本当らしいな。オイルの件もモチュールなんて聞いた事もないブランドだし、このままではオートバイ道トピを本当に乗っ取られてしまう。何か、起死回生のネタはないものか)

    【私】
    マイナスドライバーとハンマーで穴を2ヶ所開けて使ってましたよ。

    【微頭鰯】
    (なるほど、オイルの缶はそうやって開けるのか…。)

    【domeさん】
    1?缶の穴開け&給油工具の画像、中途半端でしたがありました。

    【微頭鰯】
    (ほう、こんな便利な工具もあるのか。neo君はこの給油工具を知らなかったようだな。よし、それではdome君の尻馬に乗って今度こそneo君をやっつけるぞ)
    それでは工具の使い方が間違っているで
    そんなことしたらドライバーの先端が変形するよ。

    【私】
    良い工具は、一生モノを通り越して親子代々使えるモノなのですね。勿論、オイル缶に穴を開けたぐらいで先端が変形するような安物ではありません

    【微頭鰯】
    (親子代々で使っているなんて粋がりやがって、そんな言い訳が通用する俺様じゃないぜ)
    ドライバーで出来ることはねじを回すだけです。ノミの代わりにしては行けませんね。

    【domeさん】
    中古車に付いてきた馬がしゃぶったような車載工具使ってるイワシ君、一体何ができるの?何で貫通ドライバーがあるか知ってる?

    【私】
    固着したネジを外すためドライバーでネジを叩くのもまた、ドライバーの正しい使い方の一つですね。勿論、叩いていいのは貫通ドライバーです。

    次投稿に続く…。

  • 私がエアチャックガンの話を3年前に微頭鰯の意味不明道スレに投稿しているのは下記の通りです。(大笑)
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1834572/a1za4a4la1dba5aaa1bca5ha5pa5a4fbb/1/6525

    いやはや、またもや嘘捏造で虚勢を張るしか術のない微頭鰯的痴態でしたね。(大爆笑)
    改めて見てみれば、私のエアチャックガンに嫉妬狂いしてのコノ野郎苦リックが33の醜態。
    笑い涙も枯れるばかりです。(大笑)

    そんな微頭鰯も、貫通ドライバーの存在と使い方は学習したようです。
    ただまぁ私なら、固着したネジを外す時はCRC5-56を使用しますけど。
    貫通ドライバーで叩くのは、ネジをダメにしても構わないといった最終手段ですよ。
    それで、微頭鰯は愛機を常に雨ざらしなので、貫通ドライバーで錆びたネジを叩きまくりの醜態ですか。
    ああ、微頭鰯は貫通ドライバーが買えないので、下取り車から掠め取った車載ドライバーでした。(核爆笑)
    まったくもって、とんだ年収1400万円ですね。(爆笑)

    本スレのNo.384~385に、貫通ドライバー話で極められる微頭鰯の無様が掲載されています。
    なかなか面白いので、再掲しておきましょう。(大笑)

  • >>No. 2156

    >69になって初めて新宿の伊勢丹でジャンパーを買ったのが余程嬉しかったんでしょう。

    私はユニクロのジャンバーが3000円というのを、微頭鰯の戯言で初めて知りましたよ。
    普通、オートバイ乗りなら上着の相場は10~20万円だとばかり思っていましたからね。
    まったく、年収1400万円が聞くだけ呆れるばかりです。(爆笑)

    私のエアガジが500円というのも、微頭鰯の稚拙なホラ捏造ですね。
    勿論、マトモなコンプレッサを所有する私が使用しているのは、エアガジではなくてエアチャックガンです。
    缶切りが刃こぼれしないのにドライバーの先端がダメになるというのも、皆目意味不明な妄言ですね。
    微頭鰯は炭素工具鋼ひとつ知らない無知蒙昧で哀れです。(大笑)

    あの時、貫通ドライバーを知らなかった微頭鰯は、車載工具を使って缶を開けると喚いて砕け散った無様でした。
    抜き差し柄の車載ドライバーを叩いたら柄がドライバーに食い込むと指摘したら、何でも柄は外して叩くとの由。
    そんな事をしたら、それこそ叩いた側の先端がダメになるでしょうに。(大爆笑)
    結局、工具ひとつマトモに使った事もない分際で知ったかぶりをする、いつもの微頭鰯的恥辱なのですね。(大笑)

    微頭鰯は、旧車をオリジナルの状態で次世代に渡すのが我々の務めなどと殊勝な事を騙っていました。
    しかし実際は、車載工具を掠め取るような盗人野郎ですから恐れ入ります。(核爆笑)
    本当に、微頭鰯というのは品性下劣な口先野郎ですよ。
    早く死ねばいいのにと、心の底からそう思うばかりですね。(合掌)

  • >>No. 2153

    いくらオートバイへの愛情が深くても周囲の人への配慮が欠けるようでは人として失格ですね。
    自分が駐車場から出やすい事と小さな子供がマフラーで火傷しない事のどちらが大切なのか。
    昔は自分勝手なライダーが多かったのでしょう。
    なので、オートバイは不良の乗る乗り物などと言われたのですね。
    中沖何某を始め出船ヨーソロなどと騙っていた低俗下劣な輩は、猛省すべきですね。

    >自分で勧めていながらやっぱりヨー早漏駐車などしていなかったということで、

    まぁ、微頭鰯はオートバイに乗った事がない妄言69ですから、それもまた致し方なしですか。(核爆笑)

    それで、これは私の完勝という事は、それ以外は完全敗北であるという事を暗に認めているという事ですね。(大笑)
    というか、正確にはこの件も含めて微頭鰯は全てにおいて完全敗北ですけれど。(爆笑)
    浅間ミーティングクラブなど、単なる古いオートバイ愛好家の寄り合いに過ぎません。
    世間の常識からすれば、ただの変わり者の集団ですよ。
    それを、何か神聖なるモノのように崇め奉って、微頭鰯の滑稽なるBKMD(馬鹿丸出し)もここに極まりですね。(大笑)

    一言で言えば、コモンセンスの欠落でしょう。
    こんな微頭鰯のようなふざけた輩が、この国のオートバイ趣味をダメにしてきたのですね。
    全く、この国のオートバイ趣味のためにも微頭鰯は即刻死ぬべきであると、今宵も心からそう思うばかりです。(合掌)

  • >>No. 2150

    排気ガスや、あるいは焼けたマフラーでの火傷を考えても、入船駐車がマナー的に正しいのは自明の事ですね。
    1970年代といえば歩道などが整備され始めた頃ですから、入船駐車の常識もこの頃に確立したのでしょう。
    その中沖何某というのは半世紀近く前にして、既に時代遅れのロートルだったようですね。(大笑)

    なお、兼坂何某がペテン師なのは、微頭鰯の引用からも明らかな事です。
    微頭鰯はエンジニアとペテン師の違いも分からないBKMD(馬鹿丸出し)で哀れですね。(爆笑)

    >フフフ 追い詰められて苦し紛れの論点ずらし、毎度の微頭鰯の分りやすい習性ですね。

    まぁ、マトモな反論ひとつできずに、意味もなく他人を引かれ者呼ばわりする卑怯な様はいつもの事ですけれどね。
    実際に己が追いつめられると小唄の余裕もなくなるチキンな無様がまた笑いどころです。(大爆笑)
    CBX125カスタムでパルシブ性を騙る微頭鰯の出船ヨーソロ、BKMD(馬鹿丸出し)もここに極まりですね。(大笑)
    早く死ねばいいのにと、心の底からそう思うばかりです。(合掌)

本文はここまでです このページの先頭へ