ここから本文です

投稿コメント一覧 (139コメント)

  • >>No. 358

    最終利益の出し方として書きましたが、売上−経費−減価償却費=損域計算上の利益です。

    これに対し営業キャッシュフローは、利益+減価償却費です。減価償却費は実際にはキャッシュの動きを伴わない(実際に経費としてかかっていない)ためCFでは足し込むことになります。

    そしてご指摘の通り借入金の返済はマイナスCFになりますね。

  • ちょっとスレ違いになってしまいますが、REITは利回りが高い順に幅広く買っています。
    利回りが高いほど信用力が低く格付けは低くなってますよね。
    日銀がREITも買っていると思っていますが、高格付けのものを買っているとか。
    今後日銀の出口戦略として売りに回った際には売り圧力にならないかと思ってるからです。
    ただ、利回りが高いREITは価格の上下も大きいので長期保有には向かないかもしれません。
    ということでREITは私が分散していてオススメできるものがありません。すみません。
    ここは機関が買っていないのでそういう懸念もなくて良いと思っています。

  • >>No. 355

    償却額>返済額というのは企業の場合でインフラFにそのまま当てはまるかはわかりません。すみません。
    単独の設備を借入で購入した場合を考えると、購入費を複数年で割った金額が減価償却費ですので、例えば償却が10年均等だった場合は借入の返済が5年だったりすると返済額が利益を圧迫することになりますので少ない方がいいという一般論が成り立ちますね、ということです。
    会計上は、設備は資産、借入金は負債に入れられてそれぞれ独立して、設備は減価償却費で、借入金は返済により減少していきます。
    利益は、
    売上−借入金返済額−減価償却費−その他経費
    という形になりますので分けて考えると理解しやすいかもしれません。
    拙い知識と下手な日本語で分かりづらくてすみません。

  • >>No. 353

    年度ごとの償却額>返済額が理想的なので、長期借入できたほうが毎年キャッシュが捻出できて経営が楽になりますね。
    1566も日産もそこそこ持ってますが、1566は今後の分配額が下がらないか心配ですが、ここは来期以降上がるので期待してます。

  • 蛇足ですが、購入時に借入している場合は減価償却費以外の費目で返済分が計上されていますので、設備をキャッシュで購入しているか借入で購入しているかは関係ありません。

  • >>No. 350

    7%維持については私も根拠ないですが、利回り7%を超えると人気化して価格が上がって利回りが下がって6%台で落ち着くんではないかな、と思っています。
    少なくとも今より価格は上がるのではないかと。

    利益超過分配金については私も最近やっと理解したので偉そうに言えませんが、こんな理解してます。

    設備は購入する時に支払いは済んでいますが、会計上は何年かに渡って支払っていく形にしています(原価償却)。
    ある単年で見ると売上(売電)という収入に対してさまざまな経費がかかっていてその経費を引いたものが利益になりますが、減価償却費も経費として計上することになっています。
    従って減価償却費という払っていない経費が計上されていて会計上は利益が減っていることになりますが、この分のキャッシュは会社に残ることになります。
    通常この差額分は投資、内部留保、修理やリフォームなどの経費に振り分けられますが、一部を投資主に返還します、というのが利益超過分配金です。

    減価償却が終了するともちろんこの部分はなくなるのでそのまま利益の一部となり、同じく経費を引いたものが利益になり投資口保有者に分配されます。

    と言うことで、利益超過分配金からの分配と利益からの分配は、売上-経費という意味では同じものと理解してますので、利益超過分配金だろうか利益だろうが表面利回りで判断する形でいいのかな、と思っています。

  • >>No. 346

    確かにカナディアンが太陽光以外のインフラに手を出すかと言われたら確率低そうですね。
    太陽光一本でやる場合は、FIT終了と共に精算となるかは先に書いたとおり設備価格の下落と買取価格次第になってしまいますね。
    投資口価格は個人的には7%オーバーで維持できるとは思っていないので、半年スパンでは上がると信じています。
    そう思わない沢山付けられちゃってますけど、私の考え方が絶対的に正しいとも思えないので、反対意見あれば書き込みしていただけると参考になって嬉しいです。

  • どうせ次の決算で先物で赤字出ちゃった!テヘ☆
    とか言うんでしょ。

  • kitaちゃんさんは精算時ということをおっしゃっていますが、FIT終了と導管性要件の撤廃という高いハードルによりファンドが精算されるということになるのでは、と思ってらっしゃるのではと推察しておりますが、私はその可能性は低いかな、と考えています。
    将来設備価格が下落しFITなしでも成り立つようになるかもしれませんし、導管性要件の期限はなくなると思っています。
    さらに太陽光以外のインフラへの投資をしていくようになれば時限Fのイメージが強いインフラFもまた違った見方になるのではないでしょうか。

  • NAVやPBRなどだけで考えると、減価償却による利益超過分配金が出ればその分理論価格は下がっていくと考えられますが、実際の投資口価格はそうはならないと考えています。
    償却される原価の殆どは発電設備で、償却と耐用年数(発電能力の下落)は一致しませんので、資産価値に対する発電収入の割合が高くなってくることになりますので、この考え方ですと分配金率がどんどん上がっていくことになると考えられるため、投資口価格が設備の価値に連動することにはならないのでは、と考えています。
    それで適正価格は分配金率かなと考えるわけですが、何%が適正なのかがわからないので、結局どうなっていくかは読み切れていません。

  • 次回の分配金は2000円だったと思うので、権利落ち後にそれだけ下がることが一般的ですね。
    一時的に下がったとしてもその後は分配金が上がるので価格はあがると思っています。
    インフラFはNAVやPERで適正価格を判断するのは違和感があるので、実際にどれくらいかが適正価格なのは難しいのですが、私は分配金率6%が目安かな、と考えています。

  • 上に鈍いけど下にも下げませんね。
    10万円切ったら、なんて考えてますがもうないかもと思い始めました。
    7月以降は上がると信じてるので諦めて買おうかな。

  • 利益超過分配金について。
    減価償却費は経費として計上されますがキャッシュアウトしているわけではないのでその一部を分配金としているものですが、減価償却が終わればその金額分は経費としては計上しないためそのまま利益という形に変わり普通分配金の一部に形が変わるだけですので、減価償却が終わって利益超過分配金がなくなっても分配金額は変わらないのではと思っています。
    減価償却費分を利益超過分配金ではなく投資(拡大)に使うべきという意見もありますが、それは普通分配金になるべき利益からでも減価償却費分からでもどちらから捻出しても一緒ですが、各Fの拡大戦略によって購入タイミングが変わっているだけだと思っていますので、利益超過分配金を多く出すFはダメ、と一概に言えるものではないと思っています。
    Fの継続性の観点としては、FIT終了後も設備は発電し続けられますが買い取り価格はかなり低くなり分配率が下がることになりますので、コストが低く利益率が維持できるような設備を追加購入して拡大しながら分配率を維持することが必要と思っています。
    さらに継続していくには導管性要件の期限撤廃も必須ですね。

  • >>No. 163

    導管性の問題はあくまで今現在20年の時限であって、将来撤廃される可能性もあるものと思っていますがいかがでしょうか?
    (以前セミナーで言ってました)
    拡大時の新規購入では固定買取単価が下がっていくのと、FIT終了後も含めてどうやって利益を確保するかが問題です。
    これらがクリアできないようだと時限ファンドになってしまうのでしょうね。

  • 3月の発電量は5%上ぶれ。
    1月2月のマイナスを補って余りある発電量で良かった。

  • ありがとうございます。
    気を悪くしているわけではありませんのでお気になさらずに。
    地理的というと九州に集まっていることですかね。
    確かに噴火のリスクに直面していてそれが上昇力を抑えている感はありますが、対策は打ってくるでしょうし、発電効率(日照条件等)を考えると九州は優秀なようですからね。
    使っているパネルはどのFも海外製が多いので気になりませんが、外資系(実質中国?)というのも懸念かもしれませんね。
    まあ折角4つのインフラFがあるのでそれぞれ特色を出しながら切磋琢磨してくれないかな、と思いながら全F買ってます。
    将来分配率を考慮して今はカナディアンの割合が多いですが、適宜リバランスしていくといいかな、なんて思っています。

  • 何がどう最悪なんでしょうか?
    インフラ4ファンド全て買ってますが、ご教示願えませんか?
    投資判断の手助けになるかもしれませんので、是非教えてください。

  • 3500円って嘘臭いですか?
    利益分配金込って意味でしょうか?
    まあ3500円もらえるのは1年後だし、一旦利確して他に資金を回したほうが効率的でかもしれませんね。
    私は上がると悔しいのでホールドですから、下がったら笑ってやってください。

本文はここまでです このページの先頭へ