ここから本文です

投稿コメント一覧 (29コメント)

  • 【第2四半期決算説明 動画を見ました】

    突っ込みどころ満載過ぎるんですが、特に気になる点を1つ。
    2018年3月で、会員数を12,979人の想定している予想は変わらないとの事。
    現状では11,939人です。

    ここ1年で500人近く減り、会員数も12,000割れ。
    どうやって、ここから4ヶ月で1,000人増やせるんでしょうか。
    どう考えても、1月の決算で再度の下方修正があるのではないかと。
    相変わらず、無理な計画をしている事が顕著ですね。

    会員数伸び悩みの理由は、広告反応率ではなく、課金制度などの
    料金体系の歪みやサービス内容にあると、多くの方々が捉えているのに、
    未だに外部環境によるものだと考えている事は非情に問題だと思います。

  • >>No. 623

    これだけ大量保有株を売却するのですから、その目的を公開すべきだと思います。

    とは言え、この社長自身、公開価格割れで、自社株買いどころか、
    自身の持ち株売却ですから、既存株主の事は眼中にないようです。
    もはやどうでも良いといったスタンスにしか見えませんね。

    コネクトシップを始めようとして、IBJ除名。
    それで会員を他社に奪われたのが現実なんですから。

  • >>No. 532

    会員数はかなり減っていますからね。
    現実として、今期末目標の13,000人には程遠い状況。

    1月末の決算では、7月の下方修正の数字に対しても未達確実なので、
    再度の下方修正の可能性はかなり有り得ます。

    会員数減の理由を広告方法以外の理由にあると、決算報告書に
    どこまで具体的に言及出来るかどうかも鍵になると思いますよ。

    いずれにしても、来年の株主総会はこのままだと大荒れですね。

  • 【社長保有株売却の理由】

    出店計画を予定通り行いたいが、直近で利益が出ておらず、資金調達の為に、ついに聖域に手を出した為でしょうね。既に売却された約4万株近くに加え、これから45万株の売却で、何とか強引にでも新規出店したいのでしょうけど、上場企業の経営者として失格です。IBJ除名、システムトラブルは事故であると捉えており、店舗を増やす事こそが、会員を増やす一番の要素だと考えているのでしょう。古いようですが、かつてのダイエーのような感じで、無計画な出店をしたいが為に、株主の事が完全に置き去りにされていますね。

    会員数が減っているのは、広告効率が原因ではなく、自分でお見合い相手が選べない、毎週水曜日に紹介されても、思うような相手を紹介されない事が原因です。私が経営者ならば、本当に先ずやるべき事は、下記の事だと思いますが、佐藤社長の考えとは正反対なやり方です。

    1.新規出店計画の凍結
    2.自社株買い
    3.自ら会員を選んでお見合いが出来るシステムへの移行(MYPRの見直しからですね)
    4.成婚退会者からの社員登用

    社長保有株売却完了&信用買い残の整理が付かない限り、株価が上昇する要素はないと思います。

  • >>No. 266

    【社長自らが保有株売却】

    下方修正からの大暴落でも、保有し続けている株主を侮辱する行為ですね。本来ならば、自社株買いくらいすべきなのに、その逆の行為をするとは呆れました。

    いかなる理由であっても、これは許す事が出来ないですね。株主を大切にする姿勢を微塵も感じませんので、一旦全株売却します。

    来年3月の権利確定日前だけイン、権利確定後に手放し、株主総会だけは出席します。問い質すべき事は多々ありますので。

    これだけ信用買い残があるので、今後の株価がどうなるかは読めませんし、このまま株価対策を何もしない以上、300円割れどころか、200円台中盤も有り得そうな気がします。

    紹介後の自動見送り問題、MYPRの価格是正など、会員から問題点を指摘されているのに、改善しようとしない姿勢は、株主に対する姿勢にも現れていると強く感じます。

  • 返信が遅くなりました。

    ①IBJ除名
    独り立ちしたのは良いんですが、除名のされ方が突然終了された形となったのがかなり悪印象です。猶予期間がなく突然パートナーリンクが強制的に打ち切られたので、それで会員のパートナーエージェントに対する信頼性が落ち、会員が伸び悩む大きな理由となったと思います。

    ②新規出店
    先行投資は仕方ない面があるにせよ、ある程度利益を出して、内部資金を確保してからでも良かったと思います。7億円借り入れてまでやるみたいですが、そこまでやる価値があるのでしょうか?
    そんな事をするよりも、既存の店舗で成婚率向上の為に、会員のサポートや会員から指摘されている問題を解決し、足元を固める方が先だと感じます。

    ③広告方法
    具体的な活動方法について、もっと分かりやすくして欲しいですね。今はネット配信などあるのですから、自社でそういったITを駆使したツールを使うべきです。そもそも、IBJではスマホ版のアプリ開発が進んでいるというのに、こちらはそんな事も手つかずの状態ですからね。IT面ではかなり遅れています。

    ④株主還元
    今月末には次の決算が控えています。会員数が微減状態で、次の決算もあまり良くないと思われますが、更なる下方修正などない事を祈りたいですね。それこそ、新規出店するくらいなら、7億円規模で自社株買いをやらないと、株主軽視どころの話ではなくなりますからね。年に3度暴落を引き起こすとなれば、今の運営方針が誤りである事は明白であり、経営陣の潔い退陣も視野に入れるべきだと私は思いますよ。


    最後になりますが、今日の取引でまた怪しい動きがありましたね。2分間で26,200株の成売、明らかにおかしいです。信用買いの投げなのか分かりませんが、ここは株価操縦の疑いのある取引がかなり目立ちますね。こういう動きは記録に残し、証券取引等監視委員会に報告出来るようにしたいです。

    2017/10/05 14:16 394 394 391 391 394.9671 10000
    2017/10/05 14:18 392 392 384 389 392.9233 16200

  • 問題点は下記4点ですね。

    1.コネクトシップをやろうとして、IBJ除名を食らう。
     会員からも好評だったパートナーリンクが廃止となって、
     ここから会員減が始まり、低迷の原因はまさにこれ。

    2.採算が取れるかどうかも考えないまま、八重洲店や渋谷店など、
     強引に新規出店計画をして、利益も薄く逆に足枷になっている。

    3.低迷の原因が広告効率にあると捉えている事自体が大間違い。
     成婚率№1である事ばかりアピールして、馬鹿の一つ覚え。
     会員から紹介後の自動見送り対策など具体的な意見があるのに
     改善する気も無く、もっと改善する余地があるのに手を打たない。

    4.株主を大切にする姿勢を全くと言って良いほどない。
     株価の最高値がIPOの売り出し時。上場ゴールの典型例。
     先日の下方修正の際も、自社株買いなどの発表もなく、
     売り出し価格(420円)を下回っても何の措置もなし。

  • 久々に盛況した今日の出来高で、どれだけの信用買い残が変化したかに注目ですね。

  • 株主を大切にしようとする姿勢が全く見えないのが残念でなりませんね。以前も投稿しましたが、下方修正など悪材料出すならば、自社株買いをセットでやるくらいでないと。

    株主総会対策で、1ヶ月前の本決算で水増しして、総会後の決算で「実は違いました」と厳しい現状を説明しておしまい、では長期ホルダーに対する侮辱に近いと思います。来年の総会では必ず指摘させて貰います。

    もうすぐ上場から2年経過しますが、IPOの時が最高値というのは恥ずかしい限りです。紹介型の相談所なのですから、30%弱という成婚率が№1なのは当たり前であって、残りの70%以上の人が成婚退会出来ないという現実をもっと真剣に考えて欲しいですね。

  • >ここ信用残凄いな。
    >浮動株の半分近くある。
    >8/4に買ってる412円以上で買ってる個人が大半だから

    随分いい加減な投稿ですね。
    暴落前から今週にかけての信用買い残を増減をよく調べた方が良いですよ。

  • 下方修正さえなければ、株価は600円前後で推移していたと思いますので、私もそう思います。しかし、まずは500円台への早期回復が必要不可欠です。

    配当を実施しない以上、年に2度もの大暴落をした失態を真摯に受け止め、経営陣がこの株価を安値だと感じ、かつ、長期保有している株主に対してしっかり配慮するならば、自社株買いをすべきではないかと思いますよ。

  • >idd*****さん

    会員に2人に1人が交際中、としか記載されていないので、50%前後です。
    でも、1回のイベント等で一気に複数の方と交際成立になったりするので、
    この数字は当てにならず、大事なのは成婚率だと思います。
    http://www.p-a.jp/zero/


    ところで、まだIRとして掲載されておりませんが(まず先にIRで伝えるべきです)、
    明日から創業11周年キャンペーンを実施するそうですね。
    プレミアム入会特典として、この中から特典があるそうです。
    http://www.p-a.jp/cp04/

    ・撮影会プレミアム無料(4,860円相当)
    ・月会費1ヶ月無料(17,280円相当)
    ・月会費2ヶ月無料(34,560円相当)
    ・MYPR掲載無料(4,320円相当)
    ・リクエスト無料(2,160円相当)
    ・QUOカード500円進呈
    ・「結婚を引きよせる人、遠ざける人」進呈(1,360円相当)


    【交際を深めるプロセスをフォローする】
    【「一回きりのお見合い」を繰り返すよりも、「長く続く交際」を増やさなければ、成婚にはつながりません。】

    と記載されていますが、苦肉の策と感じてしまいますね…。
    交際しても、どうして長続きしない事が多いのかを、検証して欲しいですね。

  • >idd*****さん

    ありがとうございます。

    企業研究すればするほど、素人目にも分かる事が改善出来ていないですし、
    コネクトシップを初めて、他連盟巻き込んで、お見合い数を増やすよりも、
    根幹の部分を改善出来ていないので、不思議でならないんですよ。


    パートナーエージェントでは、交際となっても、本人が紹介中止を申し出ない限り、
    毎週水曜日に紹介はありますし、お見合い(コンタクト)もあります。
    そんな中で、ここでは交際期間3ヶ月の中で相手を見極めなければいけません。

    でも、コンシェルジュと会員との最初のやり取りでは、「相手への希望条件」
    「将来の家庭像」を伺うようですが、「短期間でどうやって相手を理解するか」
    という事を殆ど伺っていないそうで、これでは成婚率向上も限界があると思いました。

    相手とのフィーリングを重視したい「恋活」ならそれでいいんですけど、
    相手と会話を重ねる事を重要視される「婚活」でそれはあり得ないですよ。

    悪い言い方ですが、こういうところに登録される方の多くは、仕事で忙しい方も
    居れば、恋愛自体が奥手な方が多く、ご縁があっても、真剣交際のステージに
    行く為に、何をしたら良いのか全く分からない人が多々居るんですよ。

    例えば、連絡は次の食事の日程調整だけ。それまでのメール交換は一切無し。
    食事ではネタ切れで会話が続かずに交際中止。あるいは、仲良くなる前から
    映画とか花火大会とかに行って、一緒に居ても殆ど会話もなく、交際中止。

    なので、交際となっても、双方のコミュニケーションが希薄になってしまい、
    その結果、相手の粗探しをする場面が目立ち、交際も長続きしない。

    交際を中止する時は、コンシェルジュ宛てに理由を書くそうですが、
    そこで初めて相手の本音を知るようなケースが多々あるようです。
    「後の祭り」ばかり繰り返されては、会員もたまったもんじゃないはず。

    紹介型(仲介型)の相談所なんですから、データマッチング型の相談所
    より成婚率が良いのは当たり前であり、90%と言われる交際後のサポートや
    フォローを根本的に改善すれば、成婚率は群を抜いて上がりますし、
    黙っていても注目され、無駄に広告を数多く打つ必要も無いんです。

  • idd*****さん

    こちらこそ、ありがとうございます。
    1日置いて、今日返信がありましたので、下記に転載します。

    パートナーエージェント事業に関する事について、私なりに調べて、
    かなり詳しいところまで言及したのですが、軽く受け流されましたね…。

    端的に言えば、入会後の交際率が90%超しているにもかかわらず、
    成婚率が30%弱で満足している事が一番の問題だと指摘しました。
    60%以上の会員が上手く行っていませんし、紹介型の相談所なんですから、
    交際してからのフォローを改善すれば、成婚率40%近くまで行くと感じます。

    あと、「株主に対する利益還元を重要な経営目標と認識」
    と公表しているのに、下方修正をした時に、なぜ他の企業のように
    自社株買いをする配慮がないのか、と指摘させて頂きました。

    決算発表時刻は、他の株主からもかなり指摘があったみたいですね。
    決算日前に資料作成が完了しているのは当たり前なんですが…。


    ==============================

    ※※様

    平素は大変お世話になっております。

    弊社パートナーエージェント事業にかかる具体的かつ
    貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
    本件につきましては事業責任者、マーケティング担当者にも
    共有し、今後検討させていただきます。

    株主還元に関わる株価の件につきましては、ご心配をおかけ
    しており、お詫び申し上げます。
    今回お寄せいただきましたご意見を社内でも共有し、投資家の皆様に
    ご期待いただけるよう、業績向上及び企業価値の向上に努めてまいります。

    決算発表時刻につきましても、かような時間になりましたことに
    つき、重ねてお詫びを申し上げます。
    今後は再発防止に向けて、東京証券取引所の指導を仰ぎながら、
    より早く準備が完了するように努めてまいります。

    社員一同努力してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、
    よろしくお願い申し上げます。

  • >赤字決算では買われる要素はないだろうか。

    大幅減益ではありますが、赤字決算ではないですよ。
    大底で安く欲しいのか分かりませんが、嘘を掲示板に書き込む事は、
    風説の流布で犯罪ですので、削除して下さい。


    P.S.
    先ほど、IRに改善提案のメールを出しました。

    決算発表時刻の件など、ここでも少し言われている部分もありますが、
    パートナーエージェント事業の数字に関する部分で、広告反応率が
    主たる原因であるというのは、違っているという事を指摘しました。

    かなり具体的に指摘しましたが、内容は割愛します。
    いずれにしても、上場した以上、上場来最安値に近づこうかという状態を
    このまま放置し続けるのは、非常に問題があると私は思います。

  • 仰りたい事は分かります。

    でも、ここは株主も大事にしなければなりませんが、
    それ以上に顧客(結婚を目指している人の活動)の
    満足度を上げない事には、それら4点の数字は良くなりませんよ。

    決算書には広告方法の問題が記載されていましたけど、
    独自のサービスを築き上げて、成婚率が群を抜いたものになれば、
    広告方法などの見直しなんかしなくても、メディアも注目しますし、
    顧客も集まるわけですよ。

    この休み中に、私もそれに関する事をIRに問い合わせしますけどね。
    いずれにしても、経営側と顧客&株主の視点が大きく乖離している
    というのが問題であるというのには間違いは無いと思います。

  • 数字の報告も大事ですけど、それ以上に大切なものがありますよ。
    店舗拡大や広告方法などの見直しよりも、少しでもご縁を良い意味で繋げる
    ブラッシュアップをする事こそが、数字の回復に繋がるのではないでしょうかね。

    どの会員も、日常生活の中で出会いが無く、お金をかけてでも、
    結婚を前提とした出会いを求めて入会している訳です。
    ある意味、一発逆転を狙っていて、大恋愛したい人が多いんです。

    しかしながら、短い期間で多くの人を紹介され、多くの人とお見合いをし、
    仮交際となっても、短い期間で相手を判断しないといけない現実。

    それに対して、コンシェルジュの具体的なアドバイスがされているのか。
    データマッチング型の相談所に比べ、紹介型の相談所なのですから、
    それをきちんと踏み込んでしないと、新規入会者も激増とは行かないですよ。

    ここの成婚退会手者などを運営側に取り込んでみてはどうかなと思いますけどね。
    全然新しいサービスが生まれると思いますが。


    それとは別に、株価は下がり過ぎだと思います。
    昨日の後場の動きもそうですが、どこかが操作しているようには映ります。
    このまま下げ続けても利益は出ませんので、どこかで反発はあるでしょうけどね。

  • 権利確定日前に、創立11周年が来るので、昨年と同じく、そこで何らかのサプライズはあるかかもしれません。問題の広告方法などの見直しも、今のところ、劇的に変わっているようには見えません。ファンダメンタルとか、そんなのは興味ないんですが、信用買い残が今後どう整理されて行くのは気になりますが。

    そっちよりも、成婚率を30%にした程度で満足していることの方が問題です。長期滞留会員対策をしっかりやれば、35~40%近くまで行くはずですよ。


    あと、IRを宿題忘れのごとく完成が遅れて、夜中に出すところは、企業として株主を大事にしている姿勢が希薄だと言うのは、私も同感です。言い訳探しに腐心していたのでは無いかと勘ぐられても仕方ありませんし、来年の総会で厳しく指摘されますね。それに、業績予想してから、たった2ヶ月半で下方修正というのは、株主総会対策で一時凌ぎをしていたとしか見えません。

    本当に株主を大事にしているのならば、下方修正したとしても、多少なり自社株買いをすべきだと思いますけどね。ただ悪材料出して、何もせず放置という姿勢も、株主軽視と取られても仕方ないと思います。

  • 大口は、上場来最安値(363円)付近まで持って行って、個人の損切りや、信用買いの投げを分厚い買い板で拾おうとしているのかもしれませんね。

    信用買いという意味でしたら、明日にでも処分すべきかもしれません。これだけの大きな出来高があったので、すぐには、500円、600円、というレベルで株価が回復するとは、私も思っていません。

    でも、コネクトシップも始まったばかり、広告方法などの見直しも今後行われますし、それ以外の事業は順調な伸びですので、まるで上場廃止寸前かのような売られ方に、惑わされてはいけないと思います。

    今期1Qがこれだけ悪かったので、社長が余計な事業拡大とか、ミスをしなければ、来期はそれなりの数字に戻るとは思いますけどね。事業拡大よりも、まずはパートナーエージェント事業で、他社がやっていない独自のサービスを開始する事こそが、一番のPRではないかと思いますけど、そこまで頭が回っていないのかも。

  • 私はチャートだの週足だの、短期で利益を得たい信用組のコメントには興味ありませんが、1年にこれだけS安を招いた事への反省が欲しいものです。

    また、社名変更を検討されているようですが、それよりももっと大事な事があるのではないかなと思います。顧客目線と乖離している部分があるように感じてしまいます。
    http://column.ifis.co.jp/company/bridge/74164

本文はここまでです このページの先頭へ