ここから本文です

投稿コメント一覧 (349コメント)

  • いつかはわかりません。(わかるとみんな買うので瞬時に100円になります。)長い方がスワップが貯まるのでいいのです。

  • 最近日経新聞を見て気になった記事は海外勢が日株を買い進む一方国内個人の多くはは逆張りのショートをしているらしい。今までは米株推しだったがだいぶ高くなったので日株の魅力が相対的に高まっている。日株価上昇でさらにリスクオンになる可能性が高そうな気がする。

  • 2017/09/21 05:31

    次は100円だな。

  • 今群馬から帰ったら含み益すごいので猫に鰹節 カブトムシにメロンあげた。

  • 最近は米ドルよりもコアラやリラ等の方に強気だったけど 米ドル安というより世界的に景気がいいために相対的に米ドルが弱く見えていただけでは?と思い始め。(そうなるといずれ米ドルに波及する。)米ドルの割合を増やし始めた。

  • 9/9にミサイルぐらいは打つかもしれないが花火みたいなもので全く気にしていない。クロス円と合わせ100枚以上持ち越し。米ドルは含み損だが コアラ キウイ ペソ等のドルストレートの米ドル売りの利益が含み損を上回る。スワップ派はそもそも少々の値動きに動じない。

  • こうして武力を誇示し合う方が戦争にならないと思う。独ソ戦の際はソ連はヒトラーが驚愕する様な戦車を大量に保有していたが それを極秘にしていた為 攻められた。太平洋戦争ではUSAは世論を懸念して国力からすると僅かな戦艦 空母していなかったので攻められた。むしろ戦争の危機は少なくなった。核の懸念は残る 大国は核に節度があるが キューバ危機の際 カストロ議長は米に核をぶち込むんでくれとソ連に頼み ソ連を慌てさせたりしたから。大国と比べると気軽に核を打ち込んでくる可能性はある。しかし 核を撃たれた場合は1945年時の様に大幅な円安になると思う。

  • コアラがなぜ 強いかと言うといろいろあるが 最近では石炭。北対策で中国が北から買わない場合 コアラから買う。これで制裁を強めると見て 今日金鉱株が急騰。86円で買えて良かった。

  • 時間帯が悪かったな。イエレン発言で クロス円 ドルストレートの売り を利食いしていたので安く買い戻せてよかったけど。

  • 数日前日経に軍需系米企業株上昇と言うのがあった。最近の景気の良さは軍事費に乗数効果が加わり景気を過熱している可能性がある。さらに米に対抗して中国も莫大な軍事費を出している可能性がある。

  • トランプ大統領の発言でボラティリティが高まりますが ボラティリティの増加はUSA金融業の利益になる。国益になっている可能性がある。

  • マーケティングのテクニックに1万円とかに値段をするより9980円にすると値下げ幅は小さいが心理的に安く感じ よく売れるといいうのがある。ドル円のスワップ 今一番高い所で1枚45円ほど これが50円越えるようになると 心理的な割高感から想像以上に米ドル買を誘うかもしれない。

  • この頃は米ダウの動向で米ドルの行方が決まるような状態ですが その米ダウがどうなるかわからない。しかし 多くの経営者は高値にある株式を発行し 資金調達するどころか社債を出し 代わりに高値の株式を償却している。これは多くの経営者は米経済を強気 今後も米株upと見ていると思う。

  • 私はこの下げは北問題というより(北問題はミサイルや核を北が放棄すると米が何をするかわからないので核を放棄するとか言い出したときの方が危ない。) 金持ちが旅行前にポジを閉じただけに思える。医者の子を家庭教していた時は1月で4度も海外に出かけていたりしていかたから。

  • ランド キウイだいぶLしたので次は安くなったコアラ。

  • まだ数十枚しかLしていないので余裕。数百枚になるのは8円切後。

  • 株価に関しては意味も無く その時の勢いで適当に値がつくという意見と 池尾和人教授の様に正統派の経済学の考えでは世の中の森羅万象全てを反映しているという考えがある。今回は正統派の経済学では米株価から判断してドルロングで勝利は堅かった。

  • 私はユーロには手を出していないけど 最近はユーロ高に押され米ドル安というのがあるようなのでユーロの予想もしないといけない。ユーロに悲観的な学者だとヨーロッパは中世以来戦争ばかりしている 仲良く出来るはずがない 遅かれ早かれ ユーロは破綻するという考え 楽観論者だとヨーロッパはかってユーロの理念であるローマ帝国として連帯していたので争いがあっても連帯していくという考え。私的にはユーロはローマ帝国の様に連帯していくと思う。絶対王政時は確かに戦争ばかりしていたが王族は皆 親戚同士なので戦争をするとしても騎士道 マナーがあり ナポレオン時 第二次大戦時の様に徹底的な攻撃はしなかった。表面上戦争ばかりしていても深層心理的にローマ帝国 ハプスブルク王朝として連帯があった。民族主義に走るとナポレオン戦争時 第二次大戦時の様になることを深層心理的に恐れている。第二のパックスロマーナが始まると 投資先の他に米中対立のリスク回避としてもユーロが買われる可能性がある200円いくかもしれない。

  • 3月に書いた強固な抵抗線88円後半を突破しようとしている。ここは90円の抵抗線よりも強固な可能性があるので ここを突破で90円いくかもしれない。

  • クロス円は上昇しているので ドル安。キウイ コアラかなり上がっているのでキウイ コアラが売られ 米ドルが買い戻される可能性はかなりあると思う。

本文はここまでです このページの先頭へ