ここから本文です

投稿コメント一覧 (493コメント)

  • >>No. 309

    岡山の母親の実家とは、異なる南の村の古民家を購入した。閑谷学校の近くで大阪から交通上便利で、環境は良い。小さな村の駅に閑谷学校のポスターを見た朝鮮人の男性が、どう行けばよい良いのかと駅員に聞いていた。駅員は、相手にしなかった。久しぶりに閑谷学校へ行ったら、朝鮮人のような集団が来ていて、いつもはシーズンでも静かなのに込み合っていた。こんな田舎でも朝鮮人が住んでいるのかと驚いた。車で入っていったら、死角のように、前に、急に朝鮮人の女性が両手を広げて現れた。全く驚いた。急ブレーキで急死の一生をえた。朝鮮人の女性は、ギャザーの入ったフレアスカートをはいていた。今頃の日本では珍しい。チョゴリ風なのだ。同じようなスカートをはいた女性を又、町で見出した。朝鮮人は団結力が強くて、呼び合って日本で住んでいくらしい。土地も買い占めていく。最近の不動産屋は、昔と異なって、ヤクザの第三国人が増えている。昔の不動産屋は第三国人には家を売ったり、貸したりするのは違法であった。親も不動産屋をしてはならないと私に語っていた。田舎も注意しなければならない。

  • >>No. 308

    戦争中の日本人は、悲惨であった。父親は、フィリピン、中支へと徴用され、リュックと飯盒のみ、食糧のない戦地へ行かされた。日本人すべてが、餓死寸前の毎日であった。朝鮮人以上に日本人は、厳しかった。徴用で6年間、生死の日々をおくっても、恩給は出なかった。日本人の苦労を朝鮮人は、知っているのであろうか?甲斐性のない朝鮮政府へ保証をたのむべきだ。日本人も、徴用されても、何の保証なしで、戦後の困難を忍んできた。他国へ保証を依頼しても、不可能だと思う。戦争中だから仕方ない。韓国政府は、売春産業とか、韓流で女性を利用しているだけだ。じつに、甲斐性ない。

  • >>No. 307

    韓国の売春街には、ガラス越しに、売春婦が乳まるだしで並んでいたそうだ。たくさんの売春婦がすし詰めみたいにいたそうだ。従軍慰安婦問題と韓国が云々いうのは、まるでチグハグな国だ。お話にならない。
    徴兵工の問題もアメリカ、フランスにもあった。北朝鮮は、今も、悲惨さに充ちてある。日本人も徴兵工は、当然あった。韓国には、今も、徴兵制もあるではないか?嘘つき韓国人には、あきれる。
    こんな悪ガキの詐欺国家は、まともに相手にしない方が良い。それしかネタがないようだ。馬鹿らしい。

  • >>No. 306

    門徒か朝鮮人のような、千宗室は、行儀が悪く、合わない。

  • >>No. 302

    私の岡山の母親の実家の村長の家は、江戸、明治時代から、禅寺の大林寺の僧侶が開門した。奥座敷には茶室と松の木と柊のある石畳のある前栽の庭が続く高原の家でもあった。門と塀は黒塗りの杉であった。先祖の家に犬飼木堂、鶴見祐輔が来ては、先祖と話しあう場でもあった。京都のどのような禅寺でも追いつけないと思う。私の母親の親族は、戦前、皆、表千家であった。裏は、戦後できたので、素性は複雑だと、語っていた。無礼門。

  • >>No. 304

    私の母親は、岡山県真庭郡美甘村の出身で、母親の村に流れ者と言われていた人が兄妹で住んでいた。金光幸一郎であった。大阪府教育委員会の指導主事になった。妹は自殺した。体育関係の指導主事でもあった。私の清水谷高校時代の担任は、体育の教師でオールドミスだった。私のクラスに大阪学芸大学平野の教授の娘がいた。その学生は、偶然、中国勝山出身だと語っておられた。私に伝えたのは、担任の教師が、平野の中学の教師だったのに、高校の教師に抜擢されたと語っていた。すごい出世だと驚いていた。どうも、金光とその女子教師の関係がおかしいのでは、ないかと思っている。
    田舎に帰ったおり、村長だった母親の兄が、金光という人物が、非常な悪党だと怒っていた。悪党だとは、金光と草野という教師の関係が、どうもおかしいと今、思う。

  • >>No. 302

    日本における朝鮮人は、犯罪の巣であった。水商売、売春、芸能界と、果てしなく悪行の連続で、非常に敬遠され続けてきた。全く、信用はなかった。そんなに、簡単に、朝鮮列島へ開門していいのだろうか?

  • >>No. 298

    新中国は、良かった。今、信用が置けなくなったのは、朝鮮人が中国入りしたからではないかと思う。いつまでたっても、芸能界と朝鮮人は、イカサマの集まりだろう。

  • >>No. 294

    それにしても、歌舞伎見物する観客は全然いないのに、そんなに、金が儲かるのか?不思議だ。歌舞伎役者には、全く関心ない。芸能界は、昔は、河原乞食という身分だった。江戸時代は、江島は歌舞伎役者と関係があったので、その場所で斬罪で、捨てられた。

  • >>No. 300

    天王寺高校は、哲学的な思索型が多いようです。内省型の学者的な学生で、地味です。医者志向でも、基礎医学を専攻された方もあります。国立大学の教授になられた方々が沢山おられます。私の母親の兄も苦学して旧制の天中出身者の一人です。兵庫県警に勤めてから、銀行に勤めていました。
    私の高校選択は、誤っていました。清水谷に行かなければ、人生を間違えてしまわなかったでしょうに。本当に、馬鹿のような芸能人に侮辱されるのは、しごく、残念です。

  • >>No. 299

    北野高校は、私の従姉妹の学校だったので、あの当時は、勤務評定とか、安保問題で、大きく、揺れ動いていた。生徒会長が、校長と対立して、自殺をしたのですから。担任の教師は、生徒の意見に任せると漢文の論語を黒板に書かれていたそうだ。学生を尊重していたそうだ。

  • >>No. 298

    安保デモで、イニシエーターは、大手前高校の男性だった。前進のみで、実に優秀な考えで私達、大阪の高校生を力強く、指導されていた。このような学生が、正しい、正義感で前進しておられたのには、私達、高校生にとって、一生の道の歴史観が築かれていったと確信している。日本人は、挫折の歴史なのかもしれないが、だからこそ、それらを契機として、新日本の歴史が冷静に知的に開花していくのだと思う。

  • >>No. 296

    清水谷高校以外の大手前、北野、天王寺高校の方々の思い出に残る人
    本当に、されど我らが日々だったのかも知れません。
    御三家高校の人々の名言スタイルを書いてみます。

  • >>No. 296

    高齢者向けの巡業場所でもあれば、力士たちの介護ボランティアで世話になり、勝負を観戦したくなる。

  • >>No. 288

    北の富士さんのような出来上がった判断力に、尊敬の念以外何物もないです。

  • >>No. 294

    天皇の即位式費用、20億円
    この頃、防災警報が空襲警報のように思える。災害、防衛拠出金、どこから手にいれる、山賊たちの相談

  • >>No. 293

    三田佳子の息子は、保釈金で釈放されたの?なんでも、金次第らしい。反省は親子には、ないだろうし。
    私の生活、エンゲル係数100です。10月以来。

  • >>No. 292

    この間、亡くなった女優さんは、何で有名だったのか、かいもく、解りません。力士、女優とか知りません。いつまでも、ひつこく、アップしないで欲しい。皆、天災で大変なのですから?くだらない。

  • >>No. 290

    私の家の町会に、昔、瓜生さんという優秀な下駄屋さんがありました。近所からの資金援助で長男は、東京帝国大学ドイツ文学科を金時計組で卒業されました。息子さんは成蹊大学を出られて、俳優座におられたとか?次男は、大阪市立大学の前身の医学部を出られました。代々木診療所長だとか、三男は関大出で、娘さんは奈良県立医科大学、阪大法学部、長女は大手前女学校出身で、息子さんは、京都大学医学部出身です。小児外科の教授になられたそうです。瓜生忠夫さんは、映画評論家、日本ニュースの従軍記者をされていたそうです。東京へ出るとき、ドイツ語、ロシア語の辞書を私の家においていかれました。私の母親も瓜生さんの母親も看護婦でした。戦争中、国防婦人会で救急手当を指導していました。父親と話があう家でした。
    芸能界の番長一番で、黒柳徹子と親しかったらしい。映画のみかたという本を岩波から出版していました。芸能界とは、こうした貧しい生い立ちの人々の世界らしいですね。なぜ、あんなに億万長者になれるのでしょうか?

  • >>No. 289

    私は75才になり、本当に人生は、短かかったと思います。あっと過ぎ去りました。有名力士、有名な女優を一度もみていません。労働者にとって、休日は安静状態でした。高額な金銭を支払ってまで、遊べませんでした。だから、芸能界、相撲人は他山の石です。興味ありません。今も、毎日、多忙です。こうした労働者に、せめて、おもいやりのある、コラムが欲しいですね。昔あったじゃないですか、新婦人、婦人の友、思想と科学とかいう冊子が、今はないですね。同年代なのに、人々の会話に味わいがないですね。本当に悲しくなります。

本文はここまでです このページの先頭へ