ここから本文です

投稿コメント一覧 (78コメント)

  • >>No. 812

    どうしてもグロースとしては弱くてCAGR10くらいが限界なので、リスクテイクしたいならアメイズとか共立メンテ、ABホテルとか買った方がいいよ。

  • >>No. 807

    ここはノンアセットホテルオペレーターで物件はREITから賃貸で借りてる。設備投資はいるけど棟上げ代はかからないよ。変動賃料しいてるから儲かっても吸われてしまうけど、ダメな時は賃料が下がるので痛みは和らぐ。薄利多売で数で勝負するしかない

  • 国の持ち分が四季報では32%なので、消却で34%ほどまであがる。国から近いうちに1~2%自社株買いで取得するのでしょうか。何はともあれ、EPSが上がるので増配余地も増えるし、ディフェンシブで業績が大きく悪化するリスクも低いので、株価は数年停滞していますが、お金吐き出しマシーンとしてはとても優秀です。

  • 資料見る限り、既に2Qで保険金入金5億、4Qに5.8憶利益が計上されるので、1Qの3.5憶と合わせると14.3憶は既に計算出来る。2Q~4Qで5.1憶稼げば通期達成なので、今後、極端な費用計上や採算悪化等が無ければ余裕で通期いけそうに見えますが・・・。

  • 素晴らしい決算。優待廃止1年が経過しており、未だに投げ売りされる状態もようやく終わりにして頂きたい。
    毎年下方修正の連続で信用皆無ですが、グーピットを始めとした成長事業に注力し、利益を出す方針のようなので、今年こそは予想達成をお願いします。
    といいながら、上方修正や、利益増加に伴う増配も狙える位置なので期待しています!

  • こちらのブログに総会の記事がアップされていました。
    内容を読む限り、長期投資に向きそうな感じで良かったです。
    新中計を含めた、長期での成長に期待しています
    http://middlefund.blog.fc2.com/blog-entry-430.html

  • >>No. 87

    不動産賃貸販売のFC専業で、施行など全くしていないですし、サブリースなどもしていないので関係ないと思われます。業績のアップサイドは見込みにくいですが、安定した収益は期待できるので、多くを期待しない人にとっては安牌だと思います。高配当ならユニゾHDのような賃貸業と利回りは変わりませんし、リートに比べると低いですが、ビジネスモデルが異なるため分散に適していると思います

  • 独立系のシステムインテグレータの中では出遅れていて、相対的に割安になっています。PER12倍で経常利益では前期は2割増益、前々期は4割増益、今期は1割増益予想です。4Qに利益が積み上がるため、通期予想が達成出来るか、今の時期では検討もつきにくく買いにくいことや、時価総額が80億程度と小さく機関投資家も買いにくそうな銘柄ですが、業績に株価が追いついてないです。
    お気付きの方もいると思いますがGakuenパッケージのアジア圏への展開や、JMICS事業の黒字化など、将来の業績に寄与しそうな芽は育ちつつあるとみています。

    ROEも低く、現金と売掛金をたすと時価総額になるようなバリュー株のため、割安放置されていますが、半年~1年くらい待てば水準訂正されるように思います。

  • >>No. 196

    前々回に比べて業績が良くて、利回りも高いのに、株価は安いという状態。リートをやっている人なら解ると思うけど、オフィスとホテルの不動産市況の好調ぶりとJリートへの資金流入を考えると、ここを外国人が買わない訳がない。

  • こんな地味株にコンセンサスがあった事が驚きですが、中計通りの数字しかあげられてないので、昨年や一昨年のように上振れてくる可能性も充分あると思います。サプライズなしですが、右肩上がりに堅調に伸びているので、安心して保有できます。毎年、営業利益が二桁以上成長してる会社が予想PER12.7倍と割安な値段で買えるのはありがたいことです。

  • 売り煽りの人が増えていますが、卵価格は例年通り下がっていますし、円安に振れていることを考えるといつものように超保守的減益見込しか出ないと思うので、秋までは株価は下がっていても驚かないですね(事業売却で最終はプラスかも)卵価格と共に冬には上方修正という流れは確信しているのでいつ、どれくらいの株価で買い増しするかに尽きると思います

  • >>No. 924

    エコスは前期も前前期も不採算店舗の減損をだしていたので、最終益はいきなり表面上改善しているんだと思います。あと有利子負債が非常に多くて、借金返済によって金利負担の影響も少なくなっていると考えています。(間違ってたら逆に指摘してください)
    自己資本比率も30%間近まで来ているし、連続増配だし、優待好き個人の長期投資が増えるといいですね。

  • >>No. 864

    毎年、期末近辺に増配するので計画通りなら19年は35円だと思いますよ。ついでにいうと、古い店舗もあるので来期も減損も覚悟した方がよいかも。ただ、それでも割安すぎますね。そろそろ、次のM&Aや弱小店舗の継承なんかがあれば面白いんですけどね。

  • >>No. 298

    自分も同じ理解で、ドラッグストアは未だに新規出店も盛んで、あと2年程度なら、幅は解りませんが伸びるのは間違いないと思っています。あらたとPALTACが強すぎるので、見劣りはしますがそのぶん割安。2部の過疎株で人気もないので、個人が投げていて下落しているだけだと思います。懸念があるとすれば関係が深く、共栄してきた西松屋の業績が低迷していることですね。

  • >>No. 376

    前から多賀城に土地買っていて、約10億円で工場新設予定と報道もでていました。総会でも質問された方がいて具体的な内容になれば開示するとおっしゃっていたようです。鶏肉事業売却して資金的には問題なさそうなので、自己資金で対応されるのではないでしょうか。

  • >>No. 977

    前期も普通に4億返済していますし、今期も同額の返済で特に留める内容ではないと考えます。IPOで得た資金(4.5億)が近くに記載されているので、混同されているのでしょうね。そもそも、現金25億あり、有利子負債倍率0.1倍程度なので、お付き合い程度に見えます。金融業ということを考えても財務は健全だと思います。10月上場、二部、知名度向上を狙った取り組みが記載されている点を考えると、半年待てばそう悪いようにならないのでは?とも考えます。

  • 独立系システムインテグレータでは個人投資家に人気のテクマトリクスと売上利益成長率が類似しており、利益のみならJBCCと同等です。
    キャッシュリッチのため、ROEが低いこと、利益率が成長株に比べて若干劣っている点は難点ではあります。今期は低進捗など懸念もありましたが、結果的に継続成長していますので同業他社を考えるとPER15倍程度までは評価されても良いのではと、個人的には考えます。
    来期は中期経営計画の最終年度のため、予想は当初計画の営業利益20億を掲げると想定されますし、来期の成長を加味するとまだper10~11程度なので、本決算まで水準訂正が行われる可能性があります。3月の35円一括配当取りなどイベントを考慮して、客観的に考えても、上値余地は充分あり、投資妙味が大きいと考えます。

  • 一昨年はピークアウト懸念も感じていたので、その時に比べれば今年はしっかりトップラインも伸びていて設備投資での減益予想なので何も不安になることは無いです。昨年より笑って耐えられると思います。終わってみれば投資込でもトントンから微増益くらい確保出来るかもしれませんけどね。

  • 早くも売り禁になったようなので、権利まで踏み上げが続きそうですね。権利前にクロスする予定が狂いましたが嬉しい悩みかも

  • 直近の月次が微妙だけど、そのへん今のホルダーさんはどう考えられていますか?固定賃料が高いので分配金への影響は限定的のようですが…

本文はここまでです このページの先頭へ