ここから本文です

投稿コメント一覧 (323コメント)

  • 前の2回のイベントは満員御礼やで
    これもそうなるやろな

    <11月28日(火)開催>
    【会田大也×遠藤幹子】
    時代が求める、ゆるい会員組織とおせっかいなコミュニティ

    どうしたらコミュニティをうまく運用できるのか?企業から地域まで、あらゆる組織が抱える問題です。SNSの普及でコミュニティを作ることは簡単になりましたが、それを継続・維持していくことはいぜん難しいのが現状です。そんな状況を打破するための具体的なアイデアを、コミュニティづくりのスペシャリスト・会田大也さんと、子育てをキーにコミュニティを活性化させる建築家・遠藤幹子さんに語っていだきます。

    〔イベント概要〕
    「時代が求める、ゆるい会員組織とおせっかいなコミュニティ」
    日  時 2017年11月28日(火)19:00〜20:30
    会  場 amana square
    料  金 2500円
    定  員 72名(先着順)
    申込締切 2017年11月27日(月)
    ※当日は18:30より開場致します
    ※トークイベントの録音はご遠慮願います

    http://amana.jp/news/detail_300.html

  • 墨田区「人と人とのつながりを未来へ【This is the Sumida】」

    ムービー制作

    墨田区制70周年を記念したシティプロモーション映像「人と人とのつながりを未来へ【This is the Sumida】」をアマナが制作しました。
    墨田区のテーマでもある「人と人とのつながり」を表現することが求められた本ムービー。単に墨田区の観光資産や歴史を紹介するのではなく、墨田区に住まう人々の視点でそれらの価値を再編集。人とのつながりの中で育まれてきた墨田区らしい文化を軸とし「街に誇りと愛着を持ってもらえるコンテンツ」となるよう制作を進めました。
    与えられたテーマにより深い解釈を与え、本質を描き、人の心を動かすドキュメンタリー表現に長けたディレクター、また演出側の狙いをしっかりと理解し、印象的なシーンを確実に押さえられるカメラマンをアサイン。時間をかけて出演者と関係性を築き、膨大な撮影データに何度も検討を重ねながら、各シーンこだわり抜いて編集を行いました。
    人と人とのつながりを未来へ伝える本作品には、区長、区役所職員からのお褒めの言葉を始め、区民の方からも「涙が出た」との声が寄せられています。

    http://amana.jp/works/detail_334.html

    https://www.youtube.com/watch?v=UPfmIGLQ3m4

  • ところでや

    アマナは3Qが毎年一番悪いんやで
    季節要因やからな
    それでも去年より業績いいわけやし 4Qはまとめてくると思うで
    そうでなきゃ 社長の進藤はw

    そうはいってもや 一昨年は4Qで大コケしたで
    信用買いはオススメせんで
    あんときは 掲示板では会社破たんの可能性や 株主総会では被害者の会結成か?とも盛り上がったの
    入社した新人で アマナから早々に逃げ出した人がおるという話もあったの
    今頃はどうしとるんかのw

    ま 最悪の3Qで黒字決算なんや
    お米優待もあることやし
    のんびり現物長期投資やで^^

  • 独占ビジネスの急拡大 頼むで アマナはん
    他の企業にやらせたら ゴミのような品質で ゴミのような価格で売られちまうんや
    マイクロストックのように 安売り会社だけが儲かる仕組みにしたらあかんで
    アマナに独占して欲しいと願うタレント たくさんおると思うで 
    ここが勝負所やで!

  • 田中将大選手の3DCGアバターが誕生
    最新フォトグラメトリとアマナのCG技術により、
    豊かな表現が可能に。

    プロ野球選手 田中将大(以下、「田中選手」)と、株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:進藤博信、以下「アマナ」)は、フォトグラメトリを活用した田中選手の3DCGアバターを制作。アマナから独占的にリリースすることを発表いたします。

    ■ アマナによる3DCGアバター第一弾として田中将大選手を起用
    3DCGアバターとは、アマナの永年培われたビジュアル知見と最新のフォトグラメトリの技術が生みだす、人間をよりフォトリアルな3DCGで再現したキャラクターのことを指します。本人を複数台のカメラでスキャンし、3Dデータにリグ(骨格)を埋め込み、リアルな動きを再現できるアバターを制作。このアバターにバックグラウンドに合わせた自然なライティングを付加し、CGによる衣装を自由に着せたり本人ではありえない動きをさせたりすることにより、実写では不可能であった、今までにない豊かな表現が可能になります。

    この度、アマナによる3DCGアバターの第一弾として田中将大選手を起用。Webプロモーションやショートムービーなどの様々なメディアで活用が可能であり、田中選手の持つ「速さ」、「強さ」、「安定したパフォーマンス」を、独創的なデジタル表現により一層際立たせることが期待できます。

    ■ 田中選手のコメント
    「アマナの3DCGアバターのテスト映像をきっかけに始まったこのプロジェクト。ますますデジタル技術が進化し、欧米でも3DCGアバターが注目されるなか、このアバターがアマナのビジュアルへのこだわりの中でどう活躍していくのか、とても楽しみにしています。いままでにない手法で表現される新しい自分に期待しています。」

    http://amana.jp/news/detail_295.html

    https://www.youtube.com/watch?v=rOzVP7KdM1M

  • ソニー「RX0 - Ørbit in blue」

    作例ムービー制作

    SONY Cyber-shot RXシリーズより新たに発表されたデジタルスチルカメラ「RX0」。その作例ムービー「RX0 - Ørbit in blue」および撮影の舞台裏を映した「RX0 - Behind the scenes of "Ørbit in blue"」をアマナが企画、制作しました。
    RX0は高画質であることはもちろん、小型で堅牢なボディに防水機能付きと、幅広い場面でハイレベルな映像制作を可能にする商品です。作例ムービーでは、ダンサーのパフォーマンスをさまざまな角度から自由自在に撮影し、見る人を引き込むアーティスティックな世界観を構築。舞台裏ムービーでは、複数カメラの連携撮影や、ダンサーの持つ小道具にカメラを埋め込み撮影する様子などを公開しました。
    多彩な表現が可能な本商品の性能を伝えるべく、細部にまでこだわって仕上げています。

    http://amana.jp/works/detail_329.html

    https://www.youtube.com/watch?v=anPBMhEqaTA

  • ビジュアルコミュニケーションを提供するアマナが、
    リアルイベントを核とした次世代型メディア「H(エイチ)」を
    2017年11月1日にリリース

     ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)は、オンラインとリアルを連動させたプログラムを通して、ビジネスの未来を創出するヒントやアイデアを提供する新しいイベントプロジェクト“ヒト、コト、ミライが交差するリアルスペース「H(エイチ)」” を始動、ウェブサイトhttps://h-media.jp/を2017年11月1日にリリースすることをお知らせいたします。

    「H(エイチ)」は、これまでビジュアルコミュニケーションによる企業ソリューションビジネスを手がけてきたアマナの38年にわたる知見を集約したプロジェクトです。アマナの保有するライフスタイル系の4つのメディアである写真雑誌『IMA』、キッズファッション誌『Milk』、料理雑誌『料理通信』、自然科学系コンテンツ『Nature & Science』の「企画力」「編集力」、さらには「人脈力」を結集、提供するオンラインとオフラインを行き来する新しいサービスとして発足します。「ヒト、コト、ミライが交差するリアルスペース」をキャッチフレーズに、各メディアが毎月1回、新しくオープンするコミュニケーションスペース「amana square」内のセッションホール(東京・天王洲)にそれぞれのネットワークの中から専門家を招聘し、トークショーやワークショップなどのリアルイベントを開催。感度の高いビジネスパーソンに対して、時代に即した課題解決のヒントやアイデアなど、多彩なプログラムを提供します。

     コンテンツや登壇者に関する情報は、ウェブサイト「H(エイチ)」で紹介するコンテンツで配信していきます。

     「H(エイチ)」には、「ヒト(Human)」「集う場(Hub)」「叡智(えいち)」「いまの時代に求められるH型人間」といった複数の意味が込められています。新しい時代を切り開くメディア「H(エイチ)」にご期待ください。

    http://amana.jp/news/detail_297.html

  • 中間決算で営業利益率4%ある企業が 時価総額が売上高の1/4しかないんやで
    株価は下がり過ぎやろ そろそろ↑で

  • アマナグループのフォトグラファーが
    猫をもっと可愛く撮影するためのテクニックを徹底監修
    「ねこ撮。うちのにゃんこをもっと可愛く撮る方法」発刊

    ビジュアルコミュニケーション事業を展開するアマナグループの株式会社アマナフォトグラフィ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:深作一夫)は、トランスワールドジャパン株式会社より発刊される書籍「ねこ撮 うちのにゃんこをもっと可愛く撮る方法」(2017 年10 月下旬 発売開始)において、長年培ってきたプロフォトグラファーのノウハウを元に、誰でも今すぐ実践できる撮影テクニックを徹底監修いたしました。

    http://amana.jp/news/detail_296.html

  • 2017/10/27 07:10

    LUMIX MEETS BEYOND 2020
    BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #5 TOKYO

    過去最高の来場者数となった東京展レポート

    アムステルダムでも注目を集めた「LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #5」展が、次なる巡回先である東京でも開催された。TOKYO ART BOOK FAIRとの連携もあり、天王洲アイルに移転オープンしたIMA galleryの新しい船出にふさわしい盛況な皮切りとなった。オープニングレセプションや作家とアジアの写真関係者との交流会、また展覧会の見所などをピックアップしてレポートする。

    http://imaonline.jp/articles/global_news/20171020beyond2020-tokyo_1/

  • 【ビジュアルを創る人 vol.06】安藤忠雄さん(建築家)
    建築とは、見るより、むしろ“感じる”ものだ。

    時に冷たく時に優しい、コンクリートの壁。
    計算された意思を感じる、余白の空間。
    福音のように、屋内に入り込む光——。

    表参道ヒルズでも、地中美術館でも、プンタ・デラ・ドガーナでも。安藤忠雄さんの作る建築物は見るものに静かに、しかし重いインパクトを残します。

    その根底には、自らの建築に吹き込む、ある一つの“思い”がありました。それは一体?

    いまなお先鋭的な挑戦を続ける、巨匠の一端に迫ります。

    http://visual-shift.jp/detail_172.html

  • ハーゲンダッツ ジャパン「Häagen-Dazs SUMMER RESORT」

    イベント企画、販促ツール、ビジュアル制作、メニュー開発

    世界中で人気のアイスクリームブランド、ハーゲンダッツが、夏期限定ショップ「ハーゲンダッツ サマーリゾート」を東京・外苑前にあるカフェ「サイン外苑前」内にオープン 。2016年の「ハーゲンダッツサマーテラス」に引き続き、アマナが店舗開発を担当。ビジュアル制作、メニュー開発、SNS施策までトータルに対応しました。
    2017年はフルーツをテーマに、フルーツ尽くしの新感覚かき氷(ハーゲンシェイブ)や、パフェ、ドリンクなどのオリジナルメニュー9種を「Sign gaienmae」のシェフと共同開発。贅沢なおいしさはもちろんのこと、フォトジェニックな見栄えにもこだわりました。デザインは南仏の高級リゾート地をイメージ。都内にいながら大人のリゾート気分を味わえるよう、西洋絵画のように濃密で美しいビジュアルを制作。ある種の官能的な雰囲気さえ感じる世界観で、ひと夏のイベントを盛り上げました。

    ※本イベントは2017年8月15日(火)をもちまして終了いたしました。

    http://amana.jp/works/detail_332.html

  • UCC上島珈琲「UCC BLACK無糖」

    ビジュアル制作

    ブラック無糖缶コーヒーの代表的ブランド、UCC上島珈琲『UCC BLACK無糖』のビジュアル制作をアマナが行いました。
    “限界なんて、ない”をコンセプトに世のチャレンジャーたちを応援する新TVCMの世界観をビジュアルでも踏襲。存在感のあるプロダクト表現が得意なフォトグラファーをアサインし、光の軌跡と商品、水しぶきを撮影しています。暗闇から放たれる力強い光とシズルが印象的な作品です。

    http://amana.jp/works/detail_322.html

  • アマナイメージズのロイヤリティフリー専門サイト「ForYourImages」が “アカデミック割引”と
    “スタートアップ&NPO法人割引”サービスを開始


    アマナグループの株式会社アマナイメージズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:新居祐介、以下「アマナイメージズ」)が運営するロイヤリティフリー専門サイト「ForYourImages(フォーユアイメージズ):https://foryourimages.com/」は、写真素材を30%OFFで利用できる割引サービスを、学生や教職員、またスタートアップ企業やNPO法人を対象に開始します。


    ForYourImagesは、2017年8月に従来の一般的なストックフォトの料金体系を見直し、定額契約することなく1点250円から単品購入できるシングルプランを導入しました。

    このたび、そのシングルプランに加え、教育の現場や企業のスタートアップ、NPOにおけるビジュアルコミュニケーション活動をサポートするためにお得な割引サービスを導入しました。アカデミック割引クーポンは学生・教職員の方を対象に、またスタートアップ&NPO法人割引クーポンは設立3年以内の法人および特定非営利活動法人(NPO法人)を対象とした、ハイクオリティで安心安全な写真素材を発行から3ヶ月間何度でも30%OFFで使用できるお得なクーポンです。

    割引クーポンの詳細はこちらよりご確認ください。 http://lp.foryourimages.com/coupon_academic

    http://amana.jp/news/detail_294.html

  • 今日から

    ~ ヒトとアートの新たな接点 ~
    玉城ティナさん、渋谷慶一郎さんら6名が選んだアートが車内を彩る
    東京メトロで、アートに触れて、購入して、シェアしよう!
    ART TRAIN PROJECT スタート!

    ■プロジェクトサイト
    ART TRAIN PROJECT 特設WEBサイト
    http://art-train-project.net

  • VR コンテンツを手軽に作りたい すべての人へ
    アマナイメージズが、360°パノラマ動画素材の取り扱いを開始。

    アマナグループの株式会社アマナイメージズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:新居 祐介)は、近年の急速なVRコンテンツ需要増加を受け、「amanaimages.com」において、VRコンテンツに対応した360°パノラマ動画素材の取り扱いを開始いたしました。

    VRデバイスの普及が急速に進み、昨今ではゲームをはじめとしたエンターテインメント利用のみならず、企業の製品プロモーション、社員トレーニングやリハビリテーションなど様々なシーンでのVRが利用されています。2025年に世界のVR/ARの市場規模は約950億米ドル(約1兆580億円)に達すると言われており、VRの今後の可能性に多方面からの注目が集まっています。

    高品質で安心・安全のクリエイティブ素材を販売するアマナイメージズは、このようなVRコンテンツの需要増加に対応し360°パノラマ動画の取り扱いをスタート。日本屈指の360°パノラマ動画クリエイターと連携し、日本の風景を中心とした没入感と臨場感にこだわった素材を取り揃えています。360°素材に特化したスペシャルページ「360°WORLD」も同時開設。デジタルサイネージやウェブサイト、アプリですぐに使える動画・静止画・3DCGモデリングなど、VRコンテンツに最適なクリエイティブ素材をご覧いただくことができます。これを機にぜひご利用ください。またご希望の作品がみつからない場合には、素材リサーチや撮り下ろしのリクエストなども受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

    http://amana.jp/news/detail_292.html

  • 20世紀フォックス映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

    ビジュアル制作、ライツクリアランス

    映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のPR用屋外広告ビジュアルをアマナが制作しました。
    誰もが一度は見たことがある有名絵画の被写体を、全て映画のキャラクターに差し替えた本ビジュアル。モチーフの絵画は、映画のストーリーやキャラクターを彷彿させる内容、背景を持つものを厳選。それぞれの時代背景、使われた技巧、作家のトーンやタッチなどの情報を細かく整理、反映させながら制作を進めました。キャンバスへの直接印刷、絵画のひび割れの再現、デジタル表現にとどまらず実際に絵具で描き足すなど、絵のテクスチャーにこだわり、本物の美術館に飾られているようなリアリティを追及。通行人が思わず見入る驚きのビジュアルに仕上げています。
    絵画の使用許諾申請等ライツクリアランスはアマナイメージズが対応。 美術館・財団公認の質の良いデータを取得、スムーズな制作をサポートしました。

    http://amana.jp/works/detail_331.html

  • トヨタ自動車「GR」

    ビジュアル制作

    トヨタ自動車より、新たなスポーツカーブランドとして発表された「GR」。これまでのスポーツコンバージョン車シリーズ「G Sports (通称G's=ジーズ)」を一新、世界中のモータースポーツに参戦するTOYOTA GAZOO Racingが培ってきたノウハウを活かし開発された本シリーズの広告ビジュアルをアマナが制作しました。
    撮影ではスペイン全土に及ぶロケを敢行。スケジュールの限られる中、綿密な事前シミュレーション、天候等による撮影日の組み換え対応もスムーズに行い、全24カットのビジュアルを制作しました。スポーツカーとしての力強さと機能美がモノクロの世界に映える、新シリーズを強く印象付けるビジュアルです。


    http://amana.jp/works/detail_330.html

  • ビジュアルコミュニケーションのアマナが展開する、
    アートフォトの専門ギャラリー「IMA gallery」を
    2017年10月5日(木)、東京・天王洲に移転オープン

    ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)は、“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”をコンセプトにしたアートフォト専門の「IMA gallery」を、東京・六本木から天王洲へ2017 年10 月5 日(木)に移転オープンします。

    「IMA gallery」は、アマナが2014 年にオープンしたアートフォトのある暮らしをもっと身近に楽しむためのスペース。若手写真家のための活躍の場を創出する“IMA プロジェクト”のひとつとしてスタートしました。所属作家をはじめとする、国内外の若手日本人写真家による展覧会やアーティスト、クリエイターを招いたトークショーを実施するなど、アートフォトを多角的に愉しみながら学べる機会を提供しています。
    また、併設されたカフェ「IMA cafe」では、厳選されたこだわりのコーヒーをお愉しみいただけます。“IMAプロジェクト”は、写真雑誌「IMA」の刊行やウェブサイト「IMA ONLINE http://imaonline.jp/ 」のメディア事業も展開し、多方面から好評をいただいているアマナグループのアートフォトプロジェクトです。

    なお、こけら落とし展として、10月5 日(木)から15 日(日)の期間、パナソニック特別協賛による若手日本人写真家6人による世界巡回展「LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #5」を開催。ぜひこの機会に、新しくなった「IMA gallery」をご体験ください。

    ・オープニングパーティのお知らせ
     オープン初日の10月5日(木) 20:00〜22:00、オープニングパーティを開催いたします。
     どなたでもご参加いただけますので、ぜひお気軽にお越しください。

    http://amana.jp/news/detail_291.html

  • 旭化成ホームズ「THE VISION HEBEL HAUS」

    4面映像とキネクトで魅せる
    エンターテイメント性を兼ね備えたシアター制作をトータルサポート

    へーベルハウスの新施設「HEBEL HAUS TOKYO PRIME SQUARE(ヘーベルハウス トーキョープライムスクエア)」内に設置される体験型シアタールーム「THE VISION HEBEL HAUS」。本シアターで上映される各種コンテンツの制作を始め、システム構築、空間設計や機材の選定、設置に至るまで、アマナがトータルサポートしました。

    http://amana.jp/works/detail_313.html

    https://www.youtube.com/watch?v=JTlrApiML6c

本文はここまでです このページの先頭へ